« 07【HOME】第16節@神戸戦 | トップページ | 浦和の知性 »

2007/06/25

07【AWAY】第17節@清水戦

  ※第16節、駒場の神戸戦は、後日コソーリとアップしておきます(^^;
      ↓
  ♪アップしますた(゜∀゜)

歳を取ると、つい昔話をしてしまう。まあ、いいか・・・ここは「中年バンザイ!」だから。
リーグ戦では97年4月以来、10年ぶりの日本平での勝利。
私自身にとっては、96年8月の、雨でずぶ濡れになりながら数百人が声をからしたあの日以来、11年ぶりの日本平での勝利。当時札幌に住んでいたため、ことのほか嬉しかった遠征での勝利で今でも鮮明に記憶に残っている。
それ以来、行けども勝てない日本平(&磐田)・・・毎度がっくり肩を落として帰路につく思い出ばかり。いや、東海道新幹線の復路そのものが、私にとって毎度重い空気を積んで走る東京への護送船と化していた。
しかし、今年は今のところその辛さから開放されている。ちょっと嬉しい。また、日本平での過去4勝のうち2勝に立ち会うことができたことも、ちょっと嬉しい。

 070623simizu1

朝。所用のため参戦できなくなったダンナを家に置いて、ひとり早朝の電車で発つ。

「負けたら絶対帰ってくるな」

と単騎参戦恒例の励ましの言葉を頂戴し(笑)、一路東京駅へ。070623simizu2
幸い、前日のようなJRの混乱は無く、順調に新幹線は西へ向か ってくれた。静岡駅からは普通列車で清水駅へ。シャトルバス運行時間にはまだ早く、路線バスにて現地へ。最寄りのバス停からは、日本平名物“だらだら坂”。見た目の勾配が緩いので舐めてかかって早足で歩くと、この歳ではボディブローのようにふくらはぎに「効いてくる」(笑)。

070623simizu3現地着。待機列のあるシート敷きのテニスコートへ誘導されて、 幻滅。コートを保護する目的は十分理解できるのだが、シート上は、前夜の雨で巨大な“水溜まり場”となって、とても並べる環境にない。私の周囲は現地係員でなく赤い人が自主的にワイパー状の“トンボ(?)”でしきりに排水作業をしてくれていた、大変感謝。

070623simizu4開場。このスタジアムの「城を攻め登る」感覚が昔から結構気に入っている。しかし眺めてばかりでなかなか入場できない・・・午前0時解禁のシート貼りであったが、聞くところによると、朝5時到着の人でシート番号はすでに100番を越えていたとか。どこに行っても赤者の出足は早い。否、いつ到着しても「早すぎる」ことはない。うぃあー恐るべし(笑)。45分遅れで2階の、文字通り「末席」に陣取ることができた。ほどなく仲間も合流。ちょっと一息。070623simizu5

風光明媚な風景もまた、日本平名物のひとつ。真夏の陽射しが肌を突き刺すほど急速に天気は回復し、2階席外階段からの視界が開けた。眼下に駿河湾、天空に富士山頂(高い!)。広重の由比・薩埵峠の宿場絵図がふと思い起こされる。“海無し県”から来訪した者にとっては羨ましくもあり、恵まれた風景である(その代わり、埼玉の関東平野の広大な風景はここには負けない)。

070623simizu6 これまた名物の“パル小僧ショー”。
毎度脱力系の演技にまやかされて勝てなかったのか?。今回は割に武闘派な演目(?)、あの『ビリー』ならぬ『パルーズ・ブート・キャンプ』。敵ながら、この酷暑の中、着ぐるみの中の人の苦労が偲ばれた(^^;
と。試合前のメインスタンドが騒然となる。段幕掲示をめぐる争い勃発。揉み合いとなる現場に加勢がやってくる。後を押すアウ070623simizu11ェイ側サポの声。最近、名古屋でも同じ光景を見たが、それよりも3年前のカシマで起きた『メインスタンド・デカ旗騒ぎ』に近いものを感じた。ルールが大切なのか、プライドが大切なのか・・・どちらも正しくてどちらも非があるだろうが、「集団の総意と規則・規範を優先する」県民性と「多様な個性で現場対応する」県民性の違いが表れたような出来事に見えた。
ただ言えることは、「われわれは闘いに来ているのだ」ということ。血の気が多くなるのは必定。だからこそ運営側は、どの試合も『紋切り型』で扱ってはならないと思う。危機を予測し、現実に即した対応を求めたいと思う。
相手に負けたくない気持ちが引き起こしたこの出来事は、どうやら選手たちにもその思いが伝染していたようだった。

