« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の4件の投稿

2009/10/26

09【HOME】第30節@大宮戦

091025ohmiya1 情けない。
選手も北ゴール裏も。
お互い、この試合に全力を注いで闘ったと、胸を張って言えるのだろうか。
それぞれがやるべきことをやらずに、相手を批判する資格などあるのだろうか。

北ゴール裏。
091025ohmiya2大声で野次は飛ばすがチャントの声量はその半分量にも満たない者。闘う選手を眼前に、まるでTV観戦気分で、応援そっちのけであれこれぼやく者、互いに腕を腰に回して終始密着するカップル。退屈してゲームに興じる子ども。
試合も終盤になり、それらの人々の野次の声量はますます増大し、棒立ちで冷えた体に上着を羽織りだし、大宮のチャントを真似て唄いだす子ども達を親はたしなめようともしない。

今の北ゴール裏の実態は、これである。
選手とともに闘う気持ちが乏しい。
この事態を「選手のせいだから」とでも説明するのだろうか。

091025ohmiya5試合終了後は、有り余る声量でブーイングを浴びせたうえに、バスを囲んで社長と直談判という事態。
ブーイングしたくなる気持ちもわかるし、バスを囲んで選手に意思表示し、社長に事の次第を質したいという気持ちもわからなくもないが、応援で力を出し尽くした身としては、家路につく体力だけで精一杯なのである。

091025ohmiya6 そんな元気が残っているなら、何故試合中にそのパワーの全てを注ぎ込むことができないのだろう。

昔は、「自分の応援が足りなかったから負けた」と思うサポが多かった。だから、是が非でも少しでも力になりたいと駆けつけて選手とともに闘いたいという気持ちが強かった。
今は、応援する前に、試合の情勢を窺って身の振りを決めるサ091025ohmiya7ポーターが多くなった。勝っている時はチャントに乗って応援するけれど、旗色が悪くなると、豊かな声量で選手たちを罵倒する・・・いや、旗色の良し悪しに関わらず、ゴール裏の住人としての責務を果たさずに選手に要求ばかり突き付けている者も増えた。
時代が変わった、という理由だけで片付けられることなのだろうか。

私がここに何度も書いていること。
それは、

「スタンドの雰囲気は、ピッチ上の選手たちに伝染しやすい」

ということ。

091025ohmiya3 そして、その選手たち。
明らかに大宮の選手たちの気迫に凌駕され、気持ちが萎えていくのが目に見えてわかった。前日の大分の結果もあり、降格の危機に瀕した大宮の選手たちの鬼気迫るプレーに完全に気後れしている浦和の選手たち。圧倒的な大宮守備陣のプレスやチェックに、球際ではことごどく競り負け、不用意なパスやプレーを連発し、緩慢で曖昧なDF裏の対応を繰り返し・・・

事ここに至っては、戦術云々の問題ではない。
たとえ戦術が確かでも、選手たちの集中力と気迫が欠如していれば、何も機能しない。

091025ohmiya4 目先の勝利を求めるなら、個人技に優れた選手を全面に押しだし、先制点を奪ってのちはひたすら守備固めして逃げ切ればよいのだろう。
しかし、そんな昨年までの闘いぶりと決別し、浦和は今シーズンに臨んだはずである。
フィンケの戦術が軌道に乗りかけてきたかに見えた頃、代表や怪我で戦力を削がれるという不利な状況に見舞われながらも、若手の積極的起用で何とか夏前までは凌いできたし、見る者にも新たな期待を抱かせてくれていた。
しかし、夏になり、多くの選手が復帰しだした頃から、うまく噛み合っていたはずの歯車が、少しずつ狂いだしてきた。
三都主が移籍した頃からだろうか、フィンケの目指す『コンビネーション・サッカー』の萌芽は、夏の暑さとともに枯れ始め、秋にはついに幹まで枯れだしてきた。
現実を見据えた指揮官は、自前の理想論に修正を加えた「守備重心」の戦術への転換を図り、それはある程度の成功を見せたようだったが、何故か続けられることはなかった。

091025ohmiya8「できていたこと」が、何故「できなくなってしまった」のだろう。
うまく機能していたことを、何故続けようとしないのだろう。

フィンケの理想は、現有戦力では実現しない。
それを思い知らされた試合だった。

現有戦力の能力を発揮した戦術を確立するために監督を替えるべきなのか、『コンビネーション・サッカー』実現のために選手を替えるべきなのか。

今後の浦和を、どのように方向付けてゆくのか。
フロントに求められる判断は、計り知れないほど重い。

***********************

皆さまご周知のとおり書くに値しない試合内容のため、観戦記としての記述は遠慮させていただきました。
何卒ご容赦ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/10/12

