« 07【AWAY】第18節@ズビロ戦 | トップページ | 大井川鐵道の旅(後編) »

2007/07/05

大井川鐵道&長島ダムの旅(前編)

 ♪る~るる るるる る~るる るるる ・・・

今回は『夜明けのスキャット』ではありません・・・みなさまこんにちは、『鉄子の部屋』でございます(笑)。

もといダンナと私の場合、『鉄』と言っても“鉄男”“鉄子”サンほどのマニアではないため、鉄道(と列車)そのものに関する知識は詳しくありません。
実は、ダンナは生まれも育ちも鉄道官舎(要するに、旧国鉄マンの息子)、私の実家は戦前からの鉄道関連商売(機関区整備士だった爺様が始めた商売)をやっていて、お互い駅から徒歩1分以内で暮らしていたせいか、鉄道は生活の一部として親しんでおり、一般の方より若干“鉄分”が多い程度でしょうか。偶然ですが、お互い似たような出自で夫婦やってます(笑)。

さて。
070701lawson磐田戦の翌日、十数年ぶりに大井川鐵道に乗って、長島ダムまで行ってきました。
以前、仕事の関係でよく訪れた、若き日の思い出巡りの旅です。
道中が長いので(汗;、金谷~千頭~長島ダムまでの往路を前編、復路を後編としてお届けいたします。
早朝7時。まずは、掛川で毎度われらの胃袋を預かる北口のこの店(昨夜も来たような・・・)にて朝メシ調達。 たまには違うもんが食べたいぞぉー

【2007年7月1日 JR東海道本線 掛川発 7:08】 070701kakegawa

出発地の掛川駅は、南側の近代的な駅舎と比べ、北側の駅舎は和風なデザインとなっています。こちら側にある掛川城&御殿のイメージに合わせているのでしょうが、そのギャップが極端な印象を受けるのは私だけでしょか(^^;
などと、つべこべ思いながら三島行きの列車に乗り金谷へ。

【JR金谷着 7:23→大井川鐵道 金谷駅】

070701ohigawa1 JR側のホームから、大井川鐵道ホームへの連絡改札口がありました。本来なら一旦JRの改札から外に出て、大井川鐵道の駅舎改札から入場すべきなんですが、そこは地方ローカル線の寛容さ(笑)、ここから通していただいて駅舎切符売り場へ抜け切符を購入し、本来の入場手順を踏ませていただきました。

【大井川鐵道本線 金谷発 7:36】

070701ohigawa24

 

 

 

昭和40年代に製造された『近鉄16000系』という電車に乗車(使用車両についてはこちらに一覧あり)。客車は昔の特急クラスで座り心地は民営ローカル線としては少々リッチ感あり(^^)。長島ダムまでの運賃は、片道2,410円也(高っ!)。客は私たちを含めて2~3組といった程度でしたが、金谷市街(現・島田市)から数組乗車してきました。070701ohigawa6

金谷市街を抜けると、雄大な大井川の河川風景が車窓に拡がります。あいにくお天気が悪く爽快感がいまひとつだったのは残念ですが、普段出逢えぬ風景は眼福の至りです(しかしダンナにとっては最近まで仕事でよく来た見慣れた光景のようで・・・(^^;)。

070701ohigawa5 神尾駅にお行儀良く並んでいた“たぬき”の置物。
沿線の演出でこのようなディスプレイがありました。
それぞれの表情で、車窓から列車の旅人をユーモラスに迎えてくれています。

 

【大井川鐵道本線 千頭着 8:49】070701senzu1

十数年ぶりに訪れた千頭駅。当時の記憶はおぼろげなのですが、機関車と木製貨車の色彩のイメージが記憶に強く残っており、当時の風情を現在も受け継いでいるような気がしました。
ここで南アルプスアプトライン(井川線)に乗り換えます。

 

【大井川鐵道南アルプスアプトライン 千頭発 9:00】

070701abt12

 

 

 

 

 

“アプトライン”の名が表すように、この路線は、日本で唯一のアプト(ABT)式鉄道が導入されています。まさに『鉄』の方には説明不要かと存じますが、以下概略を。 
井川線は、戦前、木材運搬のための森林鉄道として運用され、戦後には井川ダム・畑薙ダムの資材運搬路線として活躍。ダム完成後は旅客営業を開始しましたが、長島ダム建設決定により付け替えされ、平成2年、急勾配のアプトいちしろ駅~長島ダム駅間にアプト式鉄道を導入しリニューアル開業しました。