070623simizu7開始から、暑さと雰囲気で両者のテンションが高い。レッズはサイド展開を意識した攻撃で、早々に相馬→ワ級の得点機。ガチガチの展開になるのかと力みそうになったが、徐々にポゼッションはレッズに。清水の消耗を誘うかのように、ワイドでスピーディな攻撃で相手陣内を突くレッズ攻撃陣の展開に期待感は徐々に高まる・・・と思いきや、やはり暑さには勝てないのか、可能性のあるシュートシーンがしばらく見られず。そんな猛暑の中でも選070623simizu9手たちの積極性が衰えることはなく(まだ前半だし/笑)、ケガの状態が心配された闘莉王も機を見て攻め上がったり、コンパクトな陣形からテンポ良くパスを回したり、大きなサイドチェンジを多様したりと、活発にトライしていた。(本人には悪いが)驚いたのは、相馬がロングボールを受ける際のトラップの巧さだった。ぴたっと吸い付くように体に足にボールを収めていた。こういう基本の動作が正確であれば、疲労も少ないというものである。

070623simizu8 努力が実り、待望の決定機が訪れたのは前半24分。
ニアサイドに流れてきたのは闘莉王。清水DFを2人引き連れて。しかし、ロビーから供給されたCKのボールは闘莉王に渡らず。後方から阿部が走り込んできた。
私の位置から見えたのは、ここまで。
阿部のヘッドは無事に清水ゴールに吸い込まれてくれたようだ。次の瞬間にゴール裏は揺れ、メイン&バックのアウェイ側サポーターたちが総立ちとなって、安心した。
決定的瞬間が見えずとも、現場の喜びを肌で感じることができれば、それでいい・・・か(^^;

その後、大きな展開の変化なく時間が過ぎていきそうになったが、前半も数分で終わろうとしていた頃、不幸な出来事が。闘莉王負傷退場。急遽、「長袖王子」細貝IN。緊急事態を何とか耐え凌ぎ前半終了。

このアクシデントを受けた後半、阿部を闘莉王の位置へ、細貝を阿部の位置へ配置換えした序盤は、その隙を狙い突くように清水が押してきた。またも間延びするレッズの中盤・・・しかし徐々に試合の流れに乗ってきた細貝が若く躍動感あるプレーで中盤を大立ち回り。“長袖”効果か、その活動量がひときわ目立つ目立つ(笑)。中盤の底から前線までプレスをかけに行くため、自然とDFラインも上がる。コンパクトなフィールドでボールを安定して回すさまは、チーム状態が改善されてきたことを表しているようだった。
しかしレッズもフィニッシュの精度が悪く点が獲れそうにない(^^;雰囲気があるのだが、点を獲られそうにない雰囲気のほうが非常に強かった。だからといって攻撃を止めたのではなく、伸二投入後のワンタッチプレー、ロビーのボールを受け晒す巧さなど、暑さによる疲労を感じさせず随所に光るものを見せてくれた。その中で心底驚いたのは、暢久のルーレット!。ジダンが「マルセイユ・ルーレット」なら、暢久は「ウラワン・ルーレット」はたまた「ノブヒサン・ルーレット」???(変だ/笑)。思いがけない技を目にした私は、「お、お、お・・・」と指さしたまま固まってしまった(゜∀゜;)。

070623simizu10 しかしさすがに終盤戦は、消耗のためか両者ボールに食いついていけず、GKやタッチにボールが流れていった。それでも最後の数分は、なんとか力を振り絞って動いていたようだった。シュート数こそ清水が多かったものの、後半ポゼッションを高め確実に逃げ切ったレッズの姿に、誰もがその「強かさ」を感じたと思う。静岡では「勝つこと」が大事なのだ。絶対に負けたくないという気持ちを、選手もサポーターも90分間持続させた。その気持ちがもっとも必要とされるのだ、ここ日本平では。

果たしてその気概の表れなのか、懸念されていたレッズの両WBは最後までフル稼働できた。特に暢久に関しては、予想を大きく裏切る運動量!今シーズンは水冷インタークーラーのターボエンジンでも搭載したのか?と妄想したくなるほどのスタミナであった。選手の消耗が最大の心配事であったACLやA3は、もしかして体力強化の一環としての“猛暑下のサーキット・トレーニング”だったのだろうか???その成果として耐久性が向上したとすれば、「瓢箪から駒」というのか「ケガの功名」というのか・・・んなわけないか(爆)。
ただ、最後の5分あたりで、ついに啓太が奪われたボールを追うことなく看過したのがとても気がかり。疲れなら、1日でも早く癒して欲しい。
いくつかのヤマ場を越え、試合ごとに「良くなってきている」実感がある。選手が一番それを感じているだろうし、辛いコンディションの最中でも手応えを感じつつ勝利を重ねることが、一番の疲労回復剤となることであろう。

かたや・・・対戦相手の清水。
試合後の長谷川監督のコメントにあった、

「相手のプレッシャーというか、目に見えないようなプレッシャーをたぶん選手たちは感じながら、初めのところは戦っていたのかなと」

いう言葉は、意外に当を得ていたのかも知れない。
本日発売のエルゴラに、清水・兵働に関するこんな記事があった。

(前半)37分には、ボールをセットする藤本を横目に、兵働はゴール前へと歩き出す。するとゴール裏に陣取る清水サポーターに向かって両手を振り上げる。「もっと声を出せ」「もっと俺たちに力をくれ」「もっと俺たちを奮い立たせてくれ」と、兵働がそう言っているように見えた。
ホーム・日本平での浦和戦。試合前からスタジアムだけでなく、選手にも大きなプレッシャーがかかっていたのは明らかだった。試合後、長谷川監督も「目に見えないプレッシャーがあった」とコメント。そして、兵働も同じだった。だからこそ、サポーターに対してさらなる声援を求め自らを奮い立たせる行動に出たのだろう。試合後、兵働は「相手が浦和ということもあり、いつも以上に負けたくないという気持ちが強かった」と話し、37分の行動についてついては「煽ったということじゃないけど『もっと(声で後押ししてくれるように)』という気持ちが出た」と話した。
(エル・ゴラッソ 2007年6月25日発行 412号より引用)

われらの声が、レッズの勝利に少しでも繋がったかと思うと、嬉しい。
ほんの小さな力でも、自分が関われる余地があることが励みになるとともに、選手との一体感を味わうことができる。
選手と共に闘うことのできる喜びと幸せを胸に抱きながら、これからも浦和のフットボールを見守ってゆきたい。

追記:ひそかな華麗ネタ。。。

「ルール」という言葉が、ネット上で飛び交ったこの週末。
つい、、、由紀さおりの『夜明けのスキャット』を口ずさんだのは、私だけではないでしょう(笑)。

|

« 07【HOME】第16節@神戸戦 | トップページ | 浦和の知性 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

『ルール』?♪ルールルルルゥ♪
って、知ってる人が限られますね。
ホント、日本平で♪『君は見たかぁ?』の唄を
封印できたのは無茶苦茶嬉しいですね。
しかし、帰りのバスの中で、東京がガンバを2点リードと聞いて、
あろう事か『福西がんばれ』などと一瞬でも思ってしまった自分が
情けないっす。
所詮、他力は他力。瓦斯なんぞには期待出来ません。
我々は目の前の敵を一つ一つ叩き潰すのみです。
土曜日は東海アゥエー最後のエコパですね。
うなぎは浦和のんが旨いんじゃ!勝ちましょう!