中山道中膝栗毛@10/12 完全踏破(^o^)v

皆さまに、謹んでご報告いたします。

本日11時46分。

ついに…ついに三条大橋まで歩いて辿り着きました!!!
中山道の旅、ついに完結です(つ;∀`)。

ご覧ください、中山道踏破を終え、三条大橋をバックに記念撮影におさまるコバトンの雄姿です。

都合1年10ヵ月、うち業務繁忙期による中断6ヵ月、実質28日の中山道の旅でした。
これもひとえに、全国十数名の弊サイト道中記読者の皆さまのご支援の賜物です。
本当にありがとうございました。

ただいま、帰路の車中です。もうすぐさいたまに帰ります。

あ…昨日のことは忘れましょう(汗;

簡単ですが、ご報告まで。

追記:
さきほど無事帰還いたしました。
レディースの皆さん、優勝おめでとうございます!
心よりお祝い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/10/08

中山道中膝栗毛@いよいよ最終章

昨年1月、日本橋から歩き始めた中山道の旅も、ついに残り五十数㎞となりました。

20090921minoohmi

9月の連休、等々力での勝利を見届けた翌日、加納宿(岐阜市)へと向かい、そこからとぼとぼ歩いて西進、木曽三川を越え、関ヶ原を通り、ついに美濃国から近江国へと入りました(この溝の部分が国境です)。
現在、愛知川宿(滋賀県愛荘町)まで歩いています。

今週末の連休で、長かった中山道の旅に終止符を打ちます。
終点である京・三条大橋を目指して、残りの道程を一歩一歩踏みしめて参りたいと思います。

途中の道中記がまだ埼玉県内までしかご報告してないのに、旅の終わりを予告することとなり甚だ遺憾ではございますが(笑)、無事に三条大橋に到着いたしましたら、簡単にでもご報告させていただだきます。
全国約十数名のこの道中記の読者の皆さま、どうぞお楽しみに。

松本へ参戦されるサポの皆さま、わが家の分までサポートをお願いいたしますm(_ _)m
必勝を祈願して、歩かせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/06

09【HOME】第28節@千葉戦

今節も、勝つことの難しさを教えられた試合だった。
開始数分の失点劇、ボールが取れない時間帯、撃てども撃てども入らぬシュート・・・
最近見慣れた光景に、次の展開も容易に予測できてしまいそうになるも、逆転弾が何とかそれを思い留まらせてくれた。
勝負の行方は、紙一重。一発のゴールが、自チームだけでなく相手チームの気運も変えてしまう。そんな心理状態も表れた試合だったと思う。

前日からの雨が止んで、爽やかな秋晴れの朝。気持ちよく家を出よう・・・と思っていたところ、空が急転。出がけに大粒の雨が降ってきた。天候は午後から回復の予報。これを信じて傘以外の雨具を持たずに外出。美園駅に着いた頃には雨も止み、ひと安心。空は時々不安定な様子を見せるものの、何とか降られぬうちに開門時間を迎え、スタ入場。

091003chiba1照らず降らずの空模様に、潤いを含んだ芝が映えていた。実はこれが曲者になろうとは。
前半、肝心な場面で滑る選手たち。しかも滑るのはホームチームの選手。スパイクの選択を間違えてしまったのだろうか・・・そんな理由で負けでもしたら、戦術云々の問題ではない。
実際、開始7分で先制点を奪われ、早速にもビハインドの状況。すぐさま相手陣内でのFKポイントを獲得し、それを阿部が見事な弾道で決めてくれたものの、その後の試合展開も何ともシャレにならない状況に。
091003chiba3失点のきっかけとなった不用意なパスを出した梅崎については、その後のプレーにも雑さが散見された。失点の責任を感じたのか、立て続けにシュートを撃つ意欲は褒めたいが、その後も危ないパスを出したりと、どこかショックを隠せない不安定さが見られた。まるで前節の、前半ロスタイム失点後の啓太のように(やはり、前節同様、この事態を監督は放置せず、後半始めから梅崎OUT→達也INと交代)。
しかし、この前半の膠着感は、梅崎ばかりが生み出していたわ091003chiba4 けではなく、開始早々の失点を招いた時点から、チーム全体からも醸し出されていたと思う。ボールを引き出す動きが少ないばかりかイージーミスの連発で、危険なシーンを自ら演出していた。確かに千葉の運動量は多くプレスも強かったが、相手のいない場所でのミスには何と説明をするべきか。かたやチャンスと思えた時には、芝に足を滑らせてしまい・・・。
091003chiba5『背水の陣』の決意か、ラインを上げてコンパクトな中盤での勝負に賭けてきた千葉陣営に対し、ボールを奪えずに右往左往する浦和陣営。そして素早く簡単なパス回して手数を掛けずに攻めてくる千葉の攻撃スタイルは、浦和の目指すものではないのか?と首をひねりたくなることしきり。前半の後半以降は、互いにシュートも撃てずの展開が続き、ますます募る膠着感。ミシェウや深井が浦和最終ラインの間を破ろうと頻繁に突き刺さってきたが、幸いにもその後が続かない相手の拙攻もまた、そのグダグダ感を増幅させてくれていた。
嫌な展開を予感させながら、前半終了。果たして、千葉より追加点を先にあげることが出来るのか・・・

