« 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) | トップページ | 浦和の夏、緊張の夏 »

2007/08/10

【小さな旅】リアルさいたまの夏

埼玉県に住んでいるならば、ぜひとも訪れたいところがあります。

ひとつは、埼玉スタジアム2002

そして、もうひとつは、ここ↓

070805sakitama1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、日本中でこの地域周辺が一番暑かろうと思われる日(あとで知りましたが、観測上は群馬・館林だったようです。近所ですな)。
しかも正午。しかも雲ひとつない炎天下。
埼玉の「本場の」夏の暑さを実感するには、熊谷同様、ふさわしい場所かと思われます。

休日は、例によって夫婦そろって朝から放浪(→またかい)。

 “埼玉”の中心で、「暑ち゛いー」 を、さけぶ。

    #位置的には県北ですが(笑)

 

【さきたま古墳公園(さきたまこふんこうえん) 行田市大字佐間 JR行田駅or秩父鉄道行田市駅より市内循環バス「さきたま古墳公園前」下車徒歩2分 2007年8月5日 訪】

070805sakitama2 『さきたま風土記の丘』としても知られるこの公園、2~3年ぶりに訪れてみました。
気温が何度なのか知りたくもないほどうだるような暑さ。
さすがにこの暑さでは、訪れる人もまばら。この季節、人混みもなく駐車場も空いている観光地としては絶好のコンディションです(笑)。

すでに周辺は、蝉しぐれ。

 みんみん しゃんしゃん じーっ ・・・

070805sakitama3園内に入ると、さらに暴力的な音量で頭上から降り注いできます。

静けさや 岩に染み入る 蝉の声 (芭蕉)

 静けさや・・・
  静けさや・・・
   静けさや・・・ 

 

ウソつけ(怒#)。

 

070805sakitama4 

 

 

 

まずは、すぐ近くの『丸墓山古墳』へ登ってみました。
円墳としては、日本最大級の規模を誇るそうです。
戦国時代、石田三成が忍城攻めの際、ここに陣を張ったことでも知られています。

070805sakitama5 古墳の上から下界を見渡してみると。
思った通り、、、むちゃくちゃ広大な園内には10人くらいしかいません。(゜∀゜;)
古墳の上に立っていると、園内のどこかしこから、

「あぢ~っ!」

という声が散発的に、こだまして聞こえてきます(笑)。
たまに道をすれ違う人もまた、うつむき加減に黙々と歩きながら、

「あ゛つ゛い・・・」

とつぶやいています。

暑いので、次。 

070805sakitama6 

 

 

 

 

『稲荷山古墳』。
鍵穴形の前方後円墳です。
この古墳から出土した副葬品のうち、115文字の銘文が刻まれた鉄剣は、あまりにも有名。日本の歴史上最重要な出土品のひとつとして国宝に指定されています(併設の博物館で展示されています)。

070805sakitama7稲荷山古墳から、“埼玉”の中心を眺望。
青々とした稲穂が連綿と続いているさまは、まさに豊穣の大地・埼玉を象徴しています。
無事、実り多き秋を迎えられることを願って止みません。

埼玉の中心で、埼玉の夏を存分に味わいました。
全身水をかぶったようにびしょ濡れになりましたが、なんとも清々しい気分になりました。

心頭滅却すれば 火もまた涼し

 心頭滅却すれば・・・ 
  心頭滅却すれば・・・
   心頭滅却・・・ 

 

できんわいっ!

 

このあとは、汗を流しに温泉でひとっ風呂・・・でした(^^;。

今回、あまりの暑さのため説明不足な点が多々ございました、何卒ご容赦ください。
『さきたま古墳群』ならびに併設の博物館についての詳細は、こちらをご覧くだされば幸いです。

070805sakitama8 追記:
富岡だけでなく、行田でも運動しているんですね→

|

« 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) | トップページ | 浦和の夏、緊張の夏 »

たびたび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/16065445

この記事へのトラックバック一覧です: 【小さな旅】リアルさいたまの夏:

« 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) | トップページ | 浦和の夏、緊張の夏 »