« 悩ましきは台風の季節 | トップページ | マンU戦TV観戦外伝 »

2007/07/17

07【AWAY】ナビ杯準々決勝@G大阪戦

台風の最中、現地に参戦された皆様、本当にお疲れ様でございました。
危険な道中だったかと存じますが、無事にご自宅に戻られましたでしょうか。

今回、現地に行けなかった私には、この試合の観戦記を書くことはできません。
ただ、TV画面からでもはっきりとわかるほど叩きつける雨の中、レッズを勝たせたい一心で駆けつけたサポーターの心意気は充分に伝わってきました。

そんな悪条件の中でも、どんな試合でも、サポーターは試合を捨てていないということを、この試合で再認識させていただきました。

さて、オジェックは、どうだったのでしょう。
リーグ戦が終わるとワシントンと闘莉王(闘莉王のケースは半ば仕方ないと思われますが)を帰国させて臨んだナビスコカップ準々決勝でしたが、、、当初から優勝する気はあったのかどうか。前節とは異なるガンバの闘い方に対して、状況を適切に把握して機敏に対応していたかどうか。

かたや、選手はどうだったのでしょう。
どしゃ降りの雨の中、視界不十分な状態での前半3失点。多少不利な条件であったにせよ条件は相手も同じ。相手をフリーにしての失点劇では「不運」とは言い切れず。気持ちが切れてしまったのだろうと言われても仕方がないような気がしました。

しかし。
監督が当初から優勝を捨てていようが、選手が途中で気持ちが切れようが、最後まで勝負を捨てないのが『浦和者』。
何度も何度も気持ちを切り替えて、悔しさをバネに次の試合への闘争心を高めて臨むのが、長年培ってきたレッズサポーター気質の根幹です。それを無くしたら、“レッズサポーター”とは言えなくなるでしょう。

「折れない心」。
長年サポートしていれば、監督も選手も替わりますが、チームとサポーターは変わらないものです。監督によって、選手によって、その愛情の度合いが変わる、というものではありません。
チームへの愛情と忠誠心は、そう簡単に状況に流されるものではない、と思っています。

長い目で見れば、(監督は捨てていた?かに見えた)ゼロックスやA3の惨敗も、そしてACLでの苦戦も、その後のリーグ戦に教訓として活かされたと思います。
今回の惨敗も、今後の闘いに活かされるものと期待しています。
私がひとつ目を引いたのは、あの劣悪な条件下にもかかわらず、存外に選手たちのプレーの精度が良かったということでした。トラップやパスなどの基本動作の確かさに唸らされました(同様にガンバの選手にも言えることですが)。前節の内容が良かっただけに、同点から逆転への期待は高まりました。それだけに2失点目以降の崩れ方は残念でなりませんが、(崩壊する前までは)選手たちの高い技術レベルを見せてもらったような気がしました。

「ガンバが強かった」

のは事実ですが、そう結論づけるには口惜しく、そして屈辱的な試合でした。
長所を活かせぬまま敗戦した一因は、己の中にもあると思います(選手自身にも監督の戦術にも)。全力を尽くして負けたのなら、潔く負けを認められるのですが。。。
だからこそ、今回の敗因を正確に分析して、来るリーグ戦とACLに活かして欲しいと願っています。
この屈辱をバネに、クラブも選手もサポーターも一丸になって今後の闘いに共に臨んでいけたら、と思います。
そう、この歴史の繰り返しです、いままでも、これからも。
成長には欠かせない試練です。

これまでもそうですが、これからも、諦めたり捨てたりしてもいい試合などひとつもありません。結果、負けたとしても。
どんな試合も「大切な試合」です。
雨が降ろうが槍が降ろうが、台風が来ようが交通が遮断されようが、駆けつけてしまうのがレッズサポーターですから。
 #だからと言って、無茶はしないようにくれぐれもお気を付けくださいね(^^; お願いします。

|

« 悩ましきは台風の季節 | トップページ | マンU戦TV観戦外伝 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

い、いかん。また涙腺が決壊...(笑)
インドネシア遠征以来、状況が厳しくなればなるほど妙に気持ちが入ってしまうようになってきてしまいました。

投稿: あん | 2007/07/17 15:20

我が辞書2007年版には〝ゼロックス〟も〝ナビスコ〟もありませぬ!  ただただ〝J〟と〝ACL〟あるのみ!!

台風と地震の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます m(_ _)m

投稿: なごやのじーじ | 2007/07/17 16:26

どちらかというと,
大雨より翌日とその次の日の蒸し暑さの方がきつかったです。
(翌日,兵庫県の山ん中にあるスタジアムで,レディースの応援もしてきました。)
体が北海道の気候に慣れてしまったようで。

投稿: sat | 2007/07/17 21:51

第1戦を前にしたエルゴラで、各進出チームのダメージ度(選手の抜け)とナビスコにかける本気度、ってのを画で示していたのですが、8チーム中、唯一レッズだけが100%を欠いて98%という診断だったんですよね。。。。。

まさか、その通りになった、とは思いたくありませんが・・・
この先、Jは続き、ACLも続く、天皇杯も入ってくる、というなかでスケジュールを睨んだ時、ナビスコへの本気度がかすかとはいえ曇ったことは否定できないのかもしれませんね、、、、

さらにいえば、土曜日の家長、アレは何ですか?
ちょ~~~~~~確変????五輪予選でも頼むよね・・・

投稿: えりぴょん | 2007/07/17 22:28

大阪遠征の皆様、無事にご帰還のご様子、安心いたしました。

@あんさま

>>状況が厳しくなればなるほど妙に気持ちが入ってしまう
そうですよね。わかりますそのお気持ち。
ここ2年ほどは「イケイケ」で気合いが入っていましたが、久々に厳しい状況での気合いが蘇っています。窮地に底力を発揮するのがレッズサポですから(^^)。

@なごやのじーじさま

>>我が辞書2007年版には〝ゼロックス〟も〝ナビスコ〟もありませぬ!
終わったことは、いつまでも引っぱるわけにはいきませんよね。
嫌な思い出は台風と一緒に吹き飛んでくれた、、、ことにしましょう(笑)。

@satさま
このところの遠征、大変ですね・・・頭が下がります。
今、北海道は一番良い季節ですから、本州の梅雨の気候は体に堪えますよね。
今年の本州は猛暑との予報が出ています。私も札幌から埼玉に戻って来たとき、軽い熱中症に罹りました。どうぞ体調管理にはお気を付けください。

@えりぴょんさま
あ、私もそのエルゴラ読みました。
「ダメージ度」はガンバよりましなのに、「本気度」は「何でレッズだけ100%じゃないんだろ?」と不思議に思っていましたが、、、あとでわかりました(遠い目)。

>>さらにいえば、土曜日の家長、アレは何ですか?
いやぁ、あれは参りました。
頬がこけて胸板が薄くなって「やつれて」見えたのですが・・・イランの『アジジ戦法』を彷彿とさせてくれました(爆)

投稿: nigoe | 2007/07/18 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/15787307

この記事へのトラックバック一覧です: 07【AWAY】ナビ杯準々決勝@G大阪戦:

« 悩ましきは台風の季節 | トップページ | マンU戦TV観戦外伝 »