« 08【AWAY】第33節@G大阪戦 | トップページ | 忙中有閑・・・街の小ネタ@浦和 »

2008/12/10

08【HOME】第34節@横浜FM戦

081206yokohama1 2008年の浦和サッカーを、最期まで看取った。埼スタの落日とともに。

来季に繋がる何かを感じたいとの願いから、足を運んだスタジアム。
確かに、感じることはできた。
完膚無きままに叩きのめされた最終節------まさに「国破れて山河あり」。
焼け跡の荒廃した祖国でも捨てることができない。ならば、もう立ち直るしか術はない。かえって迷うことなく前進できるというもの。
覚悟も何も、もう必要ない。生きるために、“新しき浦和”を目指すのみ。


081206yokohama2 昨年に比べると、前抽点呼を受けたチームが少ない。チーム成績やこの日の試合の意味合いを鑑み、さらにゴール裏という場所性をさらに加味しても、負け続けて弱かった時代とは変質した、薄情な心理が垣間見える。しかし、そんな人々をも凌駕する数のサポが集結していたのもまた事実。客観的には消化試合であっても、今季様々あった思いにケリを付けるために有終を飾りたい浦和自身にとっては、この試合は消化試合に非ず。加えて岡野・内舘への送別もある。この日スタジアムに集ったサポーターは、それぞれにこの試合への「意味」を持って臨んだはず。忙中でも遠方からでも駆けつける、それが浦和者の習性だから。

081206yokohama3 スタメン発表。指揮官は「期待を裏切らず」、最後までわれらを驚かせてくれた。エジミウソンが出場停止、高原、永井、達也も負傷の報が事前にあり、はてさてどうなることやらと不安と不安に胸膨らませて(笑)発表を聞けば、、、1トップFWに高崎。水戸への期限付き移籍が報じられたばかりの高崎の起用は誠に予想外。他の選手配置を見ても、左SHは相馬ではなく暢久をチョイス。啓太は最後まで使い切る方針のようで、、、「日替わりランチ」戦術と特定選手フル活用戦術を最後まで貫き通したゲルトの081206yokohama5 信念には、呆れを通り越して敬意を表せざるを得ない。われらにも随分耐性がついたものだ。

試合が始まってみると、少し新鮮な驚きを感じた。選手の動きがこれまでより活発で中盤に穴が無く、久々にボールと人が動くさまを観た。「これは意外に、いけるぞ」と思った・・・が、それも束の間、やはり付け焼き刃は付け焼き刃。個々人はがんばっている様子が充分にうかがえるのだが、約束事のない戦術には、連携のかけらもない。
動いてはいても、繋がっていない。
気合いだけでサッカーをやるのなら、学生にだってできる。ピッチ上で空回りする浦和選手の間隙を突いてくるだけでなく、「勝たなければならない」と精神的に焦りが見える浦和の選手へさらなる動揺を与えるべく、激しく寄せてくる横浜の選手たち。露骨なまでに荒々しいボディコンタクトの多さに、主審の笛も鈍りがちな傾向に(あまりの見逃しの多さに怪我人を心配していたのですが・・・案の定、後半セル負傷退場)。横浜の『11』『13』のユニフォームが交互に私の視界に飛び込んでくる。サイドを揺さぶられ、まるでメッキが剥げるように、次第に浦和のフォーメーションは崩されていく。やっとの思いでボール奪取するも、「どこに出すのか」「誰が動くのか」が不明な浦和では、相手にミスパスしてまた同じ動作の繰り返し、、、途方もない虚脱感がスタンドに垂れ込めた。
バタバタと対症療法的に火消しをしていた浦和の守備が、そう長く持ち堪えられないのも道理。前半22分にPK献上、失点。
これを合図に、両者のマッチアップが激化。拍車をかけるように舞う黄紙。先制の威勢を駆ってさらに寄せて押し込んでくる横浜。浦和両サイド最終ライン深くまで抉り襲いかかってきた。しかし、何とか堪え忍び前半終了。思い起こせば、開始早々の高崎のシュートしか、浦和のシュートを見た記憶がなかった。
「何だか・・・今年の浦和の集大成のような試合だね」と、周囲異口同音。