後半頭から、度を失った梅崎に替えて、達也投入。今回は、これが当たった。
明らかにボールが回るようになり、選手の動きも徐々に活況を帯びてきた。支配率も上がり、徐々に千葉を自陣内に釘付けにする展開に。しかしこれも良し悪しというか、浦和の芸風的には「悪し」の状況とも言える「相手が引いた時の攻撃」にどう対処していくのか・・・見慣れた光景への打開の道はあるのか。
撃てども撃てども入らぬシュート。飛び出してきた阿部がGKをかわして放った絶好の一打はゴールマウスに滑り込んできた相手GFに掻き出され、エジミウソンのゴールマウス直近での決定的なヘディングシュートは、GKに真正面で防がれ、ついに業を煮やして投入された高原のシュートは見事に周囲の期待を外してくれ、、、何か巨大な見えない壁でも存在するかのような千葉のゴールマウスは、シュートを撃つたびに途方の無さを増幅させ、見る者の気を遠くさせるに充分な力を有していた。悲壮感さえ漂う必死の形相で守られる千葉ゴールを割るには、それに打ち克つだけの気概を浦和に求めていた。

ようやく試合が動いたのは、後半33分。これまた業を煮やして前線に顔を出した闘莉王の折り返しを受けたエジミウソンがゴール至近距離から蹴り込み、ようやく「壁」に風穴を開けた。天井を突き抜くかのような弾道は、ゴールへの執念を感じさせるに充分な威力があった。その瞬間、千葉の選手の表情から色が消えていくのがうかがえた。

091003chiba2徐々に鈍りだしていた千葉の選手たちの出足が、みるみる重くなった。この事態をフィンケは待っていたようである。この逆転劇の前後からシュートを打てなくなっていた千葉は、ついに終盤まで浦和ゴールまで辿り着けなくなっていた。この逆転のショックは大きかったようで、疲労のみでなく、どこか諦観が漂いだしていた。
勝負の世界は厳しい。そんな相手に温情をかけていては、こちらが首をかかれる羽目になる。否、相手がどうであれ、浦和は追091003chiba7 加点を欲していた。選手もサポーターも。連敗から脱したもののどこか不安定な闘いぶりを変えるためには、「追加点」が必要だった。
その願いは、嬉しい形となって具現化された。エリア内で達也→エジとボールが渡る間、走り込んでくる峻希の姿が視界に入った。続けて転がり込んできたボールを捉えて迷わず右足一閃! 豪快なミドルシュートがゴールネットを突き刺した。喜びを爆発させて、ベンチの元気と直輝のところまで走って抱きついたプロ初ゴールの若者の姿に、スタンドも歓喜した。新しい時代の到来を予感させてくれるような、会心のゴール。

091003chiba8 その後は、気持ちに余裕も生まれ、危なげなく時間を過ごし、試合終了。
一時はどうなることやらと相当気を揉ませたが、後半の修正が何とか効果を見せた。
相手の不出来にも助けられた部分もあったにせよ、この試合においては、選手たちの心境変化も勝敗を左右したと思う。千葉は2失点目で、心が折れてしまったようだった。あえて守備的に引く戦法を執らず、先制点を奪ったあとも、積極果敢に攻守に挑んでいた。すぐに同点に追いつかれてもその高いモチベーションは保たれていた。しかしあれだけ頑張ったにもかかわらず、奮闘虚しく逆転されたことで、張り詰めていた気持ちの糸が切れたのかも知れない。豊富な運動量の代償となった疲労も、その気力を奪ってしまったようだった。
091003chiba9 しかしこの話、浦和にとっても表裏を成す話である。開始早々に失点したうえに、やることなすことうまくいかず、ただ焦燥感のみが募る展開だったが、これを打破してくれたのが、2点目の逆転弾だった。この一発のゴールが勝負の行方だけでなく、選手たちの心理をも逆転させてしまった。
しかしこれは、サッカーの勝負ではことさら珍しいことではない。それだけ常に高い確率でその表裏が存在しているところが恐ろしい。誰もがその落とし穴に嵌り、誰もがその地雷を踏む可能性があるのである。

集中力の持続。

これからの浦和に必要なことは、これなのかも知れない。

091003chiba10追記:
帰りの美園駅までの歩道から眺めた中秋の名月。
心穏やかに愛でることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »