« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の2件の投稿

2009/09/29

09【HOME】第27節@横浜FM戦

090927yokohama1勝ち続けることの難しさを思い知らされた試合。
前節・等々力での集中力に満ちたプレーを目の当たりにして、これからは勝ち続けてくれるものだと思い込んだのがやはり甘かった。。。
前節と同じメンバーで試合に臨みながら、対戦相手が違うだけで、パフォーマンスが変わってしまった。一般的に、スポーツとは相手あってのものと言われるが、決して相手が変わっただけではない要因がそこにはあった。おそらく、「内なるもの」の存在が。

090927yokohama4久々の連勝に意気揚がるスタンド。その意気は選手たちにも感じられた。夏の間支配していた焦りや苛立ちの空気は薄れ、長いトンネルから「抜け出たであろう」開放感も相まって、全体の雰囲気も明るく感じた。
その雰囲気を象徴してか、前半の出来は、総じて良いほうだったと思った。
ただし、開始3分の失点シーンに、波乱の予感はあった。まさか冗談ではあるまいかと思われるほど無防備に放置したゴール前090927yokohama5 の中澤にあっさりボールは渡り・・・「事故」と喩えるにはお粗末な失点。前節の川崎戦で見せてくれた集中力は、どこへ行ってしまったのだろうかと、開始早々から不安を抱かせてくれた。

しかしまだ時間が早かったのが幸いし、失点のショックもさほど影響せず、浦和は積極的に攻撃を仕掛けた。
だが。
090927yokohama6 やはり失点シーンに象徴されるように、どこか集中力を欠くプレーが散見された。球際での攻防、パスミス、プレーの精度・・・前節に比べ、精彩を欠いていた。しかしそれならそれなりに、前に向かう気持ちは連敗中のそれよりは格段に向上していた。この気持ちは、夏期休業明けの№6にも反映され、前半15分、右サイドを疾走した彼方から放たれたセンタリングは、エジミウソンの頭にシンクロし、同点弾。
久々のエジミウソンの得点、早い時間帯に挽回したスコア、秋の季語ともなった暢久お約束の再稼働・・・いっぺんに慶事が重なれば、「これは、いける」と思うのが人情。
しかしそんな気持ちを嘲笑うかのように、都合良く働いてくれないのが現実というもの。
結果として、その後の前半の間にいくつか巡ってきたシュートチャンスを決めきれなかったことが、試合の行方を左右してしまったようだった。しかしながら、それならそれで前半を凌ぎ、後半に勝負を期す戦法もある。おそらく選手たちの頭にもその考えはあったと思うのだが・・・
090927yokohama2 「4分」もあった前半ロスタイムに、思いがけない“落とし穴”が仕掛けられていた。自陣内に侵入した相手のボールに啓太が追いついたまでは良かったが、、、啓太はカバーリングの後、タッチに蹴り出し相手にチャンスを与えるより味方にボールを繋ぐことを選択したのか、あるいは惰性でボールがタッチに転がると判断したのか、カバー態勢のままボールをキープ。これが勝負の機微となった。もうひとりやって来た相手に難なくボールを掻っ攫われ、これまたフリーの渡邉にボールが渡り、2失点目。
もうひとり相手が来るとは思わなかったのか、あるいはその時に受けたファウルへ気を取られたか、自陣ゴールにボールが吸い込まれていくのを茫然とした面持ちで啓太は見送っていた。啓太だけではない、目の当たりに見たゴール裏のサポも、何か信じられない光景に出くわしたかのように、声もなく見過ごすしか術がなかった。
その後、審判に執拗に抗議するも、判定は覆らない。いくら被ファウルを主張しても、判断の権限を持つのは啓太ではなく審判。球際の攻防の弱さと集中力の抜けたプレーとセルフジャッジ。この日のチーム状態を象徴するかのような出来事だった。

090927yokohama7この前半ロスタイムの2失点目は、選手の戦意を削ぐに充分な破壊力を持っていた。
集中すべき時に集中できなかったミスが招いた失点。
さらに、(主審も主審だとは思うが)こと細かい判定に不信感を募らせる選手たちのプレーはさらに精細さを欠くように。確かに痛恨の2失点目の発端となったことは弁解の余地もないが、その他の啓太の動きには、さほど問題は無かったように思えたのだが・・・後半19分、フィンケ監督は梅崎と同時に啓太を下げ、達也&直輝IN。この交代は、度を失った啓太のメンタル面の問題が要因になったのではと推察できた。残念ながら、心をくじかせるには充分な失点シーンだった。同様に判定に苛立つロビーも交代の対象になりそうだったが、指揮官はそのままピッチに残した(その後、高原と交代)。
090927yokohama3 ピッチの雰囲気を一掃すべく手を打った交代劇は、不幸にも裏目に。久々の実戦復帰の直輝に、この事態を打開する重責を負わせるには酷であったし、達也も縦方向へ仕掛けるも、引いた相手にガードを固められ、放つシュートは枠の外。後半の攻防の様子は、スコアにもよく表れている。浦和のシュート数は後半が多く(9/16本)、横浜は後半ほどんどの時間においてシュートを打たずに凌いでいる。その状況下に投入された高原も気の毒で、最終的にFW4枚(闘莉王を加えれば5枚?)となった前線は渋滞感が否めず。今の攻撃陣には力業でねじ伏せる期待値は低く、手詰まり感が一層深まる中、「5分」という長いロスタイムもアドバンテージとできず、終了の笛の音を聞くことに。

090927yokohama8 選手たち自らが招いた逆境に、そのまま流されてしまったような試合。
さらに指揮官も、彼の思いとは裏腹な状況を自ら招いてしまった試合。
長いトンネルから抜け出せたと思ったのも束の間、またも薄暗いトンネルの入口が行く手に待ち受けているのか・・・

批判することは、たやすい。
信じ続けることは、難しい。

しかし、成長の過程で批判は必要なものであり、信頼は人に力を与えてくれる必要不可欠なものである。どちらが正しく、そして間違っているものでもない。ただ、結果を求めるあまり批判が過ぎれば監督や選手の焦りを招き、かたや妄信的になるだけでは単なる思考停止で何の解決策も見出せない。
自分自身としては、浦和のこの一年の行く末を見守っていくことを決めている。結果を欲するあまり個人能力に頼りすぎ、ついにはチームを脆弱化させ破壊させたこれまでの浦和スタイルからの脱却を目指したい、という年頭のクラブの姿勢に共感したから。
今シーズンも残りわずかとなったけれど、紆余曲折を経て今の形となった浦和が今後どのように変貌していくのかを見届けたいと思っている。

クラブも、監督ばかりを矢面に立たせるばかりでは、あまりにも無責任に思えてならない。初めて日本で指揮を執る監督は、これまで異文化に融合する努力をしながら誠実にそして正直に思いを述べてくれている。しかし取り巻く環境と戦況の変化に伴い、正直さは時として感情的は発言となり、それが仇となってしまうこともある。
シーズンも終盤を迎え、フィンケ監督に対する評価や印象も様々分かれてきたことと思う。
ただ私が個人的に思うのは、
「たった一年そこらの付き合いで、その人となりを断定することはできない」
ということ。
夫婦関係のように気長には構えられないけれど、人物を理解するのには「時間」が必要なことだけは確かだと思う。これは監督の個性のみの話だけではなく、監督が作りあげている途上のチームに対しても同じことが言えるのではないだろうか、と思う。

シーズン当初の「今年は見守る一年としたい」という自分の言葉に、今もそれほどの迷いはない。
結果、「お前には先を見る目が無いようだ」との評価を受けても、それはそれで私を笑っていただければよろしいかと。
チームに対して抱く感情や応援するスタンスは、人それぞれあって当然。
しかし、チームにとってもサポにとっても、大事なことは、「ブレない姿勢」。
シーズンもあとわずか、自分自身の年頭の課題を忘れずに、サポートしてゆきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/10

遠征の楽しみ・・・それは『国盗り』(・∀・)b

月に1度の更新ペースにも慣れ(殴)、すっかり休眠サイトとなりましたこちら中年バンザイ@nigoeですみなさまごきげんうるわしゅう。

この夏は、さっぱり勝てませんでしたね。
秋になった途端、ようやく勝ったという報もありましたがw
いままで出来ていたことが、途端に出来なくなるという頭の痛い現状。気温の上昇に比例するようにパフォーマンスが低下するのは、このお方とも無縁ではなさそうですが、、、
まぁ、今日はそんなお話しは置いといて。
リハビリ程度の軽い話題のご提供を。

