« 08【AWAY】第14節@柏戦 | トップページ | 08【HOME】第15節@FC東京戦 »

2008/07/04

正念場~第15節@FC東京戦の展望

さて、明日はJ第15節、

浦和レッズ(リーグ1位)vs.FC東京(リーグ5位)

の対戦です。

まずは。
例によって現時点(第14節終了時)における両チーム戦績を、おさらいいたしましょう。

第14節終了時点の戦績
順位 チーム 勝点 勝数 引分 負数 得失
1位 浦 和  26  8  2  4 +12
5位 F東京  24  7  3  4   +4

前節は6位の柏に敗戦。このデータが静かに物語るように、本当に後がなくなってきました。ワタシがとやかく説明せずとも、今節も敗れるようなことがあれば、首位から一気に転落することは必定なのは、自明のことかと思います。

次に、対FC東京戦の全戦績も復習しておきましょう。

FC東京戦 全対戦戦績(08/07/04時点)
勝 数 引 分 負 数 得 点 失 点
  6   2   6   19   15

互角と言ってもよい過去の対戦成績です。得点数が辛うじて上回っていることだけが優位なだけでしょう。このデータから推察するに、過去14試合で19得点ですから、僅差の戦いを強いられそうな予感がします。確かに記憶を辿ってみても、あまり良い思い出のない対戦相手ではありますね・・・(´д`)

で。

ここまでは過去の実績のお話でしたが、ここからは「今」のお話。

ざっと弊ブログのエントリを読み返してみると、5月のガンバ戦が終わった頃から「相手が云々・・・」などという、対戦相手のチーム状況や戦術の話なんぞという内容は激減し、「浦和自身がどうなんだ???」という話題が中心となっています(特に前節@柏戦の戦前展望が記憶に新しいところ)。
事ここに至っては、相手云々より己自身の足許を、すなわち今の浦和の在りようそのものを見据えて、今節、いや今後にどう取り組んでいくかでしょう。

さて。

そんな浦和の現況ですが、、、
今週は、まぁ、試合とは関係ないジャンルで派手に話が飛び交っています。

 『協会新会長に犬飼氏濃厚、海外経験等評価』(日刊)
 『森孝慈氏がJリーグ専務理事就任へ』(スポニチ)

寝耳に水のお話。
しかもお馴染み@日刊は、連日熱心にこの話題を「飛ばし」ている模様。

続けて、選手情報も決して芳しいお話ばかりではありません。

 『三都主手術「もう1度サッカーやりたい」』(日刊)
 『啓太、左足違和感…浦和』(報知)

 (ノ;д`)

さらに、こんな「間の悪い」お話まで・・・

 『埼スタで“闘莉王博覧会”開催』(スポニチ)

落書きされぬよう、気をつけてください。

 

しかし。
いろいろ探してみると、悪い情報ばかりでもありません。
ここでもなお、日刊は先頭切ってがんばります(笑)

 『浦和MF梅崎「チーム引き締まっている」』(日刊)

「連敗が続いているけど、苦しい時こそ方向性を持っていくことが大事。今週はピリピリしていてゲーム形式でも声が出ている。暗い雰囲気ではなく、引き締まっていると思う」

>>>がんばってください。

 『達也が連敗止める!5日復帰へ』(スポニチ)

対FC東京は06年8月以来出場3戦連発中で、06年7月に右足首骨折から復帰して以降は得点したリーグ戦は11戦連続不敗。

>>>がんばってください。

 『闘莉王3キロ減から体重戻り5連敗止める』(日刊)

「自分は(リーグ)2試合しかかかわってないけど、戻って雰囲気が良くなくてびっくりした。苦しい時に勝つというのがオレの仕事」。

>>>ぜひ、そうして欲しいものです。

 『浦和連敗脱出へ闘莉王3カ月ぶりDF』(日刊)

DF堀之内は「闘莉王がDFに入るプラス面は大きいと思う」と歓迎した。

>>>ぜひ、そうして欲しいものです。

もう、あれこれ情報に振り回されても仕方ありません。
スタジアムの現実を直視いたしましょう。

確かに、こちらの情報もこの時期に何とも気懸かり(苦笑)なものではありますが、このジンクスにも振り回されることなく、われらも鋼の心を持って、明日のFC東京戦に臨みましょう。

まさに正念場。
悲壮感に酔う余裕があるほど、われらはもう「未熟者」ではないのです。
現実を直視し、逆境から逃げることなく最後まで闘い抜きましょう。

 

追記:
※注)リンクを片っ端から開くのはお控えください。
   目が回って気分が悪くなることがあります(笑)

追記その2:
※注)リンクを片っ端から開くのはお控えください。
   報告によると、PCの“仮想メモリ”も、いっぱいいっぱいになるようです(^^;
   開く場合は、見終わった窓ごとにお閉めくださればメモリ負担は軽減される鴨。

|

« 08【AWAY】第14節@柏戦 | トップページ | 08【HOME】第15節@FC東京戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

リンク先を片っ端から開いていこうとしたら、パソコンの下のに「仮想メモリがもういっぱいです」という内容の表示が出ました。

なんか、どこかのクラブの選手も考えすぎてメモリーがパンパンに膨れているのではないか、と思います。迷ったら、原点に帰ってシンプルに、「きっちり守る」「ボールを奪ったら走る」ってやったらよいのではないでしょうか。

明日も、暑くなりそうですが、挫けることなく闘いましょう。

投稿: sat | 2008/07/04 18:27

@satさま
業務連絡ありがとうございます。
早速、注意喚起させていただきました(笑)。
脳内メモリはすっきりリセットじゃなくてクリアにして(笑)、原点に立ち帰ったプレーに徹したら、活路が開けそうな気がします。
レスリングの吉田沙保里選手も、連勝が途切れたスランプから立ち直った時、こう悟ったそうです。
「基本を忘れていた。だから負けた。」
私たちもがんばりましょう。

投稿: nigoe | 2008/07/04 19:03

じーじは悲観的でして…。

あの、走らない!ボールおさまらない!中盤・サイド スカスカ…!病が、
一日にして、いや一週にして治るとは到底思えませんので今週も超々弱気!

これまでは、アジア・チャンピオンだとか、前々年Jチャンピオンということで
相手が守備的にきて、一人で転んでくれていました。ところがメッキがはげて
なんだ、大したことないじゃん!とばかりに攻撃的にきたら、この体たらく!

3試合ぐらい3-0勝ちを続けないと、失った信頼感は取り戻せませんゾー。
いや、威圧感か…。
 

投稿: なごやのじーじ | 2008/07/04 22:58

@なごやのじーじさま
まあ、悲観しても目の前の現実は粛々と進んでいくわけで・・・そうそう都合良く行かないもんですよね。
仮に3試合連続3-0勝ちを続けたとしても、内容が悪ければ同じことの繰り返しです。そう、昨年の今頃から、今のような状態が訪れることは何となく予想されていた方も多かったと思います。
でも仰るとおり、今のレッズには勝利が最優先です。
しかし、その「最優先」を長々と続けていってはダメだよと、サポーターも肝に銘じなければならないでしょう。
でなければ、この「負のスパイラル」から抜け出せませんから。
がんばりましょう。

投稿: nigoe | 2008/07/05 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/41733879

この記事へのトラックバック一覧です: 正念場~第15節@FC東京戦の展望:

« 08【AWAY】第14節@柏戦 | トップページ | 08【HOME】第15節@FC東京戦 »