客車は『スロフ314』、機関車は『DD203』形ディーゼル機関車が、6~7両編成の真ん中と最後尾(千頭側)に連結されていました。ここ千頭駅~アプトいちしろ駅間は、この状態で運行されます。客車の狭さ加減が、山岳鉄道の雰囲気を醸し出してくれています。
070701abt3乗車直前、急に「きゃっきゃっ」と年甲斐もなくはしゃぎ出し、気持ちが高揚してきました。これは久々の乗車のせいではなく、ただ単に童心に帰ったためと思われ(笑)。

沿線の渓谷美は素晴らしく、全く飽きが来ません。
これでお天気さえ良ければ・・・と、お天道様をうらめしく思うことしきり、スミマセン。

 

【大井川鐵道南アルプスアプトライン アプトいちしろ着 9:43】

070701abt4_1

 

 

 

 

 

 

 

 

070701abt5いよいよ、アプト式機関車(ED901形電気機関車)が、ここで連結されます。
長島ダム駅までのわずか1区間の連結ですが、
 「コレが楽しみで」
乗っているのです、客は(笑)。
連結シーンは、子どもたちに大人気!しかし意外に作業は早く、わずか2~3分で完了。

070701abt6 「もうすぐ進行方向右手に長島ダムが見えて参ります」
とのアナウンスに、車窓の外には一斉に雁首が並びます(笑)。
いよいよ、竣工した長島ダムと初めて対面します。

 

 

070701nagashima1

 

 

 

 

 

 

 

 

長島ダム駅に着く直前、雄大なダム景観が眼前に広がります。
圧倒的なスケール感と迫力に、「うわ~!」と歓声が上がります。

【大井川鐵道南アルプスアプトライン 長島ダム着 9:53】070701abt7

ここでアプト式機関車を切り離し、客車は終点の井川まで運行します。
井川から戻ってきた列車は、再度ここでアプト式機関車と連結され、千頭方面へと向かいます。

ちょうど写真の切り離された線路部分が踏切となっており、ここを渡って駅を出ます。いちおう安全のためか、車掌さんが渡りきるまで付き添ってくれました。

070701nagashima1_1自然と足が止まりました。駅からダムを眺め、しばし感慨に耽りました。
詳しい事情はここでは控えますが、私が携わった計画がほぼ反映されて完成していたことに、非常に感銘を受け、しみじみ泣けてきました(つ;д`)。
十数年の歳月を経て得た達成感は筆舌に尽くし難いことを、ここで初めて知りました。

070701nagashima2どこに仕舞い込んでいたかも忘れていた思い出や記憶が、一気に引き出されます。
それほど計画どおりに造られていました。記憶を辿ってひとつひとつ確かめる作業をしては、目頭が熱くなります。
写真を100枚見せられようが、実感は湧きません。
自分の肌で感じることに勝るものはありません。

070701nagashima45

 

 

 

 

070701nagashima3ほんの少しだけオススメのスポットをご紹介。
上左写真はダム天端の展望バルコニー。
上右写真は、水の放流とその下にある吊り橋。この吊り橋からダムを眺めると、その迫力を存分に味わうことができます。

右写真は、ダム湖の噴水。放水の時間的タイミングと仕掛けはよく知りませんが、結構頻繁に見かけることができます。

参考までに、上記バルコニー近影。

070701nagashima6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床面がグレーチング構造となっていて、ダム法面がスケスケに見えます。

 「恐ぇ~!こ゛ぇ゛~!」  ((((;゜Д゜)))ガクブル

と、ダンナと二人、互いに腕にしがみつき腰が抜けそうになりました。
カップルでここに立つのが、設計コンセプトに適った正しい利用方法です(笑)。

(後編につづく)

|

« 07【AWAY】第18節@ズビロ戦 | トップページ | 大井川鐵道の旅(後編) »

たびたび」カテゴリの記事

コメント

レポートお疲れ様です。
同様に鉄分の高い家庭に育ち,高鉄分体質の私にとっても,いつかは乗りたいルートなのですが,今回のエコパ遠征の翌日も,レディース@新潟戦に参戦すべく,早々に静岡を離れてしまいました。
途中,東京駅には,この日デビューの新しい新幹線(N700系)を見るため,カメラを持ったたくさんの人たちがいました。

投稿: sat | 2007/07/05 16:20

どうもはじめまして。

最近、「鉄では?」という疑惑に「昔の話なんだが・・・」と思っていたおいらですが、この日記を興味津々で拝見してしてしまうあたり、立派な鉄人なんでしょうか(笑)

金屋駅は毎度のことながら後ろ髪を引かれつつ、豊田に、万博にと向かうために素通りするのでした・・・
行って見たい所ってたくさんあるんですよね。

投稿: TOSS | 2007/07/05 16:42

ワタシも鉄分がかなり高い方ですが、ここではどっちかって言うと、、、

ダム!長島ダム!