普段、電脳系ゲームとは親しみのない生活を送っている主婦ですが、昨年暮れからハマっているゲームがあります。

 『ケータイ国盗り合戦』(PC案内サイト)

大手地図サイト・マピオンとJRがタイアップして、最近の戦国ブームにうまく便乗した格好の携帯電話ゲームコンテンツです。

しかも、「タダ。」 ←主婦への殺し文句 
(※注:当然ですが、通信料はかかります)

今年のアウェイ遠征や中山道遠征など、とにかく出かける機会があるごとに『国盗り』に夢中になっています。万博に行くのに、岐阜から在来線に乗り、米原を経由して湖北回りで向かうという、いい大人にこんな手の込んだ酔狂なことまでさせてしまう魅力がある(笑)のが、このゲーム。

内容はいたってシンプル。600もの『国』に分割された日本全国を統一することを目的としています。携帯電話の位置情報システムを利用して、実際に全国各地の『国』を訪れて、『国』を攻略するだけ。
操作も簡単。ゲームに参加して『マイページ』を開設したら、攻略したい国に実際に行き、現地で“国盗りボタン”を「ポチッとな」と押すだけで、国を“統一”できます。
端的に言えば、携帯電話を使った、“現代版スタンプラリー”です。“統一国”の増加に伴い出世もでき、“コバン”(軍資金)も増えて、アバターへ武器などを装備することもできます。また、『SNS』機能もありますので、「お友だち」の紹介や、「お友だち」の戦況もうかがえます。
そして、もうひとつの楽しみとして、毎日出題される『クイズ』があります。戦国時代にちなんだ内容で、これが楽勝問題から難解な問題まで幅広くあります。最初の頃は持ち合わせた知識と勘で回答していたのですが、最近は必ず調べものをしてから答えています。遊びながら毎日歴史を学べるので、これも魅力となっています。

操作自体は子供でも出来る簡単なゲームですが、なにぶん交通費がかかり経済力や広範な活動力が必要なため、参戦“武将”は圧倒的に大人が多いようです。
特に、「出張サラリーマン」の方。
この夏、秋葉原でこのゲームのイベントがあったのですが、集まったのはリーマンだらけ(笑)。やはり趣味と実益を兼ね(ry

一度、この『国盗り』の世界にハマると止められなくなりますので、ご参戦の前にはよくよくご検討&お覚悟を召されることをおすすめいたします。
ゲームに参戦していないワタシのダンナまで、ワタシの天下統一が進むよう、あれこれ路線プランを練ってくれるほどになりました。同行者まで夢中にさせる、恐ろしいゲームです。最近、国盗りのための攻略本(下記リンク参照)も出版され、付録の白地図に、統一済みの国を赤鉛筆で塗りつぶし、ささやかな征服感を味わうのが楽しみで楽しみで・・・(◎´∀`)ノ
ちなみに本日現在、nigoeは197カ国を統一しております(武将名はnigoeに非ず。ふふふ、何でしょう?)。

都市圏にお住まいの方は、最初のうちは、電車に乗っただけで、面白いように次々と国が盗れます。特に首都圏ですと、笑いが止まらないくらい(´∀`)アハハハハ・・・
しかし、当たり前ですが、近くの国を盗れば盗るほど、遠くに行かざるを得ねばならず・・・これがこのゲームの魔力のようです。

出張サラリーマンの方はもとより、『乗り鉄』の方、『道の駅スタンプラリー』が趣味の方、放浪癖のある方、戦国好きの方、アウェイ遠征好きな『うぃあー』の方、、、適性は充分お持ちと存じますが、「それゆえに」(笑)くれぐれもご注意ください。

以上、アウェイ遠征の新しい楽しみ方ということで、ご紹介させていただきました。
さてさて残るアウェイは・・・と、川崎と新潟と調布と京都、、、だけ!? ((((;゚Д゚)))ガーン!
もっと早い時期にご紹介すべきでしたね、失礼しましたm(_ _)m

ひとりごと:
そうそう、天皇杯を全戦参戦すれば・・・(以下自粛)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »