« 『14年目』のはじまり。 | トップページ | 「チケット購入」に関する一考察 »

2008/01/21

赤い日曜日

080120red_sunday1昨日の日曜日、浦和の街に出かけました。
見慣れた街でもふと気が付けば、新たな発見をしたり、新たな捉え方ができることがあります。

まず、最初の目的は、真ん中の垂れ幕にある物産展です。
しかし、この垂れ幕、よく見てみると・・・

 (つд⊂) ゴシゴシ...

080120red_sunday2

 

 

 

 

 

 

 

(※クリックで拡大)

「寄せ書き」が。
この垂れ幕のことは、ご存じの方も多いかと思います。
「2冠」「V2」などの文字を見つけてしまうと、ようやく癒えた傷口に塩を塗られるような思いはしますが、浦和の街に住む人々と企業の、レッズへの深い愛情をひしひしと感じさせてくれる光景です。
080120red_sunday3物産展会場で買い込んだ九州の名産品をさっそく食べながら休憩していたところ、、、
今まで全然気付きませんでした。
伊勢丹から埼スタが見渡せます。ということは、パルコからも見えるのでしょう。普段気付かなかったものを、ここでも発見しました。
直線で見渡せば近くに感じる埼スタなのですが、同じ市内なのに、わが家からは1時間半近くかかるのはナゼ?と疑問に思いましたが、悩み出すと収拾が付かなくなるので、先に進みます。

物産展の次の目的は、お寺参り。前のエントリでお話しましたが、この日は父の命日でしたので、墓参りに行けない代わりに、毎年どこかの寺にお参りに行っております。080120red_sunday4

 

 

 

 

 

 

伊勢丹から『力』の前を通っていくと、こんな自販機があります。自販機がこんな状態ですので、、、

080120red_sunday5

 

 

 

 

 

 

“浦和の老舗イタリアンレストラン”として有名なこの店も、こんな状態。
そうすると、その先の・・・

080120red_sunday6

 

 

 

 

 

 

この寺の将来が心配になってきました ((((;゚Д゚)))
 #寺が神社になっちゃう orz...

お参りを済ませて、ボルテに寄っても、まだお昼過ぎ。
時間を持て余した夫婦。ここからは、毎度お馴染み行き当たりばったり放浪の旅へ。
思いつきで東京方面の電車に乗り、辿り着いたところは、、、

080120red_sunday7

 

 

 

 

 

 

ここ。
だんだんこういうところが居心地良く感じられるお年頃となってきました(´∀`)。
お参りを済ませ、門前の商店街をぶらぶら冷やかしながら歩いていると・・・

080120red_sunday8

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、さすが『おじいちゃん、おばあちゃんの原宿』と呼ばれるだけあって、還暦グッズを扱う店が軒を連ねています。まさに『赤』の本場(笑)。

080120red_sunday9

 

 

 

 

 

 

赤い商品が豊富に取り扱われています。
この店で数多く取り扱われているのは、年配のご婦人方のご利用頻度の高い“ズ○ース”タイプですが、店内には○コール社製のヤングレディ(死語)向きの商品もありました。ちなみに男性用のトランクスも取り揃えられていました。

「勝負下着」をお求めのうぃあーの皆さま、巣鴨地蔵通商店街へお越しになってみてはいかがでしょう?(笑)

心なしかこのエントリ、赤みがかって『夕焼け番長』モードですなぁ。。。

|

« 『14年目』のはじまり。 | トップページ | 「チケット購入」に関する一考察 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

>ということは、パルコからも見えるのでしょう。
見えます。バッチリと。
先週までレッズのアジア&世界挑戦の写真パネルやトロフィーの飾られていたスペースなどから、埼スタはよく見えます。

寄せ書きの入った垂れ幕を展示して頂ける「浦和伊勢丹」の誠意には本当にありがたく思います。昨年、ACL制覇の際には、各入り口に丁重なお祝いのボードが出されましたし。

勝負パンツ、昨シーズンは勝利したときのやつを使い続けましたが(もちろん毎回洗濯しましたっwww)、やはり赤いのにしようか・・・ボルテにはたしかナギーさんご推薦のアンダーウエアがありましたが、華麗な我々としては、跳ねても腰に来ないやつをナイキに開発して欲しいところです。

投稿: sat | 2008/01/21 16:58

@satさま
おお、やはりパルコから見えるのですね。東口ですから見えることは想像に難くないですものね。やはり、あの9階から見えるのですか。行った日は天気悪かったので残念でした。

>>「浦和伊勢丹」の誠意には本当にありがたく思います。
そう言えば、ACL優勝後のショーウィンドウには“上海伊勢丹”も連名で祝辞が届いていました。「やるなぁ伊勢丹」とうなったものです。

それから勝負パンツ(笑)の件ですが、婦女子の立場としては、
「跳ねて脂肪を引き締める テンテンベルトもびっくりパンツ」
を、ナイキに開発して欲しいところですww

投稿: nigoe | 2008/01/21 23:50

お邪魔します。

>あの9階から見えるのですか。
見える方向の窓に「埼玉スタジアム」と紙に書いて張ってありました。

あの垂れ幕、去年の11月頃にチームに送るフラッグへの寄せ書きと共に行われていたものですね。
フラッグの方も無事チームに届けられたそうで、その際の写真のパネルと坪井選手のお礼のサインが受付の所に展示してありました。
垂れ幕のアップの写真がもう少し上で「とう」の辺りだったら私の書いたのがあったのに・・・残念。