ワタシが行ったときはまだ建設中で、しょうがないから井川(五郎)ダムの展示館で我慢しようと思ったらそっちは定休日でがっかりした憶えがあります。
で、ダムに携わった計画っていったい・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/05 22:02

鉄分高くて血液比重が重そうな皆さま、ようこそ!(笑)

@satさま

>>今回のエコパ遠征の翌日も,レディース@新潟戦に参戦すべく
うひゃー!(@▽@) すごいですね。 お疲れ様でございました。
東海道を通る機会は、今年もまだあります。お時間とご予算の余裕があれば、是非。
あー、そうですね>N700系。
残りの西国方面の旅では停車しますので利用できそうですね、空席さえあれば→そこが問題(笑)

@TOSSさま
はじめまして(^o^)/ ようこそいらっしゃいました。

>>日記を興味津々で拝見してしてしまうあたり、立派な鉄人なんでしょうか(笑)
読みながら、だんだん体の中の鉄分が増えて重くなってきましたでしょうか?(笑)
金谷はじめ、結構静岡県は寄り道したいところがたくさんありますよね。特に横(東西)方向に流しがちですが、今回のように南北方向にも魅力があります。もちろん勝った翌日だとさらに魅力的に見えます(笑)。

@にゃんた2号さま

>>井川(五郎)ダム
おー!ツウですね! 感服つかまつりました m(_ _)m

>>で、ダムに携わった計画っていったい・・・。
それは、、、ゴジラの襲来から地球を守るための防衛計画だったのです。オバサンが、“MAT”の隊員だってことは、みんなにはナイショだよ(^_^)
 #ウルトラマンと話がごっちゃになってる(笑)

投稿: nigoe | 2007/07/06 00:33

なつかしー・・・というか、うらめしいー場所です。
せっかくのおもちゃをとりあげられた子どもの気持ち・・・・。
まだ「流しマダム情報誌」最新号は手にしてませんが、こわいような楽しみなような。
来年はタロさんとリベンジするのだ!!

投稿: 豆腐小僧 | 2007/07/06 12:51

MATはウルトラマンではなくウルトラマンAだし・・・w

因みにMATとは

M:まぐろ
A:あじ
T:たら

の略です。

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/06 13:28

@小僧さま
お待ちしておりました・・・現役地球防衛軍広報部隊メンバー、
 キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!

>>せっかくのおもちゃをとりあげられた子どもの気持ち・・・・。
どうしたのですか? 意地悪なオジサンでもいたのでしょうか?
今度、買ってきた『かわね路号』(後編参照)を貸してあげましょう(^^)。
流しマダム(スラングやねぇ/笑)、今回初めて行って、感動しました (ノ;д`)
しっかし、相変わらず遠いなぁー ヽ(`Д´)ノウワァァァァァァン

@にゃんた2号さま

>>MATはウルトラマンではなくウルトラマンAだし・・・w
「帰ってきた」がMATで、「A」はTACだったような、、、(^^;
♪ワンダバダバ ワンダバダバ・・・ と、♪北斗とみなみぃ~ の違いかと(どういう違いじゃ?)。
ま、オバサンの正体はヒミツなので、何でもいいんですっ(笑)

ちなみに、M:生で、A:焼いて、T:フライで・・・が好きです。
あ、偶然ですがさっきスーパーで「いわし」買いました(゜∀゜)


投稿: nigoe | 2007/07/06 18:40

会社より初カキコです。

その設計コンセプトとやらが気に入りません。
腰が抜けそうなものを設計しないでください。

          ~高所恐怖症被害者の会~

投稿: 隊長 | 2007/07/09 12:13

@隊長さま
お 仕 事 中 
あ り が と う ご ざ い ま す (゜▽゜)

>>腰が抜けそうなものを設計しないでください。
ぜひ、あなた様を羽交い締めにしてでもお連れしたいなぁと思うほどの、絶景です。
大ジョブです、腰は抜けそうでしたが抜けませんでしたから(笑)

投稿: nigoe | 2007/07/10 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/15647571

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐵道&長島ダムの旅(前編):

« 07【AWAY】第18節@ズビロ戦 | トップページ | 大井川鐵道の旅(後編) »