投稿: スパイ1号 | 2007/06/25 19:36

♪るーるるるー
と華麗ネタには反応するお約束、と。

投稿: にゃんた2号 | 2007/06/25 19:37

お疲れ様でした。
入場に要した時間からすると,待機列ではお近くだったようで。
あの白いシートのお陰で,照り返しが強く,瓦斯戦以上に日焼けしたような感覚です。

♪るーるるるー
この曲,覚えているのは出だしのこの部分だけで,あとはどんな曲だったのか思い出せません・・・

投稿: sat | 2007/06/25 22:26

♪ルールルルルゥ♪
知ってる自分が、うれし恥ずかし♪

参戦お疲れ様でした。
そして、11年ぶりの日本平での勝利!!ありがとうございました。

「長袖王子」!受けました!!
本人曰く
『理由はありません・・・・(笑) 試合後・・・いろんな人から言われました(笑)特に理由はないいんですが、なんとなくです!  でもでも事実が1つ・・・!!☆     暑かった・・・・(笑)』
ttp://reds-haji.at.webry.info/200706/article_10.html
だそうです。
彼の「袖」に関しては、いろいろありますからね~~(笑)。
余談ですが、「ハニカミ王子」君は“レッズファン”だそうです。

次の東海アウェイも”ゼッテイ負けねぇ!!”

投稿: りおれつと | 2007/06/25 22:57

こんばんは、nigoe4号です(あれ?)

@スパイ1号さま

>>ホント、日本平で♪『君は見たかぁ?』の唄を
>>封印できたのは無茶苦茶嬉しいですね。

花火の経費節減にも貢献できたかと(^^;

>>所詮、他力は他力。瓦斯なんぞには期待出来ません。

帰りの電車の中で、私もはかない夢を見させていただきました(とほほ)。

@にゃんた2号さま


        │\   ∧_∧
        │  \≡(`Д´;))≡=   オオッ!
        │   \≡// ))≡=  つ、釣れたっ!
        │    ≡」」」≡=
        │
        │
        │
        │
        >>カレイ

毎度、ご来店ありがとうございます m(_ _)m
では、返句を、、、
 ♪らーららららぁ~ (以下略)

@3to・・・もといsatさま(^^;
>>入場に要した時間からすると,待機列ではお近くだったようで。

え!そうだったんですか!遠路はるばるお疲れ様でした。
またも奇遇ですが、私の北海道の知り合いも参戦してましたよ(^^)。

>>この曲,覚えているのは出だしのこの部分だけで,

ほとんど同じようなフレーズで、簡単な歌詞がつくだけです。
つttp://www.fukuchan.ac/music/j-sengo2/yoakenoscat.html
(↑"h"付け足してください)

投稿: nigoe | 2007/06/25 23:01

ル~ルルルぅ???
さすがに知らない、、、これはよろこんでいいのか悪いのか、、


長袖王子、広島にもいるんですけど、、、
いったいどんなコンセプトがあるんだろう・・・・・

張り切り半袖の先輩(相馬、寿人)への対抗なんだろうか・・・?

投稿: えりぴょん | 2007/06/25 23:03

すみません、「4号」はりおれつとさんだったんですね(^^;
ということでワタシは「nigoe5号」で語呂がよろしいようで(笑)。

@もとい、りおれつとさま

>>余談ですが、「ハニカミ王子」君は“レッズファン”だそうです。
そうみたいですね(某女性誌)。
赤いオバサンは、世間のオバサンから「うぃあー王子」を守りますよ!

@えりぴょん6号さま←もういいですか?(笑)

>>さすがに知らない、、、

いえいえ、聞けば「あー、あの唄・・・」ってわかります。一世を風靡した(おおげさ?)唄ですから(^^;

>>張り切り半袖の先輩(相馬、寿人)への対抗なんだろうか・・・?

「ハンソデ王子」もうひとり→№11
つttp://homepage2.nifty.com/obakashobo/players_2007.html
(にゃんた先生プレゼンツ)

ホント長袖の意味は、何でしょうね。日焼けするとダレる、汗を吸って良い、etc・・・。
ハンソデには「FWとして、引っぱられ防止対策」というウワサを聞いたことがあります>達也&寿人

投稿: nigoe | 2007/06/26 00:25

華麗ネタ、私も分かってしまいます(笑)。たまたま最近テレビで見た気がします。ラジオでも(笑)

私は開門後ノコノコとスタジアム入りしたのですが、友人のお陰で1階に陣取り参戦してました。涼しくて快適でした~。七穀ステーキサンドと海鮮焼もいただき、日本平を堪能しました。いいところですよね~清水。次回は新鮮な魚も食べたい...。ですから今後はエコパで、なんて言わないで、清水さん。(チケット争奪戦には閉口ですが)

ほんと、勝つって素晴らしい。nigoeさんも無事家に帰って来られましたしね!

