« 07【AWAY】第8節@鹿戦 | トップページ | 【小さな旅】春日部・牛島の藤 »

2007/05/02

【大きな旅】鹿嶋国列車の旅

皆さまこんにちは、石○謙二郎です(あ、音読みが同じだ) (゜∀゜;)
今回はこれまでの車旅、後援会ツアーとは趣向を変えまして、皆さまを異国情緒溢れる『鹿嶋国』への列車の旅に誘いましょう。。。

旅のナビゲーターは、おなじみの、

 YAHOO!路線情報 さぽーてっど ばい 駅すぱあと
 鹿島臨海鉄道 臨時時刻表
 鹿嶋国オヒサルサイト スタジアムバス時刻表

です。
それぞれ、裏紙印刷した紙を握りしめ、最寄り駅を朝7時に出発 (`・ω・´)ゞ
大いなる旅のはじまりです。。。

 

■往路(行程約3時間20分)

【経路概説】

   6:58 与野本町・発
      ↓  (JR埼京線)
   7:22 赤羽・発
      ↓  (JR京浜東北線)
   7:46 京成日暮里・発
      ↓  (京成本線特急)
   9:05 京成成田→JR成田・発
      ↓  (JR成田線)
   9:58 鹿島神宮・着
      ↓  (シャトルバス)
   10:20ごろ 鹿嶋国・着

 

070429keiseinipporiまずはYAHOO!の指示通りに行動。

出発から約40分、『京成日暮里駅』にてトランジット。
ここからいよいよ成田へ向かいます。
普通運賃で乗車できる特急に乗り込み(ケチ)、ひたすら国境付近まで走ります。。。

 

 

070429keiseinarita約1時間後、『京成成田駅』着。
ここで、国内線から国際線(大陸横断鉄道)に乗り換えます。
やはり遙かな異国へ向かうには、困難が伴います。
一旦、駅を出て、徒歩数分にて国際線の駅に向かいます。

なお、『Suica』利用はここまで。
 

 
070429jrnarita陸の玄関口、国際線『JR成田駅』。
この先は、紙の切符を購入します。
さすがは世界の交差点と呼ばれるにふさわしい、風格ある佇まいです。
お正月の初詣で毎年全国トップ3の動員を誇る、某有名な宗教施設を併設しています。
さあ、いよいよ出国です。“成田”の文字が出国ムードを高めてくれます。
さらに約1時間かけて、鹿嶋国の玄関口『鹿島神宮駅』まで、大陸横断鉄道に身を委ねます。

070429tonegawa

 

国境の利根川越え。
期待と不安に、胸の鼓動も高まります。。。

 

 

 

070429kashimakuni1

 

無事、国境線突破!(゜▽゜)

洪水でも起きたのでしょうか、鹿嶋国国境付近の村々は一様に水没しているようでした。

 

 

070429kashimajingu 

鹿嶋国の玄関口、『JR鹿島神宮駅』に到着。
しかし、鹿嶋国への旅はまだ続きます。
私が到着した時刻(AM10:00)には、直通の列車が運行されていないのです。
駅を出て、さらに専用バスにて鹿嶋国へと向かいます。

 

070429bus車内は、鹿嶋国の国民の皆さまも同乗されていました。“呉越同舟”とはこのことですね。
この国の公用語でしょうか、「だっぺ」という言葉がそこかしこに飛び交い、よりいっそう異国情緒を高めてくれました。 

バスに揺られること20分余り、『鹿嶋国』に到着。 

070429kashimakuni2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事、入国! (ノ^◇^)ノ 

 

■鹿嶋国のくらし

070429zico まずは、鹿嶋国建国の祖・爺古像にご挨拶。
堂々たる風格が漂っています。
入国の際、
「爺古像の前に、供物と香典が備えられている」
との情報が外電にて入りましたが、私が訪れた時点では、何者かにより撤去されていました。 
さらに、当局による厳重なる警備態勢(パイロン&黄黒棒によるバリケード、警備員約1名)が配備されていました。

その警備網をかいくぐり、像の後方へ回り込むことに成功したところ、、、

 

070429gosyugi

何やら儀式めいた痕跡が残されていました。
枯花、スルメやポテチ、日高屋のサービス券などの供物とともに、スポーツ紙の競馬欄、toto券が祈願されていました。
さらに『ご祝儀』までお供え。
この国の人々の、信仰心の篤さが表れています。 

 

 

070429ticket1

入城の前に、あらかじめ出国手形を購入。
購入後、しげしげとこの手形図を見ていたら・・・
江戸や多摩、下総、果ては相模国の駅まで記載されているのに、わが王国・埼玉の駅の名がひとつも記載されていないではないですか!
 ヽ(`Д´)ノウワァァァァァァン     ※拡大図は、こちら
ここまで“敵地の洗礼”があるとは、思いも寄りませんでした。
帰国時の混乱に巻き込まれることがないように・・・と、用心のため事前に買っておいたのですが、のちに、この手形が悲劇を生み出すことになるのです。  ((((;゜Д゜)))