垂れ幕が掛けられたのは12月の初め頃でしたか、ACL優勝の垂れ幕と感謝セールの垂れ幕と一緒に掛けられていました。
その後、CWCで3位になったので今の「世界No.3」となりました。ここだけ横書きになっているのを見るともしかしてこの部分に「一」を入れる予定だったのでは・・・今年はそうなると良いですね。

そう言えば、ACLの決勝で使用されたボールもしばらく1階のショーウインドウで展示してありました。(今も有るかな?)そのため、パルコの展示会には違うボールが飾ってありました。
「浦和の涙」の最新のラベルの物も展示されてましたよ。アジア地図がラベルになっていて良かったです。
長文失礼しました。

投稿: おいわ | 2008/01/22 10:33

おお、赤パンツ欲しい。でもトランクスかぁ・・・。ワタシはブリーフ派なので。

投稿: にゃんた2号 | 2008/01/22 12:21

@おいわさま

つttp://nigoe.cocolog-nifty.com/reds/images/2008/01/21/080120red_sunday0.jpg

最初の写真を200%拡大してみました。
これをまた、(ブラウザがIEでしたら、フレーム右隅の)拡大率を上げれば、なんとなく様子はわかり・・・ますか?(汗;

そう言えば、伊勢丹のショーウインドウには、ボールと『浦和の涙』がまだ展示してあったような気がします。
近所の与野フードに行くたびに、酒のラベルがアジア地図になっているのを眺めながら、毎度にやけてます(笑)

@にゃんた2号さま
ブリーフですか・・・私の店内視察が足りなかっただけで、品揃えされていたかもですよ(ってか、ダンナの前で血眼で探すのも変態ですし)。
もしなければ、“ズ○ース”を改良して縫い直して差し上げましょうか?(嘘)。

投稿: nigoe | 2008/01/22 14:18

写真ありがとうございました。早速拡大して見てみました。
が・・・書いた時に金色のペンを使ったのがいけなかったようで、上手く見つけられませんでした。(T_T)
私が書いた時には黒のペンは使い尽くされていて出なかったんですよ。それ位沢山の人の想いがあの垂れ幕に書かれているんですよね。
この垂れ幕と言い、短冊のツリーと言い、フラッグへの寄せ書きと言い、浦和伊勢丹は本当に嬉しい事をやってくださいます。やっぱり地元ですね。

投稿: おいわ | 2008/01/22 19:17

毎日通勤電車の車窓から埼スタを眺めてます。
東武伊勢崎線の北越谷から新越谷の間は見える箇所がわりとあります。灯が入っている時はきれいなんでしょうね(そんな時間にここを通る時は現場にいるのでみたことないなあ)
うちの奥さんのお気に入りの洋服やは赤い扉のお店です。86年ぐらいからなのでこちらのほうが早いけど・・ talbotsといいます。先日も30k円ほど私のポケットの中身が消えました

投稿: マッチ箱の家持 | 2008/01/23 11:08

私も勝負パOツを2枚持ってますぅ。
昨季終盤でケチがついたので豹柄パOツに変えようかと(特に深い意味なし…)。
でも、一昨年のガンバに勝ったりACLで勝ったりした
ありがた~いっ、パOツなので…。 どうしましょ!

投稿: なごやのじーじ | 2008/01/23 14:58

このエントリに、こんなにレスが付くなんて、予想外でした(笑)

@おいわさま
もうちょっとレンズを上に振ってズーム写真を撮れば良かったですね、すみませんm(_ _)m
確かに、黒はじめ、金銀(白?)のインクがちらばっていたような感じでした。白地には赤、赤地には白の筆跡が良く映えてました。
浦和伊勢丹は、さいしんなどと共に、古くて長い間柄。もう「わがこと」のようにレッズのために働いてくださっているのが、本当に嬉しい限りです。

@マッチ箱の家持さま
伊勢崎線沿線にお住まいなのですね。確かに北越あたりだと近くに見えそうですね。

>>赤い扉のお店
ホントに、「赤けりゃ何でもいいのか?バカじゃないの?」と、ウチでもよく議論になります。
口ではそう言いながら、気が付けば今年になってわずかな間にも、赤いダルマ、赤い手袋、赤いカメラストラップ、赤い根付け・・・要するに、「そういうこと」です(笑)

@なごやのじーじさま
「それがないと、ダメになりそう」と思いたくないので、私もあまりジンクスというものは持たないように心がけているつもりなのですが、着衣にはつい「こだわり」が出てしまいます。
特に「勝負パ○ツ」「勝負シャツ」はその部類です。
新しい歴史を創るためには、そういう「しがらみ」から脱却しなくてはならんのですが、、、なかなか現実は難しいですね(^^;

投稿: nigoe | 2008/01/24 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/17773217

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い日曜日:

« 『14年目』のはじまり。 | トップページ | 「チケット購入」に関する一考察 »