« 「チケット購入」に関する一考察 | トップページ | 中山道中膝栗毛@まずは口上 »

2008/01/25

わが闘争 2007

そろそろ今週末から、クラブも来シーズンに向けて始動しますので、2007年のまとめの話を急ぎたいと思います。

学生さんが通信簿をもらうように、主婦の皆様が家計簿をつけるように、ワタクシnigoeが、レッズサポーターとしてどれだけの戦績を修めたか・・・ということで、自分自身の成績をまとめてみることにしました。

昨年にならって、今年も『わが闘争 2007』と銘打って、データをまとめました。

まずは、2007シーズンの戦績から。

■2007シーズン結果

07sennseki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※表クリックで別窓拡大します)

グレーのセル色部分は、nigoeが欠席した試合です(全56試合中13試合)。
すなわち、43試合に参戦したことになります。
2007シーズンは、お陰様でホーム全試合参戦することができました(J:17試合+ACL:6試合+天皇杯1試合=計24試合)。例年、年度末の繁忙期にかかる3月の観戦が難しいのですが、昨年はがんばりました。途中で仕事を放り投げて(ダメ社会人)後半から参戦したりと、涙ぐましい努力が成果につながりました。しかし今年はわかりません(爆)。
とにもかくにも、昨年に引き続き、一年間、健康に過ごせたことに感謝です。また、参戦予定を死守(笑)することができたことは、ワタシとダンナの社会生活における周囲の皆様のご理解ご支援の賜物と、感謝いたしております。関係者の皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

また、2007シーズンは、XEROX CUP、Jリーグ、ナビ杯、天皇杯、ACL、クラブワールドカップと連戦続きで、公式戦が計56試合ありました。凄まじい試合数です。これに代表戦も加わったわけですから、代表に招集された選手たちの疲弊度はかつてないほどのものだったに違いありません。もし、ナビ杯、天皇杯を勝ち進んでいたら・・・と思うと正直ゾッとします。

それでは、ワタシ自身の昨年の勝率などの戦績内容についてまとめたデータをもとに、あれこれ評価してみましょう。

■2007シーズン勝敗表

07shoritu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表の上半分、『わが闘争 2007』欄が、不肖ワタクシの成績です。
2007シーズンの参戦数は56試合中43試合、参戦率77%でした。2006年の参戦率は81%でしたが、2006年のクラブ公式戦全試合数48試合(うち39試合参戦)に対し、2007年は56試合で対前年8試合増加した状況で、8割近くの参戦率を維持できたことは、ほぼ昨年並みと評価(してください/笑)。うち、リーグ戦参戦率は91%(昨年は85%)と高参戦率。対照的に、海外アウェイでの平日参戦が非常に難しいACL参戦率はホーム全試合+アウェイ1試合の58%となりましたが、社会人(特にダンナ)である以上、これは仕方がないでしょう。

それぞれの大会について、参戦した試合(43試合)をサンプル数として、『勝利数』『引分数』『敗戦数』と、それぞれの確率を算出してみました。
これより、次のことがわかりました。

  • 2007シーズン全体として、自分が参戦した試合の勝率(60%)は、チーム勝率(52%)を上回りました。しかしこれは単純にチームに貢献しているわけでなく、ナビ杯アウェイ、A3の敗戦試合や、ACLアウェイの引き分け試合に参戦していないだけのこと。参戦試合の勝率でゲン担ぎすれば、これらのアウェイも行くべきだったとの屁理屈も考えられなくもないですが・・・ワタシの出欠如何で勝率が改善するなんて、そんな簡単な話なのであれば、誰も苦労はしないわけでして・・・まず「ありえない。」(^^;
  • 自分のリーグ戦における敗戦率は13%(昨年21%)と、かなり改善されました。これは、ほぼリーグ戦に参戦した結果の数字ですから、チーム戦績にも反映している数字です(チーム敗戦率:12%)。がんばってくれた選手たちに感謝です。

ここで、参考までに昨年の勝敗率データを引っぱってきてみますと・・・

06syouritu

 

 

 

 

 

 

  • 2006年のワタシの参戦勝率が74%だったのに対し、2007年は60%に激減。チーム戦績にも注目すると、2006年が勝率71%だったのに対し、2007年が52%と、こちらのほうが激減しています。
  • 2007年の勝率低下の要因は、ズバリ「引き分け」の増加でした。2006年のチーム引分率15%に対し、2007年は30%と倍増しています。これはACLアウェイの引分数に因るところが大きいことはすぐわかります。しかし、リーグ戦のみに限定しても、2006年チーム引分率が18%だったのに対し、2007年は29%・・・やはり多いです。2007年は敗戦数が少なかったのに、「勝ちきれなかった」試合の多さが泣き所となってしまった結果となってしまいました。

以上、チーム戦績の比較も含めながら、こんな2007シーズンのnigoeさんでしたということを、ご報告させていただきます。

2008シーズンの試合スケジュールも発表され、来るべきシーズンへの期待と戦闘態勢が徐々に高まってきました。

2008年 Jリーグ:34試合
     ナビ杯 :6試合+5試合(決勝T)
     ACL   :2試合+4試合(決勝T)
     天皇杯 :1試合+4試合
     計    :43試合+13試合=56試合

今年も長い道程です。
全試合闘ったら、FCWCも含めると昨年以上の試合数となります。お覚悟を。。。
一年間、健康維持に努めて、今年も元気にがんばりましょう!

|

« 「チケット購入」に関する一考察 | トップページ | 中山道中膝栗毛@まずは口上 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

参戦&データ集計お疲れ様です。

当方、2006シーズンは全敗戦の現場にいましたが、
2007シーズンは海外参戦できなかったので、全敗戦を見ることができませんでした(でも国内の敗戦は全部この目で見てしまいました・・・)。
果たして今シーズンは?
(何の自慢にもなっていないわけですがwww)

投稿: sat | 2008/01/25 17:18

いやー、言葉もありませぬ、その緻密な分析…。
じっくり読みたいのですが、今季参戦計画をオクさんと練ってる最中なモノで…。

それと、小野ちゃんショックでジージは熱発中!