081206yokohama6後半、立ち直ってくれるだろう・・・と期待して、期待はずれに終わるのも今年の浦和。
いきなり河合のミドル追加点で出鼻をくじかれた。さらに、懸念されていた負傷者発生・・・セル退場で泣き面に蜂。替わって投入された相馬が、流れを変えようと横浜バイタルエリアで活発に動きながら左サイド侵入を試みる。その効果はすぐに表れて、ゴール前に詰めていた細貝にボールがわたり、難しい角度から撃ったためか、足に当てて押し込んだような力ないシュートであったが、ようやく1点返す。

これで、今シーズンの浦和の攻撃は終わった。
最終節、放ったシュートは、たった2本。

1点返した流れに乗り、反撃をかけようとした浦和であったが、前掛かりとなり手薄になった背後を徹底的に狙われた。ほどなく右サイドを破られ、3点目献上。
2点差となるも選手たちは懸命にボールを追った。2点差をひっくり返す試合展開にでもなったなら、今季を少しは気持ちよく締めくくれる。そう信じて、ゴール裏は応援のボルテージを緩めなかった。これまで静観していた分のエネルギーを放出するかのように、ただ勝利を求めてコールを続けた。

ところが、だ。

指揮官は、ここで何を勘違いしたのか、また何を観念したのか、後半28分、暢久OUT→岡野IN。
別にこの交代自体が悪いとは思わない。問題は交代のタイミング。岡野を少しでも長い時間ピッチに立たせてやりたとの温情のほうが、勝負の行方より強く働いたとしか思えない交代劇。それなら高崎に代えてもいいし、同様に温情を働かせるのであれば、岡野と永井の2トップにしてもいいのではとも思ったが、永井に対しては、どうやら同じ思いがなかったらしい。
去る者への温情に名を借りた、勝負放棄・・・ゲルトの心情が垣間見えた采配。これもまた、今年の浦和を象徴するシーンだった。
セルの退場から右SHへ移動していた暢久(この左右ポジションチェンジももはや後半の風物詩w)を下げたことにより守備の駒を失った右サイドはついに大炎上。まるで冗談でも見せてくれているかのような、10分間あまりのタコ殴りショー。やがて個々の対面プレーでもことごとく競り負けるように。もうここまで来たら致命的である。右からも中央からも砲火を浴び、失点のたびにひざまずき戦意を喪失していく浦和の選手たち。。。
勝利への絶望感をたたえながらも「意地を見せろ」とコールするゴール裏。悲しいかな、その思いが届いたのは、今日が最後の岡野ひとりだけだった。“浦和カモン”“ララ浦和”・・・かつて逆境で唄われたチャントと岡野のプレーが、ひとつの時代へ惜別しているようだった。心が折れた選手が続出する中、単騎奮戦する岡野・・・世代交代とはいえ、大切な人材を、またひとり失ってしまう口惜しさを感じざるを得なかった。
さすがに6失点目には、ゴール裏も沈黙した。しかし、心を奮い立たせて声を投げかける者多数。私も最後まで応援を続けた。081206yokohama7たとえ選手たちが試合をあきらめても、サポが試合から取り残されたとしても、逃げ出したりはしない。何があっても支え続ける、それが浦和のPRIDEだということを知っているから。
「4分」と表示されたロスタイム、長かったのか、短かったのか・・・この時の終了のホイッスルは、同時に2008年の終わりも告げた。
敗戦を、そして2008年シーズンを、潔く受け入れた。否、受け入れざるを得なかった。

081206yokohama8 もう、来季はこんな思いはしたくはない。
クラブを代表しての社長挨拶。今まで抑えてきた社長への抗議の感情があふれ出した。これまではじっと耐えてきた。だから最後まで応援した。全てが終わった今この時、ここで本音をぶつけなければどこで意思表示すればいいのだ。ブーイングでの抗議表明、、、所詮こんなことしかできなくても、しかしはっきりと「NO!」を突き付けなければ、浦和の未来はない。

081206yokohama9 つぎに、契約満了となった岡野・内舘の挨拶。引退でもなく、移籍先もまだ未定の選手に対するこのような計らいは珍しい(結果このセレモニーは奏功し、クラブはホッと胸をなで下ろした、というのが本音ではなかろうか)。
「このユニフォームを着て約12~3年間」とアバウトなコメントで笑いを誘う岡野、「浦和で13年間」と正確にコメントする内舘、、、この二人らしい挨拶に、殺伐とした雰囲気は嘘のようにほぐれた。
「移籍先が見つからなければ、『力』でバイトさせて」とさらに場内081206yokohama11 を笑いに包む岡野の天真爛漫さ、「もう赤いユニフォームを着れずに・・・」と声を詰まらせもらい泣きさせられた内舘の実直さ。長年苦楽を共にした浦和のバンディエラ(旗頭)たちが去る姿を見届けるのは切ない。
「いつか対戦した時には盛大なブーイングを」と求めた岡野とは対照的に、「出身も浦和、実家も浦和、家も浦和・・・もう浦和からは離れられない」と語った内舘・・・二人は今後、異なる道を歩むのだと思い知らされた。
二人の前途に幸多からんことを願わずにいられない。
ありがとう、岡野。ありがとう、ウッチー。