投稿: あん | 2007/06/26 13:17

「夜明けのスキャット」は浮かばなかったなあ・・・
はい、5時前に到着して100番以内をゲットしたno3です。
白シートには、かなりやられました。すったもんだしあげく、あっという間に開門時間となりました。日焼けもばっちり。

達也の半袖は、長袖だと指先まで隠れちゃうからと聞いたことがあります。(笑)

投稿: no3 | 2007/06/26 14:22

@あんさま
>>七穀ステーキサンドと海鮮焼もいただき、日本平を堪能しました。

実は、私はその両方とも食べたことがありません、うらやましい(つ;д`)
以前食べたおにぎりと焼そばが美味しかったのを覚えています。
日本平でもエコパでも、清水の売店は伝統的に手際が悪く、ビールをゲットするのにも一苦労です。今回、売り子のおねえさんの手際が遅いので、ビールをカップに移すのを「手伝ってやろうか」と言ったら「あ、お願いします」とあっさり。礼も言われず呆れました(笑)。
それでも、エコパより日本平の方が好きですね。

@no3さま
5時前現地着とは、素晴らしい!(゜∀゜) 徹夜&早起き苦手な私としては尊敬します。

>>「夜明けのスキャット」は浮かばなかったなあ・・・
「浮かばなかった」けど「ご存じ」ではあった、、、ですね?(笑)

>>達也の半袖は、長袖だと指先まで隠れちゃうからと聞いたことがあります。(笑)
わはは・・・昔のマンガ(手塚治虫や赤塚不二夫)の子供みたいですね>袖余り(^^;

PS:神戸戦の帰り、早速他の知人と赤外線データ交換できました。お陰様でステキな技を覚えました m(_ _)m

投稿: nigoe | 2007/06/26 19:45

中年と言う言葉は遙かな昔に通り過ぎた〝ジージ〟です。じゃによってみなさまより遅れること数時間、12時半頃にスタジアム到着。伸二が清水商時代に良く食べていたと言う清水駅前「桃園」のナスソバを食したというのも出遅れの因ではあるのだが…。清水参戦の都度お店に寄って何故かレッズ好き(清水の次にでしょうが)のご主人のお話も楽しみなのだ。

チケはメインのAゾーン、この時間では東サイド寄りしか空きがなくおかげで例の騒動は目の前でした、といってもコールリーダーが若手?を東に追い返したあとからでしたから事の発端は目にしていません。でもレッズな姿の私とオクさんは、入場ゲートで「レッズの応援の方はこちら」と誘導されたところに清水のダンマクが張ってあればそりゃ怒るわな。

なにより許せなかったのは前段と中段の通路に押しかけた数十名の清水サポが試合開始後も居残って傍若無人の振る舞いをして観戦の妨げをしたこと。なぜ強制排除しなかったんだー、血の気の多いあたしゃ危うく殴りかかるところだった(メインサイドのプレーがみえないんだもーん)

由紀さおりの夜明けのスキャット、知ってますよー。だって、結婚前のオクさんとラブラブの時に流行っていたんだも~ん
sμκi_φ(´∇`●)ポッ

投稿: なごやのじーじ | 2007/06/26 21:15

6号です。

そっかー、半袖には"ハリキリ"以上の意味があったんですね。
指先まで隠れないためね。>達也&寿人、、、アレ?


すみません、
夜明けのスキャット、やっぱりわかってしまいました・・・・

投稿: えりぴょん | 2007/06/26 23:13

@なごやのじーじさま
当日はAゾーン観戦だったのですか。大変でしたね。
今もあらゆるところで「どっちが悪い」という議論がなされていますが、「どっちも悪い」と思っています。今はシーズン中です。要は、いつまでも堂々巡りの「おまえが悪い」論をせず、今後の改善策をお互い話し合うのが“大人の対応”だと思っています。

>>清水参戦の都度お店に寄って何故かレッズ好き(清水の次にでしょうが)のご主人

商売人ですね、そのご主人(笑)。
私の地元・与野はちょうど浦和と大宮の中立地です。「どっちを応援しているか気取られないようにしている」と言う某商店のご主人の正体は浦和者だったりしてます。地元商売は気苦労ですね(^^;

