« 【AWAY紀行】ぶらりソウル(1)清渓川~韓屋の街並み | トップページ | 07ACL準決勝【AWAY】城南一和戦 »

2007/10/03

戦前情報【07ACL準決勝・第1戦】城南一和戦

今日は、ACLノックアウトステージ準決勝第1戦、城南一和戦が行われます。

「英語アレルギー」の皆さま、お待たせいたしました。
今回も、当サイトではAFC・ACL公式サイトの、

 『Google翻訳』

による日本語自動翻訳文をご提供させていただきます。

さらなる想像力の鍛錬に、お役立ていただければ幸甚に存じます(笑)
ちなみに、AFC・ACL公式サイト:トップページ(原文)は、こちら

簡単に寸評を加筆しましたので、ご参考までに。

■NEWS

 ・10/2付け記事(原文):Final four return to action
 ・同 Google翻訳:行為への最終4のリターン

タイトルは、何となく「ベスト4」進出チームについての記述を説明していると思われます。

その中で、レッズと城南についての記述をピックアップしてみますと、、、

Seongnam will be sweating on the fitness of top scorer Mota, who was stretchered off against Incheon United in the K-League on Sunday, for the first leg of their mouth-watering semi-final clash against Urawa at Seongnam Tancheon Sports Complex.

Seongnamは複雑なSeongnam Tancheonのスポーツで浦和に対してmouth-watering準決勝の衝突の最初の足のための日曜日のKリーグで、結合したIncheonに対してstretcheredあった得点王のMota適性で発汗する。

うーん。。。(。。;)

Urawa showed their class by sending defending champions Jeonbuk packing with a straightforward 2-0 win over the Korean side in Jeonju.

浦和はJeonjuで前回優勝者に韓国の側面上の簡単な2-0勝利のJeonbukのパッキングを送ることによってクラスを示した。

「レッズが全州で、前回優勝の全北に対し2-0の完封勝ちをおさめたことで、その実力を示した」くらいな解釈でOKですか?(^^;

Holger Osieck’s side refused to be intimidated by Jeonbuk’s robust play which saw Chung Kyung-ho sent off and five other players picking up yellow cards.

Holger Osieckの側面は送られたイエロー・カードを取っているチョンKyung-hoおよび5人の他のプレーヤーに会ったJeonbuk'sの強い演劇によって脅かされることを断った。

(城南が)全北のようなラフプレーをするのではないかと警戒している、と読み取れます。

They took the lead through Tatsuya Tanaka after only four minutes and Robson Ponte’s strike midway through the second half ensured that Urawa became the first Japanese team to reach the semi-finals of the AFC Champions League.

それらは4分だけ後にTatsuya田中によって鉛を取り、浦和がAFCのチャンピオンリーグの準決勝に達する最初の日本のチームになったことを後半の中頃でRobson Ponteの殴打は保障した。

要するに、「達也とロビーは素晴らしい」、ということですね!

Reds are on a roll right now with eight wins in their last 10 J.League matches but they appear even more determined to become the first Japanese club to win a continental title since Shimizu S-Pulse claimed the Asian Cup Winners’ Cup in 2000.

赤は最後の10のJ.Leagueのマッチの8つの勝利のロールに今あるが、大陸タイトルを獲得する最初の日本クラブに似合う清水のS脈拍が2000年にアジアコップの勝者の」コップ要求したのでさらにもっと断固としたようである。

「レッズは清水のアジアカップ・ウィナーズ・カップの優勝以来の大陸王者になることを決意している」と評しているようですが、、、ここで清水の話が出てくるとは、藪から棒でした(笑)

Korean clubs have usually dominated their Japanese counterparts in the short history of the AFC Champions League but Kawasaki’s victories against Chunnam Dragons during the group stage and Urawa’s success against Jeonbuk may signal a change in the balance of power.

韓国クラブは通常AFCのチャンピオンリーグの短い歴史の彼らの日本の同等を支配したあることがグループの段階の間のChunnamのドラゴンに対する川崎の勝利およびJeonbukに対する浦和の成功は勢力の均衡の変更に信号を送るかもしれない。

お!これはいい文章ですね。
これまで韓国優勢だったACLが、川崎と浦和の躍進によってその勢力が逆転するかも知れないとの評論でしょうね。うんうん。

Urawa defeated Seongnam 1-0 in June when the two sides met at the A3 Champions Cup in Jinan, China.

浦和は双方がJinan、中国のA3優勝杯で会った6月のSeongnam 1-0を敗北させた。

はい、この調子で今日も勝利して欲しいものです。

さて、本日対戦する『城南一和』と言えば、電器屋『高麗人参』と『○○教会』で有名です。
また、現在Kリーグの首位にいるチームです。
関連記事を拾ってみました。

■城南関連記事

 ・10/2付け記事(原文):Seongnam sweat on Mota injury
 ・同 Google翻訳:SeongnamはMotaの傷害で発汗した

目立った表現をピックアップしてみますと、、、

SEONGNAM – Seongnam Ilhwa Chunma are hoping for a full house at Seongnam Tancheon Sports Complex on Wednesday evening for the first leg of their titanic AFC Champions League semi-final clash against Urawa Reds but the K-League leaders may not have a full squad to choose from.

