« 2008.1.16 人事往来雑感 | トップページ | 赤い日曜日 »

2008/01/20

『14年目』のはじまり。

今回は、“私的ポエム”です(笑)
他にすることのない、おヒマな方だけお読みくだされば、ありがたいです(^^;。

1月20日------。
19年前に亡くなった、父の命日。
この日なら絶対忘れることはなかろうと(笑)、13年前のこの日、私たち夫婦は婚姻届を提出しました。
結婚して最初に書いた年賀状が「ねずみ」の絵柄。
昨年暮れに書いた年賀状、、、そう、今年は2回目の「ねずみ」年。
「ねずみ」から「ねずみ」まで------。
いわゆる“ひとまわり”を、無事に過ごすことができました。
それも、さまざまな形でご縁のあった皆々様のおかげとお世話様と、あらためて感謝いたします。

結婚する前。
Jリーグが開幕した当時、窓の外からスタジアムの見える駒場の町内に住んでいても、チケット入手が非常に困難な御時世。窓を開けて駒場スタジアムの声援を部屋に取り込みながら、ひとり地味にTV観戦していた、あの頃。
2年後。
婚姻届を浦和市役所(当時)に提出したことで、その後の私たちの運命が『今』へと導かれてしまったのでしょうか。
ほどなく、親戚から貰ったチケットがきっかけで、ゴール裏デビュー。
その後は、雑誌の懸賞、近所の商店街・・・向こうから寄ってくるようにチケットが手に入るようになり、やがてシーズンチケット当選。けれどその頃は、転勤で札幌住まい。しかし、“赤い悪魔”は遠距離をものともせず私たち夫婦を捕らえては手繰り寄せ、駒場へと誘惑したのです。3ヶ月に2回のペースで5年間。時には「出張」という名の遠征旅行で(笑)。
ついに根負けした私たちは、「さいたま」と名を変えた街に再転勤。これで交通費の負担が減るものと思っていたら、期待を裏切る大誤算・・・ホームゲームの他にアウェイ遠征でさらに出費増大。そこから経済的不健全な生活がはじまりました。

そして現在。
家計は相も変わらず不健全モードでも、サポーター生活の成果は、確実に出ています。レッズにも、私たちにも。
夫婦二人三脚サポーター人生、丸13年。
健康体で大過なく過ごせてきたのも、「年間通してサポートしなければ」という気持の表れ。一年一年、サポート活動をきっちりやり遂げるための、日々の心がけ。13年の積み重ね。
体調管理が自然に身に付いたことは、望外の喜びでした。昨年の健康診断結果が「オールA」だったことが、この成果を裏付けています。

あ、、、はい。
引き続き、“飲み過ぎ”には気をつけます(笑)。

1月20日。
『父』と『私たち夫婦』と『浦和』と『サポーター人生』。
毎年、この気持ちを新たにしてくれる日。
今年も恙なくこの日を迎えられたことの幸せを、静かにかみしめたいと思います。
さあ、今日から『14年目』。
この一年も、がんばります。

|

« 2008.1.16 人事往来雑感 | トップページ | 赤い日曜日 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/17751816

この記事へのトラックバック一覧です: 『14年目』のはじまり。:

« 2008.1.16 人事往来雑感 | トップページ | 赤い日曜日 »