@えりぴょん6号(笑)さま
>>すみません、
>>夜明けのスキャット、やっぱりわかってしまいました・・・・

こちらこそすみません、強引にナカーマに誘ってしまいましたね。
忘れたフリもまた「大人の対応」ですから、行使してください(笑)

投稿: nigoe | 2007/06/27 12:09

nigoeさま

レスありがとうございます。
桃園のご主人は、立○新座高校に在籍されたようで、3年間埼玉県民だったというのが原点らしい。もっとも口ぶりでは伸二マニアの臭いも(笑)。じーじは清水に一泊したのですが、駐車場のおじさんも私のユニを見て〝エスパ〟叩いて来て!と一声。ヨウわからん(笑)

そういえば清水の公式見解が出たようですが、ありゃ火に油ですなー。ナニを血迷っているんだか、これもヨウわからん(怒)。清水が把握している事実&経過を公表して、しかる後の話やないですか。まずはスタンドで暴れた清水サポの扱い、そして迷惑を被ったAゾ-ンの多くのレッズサポに詫びるのが先かと…。(じーじの私見)

こりゃ印籠を出さねば…。(シ_ _)シ(シ_ _)シ ハハ~ッ ( ̄^ ̄)

投稿: なごやのじーじ | 2007/06/27 19:03

@なごやのじーじさま
例え話です。

人混みの中にサイフを置いて、しばらくその場を離れている隙に、サイフは盗まれていた。

盗んだ方、盗まれた方、どっちも悪いと私は思います。
双方、謝る気がないのなら、先の話(対策)を立てた方が建設的かと思います。藤口さんは佐藤さん同様、仲間を売ることはしないと思いますし。
不毛な議論なので、この話はこれで終わりにしましょうね。

投稿: nigoe | 2007/06/27 21:50

トラック野郎仕様のトップ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

大変楽しみにしておりました。『御意見無用 中年バンザイ』とのサイドペイントも素敵です。

で、やもめのジョナサンは? w

投稿: にゃんた2号 | 2007/06/28 12:31

@にゃんた2号さま
キマシタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
しかし、、これからの季節には、ちと暑苦しいですかね?(^^;

>>で、やもめのジョナサンは? w
この続きは、土曜の夜のエンターテイメント番組『アド街ック天国』で(嘘)。

いい画像がなくて・・・これ↓買いますかねぇ。。。
http://www.otaden.com/8/23/7/0/962/

ペイント材料として、諭吉サン2枚ほどお借りできますか?(笑)

投稿: nigoe | 2007/06/28 14:04

ジョナサンの箱に描いてあるのは聖徳太子です。

まあ暑苦しいてのはそうかも知れません。でも実はワタシ幼少の頃はデコトラ少年だったので嬉しいっす(なぜ他人んちのブログで告白してんだワタシ)。
いい画像がないってんのも同意。ワタシも探したことあるんですけどねぇ。

あと、買うんならこっち↓で
ttp://www.aoshima-bk.co.jp/scripts/shouhin/shohin-shosai.aspx?cl_id=3&ot_id=18&si_id=111&page=2&code_a=03965

投稿: にゃんた2号 | 2007/06/28 22:34

@にゃんた2号さま

>>ジョナサンの箱に描いてあるのは聖徳太子です。
そうです。
その、、、私が“お借りしたい”のは「諭吉サン」なんです(笑)。

ご紹介のサイト、、、わー!“男のロマン”でつねー、すごーい!(゜∀゜)
私は単車少女でした・・・『750ライダー』『バリバリ伝説』好きで(^^; プラモの商品見ると『あいつとララバイ』なんてあるんですね。懐かしいです。
ん・・・なぬ!?今月発売の新商品に『Honda VT250F』や『カワサキ Z400GP』が!!! うちらの時代ですね・・・。

って、このエントリ、何でしたっけ?(爆)

投稿: nigoe | 2007/06/29 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/15553958

この記事へのトラックバック一覧です: 07【AWAY】第17節@清水戦:

« 07【HOME】第16節@神戸戦 | トップページ | 浦和の知性 »