081206yokohama10 ひとつの時代の終焉。
しかし、灰燼に帰した荒野となった浦和の地を再生させる気概は、まだ失われていなかった。
「がんばろうよ選手たち。元気出して。俺たちがついているから。俺たちは浦和レッズだから。浦和レッズが大好きだから。愛しているから。」

真の意味での、「We are REDS」。
真の意味での、「We stand beside you forever always」。

この一年の万感を込めて、最後に叫び、歌い上げた。

これからが、本当の、浦和が歩むべき道なのかも知れない。

|

« 08【AWAY】第33節@G大阪戦 | トップページ | 忙中有閑・・・街の小ネタ@浦和 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

「約12,3年」ってアバウトすぎる岡野に笑い、言葉に詰まるウッチーに涙ぐみ、
19と30のビジュアルに感嘆した埼スタ。
試合内容は・・・今年は真ん中スカスカでよくそこから攻められてたなー。
いつ見てもそんな感じだった。
今季の成績は、色々な要因があっての結果であって特定の誰かのせいではないと思いますが。
ただ、フロントが皆にいい顔をしようとしたのがいただけないのかなーと
思います。
サポと、選手と、監督と。それぞれが全部気が済むようにと
図りすぎたんじゃないのかと想像するんですが。
もっと監督をサポートする手は打てたと思うんです。
まあ今となっては詮無い事です。

荒れ果てた土地にも新しい芽は出てきています。
枯れたように見える木々も手入れをすればまた緑の葉をつけます。
そこに水をやり、養分を与えて、大事に大きく育てていくのが
これからの私たちの役目なのでしょう。

個人的には、上ふたりを見送ったヤマが、何を感じたか、
これからの現役生活をどう過ごしていくつもりなのか
じっくり見て行こうと思います。

投稿: A三郎 | 2008/12/10 03:30

A三郎さんに同じく、ですね。
今のフロントは、前任者の残像を徹底的に排除しようとしているようです(どうやらそれは、オーナーである企業の意向のようです。)。

だからこそ、「レッズはこうあるべき」という主張を一切せず、サポーターや選手や監督の間をふらふらしつづけたのだと思います。

前社長のもとで精力的に働いていた人たちもどんどん辞めているそうです。

時、あたかも未曾有の不景気。
みんなの財布の紐も堅くなるでしょう。

冬の時代はしばらく続くと思っています。
というか、中途半端に冬を終わらせると、
今度は奈落の底が待っているように思います。

投稿: sat | 2008/12/10 06:16

nigoeさん、こんにちは。
最終戦のゴル裏サポート、お疲れ様でした。
たまのりは最終戦も息子との超まったりサポートになってしまいました。
何故なら、これほどワクワク感が起こらない試合も久しぶりでしたから。
でも、振り返ってみると、今シーズンの後半は、ずっとこんな感じだったような気もしますよね。
夏のアウェイ鹿戦、ガス戦、ホームのジュビロ戦ぐらいまでは、ワクワク感が確かにありました。
だから、その後のアウェイ緑戦、ホームのトリ戦辺りがターニングポイントだったのでしょうかねぇ。
ACLとリーグの二兎を追っての失速と簡単には片付けられませんよね。
たまのり的には、今シーズンは春先から闘莉王をキーマンにしたサッカーに賭けたのかなと感じてました。それが、秋口ぐらいからは闘莉王ありきのサッカーにエスカレートしていったと見ています。
シーズン前半も、失点してからの闘莉王パワープレイでなんとかという試合は何試合かありました。でも、トリ戦ぐらいからは闘莉王に頼り切った、闘莉王の活躍を前提にしたサッカーになっていたように思うのです。
闘莉王は、確かにキーマンたりえるし、彼の能力はすばらしいものです。でも、攻撃も守備も全てを彼のポテンシャルに依存してしまっては、大問題です。いかに闘莉王でも、毎試合でトップパフォーマンスをキープするなんてあり得ない。まして彼は、代表でも獅子奮迅の活躍で、代表戦後の疲れをモチベーションのみで乗り切るなんて不可能なんですから。
多分、夏まではチーム闘莉王でも何とかなったんでしょう。でも、秋のワールドカップ第三次予選が始まった頃からは、耐えられなかった。そういうことかなぁと思っています。
そこで問われるのが、ゲルトは何を考えていたのかってことです。たまのりのような素人でもそのくらいは分ります。絶対に、闘莉王中心のサッカーだったことは明らかです。そして、そのパフォーマンスが落ちたときもそのまま続ければ、どうなるかも分り切ったことです。
何故、闘莉王中心のサッカーを修正しなかったのか。ゲルトの罪は、そこにあると思ってます。
闘莉王のいない最終戦。1-6は、まったく妥当な結果だったと評価するしかありません。