 

 

070429gate 

さて、入城です。
昨年あった“迷路アトラクション”に、期待と怒りに胸膨らませていたのですが、、、私が入場の頃にはすでに撤去。今年は時限開催のようで・・・間に合いませんでした。(つ;д`) エーン

 

 

070429koinobori

城内には 王国埼玉・加須名産の『こいのぼり』が元気に泳いでいました。
わが国の産品で歓迎してくれるとは、なんとも心憎いもてなしです。

 

 

070429taiheiyo 

 

「おっ母さん、あれが太平洋だよぅ・・・」(ノ;д`)

 

 

 

070429tsumire 鹿嶋国といえば、スタジアムグルメが名物。特に『モツ煮』に人気がありますが、私はモツが嫌いなので(^^;、『つみれ汁』と『おにぎり』のセットメニューを購入しました。
昨年、あの熱地獄で食べたアツアツの『つみれ汁』がとても美味しかった覚えがあるのですが、昨年比でカップが小型化したうえにつみれの数も3個→1個(!)に激減。食感&味付け共に滋味少なく、残念なことにグレードが大幅ダウンしていました。おにぎりのご飯の炊き方 もイマイチで、気合いが感じられず・・・大量生産での雑さを感じました。600円はセット価格的にも高いと思いました。来年の名誉挽回を願っています。

 

■復路(行程約3時間30分)

【経路概説】

   18:22 スタジアム駅・発
      ↓  (JR/鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線)
   18:45 鹿島神宮・発
      ↓  (JR鹿島線)
   19:08 香取・発
      ↓  (JR成田線)
   <予定経路>  →→→→→→→→ <変更経路>
   19:58 JR成田→京成成田・発     20:04 JR成田・発  
      ↓  (京成本線特急)          ↓  (JR成田線)
   21:09 JR日暮里・発           20:54 我孫子・発  
      ↓  (JR京浜東北線)          ↓  (東京メトロ千代田線)
   21:25 赤羽・発               21:16 新松戸・発  
      ↓  (JR埼京線快速)          ↓  (JR武蔵野線快速)
   21:39 与野本町・着           21:49 武蔵浦和・発  
                              ↓  (JR埼京線) 
                            21:56 与野本町・着 

 

070429kashimakuni4勝ち点3を手みやげに、これより帰国の途につきます。
暮れなずむカシマ城をあとに、専用駅『JR鹿島サッカースタジアム駅』から、ひとまず『JR鹿島神宮駅』に戻ります。ほぼ同時刻に水戸行きの列車も入線するため、駅のホームは両軍のサポーターでごった返し。2分早く入線した水戸行きの客が収容されて、ようやくホームに入場できました。乗りそびれたら次の列車まで45分待たねばならないため、一時はどうなることかとハラハラ・・・スリルとサスペンスに満ちた、乗車までの十数分を過ごしました。

『JR鹿島神宮駅』からは、またもYAHOOの指示通りに行動します。
まずは『JR香取駅』まで行き、千葉行きへ乗り換えました。その際、多くの呉越同舟サポーターが大量に小さな香取駅でトランジットしたため、ホームがサポサポサポ・・・で、溢れかえってしまいました(´д`)

待つこと数分で、乗り換えの千葉行き到着。ここからは往路と同じ経路で帰国の途に・・・のつもりでしたが、そこで悲劇が起こりました。
『JR成田駅』にて降車し、『京成成田駅』へ向かうために一旦出札するところで、「事件」が。
出国手形では、自動改札を通過できません。当然、駅員さんのいる改札を通らねばならないのですが、その改札が1ヶ所しかない! のです。少なく見積もっても200人は下回らない数のうぃあー&鹿サポサポサポ・・・が、一斉に駅員改札口に殺到したのです  ((((;゜Д゜)))
単純に出札するだけの客だけでなく、精算する客もいるため改札は一時騒然、混雑を極めました。
「これでは帰れなくなる」
と思った私とダンナは、急ぎ我孫子行きのホームへ向かい、迂回ルートを選択することを咄嗟に決断しました。

 『YAHOO路線情報』には、乗り換え時の特記事項はない

多くの人間が、ネットなどで同じ情報を共有してしまいがちな現代では、このような行動の局地化が発生し、ひいてはパニック環境を発生させてしまうのだ、ということを、今回勉強させていただきました。

