« 奥の細道と海坂藩を訪ねて(2) | トップページ | 2007世界への挑戦・・・そして2008へ »

2008/01/10

旅の“一発ネタ”@鶴岡編

旅は道連れ世は情け。
鶴岡紀行が終わったところで・・・“一発ネタ”写真集です(笑)

今回、鶴岡で、ちょっぴり小ネタを拾いました。
あくまでも“一発ネタ”ですので、

 「だからなんだ?」

と言われてもワタシは困ってしまいます(笑)。
何卒、寛容さとご理解のほどを、、、(^^;

閲覧による「ウケる」「ウケない」は、自己責任にて(笑)、よろしくお願いいたします。

では1発目、、、

071230kobato

 

 

 

 

 

 

『コバト・・、発見!?』(JR羽越本線 小波渡駅にて)

 

2発目。

071230washington

 

 

 

 

 

 

『ワ級。』(鶴岡市内にて)

 

ラスト、3発目。

071230montedio

 

 

 

 

 

 

 

 

『“カニ”がお世話になりました』 m(_ _)m (JR鶴岡駅にて)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

失礼しましたっ! 

|

« 奥の細道と海坂藩を訪ねて(2) | トップページ | 2007世界への挑戦・・・そして2008へ »

たびたび」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

もう2年と数ヶ月前のことですが。
ワ級が浦和に来ることが発表になった直後、
さるブログが「ワ級のHP発見!」。
リンク先を見ると浦和ワシントンホテルのHPでしたww

2番目のネタを見ながら思い出していました。

投稿: sat | 2008/01/10 17:54

φ(。。) イエローカード (;゜゜)ノ□ペタッ

ジージは見逃しませぬぞえ

投稿: なごやのじーじ | 2008/01/10 22:37

ラストの人は本当にセパ阪に行ってしまうんでしょうか。

投稿: にゃんた2号 | 2008/01/10 22:48

楽しくシリーズ拝見させていただきました。
自分にとっての 温海は 秋田までの休憩の場所でした。
羽越線まわりの 鳥海は 新婚旅行の定番(こりゃ古い)
鼠ヶ関の海岸で 一泊 15年ほど前にキャンプをしながら 車で 帰りました。
足を伸ばせば 松尾芭蕉の 「象潟や・・・」 ですよ

次は 酒田~本庄~秋田~男鹿

http://blog.goo.ne.jp/niwakareds/e/93b6d96274bc4a7aefe8862aa342f321

ご夫婦で 是非 次は お越し下さい。

1発ネタ 3発目ラジャー 良いサッカーしてます。

J1昇格も 近々じゃないでしょうか?

出羽三山の神様に 芭蕉も 句を 読まなかったそうですが まさに神聖な景色ですよ。

酔いどれて まとまりありませんが 楽しく 拝見しました。
  

 

投稿: 酔いどれ | 2008/01/10 23:00

@satさま

>>リンク先を見ると浦和ワシントンホテルのHP
2006年のアウェイ新潟と名古屋の宿が(ry
試合「以外」の旅での利用を心がけております(汗;

@なごやのじーじさま
ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい・・・m(_ _)m

@にゃんた2号さま
ああ、National&松下電工・・・(ノ;д`)

>>ラストの人は本当にセパ阪に行ってしまうんでしょうか。
え、そうなんですか?『ら』情報にはまだアップされていないようですが、、、
まさか「シベリアリーグ」だったりして(笑)

@酔いどれさま
サイト、拝見させていただきました(^-^)
「泣ぐ子は、いねが~?」
なまはげ様のふるさとも、是非訪れてみたいところのひとつです。
昔、秋田の仕事をしていたので、私は秋田のファンです。八幡平や玉川温泉にも行きたいです。
山形も、まだまだ行きたいところがたくさんあって(出羽三山、山寺、蔵王)・・・こりゃモンテに昇格してもらうしかなさそうです(笑)

>>足を伸ばせば 松尾芭蕉の 「象潟や・・・」 ですよ
今回、その象潟付近で秋田方面の列車がストップしてしまったようで、大変なダイヤ混乱となってしまいました(一部運休した模様)。
いやはや、東北の日本海側に冬の強風は侮れませんね。
(そう言えば、鶴岡に風力発電がありましたし)

投稿: nigoe | 2008/01/11 13:00

nigoeさま (^◇^)ノハーイ

ジージは、秋田に強いですよ! 
なにせオクさん、秋田美人(昔…)!
で、私…、伊達オトコ!

 

投稿: なごやのじーじ | 2008/01/11 22:31

@なごやのじーじさま
そうですか!奥様が秋田のご出身だったのですね(^^)。
秋田の仕事をしていた時、クライアントの担当者がとても太っ腹で(外観に非ず)、良い思いをたくさんさせてもらいまして・・・そーいうところで釣られる私もワタシですが(恥;
私が九州出身のためか、東北には新鮮な魅力を感じているのかも知れませんね。ホント素敵です>東北。

投稿: nigoe | 2008/01/16 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/17638794

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の“一発ネタ”@鶴岡編:

« 奥の細道と海坂藩を訪ねて(2) | トップページ | 2007世界への挑戦・・・そして2008へ »