投稿: たまのり | 2008/12/10 14:49

皆さま、熱いコメントをありがとうございました。
この1年、レッズを見守ってきた皆さまだからこそのご意見、当を得たところばかりと感じ入っております。

@A三郎さま

>ただ、フロントが皆にいい顔をしようとしたのが
>いただけないのかなーと
私もオジェック解任の頃から危惧していたこの件、まさにこれが現実になろうとは・・・

ttp://nigoe.cocolog-nifty.com/reds/2008/03/post_d5ff.html

当時、A三郎さんからもコメント頂戴していましたね。
クラブ運営は、普通の企業運営とさして変わらないのだなぁ、と再認識させられました。
フロントの毅然とした態度と覚悟、これが一番必要だったと感じています。

@satさま
ご指摘の内部事情、私も別ルートで小耳にはさんだことがあります。仮にこれが真実だとしたら、

>「レッズはこうあるべき」という主張を一切せず、
>サポーターや選手や監督の間をふらふらしつづけた

というフロントの姿勢は腑に落ちます。
たぶん首脳陣は、様々なプレッシャーから「保守」の態勢を取らざるを得なかったのでしょう。この一年の消極性がそれをよく表していました。
この「冬の時代」は長そうですね・・・でもここをしっかり耐えて過ごさないと、おっしゃるとおり、次は「奈落の底」ですね。がんばりましょう!

@たまのりさま

>秋口ぐらいからは闘莉王ありきのサッカーにエスカレート
もう、、、これには閉口しましたね(´д`)
同じ選手を使い続けるならオジェックと同じですし、さらに悪いことに「戦術は田中(大&小)」と「日替わり奇策」いうのが露骨に表現されていましたから、稚拙な戦術を採り続けていた点では、ゲルトは責めを負わざるを得ないですね。

ただ、過去の4年間の功績には感謝すべきだと思い、拍手で送り出しました。彼もまた優柔不断なフロントの犠牲者であったと思います。
オジェックといい、ゲルトといい、今度はギドまで・・・浦和を愛する人々に、何故このように煮え湯を飲ませる思いをさせるのでしょう?

投稿: nigoe | 2008/12/11 11:47

nigoeさま

じーじは傷心旅行に行ってました(遊びという噂も)
1年間つらかった、というのが今年のじーじの総括
確か優勝争いしていたはずなのに…

投稿: なごやのじーじ | 2008/12/11 23:57

@なごやのじーじさま
コメントが遅くなりました。ワタシも傷心にて(違;

>1年間つらかった、というのが今年のじーじの総括
>確か優勝争いしていたはずなのに…
かつて無かった質の「つらさ」でした。でもJ2降格したシーズンの「どうしようもない」レベルではなく、「どうにかしたらなんとかなるはずなのに」と思うが故の悶々とした気持ちが積もり積もった、という感じでした。妙な期待があったために、後味の悪さが残りましたね。
監督も決まりました。今季レギュラーだった選手も控えだった選手も、みな同じスタートラインに立ちました。
昔のオジェック並みに規律を重んじる監督のようですので、馴れ合いが無くなり刺激が与えられそうで、期待が持てそうですね。

投稿: nigoe | 2008/12/17 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/43356968

この記事へのトラックバック一覧です: 08【HOME】第34節@横浜FM戦:

« 08【AWAY】第33節@G大阪戦 | トップページ | 忙中有閑・・・街の小ネタ@浦和 »