« 09ナビ杯【HOME】第7戦@大宮戦 | トップページ | 「変わらなきゃ」~2009後半戦に向けて »

2009/06/30

09【HOME】第15節@神戸戦

前節・雨の横浜で、おそらく今季初めてのブーイングを浴びた選手たち。
これまでは内容がどうあれ、「我慢と辛抱の年」との覚悟からか励ましの姿勢をとり続けたサポたちが、初めて叱咤した。しかしこれも、ブーイングをまともに受けるまでにチーム再建が進んだということの表れ。
「3歩進んで2歩下がる」今季の闘いぶりのなかで、昨年と比べ確実に成長していることがある。
「連敗」が、ない。
失敗に終わった試合を失敗のままにせず、必ず修正し態勢を整えて試合に臨んでいる。妙な話だが、出来の悪かった試合の次の試合には、必ず期待が持てる(笑)。
前回のGGRで湯浅氏が語った、「(戦術に見合う選手を見極めるために)『私は決断する』とフィンケは言った」との言葉は、果たしてどこまで実現されるのか。
毎試合、どんな展開を見せてくれるのか・・・不安と期待が交互に訪れる今季の浦和はまさにスリルとサスペンスに満ちていて、本当に目が離せない。


早朝から照りつける太陽と高温の中、東側の抽選に並ぶ人々も、列を離れ日陰に涼を求めていた。やはり皆、長年の経験からか、できるだけ無理をせず体力を温存する知恵を身を以て知っている。荷物だけ置かれた抽選列はみるみる延びてゆき、どこが最後尾か見えなくなるほどに。かつて駒場でこれほど長い抽選列を見たことがない。不安は的中。クジが不足し増刷のため抽選時間10分延長。それとともに並び時間も5分間延長したものだから、列はさらに延びていく。どうやら増刷も間に合わず、過去の2000番以上の抽選クジを緊急投入し間に合わせる有様。おそらく駒場では前代未聞の抽選数となったことは間違いない。この日の天候のように、試合前から駒場東側では熱い闘いが展開されていた。列整理もかつてないほどの時間を要し、落ち着いて小一時間ほどで入場時刻に。

090627kobe6入場後の陣取り合戦も熾烈を極め、私は運良く席を確保できたものの、東側をあきらめ西側へ転戦した知人が多数いた。リーグ中盤戦とは思えない、何とも激しいこの日の「東」。しかしキックオフを待つ間は打って変わって穏やかなひととき。入場時の殺伐さは、強烈な陽射しに溶かされてどこかへ消えてしまったようだった。光が肌に突き刺す痛さを感じながら過ごしていると、ピッチでは放水が行われた。これがスタンドにも涼をもたらしてくれ、風も次第に吹いてきた。選手が練習でピッチに現れる頃には、だいぶ暑さもおさまった。

090627kobe5 練習する選手たちの中に、ロビーの姿があった。先発ではないにせよ、ロビーの復帰は完敗した前節の雰囲気を明るく変えてくれるばかりでなく、チームに活力を与えてくれる期待も感じさせてくれた。スタメンを見ると、負傷の坪井に代えて、リーグ戦先発デビューの永田の名が。その永田は左SBに、前節そこにいた細貝はボランチへ、坪井の欠けたCBには阿部がシフト。このポジション修正が果たして吉と出るかか凶と出るか・・・しかもここは、近年鬼門と試練の場と化しつつあるホーム駒場。前節完敗を喫した指揮官の、チーム立て直しの手腕が問われる試合が始まった。

090627kobe4指揮官の手腕は、すぐに選手たちのパフォーマンスによって証明された。
その『核』となったのが、細貝。彼が後方から相手陣内に顔を出す動きをするだけで陣形も押し上がり攻撃に厚みが増した。呆気ないほどに(笑)、開始2分でのエジミウソンの先制点を演出。
さらに興味を引いたのが左サイドでのボール運び。永田-元気-直輝の連携は、その若さに似合わず円熟の域に達しており、時折細貝がボール中継の核となり絡むことで、さらなる攻撃のバ090627kobe3 リエーションを紡ぎ出していた。とにかくこの若者たちは、「前を向く」。可能性を大いに感じさせてくれる。
しかしひとたび守備に転じると、神に祈りたくなるような場面も「あるには、ある」が(苦笑)、その不安を凌駕する躍動感が、この若者4人とFW2人によってピッチ上に演出されていた。前節の不甲斐なさが嘘のような連動性と、そして昨年絶不調だったFWコンビの再生ぶりが、まるで魔法にでもかけられたような不思議な心地に陥らせてくれていた。

090627kobe7 さて、前節からの懸念のひとつである『守備』はどうだろう。
フィンケの目指すシステムにおいては、快足CBの存在が欠かせない。ナビ杯で実証済みのとおり、暢久-坪井のCBコンビであれば指揮官の作戦は見事に成就されたが、負傷で坪井を欠く今節、闘莉王と阿部のコンビがどこまで目的を達成できるか否かが戦前からの気がかりであった。いっそのこと、闘莉王が攻撃参加してくれたほうがDFラインが自然に上がり、啓太もわかりやす090627kobe2 く最終ラインのフォローに回れるのでは?、などど乱暴な妄想をしてしまったが(笑)、現実はそこまで極端にならずひと安心。神戸の中盤のバタつきにも助けられた感もあったが、前半は、先制点直後の神戸50番による危うい場面があったくらいで、浦和DFラインの裏を狙うだけの単純な神戸の戦術も相まってオフサイドも3~4本獲れ、まずますのラインコントロールを見せてくれていた。しかしそれも前線からの守備と中盤の活動量に支えられてのこと。細貝ひとりがセンターに戻っただけでこの様変わり(後で知りましたが、この日長谷部が観戦に訪れていたとのこと。このことも無縁ではなさそうな・・・)。この暑さの中で、かつての長谷部の役割を担ってくれているような奮迅の働きぶり。“長袖王子”のタフネスさと献身さには全くもって頭が下がる。
膠着した展開と暑さから、1点差で前半を終えるのは不安だと感じていた矢先、このところ復調めざましい高原が、相手DFのチェックを受けながらも、落ち着いて照準を狙い澄ました技ありゴールを決め追加点。この一連のシーンが完結するまでの間、神戸の選手がボールの動きに体がついていけない様子が遠くからでも確認できたので、あとは高原の仕上げの精度だけ・・・との私の期待に、彼は見事に応えてくれた。前半終了前の追加点に時間帯も良しと安心して前半終了。

090627kobe1後半。
前半の勢いのままなだれ込んでいくのかと思いきや、、、この暑さである、そう事は単純に運ばないものだ。
これも考え方だが、前半で保った2点のリードがある限り慌てる必要はないわけで、このまま逃げ切ってしまえば勝利は手中にできる。「否、それでは消極的すぎる」と考える向きもあるだろうが、過酷なこの日の気象条件を考えれば、それは現場を無視した意見であろう。
もうひとつの「前節の懸念」・・・まさかの「前半30分早々からの失速劇」をどうするのか。まさに「ペース配分」がこの試合の鍵を握っていたのではないだろうか。

その目論見を読まれていたのか、はたまた狙っていたのか、後半の神戸は、一気にギアを上げてきた。この日の湿気を帯びた熱気のように、浦和の選手にまとわりつくような守備を仕掛けてきた。向こうサイドで展開される膠着戦を眺めながら、このコンディションでよくもこれだけ体力を出力できるものだと思っていたところ、遠目で見ても嫌な抜かれ方をされたと思った瞬間、大ピンチが訪れた。それも1度ではなく2度も3度も。
正直、神戸の拙攻に助けられた。特に後刻のニュース映像で、「都築ひとりvs.神戸攻撃者3名」の想像するだに恐ろしいシーンが映し出された時は、暑さも吹き飛ぶ悪寒が背筋を走ったが、この大ピンチに事無きを得られたのは、どこの「ネ申」の御加護なのだろう・・・きっと相手の中にいたのだろう。“鰯の頭”も何とやら、、、(^^;。

