« 07【HOME】第14節@広島戦 | トップページ | 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) »

2007/08/08

【小さな旅】上信電鉄の旅(前編)

休日は、例によって夫婦そろって朝から放浪(笑)。
特に今の時期は、家にいると暑いので・・・(@▽@;)/~

070804takasaki 最近ゼイタクになったのか、列車にグリーン車が連結されていると、ついつい乗ってしまいます。少しでも旅情が盛り上がるという意味では良いのですが、休日は料金割高なので、手近で済ませるという節約精神からは逸脱してしまいます(とほほ)。
大宮から高崎まで『快速アーバン』で一時間半余り。一旦JR改札を出て上信電鉄ホームへと向かいます。

【2007年8月4日 上信電鉄高崎駅 10:31発 下仁田行き】

070804johshin1

 

 

 

 

 

070804johshin2上信電鉄は、いわゆる“ラッピング電車”の見本市のような路線。個性的な地元企業の広告だけでなく、さすが上州コンニャクどころ、『マンナンライフの蒟蒻畑』電車も元気に鉄路を走っています。

とりあえず、目に付いた行き先ボタンを適当に押して切符を買い(上州富岡行き) 、乗車。コトコト列車に揺られること1時間・・・。
ちなみに、この上信電鉄で1時間も乗車すると、終点に到着します(笑)。

【同日 上信電鉄下仁田駅 11:31着】

070804shimonita1

 

 

 

 

 

着いたところは、終点・下仁田。
ネギとコンニャクで全国にその名を轟かせる、一大生産地であります。
上左写真によれば、「人情の街」でもあるようです。

070804shimonita2 突然、駅線路内を見渡していたダンナが、ワクテカな表情で私を呼びつけます。
“鉄”の皆さまには有名な、通称『上州のシーラカンス』と呼ばれる「デキ型」電気機関車です。大正後期にドイツから購入された、日本最古の電気機関車で、松本零士氏のイラスト画が上信電鉄『デキを愛する会』のHP表紙を飾っています。
ワタシら夫婦の行動につられて追ってきた“鉄人さん”たちも、写真をバシャバシャ撮られておりました。。。

せっかくなので、小一時間ほど駅周辺を散策することに。

070804shimonita4

 

 

 

 

 

で。
驚きました。
『中央通り』と看板の掛かった駅近の商店街を歩いていると、一気にタイムスリップした感覚に陥りました。上右写真の、どう見ても一般家屋に見えない建物を観察してみたところ、玄関のガラスに『撞球場(どうきゅうじょう=ビリヤード場)』の文字。昔からの社交場だったようですが、現在利用されているかどうかは不明。
また、昼時にも関わらずまだ暖簾を出していない飲食店多し。通りには人影もなし。日頃観光客など来ないのでしょうか、客を呼び込む雰囲気もなく、やる気の無さそうな店構えで、ほぼ地元ユースの商店街といった印象を受けました。逆にそういう「素の雰囲気」を味わえたほうが、その地域の生活の様子がうかがえて楽しいものです。

070804shimonita5 食事をしようと思い、注文が早く出て来そうな店が良いとの判断で、やる気のありそうな(笑)駅前の洋食屋へ。
駅前の飲食店と言えば、先日大井川鐵道の千頭駅で苦い思いをしたことが記憶に新しいため一瞬躊躇しましたが・・・この店では杞憂でした。注文はサッと出てくるうえに、出来合いのモノではなく、しっかり手をかけて調理されているのが舌の上でも感じられました。私が注文したパスタも麺の茹で方が都会のレストラン並みに上手く、ダンナが注文した豚の生姜焼き定食も良質の材料を使用していて、デザートの『神津牧場ソフトクリーム』も上品な味でした。
単品でオーダーした『さしみこんにゃく』は、文句なく本場の味でした。
駅前の定食屋、侮るなかれ・・・時間が無くゆっくり出来なかったのが残念でした。

急いで昼食を済ませ、目の前の駅改札を速攻で通り抜け、高崎行きの列車に飛び乗りました。

【同日 上信電鉄下仁田駅 12:30発 → 上州一ノ宮駅 12:47着】

070804ichinomiya1

 

 

 

 

 

070804ichinomiya2ダンナが「ここで降りるぞ」とのたまったため、下車。
(゜∀゜;)
是非行きたいところがある、とのリクエストに応えることに。
ちなみに、右写真は駅から目的地までの間で見かけた、やたら視線を惹いた店。
看板の信憑性の議論は割愛することにして(笑)、、、宝くじファンの方、いかがでしょう?

これもまた、街歩きの楽しみというものです。 

【同日 13:00すぎ頃 貫前神社(ぬきさきじんじゃ)】 

ダンナのリクエスト先は、ここ。
群馬県を中心とした関東一円と新潟・福島に広く分布する赤城神社よりも格上の“上野国一ノ宮/国幣中社”であることと(ちなみに赤城神社は上野国二宮/旧郷社・旧県社)、境内の構造が珍しいので見てみたいとの希望を叶えてさしあげることに。

070804nukisaki1

 

 

 

 

 ①写真左:正面の参道。まずは石段を登って総門へ。
 ②写真中:参道石段上の総門。ここをくぐると・・・
 ③写真右:なんと下り階段!下ったところに社殿があります。

一般的な参道~社殿の道のりは、平坦地か「登り」構造になっています。「下り」なら宮崎の鵜戸神宮などがありますが、当社は一旦登りきった直後に下るという珍しい構えとなっていました。私も初めての経験でした。070804nukisaki2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070804nukisaki3 貫前神社は、6世紀ごろの創建と伝えられています。
現在の社殿は、徳川三代将軍家光の頃に造営され、明治の頃には旧国宝指定を受けていたようですが、第2次大戦後は重要文化財に格下げになっています(詳細は不明)。

近代では、富岡製糸場で働く工女たちが、糸取り上達祈願に参詣していたそうです。
境内は、永い歴史が積み重ねられた風格ある佇まいで、070804nukisaki4御神域としての静謐さと重厚さに満ちておりました。

思いがけなくありがたいものに出会え、心の栄養を補給できました。
元気が出たところで、国道254号を一路、徒歩にて富岡製糸場へと向かいます。

(つづく)

|

« 07【HOME】第14節@広島戦 | トップページ | 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) »

たびたび」カテゴリの記事

古刹をゆく」カテゴリの記事

コメント

ツラを茹でてはいけませんw
神津牧場のソフトクリームは現地(牧場)で喰って以来、見かけるとつい買っちゃいますね。

投稿: にゃんた2号 | 2007/08/08 20:04

>>ツラを茹でてはいけませんw

うはっ!・・・一瞬何のことかと「?」でしたが、わかった瞬間から5分くらい笑いが止まりませんでした(≧▽≦)。あーはずかし。
ナイス突っ込み、ありがとうございました。「面→麺」ですね、大変失礼しました。ただでさえ暑いのに、「ツラ茹でる」なんて(爆)
神津牧場のソフト、次回は是非現地で食べてみたいです。おいしかったー(´∀`)

投稿: nigoe | 2007/08/08 20:27

鉄な画像を見せられて、つい残業中にハァハァしてしまいますた。
次回は、上毛電鉄をうpしてくだされww

投稿: 隊長 | 2007/08/09 08:10

@隊長さま
上毛電鉄・・・おー、歴史のある路線ですね。
前橋から桐生に行く用事(というか目的)を探してみることにいたしましょう。
趣味を優先すれば、まずは山上城(新里駅)あたりでしょうか、ね。

投稿: nigoe | 2007/08/10 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/16040127

この記事へのトラックバック一覧です: 【小さな旅】上信電鉄の旅(前編):

« 07【HOME】第14節@広島戦 | トップページ | 【小さな旅】上信電鉄の旅(後編) »