SEONGNAM - Seongnam Ilhwa Chunmaは浦和の赤に対して巨大なAFCのチャンピオンリーグ準決勝の衝突の最初の足のための水曜日の夕方に複雑なSeongnam Tancheonのスポーツで満員の客を望んでいるKリーグリーダーにから選ぶべき完全な分隊がないかもしれない。

どうやら、地元客の来場を心配をしているようですな>城南

Seongnam are sweating on the damaged right ankle of Brazilian star striker Mota, who was carried off the pitch during Sunday’s 1-1 draw with Incheon United, and are still unsure if the competition’s top scorer will be fit to play against the J.League champions.

Seongnamは結合したIncheonとの日曜日の1-1の引くことの間にピッチを離れて運ばれた発汗して、まだ不確実であるブラジルの星の罷業者Motaの傷つけられた右の足首で競争の得点王がJ.Leagueのチャンピオンと対戦するために合えば。

あ、、、やっとわかった(゜∀゜)
モタって、右足首をケガしてるんですね! 出場微妙なんでしょうか。。。


“At the moment the players are feeling fine physically and they are getting better all the time,” said Seongnam coach Kim Hak-bum.

「物理的におよびよりよくいつも得ていることを良いことをプレーヤーが感じている今」、HakつまらないSeongnamのコーチ金を言った。

「『フィジカル面の状態がよいと選手たちも感じていることが、つまらない』と、城南の金コーチは言った」と訂正させていただきます(笑)

“I think that Urawa are a team with great attacking players,” he said. “Tanaka and Washington are dangerous and Robson Ponte is at the centre of their attacking play. We need to be especially careful of Tanaka.

「私は浦和がすばらしい攻撃プレーヤーが付いているチームであること」、彼を言った考える。 「田中およびワシントン州は危なく、Robson Ponteは彼らの攻撃の演劇の中心にある。 私達は田中を特に注意する必要がある。

あ、そう。

Seongnam defender Cho Byung-kuk notched a rare goal during the first leg win against Al Karama and is confident that Seongnam will avenge their 1-0 defeat at the hands of Urawa in the A3 Champions Cup in June, the only previous meeting between the two clubs.

Seongnamが6月以内にA3優勝杯の浦和のせいで1-0敗北を復讐することSeongnamの擁護者Cho Byung-kukはAl Karamaに対して最初の足の勝利の間に稀な目的にノッチを付け、確信している、2人のクラブ間の唯一の前の会合。

A3のリベンジでもするつもりでしょうか・・・笑止千万。

“During that game I slipped and we conceded a goal,” said Cho. “In this game both teams will be trying their best and I will do my bit to help us get the win.”

「私が入れたおよび私達は目的を認めたそのゲームの間に」、Choを言った。 「このゲームでチームは両方とも彼らの最もよい試みて、私はする私の私達が勝利を得るのを助けるようにビットを」。

The cultured centre-half has no qualms about taking on Urawa and their passionate supporters

培養された中心半分に浦和および熱情的なサポータの取得についてのめまいがない。

はい??? これは・・・何でしょう?
要するに「浦和サポなんて恐くないやいっ!」と言っているのでしょうか???

“Lots of our players have experience playing in front of big crowds with the national team. We showed in Syria that we can win in front of a passionate and big crowd.”

「私達のプレーヤーの多くに経験が全国代表チームを持つ大きい群集の前に遊ぶことをある。 私達はシリアで私達が熱情的で、大きい群集の前に」。勝ってもいいことを示した

シリアの大観衆の前で勝ったことを自慢しているようですね。ほう。。。

Seongnam are expecting between 3,500 to 4,000 Urawa fans to make a second trip to Korea in the space of a week and Kim Hak-bum hopes that the home fans also turn out in numbers.

Seongnamは家ファンがまた数でひっくり返す金のHakつまらない希望および週のスペースの韓国に第2旅行を作る浦和3,500から4,000のファンの間で期待している。

さて、今回はどのくらいの同志たちが現地参戦するのでしょう。。。
ちゅーか、うちらは「数」が問題ではないですから。「質」ですよ、「質」。

“I have heard that Urawa will bring many fans here,” said Kim. “The energy of the supporters is very important and it would be great if lots of our fans came to our stadium.”

「私は浦和が多くのファンをここに持って来ることを」、言った金を聞いた。 「サポータのエネルギー非常に重要であり、私達のファンの多くが私達の競技場に」。は来たら大きい

サポの頭数で対抗しようとしているようですが・・・「動員」かけるんでしょうか?

The Korean champions have received a helping hand from Jeonbuk, who have provided their K-League rivals with information on the J.League leaders.
“We are rivals in the K-League but not in the AFC Champions League,” said Jeonbuk operations manager Baek Sung-kwon. “I hope that Seongnam can get revenge on our behalf.”

J.Leagueのリーダーで情報を彼らのKリーグ競争相手に与えた韓国のチャンピオンはJeonbukから援助の手を受け取った。
「私達はKリーグの競争相手であるが、ない歌われたkwon AFCのチャンピオンリーグで」、Jeonbukのオペレーション担当マネージャーを言ったBaek。 「私はSeongnamが」。私達の為の復讐を得ることができることを望む

全北現代って、相当ねちっこいですね(笑)

 

だいたい、情報はわかりました。(何が?)

あと、情報収集をしていて気になったのは、この記事です。

 『腎臓損傷の安英学、選手生命の危機』(朝鮮日報)

こんなひどい狼藉を働くヤツらは成敗せねばなりません。

必ずや、勝利して帰ってきてくれることを信じています。
そして怪我無く、無事に帰国してくれることを心より願っています

現地組の皆さま、どうかどうかよろしくお願いいたします。
私も含めた留守番組の皆さま、現地に勝利の念を届けましょう!

勝つのは、浦和レッズ。

おまけ:
浦和-城南、両監督の最新コメントです(朝鮮日報)

|

« 【AWAY紀行】ぶらりソウル(1)清渓川~韓屋の街並み | トップページ | 07ACL準決勝【AWAY】城南一和戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

情報分析お疲れ様です。
・・・モタって汗っかきなのでしょうかwww

あと、安英学選手の病状は心配ですね。
彼の少しでも早い回復を願わずにはいられません。

そして、故意のラフプレーにはフットボールの女神が
天罰を下されんことを!

投稿: sat | 2007/10/03 16:07

最後まで読むのに30分かかりました(苦笑)
ていうか、nigoeさんは自動翻訳の日本語の方じゃなくて、英語の方を読んで解釈している、に5万ウォン。
もとの英語も自動翻訳と同じくらい支離滅裂、に500ウォン(こっちは自信なし)

投稿: いづる | 2007/10/03 17:51

 多分、来季も対戦することになる国の代表ですから、あまり恨みをかわぬように、勝ってきていただきたいものだと。先制はケイタのミドルが決まって1-0、前半ロスタイム疑惑のPKで1-1。で、後半15分オウンで2-1、その後30分猛攻にさらされるけれど(実はガス抜きで攻めさせた)試合終了。で、けが人無し。

 お願いじーじの願いかなえて  アーメン(-o-)†

投稿: なごやのじーじ | 2007/10/03 18:45

 いやー、ガス抜きは攻めさせるだけでよかったのだよ明智君(同点は余計だった) by.二十面相

 ざれ言はともかく見事な戦いぶりでした。チームもうぃーあーさんも。感謝、感謝です。24日のアシの手配は終わりました。チケットがまだだけど…、(^^;;

投稿: なごやのじーじ | 2007/10/04 07:00

@satさま
訳のとおり、モタは新陳代謝が良いようでしたねww

>>そして、故意のラフプレーにはフットボールの女神が
>>天罰を下されんことを!
私もそれに期待したのですが、意外にも相手は下品ではありませんでしたね。ちょっと肩すかし食らいました(^^;
審判もフェアでしたし、試合自体も良質、選手もラフプレーを被ることなく(ちょっと坪井が心配)、何よりでした。

@いづるさま
長文(しかも中身の無い)にお付き合いくださり、誠に感謝に堪えません(笑)
で、自慢してはいけないのですが・・・
共通一次という試験があった頃、何の躊躇もなくエンピツの転がる先を頼りに解答していた私の青春時代。平均して、200点満点中80点しか獲れない私の英語力をここにカミングアウトさせていただきます。_| ̄|○
私大受験に悉く玉砕したのは、言うまでもありません(ファンフラ小林克也風に)。

>>英語の方を読んで解釈している、に5万ウォン。
たまには、「はらたいら」さんも外しましたっけ(笑)

@なごやのじーじさま
「ガス抜き」に少々時間がかかってしまったようですね。被害エリアも想定よりちょっと上回りましたが、それでも選手たちの闘いぶりは見事でした。
Jでは味わえない国際試合の真剣勝負・・・プレーの美しさだけでは得られない、勝つことの重さ、勝負のリアリズムを私たちに教えてくれます。
私たちも成長せねば、です。

投稿: nigoe | 2007/10/04 19:50

さりげなく華麗ネタ満載。共通一次とか(笑)

投稿: いづる | 2007/10/05 01:28

@いづるさま

>>さりげなく華麗ネタ満載。
弊サイトがサイトなだけに・・・(笑)
顔のシミは化粧で隠せても、笑いのツボどころは隠せないですね。

投稿: nigoe | 2007/10/05 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/16647352

この記事へのトラックバック一覧です: 戦前情報【07ACL準決勝・第1戦】城南一和戦:

« 【AWAY紀行】ぶらりソウル(1)清渓川~韓屋の街並み | トップページ | 07ACL準決勝【AWAY】城南一和戦 »