« 帰還 | トップページ | 08【AWAY】第14節@柏戦 »

2008/06/27

「己に勝て!」~第14節@柏戦の展望

さて、明日はJ第14節、

柏レイソル(リーグ6位)vs.浦和レッズ(リーグ1位)

の対戦です。

毎度お馴染み国立での柏戦。
実はワタクシ、たまたま用事があったりチケット争奪戦に負けっぱなしで、柏の葉や日立台には未だ行ったことがありません。心の底のどこかに「たまには柏でやってくれないかなぁ・・・」という気持ちもあるのは正直なところ。どちらかのサポ人口が少なくなった頃を狙って再度ご検討願いたいところではありますが、将来的にどうなるのかは判りませんが、アクセスの面や、チケ争奪の苦労が無いことから国立開催を続けてもらえるのは非常にありがたい限りです。

さて。
まずは、例によって現時点(第13節終了時)における両チーム戦績を、おさらいいたしましょう。

第13節終了時点の戦績
順位 チーム 勝点 勝数 引分 負数 得失
1位 浦 和  26  8  2  3 +13
6位  柏  20  6  2  5  +4

順位はずいぶん開いているように見えますが、実は内容を見るとそれほど差はありません。すぐ背後にいるチームばかりに気を取られていると、中位あたりのチームに出し抜かれる可能性は充分にあります。
ただでさえ、「タナボタ」だの「まぐれ」だのと評価されている浦和の首位ですから、ここは心してかからねばなりません。ナビスコのような失態は絶対に許されません。

次に、これも例によって対柏戦の全戦績も復習しておきましょう。

柏戦 全対戦戦績(08/06/27時点)
勝数 引分 負数 得点 失点
 12   5   7  53  32

昨年はつい感傷的になってこんな思い出なんぞ書き綴りましたが(笑)、国立での対柏戦の対戦成績はようやく4勝4敗と「五分」に持ち込んだ、といったところ。やはり油断は禁物。そして敵将は、上位チームへの組織的・ゲリラ的な戦略を得意とする石崎監督・・・手強い相手です。
さらにデータに着目すると、得点と失点の多さが目につきます。これは、対千葉戦(得点56、失点43)、対広島戦(得点56、失点39)、対G大阪戦(得点55、失点51)、対東京V戦(得点55、失点47)に類するデータであり、過去の戦況から予想するに、

 大味な試合

になる可能性を秘めています(ちなみに、あえて勝ち越しているチームとの対戦データのみピックアップしております。ご了承ください)。

どんな展開になるのか、浦和の現況を鑑みるに、ある程度の覚悟を持って戦いに臨まねばなりませんが、その「覚悟」の最大の要素としてあるのは、

 相手よりも己自身

ではないかと考えます。
つまり、相手の状況云々よりも、浦和の在りようそのものが勝敗のカギを握っていると思えてなりません。特に今は。

さて、そんな浦和の現況はどうでしょうか。

『三都主、28日の柏戦ベンチ入り…浦和』(報知)

この日の非公開練習を終えた三都主は「もうスタンドでは見たくない。今まで出られなかった分、その悔しさをぶつけたい」

ロビーの復帰も勘定に入れれば、これなら当面補強も要らないですし、チームに活を与える、何とも心強い復帰のニュースです。

さらに、こんな情報が。

『浦和は闘莉王と鈴木のダブルボランチで』(日刊)

鈴木は「闘莉王が上がれば相手にとっても脅威。動きについてはどんなときも話をしている。問題ない」と、バックアップしていくつもりだ。

 

    (つд⊂) ゴシゴシ・・・

  ((((;゜Д゜))) エッ!

 

啓太、がんがれ~~~~~!!!

ヽ(`Д´)ノウワァァァァァァン !

必ず勝ちましょう。
選手たちを全力でサポートしましょう。

明日の観戦ルール等の情報については、こちらをどうぞ。

|

« 帰還 | トップページ | 08【AWAY】第14節@柏戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

いよいよ再開です。

夕張合宿&東雁来練習試合を見る限り、劇的変化は期待できません…orz
(やっぱり闘頼みの○ソサッカーってこと?!)

北の国から久々の勝利を祈り『気』を送ります。
よろしくお願いします。
(またアヒル配るんでしょうか?)

投稿: りおれつと | 2008/06/27 15:47

水曜日の「(フロントが語りたいことだけを)語る会」を聞いていても、劇的変化は期待できません。

結局、国立でひたすら勝利を念ずるだけのようです。
がんばりましょう。

投稿: sat | 2008/06/27 16:10

@りおれつとさま

>夕張合宿&東雁来練習試合を見る限り、劇的変化は期待できません…
現地の皆さまの見学レポート拝見させていただきました。ありがとうございました。
だいたいの様子はわかりましたが・・・
きっとこれは世を忍ぶ仮の姿、いわゆる懐かしの『アジジ作戦』と拡大解釈させていただきましょう、「今」は。

>またアヒル配るんでしょうか?
なんだかその気配が・・・
昔のアヒルは、まだわが家のどこかで生息中かと思いますが、どこにいるのか行方不明です(^^;

@satさま
語る(もとい、フロントg語りたいことだけを語る)会、お疲れ様でした。
こちらもまた『アジジ作(ry
フロントが頼りになりそうにない状況では、自分たちで選手をひたすら鼓舞するしかなさそうですね。
まずは「組織として」連動性のあるプレーをして欲しいと願うばかりです。

投稿: nigoe | 2008/06/27 21:36

nigoeさま


EUROを見慣れた目に明日の試合がどう映るか…
これは恐怖ですよ~

ま、7戦勝ち無しの某チームが勝ったことでもあり
うちも番狂わせの勝ちと〝予想〟します (^^;;)
なにせナビ杯を見ていると、ひいき目にみてもJ2
以下のチームに思えてならないもので… (^^;;)

投稿: なごやのじーじ | 2008/06/27 22:46

@なごやのじーじさま

>EUROを見慣れた目に明日の試合がどう映るか…
EUROを比較対象にする以前の問題がありそうです>今のレッズ。
まさに「己自身」を見直すべきですね。まずはフロント&指揮官自身が、「世界基準を目指すに相応しい力量があるかどうか」です。世界の舞台に立てた昨年を思えば、もう後戻りはできないのですから、まず「現状維持」を口にしているレベルではダメ、ってことでしょう。
フロントと指揮官のレベルが向上すれば、選手のレベルはおのずと向上しますし、ね。
またも「大手術」が必要かも知れません。

投稿: nigoe | 2008/07/02 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/41663036

この記事へのトラックバック一覧です: 「己に勝て!」~第14節@柏戦の展望:

« 帰還 | トップページ | 08【AWAY】第14節@柏戦 »