« 08【AWAY】第21節@FC東京戦 | トップページ | 彷徨う女心と秋の連戦へ向けて »

2008/08/21

08【五輪】女子:日本 0-2 ドイツ

日本選手団のなかで一番長く競技した、なでしこジャパン。

本当にお疲れ様でした。
そして、私たちに夢と希望を与えてくれて、ありがとうございました。
残念ながらメダルには手が届きませんでしたが、最後まで存分にオリンピックを堪能してくれたことと思います。

銅メダルを賭けた闘いの相手は、ドイツ。
気持ちを前面に出したアクションサッカーを展開する日本に対し、ポゼッションを基調としたリアクションサッカーのドイツ。
実況席の野地アナ&人間力氏が、日本の試合内容の良さと展開の優位性を盛んに説いていましたが、、、試合を通して、私はそこまで楽観的な印象は感じませんでした。
前半の半分までは、確かに日本が自分たちのサッカーを存分に披露してくれていました。体格に勝る相手に活路を見出すためには、運動量で勝負するしかありません。これは間違いではないと思います。しかし、時間の経過とともに日本は「パス回し」が目的化したような、端的に言えば、ドイツは日本にパスを「回させて」いたのではないでしょうか。くさびで受けたパスを戻したり、中央の選手にパスを預けるあるいは中央突破を計るといった、パターン化したボールの動きを狙われ始めたのを見て(澤が結構狙われていたような・・・)、おそらくドイツはペース配分を考えており、後半勝負を賭けているような気配をちらつかせているように、私には見えました。

後半、それは現実となりました。
実況席がたびたび「ドイツは後半、必ず足が止まる」と言っていましたが、ドイツは単に足が遅いだけなのか、それとも省エネタイプなのか、、、日本の選手に比べれば活動量は劣りますが、局面のアクションの早さやストライドの長さを活かした早さはありました。すばしっこく動くか大きい動作で動くか、のプレースタイルの違いは、目の錯覚を与えていたのかも知れません。得点を取った時の動きも早く、試合終盤では精神的優位性もあってか、焦りに消耗する日本とは対照的に余力を残しているようにさえ見えました。男子同様、伝統の堅守を発揮した、まさに強豪ドイツ。試合巧者というほかありません。
かたや、優勢な時間帯に得点をものにできなかった、、、初戦のデジャブのような光景でしたが、これがなでしこジャパンを象徴する現実の姿となってしまいました。

多少、大本営的な気合い表現はあったにせよ、今日の実況席を責めるつもりは毛頭ありません。
日本の選手たちの、ひたむきさに心打たれて、「何とか勝たせてあげたい」という願いと愛情が感じられました。
もう、こういうときは、これでいいのです。試合を観ている者すべてがサポーターですから。

アメリカには何とも埋めがたい“差”を感じましたが、ドイツには微かながらも世界と互すことができる可能性を感じました。
体格で勝ることは不可能ですが、技術で勝ることは不可能ではありません。
決定力-----男女共通の、この慢性的な課題の解決が、日本サッカー発展のカギとなりそうです。

しかし、持てる力を尽くして、なでしこたちは闘いました。
最後まであきらめずに闘い抜きました。
メダルは取れませんでしたが、日本女子サッカーの新たな歴史を創ってくれました。
彼女たちの、笑顔の帰国を楽しみにしています。

追記:
ハーフタイムにNHK教育で流れていたプレイバック映像には、ちょっと涙腺が緩みました。。。
みな、「サッカーが恋人」と言わんばかりに、愛情に満ちた表情をしていました。

|

« 08【AWAY】第21節@FC東京戦 | トップページ | 彷徨う女心と秋の連戦へ向けて »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

"ひたむき"・・・大切ですよね~

サッカーのゲーム後から集中したソフトボールの決勝では実況席の元監督を含めて、必死のひたむきさを感じておりました。

競うもの、争うレベルは違っても、ワタシ的な応援したくなる感動ポイントは"ひたむき"ですね。
甲子園の野球、選手権のサッカー、レベルは全然違っても学校対抗の競技等々すら、何とかしたい、というあふれるひたむきに感動感動でございます。
(このコトバが最近のどっかの赤いサッカーチーム、特にキャプテンにはまったく相応しくない気がするのは気のせいでしょうか、、、
初タイトルに向かっている頃には確かにあったような気もするんですけどね)

投稿: えりぴょん | 2008/08/22 02:13

一見すると、あともう少しのようにも見えるんですが、このような試合を勝ちきるにはまだまだ相当な努力が必要なようにおもいます。

控え選手が機能したドイツと、スタメン、ベンチの選手のほとんどが疲労困憊の日本。選手層の差は歴然としていました。
女子サッカーの裾野を広げ、才能を集める必要があるのですが、女子リーグの現状は、スポンサーも確保するのが容易ではなく、入場料を取れるほどの観客も集まらない。

「メダル」「健闘」という報道機関はあっても、この点にふれているところは皆無でした。

投稿: sat | 2008/08/22 08:14

たびたび失礼します。

ここが少し問題点にふれていますね。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2008/08/22/05.html

おそらく、今回のベスト4のなかで、日常の競技環境が一番劣悪なのが日本ではなかったかと思います。

投稿: sat | 2008/08/22 09:01

@えりぴょんさま

>このコトバが最近のどっかの赤いサッカーチーム、
>特にキャプテンにはまったく相応しくない気がする
私が最初にレッズに惹かれたのは、弱くてもがむしゃらにボールを追い続ける選手たちの「ひたむきさ」だったんです。あのキャプテンだってそんな時代からいたはずなんですが、、、不思議な気がします(爆)
感情移入を抜きにしてスポーツの感動はないと、私も思っています。「ひたむきさ」は情操を育ててくれる、スポーツの人間形成的側面を持っていると思います。

@satさま
Jリーグのフリエ騒動を端を発し、Lリーグも日興證券、鈴与、プリマハム、松下電器etc...と信じられない撤退の嵐が吹き荒れたあれから10年、なでしこリーグもできて、よくぞここまでと思うと感慨深いものがありますが、実情はまだまだですよね。
かつて練習後のシャワーすらできない劣悪な環境を嘆いた犬飼さんがレイナスを浦和に招きましたが、それでも現在のプロ契約選手はまだ一部。昔より前進したとはいえその速度は遅々としている現状ですね。

女子サッカーの場合は、競技者の裾野を広げることと競技環境を整えてあげれば、現況よりレベルアップする可能性は充分秘めていますよね。彼女たちのサッカーに対する真摯な態度に環境が整えば、きっと強くなれそうです。
反面、十数年前から若年層の育成が強化され、プロとしての環境が整っている男子ですが、、、女子に比べて何とも淡泊で心が弱い(ちなみに今回、オールプロで臨んだ五輪でしたが)。こちらは恵まれた環境への甘えを無くさせる必要がありそうです。
若年層の強化と女子サッカーの普及拡大を犬飼さんも提唱しています。何年かかるかわかりませんが、期待いたしましょう。

投稿: nigoe | 2008/08/22 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/42233571

この記事へのトラックバック一覧です: 08【五輪】女子:日本 0-2 ドイツ:

« 08【AWAY】第21節@FC東京戦 | トップページ | 彷徨う女心と秋の連戦へ向けて »