070429station また、あのような『出国手形』を発券するスタジアム駅の側からすれば、「売れさえすればいい」という感じで、手形を買った客の行く末など全く興味がないことが判明しました(確か、『スタジアム駅』もJRなんですが・・・乗り換えが考えられる駅への申し送りなどしていないでしょう、たぶん)。
さらに、受け入れ側のJR成田駅の対応にも、現場の不測の事態への臨機応変さが欠如していることもわかりました。

突然のアクシデントもありましたが、我孫子のあと、新松戸での乗り換えもスムーズにでき、予定より20分遅くなりましたが、無事帰国できました。

遙かなり、鹿嶋国・・・車の旅やツアー専用列車では、この旅の醍醐味は味わえません。

日帰りの『グレートジャーニー』

皆さまも、いかがですか?(笑)。

追記:
到着した与野本町駅で精算していたところ、駅員さんから、
「今日、レッズ勝ったんですよね? ポンテの決勝ゴールで・・・」
さすが、駅員さんのクオリティが違います(笑)

|

« 07【AWAY】第8節@鹿戦 | トップページ | 【小さな旅】春日部・牛島の藤 »

たびたび」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

nigoeさま

従軍記もええですが、絵付き旅日記もええですなー!ホンマに~!
席亭さまの文武両道のたしなみがうかがわれ眼と脳みその保養?になりました。

 アーメン(-o-)†(意味不明の祈り)

投稿: なごやのじーじ | 2007/05/02 17:08

ぐれーとじゃーにーお疲れ様でした。
なにしろ基点がお隣の駅なので、ひとごとに思えませんでした(汗
こちらはバスでの入出国を試み、22時半ころ帰着した次第です
と、遠いですね。。なぜか

投稿: ほら | 2007/05/02 17:40

海外旅行はカルチャーショックの連続ですねぇ。

>>鹿嶋国国境付近の村々は一様に水没しているようでした。
まったくこれはどうしたことでしょうか。まるでガンジスの洪水に悩むバングラデシュのようですね。

>>鹿嶋国建国の祖・爺古像
SSRS歴史学会では建国の祖は橋本登美三郎で、ジーコは鹿島国中興の祖ということになっています。これは学術上の解釈の違いであり、どちらが間違いというわけではありません。

投稿: にゃんた2号 | 2007/05/02 22:52

@なごやのじーじさま
>>絵付き旅日記もええですなー!
ありがとうございます。他の紀行文もございますので、おヒマなときにでも、ぜひ。

>>アーメン(-o-)†(意味不明の祈り)
これわ、、、何でせうか?(笑)

@ほらさま
はじめまして!ようこそいらっしゃいました(^o^)/
なんとお隣さんとは、、、北側ですか?南側ですか?(埼スタじゃなくて/笑)

>>こちらはバスでの入出国を試み、22時半ころ帰着した次第です
結構時間かかったのですね。毎年「どのルートがいいのか?」が議論になりますが、今年はGWだったことが一番災いしてますよね。
電車だって、ナイトゲームだと完全OUTですから・・・かの国への渡航は一苦労です。

@にゃんた先生

>>SSRS歴史学会では建国の祖は橋本登美三郎
飲んでる焼酎を吹きましたよ(爆笑)。
そうか、確かに爺古は中興の祖ですね。歴史解釈は、いつの時代でも「勝者(強者)の理論」に左右されますから、なかなかどれが正しいとは言い切れませんね。
ということで、どうですか?>『鹿の国カノッサ』(笑)

投稿: nigoe | 2007/05/03 00:04

nigoeさま

>>アーメン(-o-)†(意味不明の祈り)
>これわ、、、何でせうか?(笑)

結語です、結語(激爆)

モウ一時か、明日は9時の新幹線、ねむらぁねば…
遠足前の子どもやなぁ(笑)

投稿: なごやのじーじ | 2007/05/03 01:02

一応登美三郎ネタは既に書いておりまして↓
http://homepage2.nifty.com/obakashobo/kashima.html

カノッサは鹿以外の他の国も入れつつ書きたいものだと思っています。そういう意味からいろいろ調査が必要なのですw

投稿: にゃんた2号 | 2007/05/03 23:27

@なごやのじーじさま

>>遠足前の子どもやなぁ(笑)
レッズサポやっていたら、試合前夜は年中気分が高まりますので、その反応は正常かと思います(笑)

@にゃんた先生
ロッキード・登美三郎先生の件、なるほど理解いたしました。
俺たちの祭り・・・「nigoeカンゲキ」でした(笑)
『カノッサ』の件、確かに世界の情勢を捉えないと一大オデュッセイアが書けませんね。首を長~くして、研究成果の論文発表をお待ちたいと存じます(笑)。

投稿: nigoe | 2007/05/04 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/14915569

この記事へのトラックバック一覧です: 【大きな旅】鹿嶋国列車の旅:

« 07【AWAY】第8節@鹿戦 | トップページ | 【小さな旅】春日部・牛島の藤 »