投稿: なごやのじーじ | 2008/01/25 21:47

nigoeさん
昨年も本当にあっぱれ、お疲れさまでした!

今年私は、始めてシーチケを譲り受け、開幕から参戦します。が、週末にどれだけ仕事と重なることか…
とてもnigoeさんにはおよびませんが、勝率にこだわって気合いの入ったサポートをし、悔いのない一年にしようと思います。
スタジアムでなるべく合えるよう頑張ります。
どうぞ宜しくです!

投稿: もとじ | 2008/01/25 22:02

すばらしい集計、分析ですね!
中身の素晴らしさはもちろんですが・・・・・

なぜか、参戦かなわなかった数試合のチケットが、
手元に・・・・・
どうにもならなくなってしまった11月14日のチケットが
ここに遺されていないことを喜びたいと思います。

今年こそ!!!!!
埼スタの歓喜を共に・・・・

投稿: えりぴょん | 2008/01/25 22:54

@satさま

>>国内の敗戦は全部この目で見てしまいました・・・
ひょっとして、ワタシも昨年に続きそうかも!?と調べたところ、(現地に行かれた方は思い出したくもないでしょう)ナビ杯の“台風万博”に参戦していませんでした。その代わり、リーグ戦の敗戦はすべて立ち会ってしまいました・・・
おっと、こんなこと自慢してはいけないわけで(爆)
参戦数が多ければ、そうなることは自然です、ってことですね(^^;

@なごやのじーじさま
伸二のことは、だいぶ「前フリ」がありましたから仕方がないですね。「もう一度は、旅立つ選手」の覚悟はありましたし、そうあって欲しかったですから。じーじさんも「このまま引退まで浦和で」とはお考えじゃ無かったでしょう。
「世界に輝く伸二」を再び見たい、と期待しています。

@もとじさま
お久しぶりです(^-^)。

>>勝率にこだわって気合いの入ったサポートをし、
>>悔いのない一年にしようと思います。
健康1番、事故のない恙なき生活2番、仕事のやりくり3番、周囲の理解4番、、、といったところでしょうか(^^)。
強引な話、「4番」は自分で実績を積み重ねていくこと、つまり「実戦ありき」と「平素の勤務&生活態度」なんでしょうね・・・ダンナ見てると、その涙ぐましい努力がよくわかりますよ(笑)
お互いに、今年一年健康でがんばっていきましょう!
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

@えりぴょんさま
“海外アウェイ”の達人・えりぴょんさんには敬服いたしておりますm(_ _)m

>>どうにもならなくなってしまった11月14日のチケット
>>ここに遺されていないことを喜びたいと思います。
「活きたチケット」となったこと・・・きっとそのチケットには、えりぴょんさんの魂が乗せられていて、代わりに参戦された方と共に埼スタで闘っていたと、私はその当時思っていましたよ。(^-^)。
みんなの『心』が結集して、アジアの一番星になれたと思っています。
今年は、もっと一緒に歓喜の瞬間を味わいましょう!

投稿: nigoe | 2008/01/26 00:27

nigoeさん、こんにちは。
シーズンスケジュールが発表になり、いよいよですね。3月8日の開幕戦が待ち遠しいです。
たまのりの今年の参戦目標は、埼スタホーム、首都圏アウェイの全戦参戦、リーグ戦のエコバ(初)、西京極、万博への遠征といったところです。(nigoeさんの参戦目標数には、とても敵いませんが・・・。)
でも、駒場(リーグ戦)、フクアリは今年もチケ争奪戦で難しそうだし、NACK5も厳しそうですね。(近場なのに参戦が困難な、犬と栗鼠はJ2に逝ってよし!!って、本気で思っちゃいますよ。その点、太陽神様は太っ腹(ある意味、守銭奴?)でエライ!)
それと、西京極(GW突入)、万博(脚のホーム最終戦)もチケ争奪戦が簡単ではなさそうです。
まあ、いづれにしても、たまのりはウィアーである限り、チケ争奪戦を勝ち抜き、参戦ゲーム全勝を目指して、今年もしぶとく戦い抜く覚悟ですだぁよ~。

投稿: たまのり | 2008/01/28 15:30

@たまのりさま
おっしゃるとおり、一番近いアウェイの『泣くスタ』や『フクアリ』『味スタ』『等々力』が、チケット取れずに「遠い」アウェイになっちゃってますね。距離とチケットの逆比例関係か、はたまたキャパの問題か・・・多分両方ですね。「『日立台』ではやれない」との判断は自然です(爆)

今年のアウェイは、初っ端の日産からわが家は怪しい雰囲気です。なにせ年度末佳境なもので・・・(^^;
しかし、関西アウェイの時期もまた、何ともたまりませんね。
まずはチケットから、がんばりましょう!

投稿: nigoe | 2008/01/30 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/17798362

この記事へのトラックバック一覧です: わが闘争 2007:

« 「チケット購入」に関する一考察 | トップページ | 中山道中膝栗毛@まずは口上 »