« 【大きな旅】鹿嶋国列車の旅 | トップページ | 07【HOME】第9節@ちば戦 »

2007/05/02

【小さな旅】春日部・牛島の藤

前エントリのタイトルは、これの前振りみたいなもんでした(^^;

国指定特別天然記念物として、浦和では『田島ヶ原のサクラソウ』が有名ですが、お隣の春日部市にも立派な特天があります。
『牛島の藤』。
ちょうど見頃とあって、野田線に乗って足を伸ばしてみました。

【牛島の藤(うしじまのふじ) 春日部市牛島:東武野田線 藤の牛島駅より徒歩10分】 2007年4月28日 訪 

070428ushijima1春日部駅の隣り、『藤の牛島駅』下車。
駅の名前がまんまわかりやすいですので、間違っても春日部て下車されませぬよう(^^;
東武野田線の駅舎は、「玄関開けたら、すぐ世界」よろしく、改札を出るとすぐ敷地の外、という建物構造をよく見かけます。待合いや雨宿りスペースを節約しているのでしょうか。

 

070428ushijima2

改札を出て、最初に目に飛び込んでくるのが、この壁画。
カラフルかつしっかりとした構図は、おそらく素人の仕業ではありません(道すがらに壁画屋さんがあったので、多分その店の作でしょう)。

 

070428ushijima3 また、駅舎に併設して、藤園までの地図と公開を案内する看板がありました。
今年の開園期間は、4/21~5/13とのこと。
期間日を紙で貼り付けているところが何ともチープさ満点なのですが、その下にある入園料の表示は、決してチープではありません(´д`)

070428ushijima4 

踏切を渡り北上する道を歩くこと10分、目的地の『藤花園』に到着。
民間会社が管理運営しているようです。

 

070428ushijima5

この藤は樹齢1200余年の古木。元は真言宗の寺の境内でしたが、明治7年に廃寺となり、以来所有者は変遷し現在に至ったそうです(詳細については、上記リンクの由来をご参照ください)。

 

070428ushijima6_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園内に入ると、見事な藤棚が眼前に拡がります。 
花房の長さは、最も長いもので2mにも達するとか。近くの人物を物差しにすれば、その大きさがわかりやすいと思います。

070428ushijima9

『牛島の藤』は、春日部を代表する花木として、市民に大変親しまれています。4/29に開催された、今年の『藤まつり』には13万5千人の人手でたいそう賑わったそうです。
一斉に咲いたその眺めは幻想的で、都会の喧噪を忘れさせてくれます。

 

070428ushijima7 藤への施肥は、酒粕を使用しているそうです。
地元さいたまの『世界鷹』『都鷹』の蔵として有名な小山本家酒造より寄贈された酒粕を使用とのこと。他に『北鹿』(秋田)『雪椿』『越の日本櫻』(新潟)の酒粕も使用しているそうですが、ちょっと調べたところ、これらの銘柄の醸造元も、小山家グループの関連企業だということは、初めて知りました。

070428ushijima8

 

根回りは10㎡あり、樹幹は根元から数本に分岐しています。

 

 

070428ushijima10まだ少々見頃には早かったようで、花房の先のほうは、開花していませんでした。
暖冬で、多くの自然現象が“季節の前倒し”状態になっている今年ですが、ここの藤の花は、例年通り5月上旬に見頃を迎えそうです。 

 

070428ushijima11

 

園内には、白い藤の花もありました。
白色の藤を見たのは、今回が初めてでした。

 

070428ushijima12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園内の築山から、藤棚を展望。
藤棚の面積が700㎡あり、他に同じものが3ヶ所あります。
花時の眺めは世界一と賞賛されているそうです。
まことに見事な藤棚でした。

今年の連休後半、ちょうど見頃を迎えそうな『牛島の藤』。
お時間のある方は、ぶらりといかがでしょうか?

追記:
車でお越しの方は、広大な駐車場が併設されています。
しかしそこまでのアクセスがほぼ一本道で、ピーク時の混雑は必至かと思います(^^;。
最寄り駅まで徒歩10分ですので、電車でも楽々ですが・・・道に歩道が無いうえに交通量も多いので、お越しの際はお気を付けください。

|

« 【大きな旅】鹿嶋国列車の旅 | トップページ | 07【HOME】第9節@ちば戦 »

たびたび」カテゴリの記事

コメント

鹿児島市内の東横インより記念カキコ

幼稚園の年長時に在籍していたのが「ふじ」組でしたww

投稿: 隊長 | 2007/05/05 19:52

@(おやびん)隊長さま
はるか最果ての国よりご苦労様です(って、観光情報ならいつでも案内流しますぜ/笑)。

>>幼稚園の年長時に在籍していたのが「ふじ」組でしたww
私は「すみれ」「さくら」「白バラ」でした。結構、花の名前が多いですね>幼稚園。しかもミッション系だったんですが。
そうすると、セレッソ大阪は・・・(汗;

投稿: nigoe | 2007/05/06 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/14927743

この記事へのトラックバック一覧です: 【小さな旅】春日部・牛島の藤:

« 【大きな旅】鹿嶋国列車の旅 | トップページ | 07【HOME】第9節@ちば戦 »