再三にわたるピンチのかたわら、浦和のチャンスは、後半開始早々に放たれた元気のシュート以外は、可能性のある攻撃シーンはこれと言って無きに等しかった。しかし、サッカーとは、すべての環境要素の影響を受けて試合が進むもの。多分それはスタンドにいたサポーターも実感したのだろう。過酷なコンディションを堪え忍ぶ選手たちの姿に、誰も非難の声を投げつけなかった。「もっと俺たちでアゲてやろうぜ!」との激に応える形で声援を送った。苦しく、目をつぶりたくなるようなミスの場面も多くあったが、選手が苦しい時こその“声援”である。その時こそ、われらの存在意義が問われる。

090627kobe8決して余裕の勝利ではなかった。相手のミスと力量不足に助けられた。厳しい目で見れば、今節の闘いぶりを「成長」とは呼べないかも知れない。
しかし、微調整かも知れないが「改善」はされたと思う。横浜の惨敗ぶりに比べれば、指揮官の目指す戦略が、ピッチ上の選手たちの共通の絵として描かれているさまを感じることができた。時系列を短期的な「点」で捉えれば、わずかな改善にしか見えないことも、この1年のスパンで眺めてみると、その変化ぶりはよく実感できる。
「浦和のペース」というものが、徐々に形成されている実感を。

090627kobe10失敗をしたら、次に克服すればいい。起こってしまったことは取り戻せないし、サッカーには、失敗はつきものだから。
選手たちの表情からは、失敗を糧にして成長を実感していることが伝わってくる。勝利を得た時の自信に満ちた表情がいい。高原の表情に、徐々に磐田時代の精悍さが戻ってきている。「美味しいお酒を飲んでください」との余裕の言葉も口にするように。お許しも出たことで、この日の浦和の街はさぞや盛り上がったことだろう。

間もなく、本格的な夏が到来する。日本の夏を初めて体験するフィンケと、プロとして初めての夏を迎える若者たち。
これまでうまくいっていたものが、今後うまくいかなくなる可能性は大いにある。
先にも述べたように、サッカーとは、すべての環境要素の影響を受けるスポーツであるから、運動量とスピード(走力、判断力)を要求するフィンケ・サッカーが、日本のサマーシーズンに適応できるかと言えば、厳しいと言わざるを得ない。
選手たちの消耗を極力抑えた、日本の気候に応じた「浦和スタイル」の構築は、これから始まる。未知なるステージが、フィンケを、選手を、私たちを待っている。

時々つまづきもするが、必ず立ち上がって前に進む。
まだまだ浦和の成長は続いている。何とも嬉しい限り。

 

余談その1:
朝井女史の「今日は『駒場デー』でしたが、ここ埼玉スタジアムでの試合・・・」の誤爆インタビューにブーイングした私でしたが、人の小さな失敗を突っ込む身分ではございませぬ、とあとで思った次第(笑)

090627kobe9余談その2:
クールダウンに来た若者3人組。最初バクスタにせがまれ挨拶。次に東ゴル裏にせがまれ挨拶。それを遠巻きに見ていた西ゴル裏からも勢いに乗じて要求の声があがるも、さすがに遠かった(笑)。素直な少年たちは、大人のわがままによく応えてくれました。

090627kobe11余談その3:
北浦和への帰り道での1枚。市高では『市高祭』が開催されていました。
『駒場デー』と同日開催だったのは、単なる偶然なのでしょうか?

|

« 09ナビ杯【HOME】第7戦@大宮戦 | トップページ | 「変わらなきゃ」~2009後半戦に向けて »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/45489111

この記事へのトラックバック一覧です: 09【HOME】第15節@神戸戦:

« 09ナビ杯【HOME】第7戦@大宮戦 | トップページ | 「変わらなきゃ」~2009後半戦に向けて »