« 07【AWAY】ナビ杯準々決勝@G大阪戦 | トップページ | 最近の悩み第2章@その1 »

2007/07/19

マンU戦TV観戦外伝

来るべきアウェイ連戦の資金稼ぎに精を出すため、このところ仕事がテンパっているnigoeです、みなさまごきげんよう。

さて、だいぶ出遅れてしまった話題ですが、2007さいたまシティカップ@マンチェスター・ユナイテッド戦
初回のフェイエノールト戦以降は現地観戦を遠慮しておりまして(理由は多々)、今年も自宅にてTV観戦を楽しみました。
スカパー!でリアルタイムに楽しんだのち、反芻するような感じで、21時からはテレ玉の録画放送を楽しむことに。
きら星のようなマンUの選手たちのプレーもさることながら、無職様ウッチーや伸二の素晴らしいゴール、プレミアの覇者に果敢に挑むレッズの選手たちの奮闘に心躍らされ、TV観戦でありながらも久々にサッカーを楽しんで観ることができました。

で、その『テレ玉』なんですが。

もちろん試合そのものも注目して観ていましたが、どうしても聞こえてくる会話に神経が集中してしまいました。
そうです、皆さまおなじみ、

 解説 福田正博さん

の発言です。

端的に言うと、久々の はじけっぷり でした (´∀`)
中継前に酒でも飲んだんじゃないかと思えるくらい、頭と舌が回る回る(@▽@)/~
発言内容の多くの割合を占めていたのは、『ウッチー賛辞』でありました。

「あんな内舘のミドルシュートが入ったのを初めて見ました」

この程度なら、まだいいいんですが、、、時間の経過とともに発言がエスカレートしていき、“福田節”が炸裂 します(゜∀゜)。
私の記憶に残る(くらい印象的でした/笑)珠玉の発言を、備忘録を兼ねて、以下書き記しておきます。

■発言例1:
「(本人には申し訳ないけど、内舘のシュートは)誰も想像していなかったんじゃないでしょうか」
■発言例2:
「内舘本人もビックリしてたんじゃないでしょうか」
■発言例3:(実況の上野さんの「内舘、マンUから声がかかったりして・・・」の問いかけに)
「声がかかるかなー?・・・うーん、、、かかんないだろうなぁ」
(→“松鶴家千とせ”かっ!とツッコミ・・・)
■発言例4:
「内舘さんでも(シュートが)入るんだったら・・・ということで、他の選手も勇気づけられたところがあるかも知れませんね」

OBという立場から、後輩であるウッチーへの愛あるお調子文句のオンパレードに、聞き耳を立てずにはいられませんでした。
まあ、福田さんも何だかんだ言いながら、あとでちゃんと

■発言例5:
「内舘のシュートは、チームにものすごい影響をもたらしましたね」

と、きちんと真面目なフォローを入れていたところはさすがですし、先輩としての愛情が垣間見えました。

それほど素晴らしいシュートでしたよ>ウッチー

|

« 07【AWAY】ナビ杯準々決勝@G大阪戦 | トップページ | 最近の悩み第2章@その1 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

土橋のあの歴史的シュートと同じくらい、意外性に満ちていたじゃないでしょうか……とはさすがに福田も言わなかったのでしょうねえ。

投稿: シュン | 2007/07/19 22:28

シュートの軌道を見てキーパーが右に飛んだらボールは左だもんなー!!! フル代表に呼ばれるんやないやろか(アセ) でも、私的にはシュートの後のウッチーのお顔が、シュートと同じくらいに見ものだったなぁ(笑)

投稿: なごやのじーじ | 2007/07/19 22:43

何とか当面の仕事の山を越えたnigoeです。お返事が遅くなりました。
これからは、ウッチーのことを、
「ハロー!ビッグベン」
と呼ぶことにしました(出典:GGR/笑)

@シュンさま
お久しぶりです!お元気でしたでしょうか(^o^)/
さすがに福田もそこまでは・・・とわきまえたんでしょうかね(笑)
あのシュートで土橋は歴史に名を刻みましたね。まさに「レッズ長年の負の遺産」を精算する美しいゴールでした(つ;д`)

@なごやのじーじさま
ウッチーのシュート後の「気合いの入りすぎた」表情、私も逃さずにチェックしましたよ(笑)
まるでファンデルサールを嘲笑うかのような不敵なシュートでした。
ウッチー一世一代の晴れ姿?(おっとっと・・・)

投稿: nigoe | 2007/07/22 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/15808995

この記事へのトラックバック一覧です: マンU戦TV観戦外伝:

» 浦和レッズの幸福 [シュンの【日記なページ】]
 肝心の試合ではガンバ大阪に壊滅的な打撃を受け、レッズサポの誇りをみごとに打ち砕いてくれたくせに、プレミア・チャンプのマンチェスター・ユナイテッドを相手にすると、途端にチャレンジャー精神を前面に出して、世界レベルのサッカーを1.5軍なのに展開しちゃう。サ... [続きを読む]

受信: 2007/07/19 22:29

« 07【AWAY】ナビ杯準々決勝@G大阪戦 | トップページ | 最近の悩み第2章@その1 »