« ういあー恐るべし | トップページ | 最近の悩み@その5 »

2007/04/09

07【HOME】第5節@ズビロ戦

シドニーにも大分にも参戦できなかったため、私にとっては久々のマッチディ。
070407jubilo1春が来てようやく『仮出所』となった身にとっては、その間の季節の変化がとても早く感じる。ようやくのんびり眺められると思った桜は、すでに葉桜状態・・・しかし今年は寒の戻りのおかげで少しは花持ちが良かったので、そこは感謝せねば。
久々の当日抽選のあと、開場を待つ間に花見。某掲示板では、やれ「花見客が邪魔」だの「酒飲み目的の花見客」だの、非難集中の『花見客』(笑)。しかし、これは場外での尋常な『花見』であって、酒は呑んでも試合中はサポート活動しているのであしからず。

PM4:00開場。まだ春である、この時間になると若干肌寒い。ナイトゲームにはまだまだ防寒が必要だ。コンコースよりはスタンドの空気の方が若干温か070407jubilo2い。スタンドにて少年達の奮闘を見ながら時を過ごす。
今シーズンは、ビジョン映像で選手を起用した場内CMが多用されている。『HUGO BOSS』のようなTVベースで流せるものから、AED装置の使い方啓発CM(確か伸二が起用されていた)などさまざまであるが、ちなみに「このひと→」まで起用されている。この配役で「未来の子どもたちに・・・」のセリフが“ウケ狙い”なのかと笑ってしまう(^^;。

070407jubilo5 レッズもケガ人を抱えた台所事情ではあるものの、対戦相手の磐田にしても、893は当然いないのであるが、前田、西、田中誠などの主力を欠いた布陣。その反面、U-23代表のカレンは、スタメンに常時名を連ねるほど力をつけてきた。他を見ても、犬塚、上田、菊池、成岡、サブの船谷・・・若手が育ち順調に世代交代が進んでいる様子がわかる。かたやレッズは年齢構成で見ればバランスは取れているとも言えそうだが、もう少し五輪世代070407jubilo6の若手の成長 が欲しいところ。近年、移籍補強に大きな成果はあるものの、同時に育成も成果を出さねば将来への憂いの種となってしまう・・・と少し考えさせられる。

その影響もあるのか無いのか。
試合開始立ち上がりこそ押し気味に出足の良かったレッズだったが、時間の経過とともに磐田の勢いがピッチを凌駕し始めた。070407jubilo4 前半こちらのゴール裏に攻め込んでくる磐田の攻撃は、まさに「めくるめく」と形容できた。前線の選手だけでなく、後方の選手も波のように押し寄せて来る。
「しっかり練習している」
と、思わず唸らされた。コンビネーションの正確さといい、回数は少なかったがスクリーンプレーの質の良さと言い、相当訓練を積みスキルアップされたプレーの数々。「腐ってもさすがジュビロ」と思わせる、選手間の意思疎通も万全な、まだ荒削りなところはあるものの足下を主体とした流麗パスワークを披露していた。加えてそのプレーを支える豊富な運動量にも舌を巻くものがあった。
070407jubilo3 コンパクトな中盤に人とボールがよく動き、DF裏スペースを突く展開に、正直磐田のサッカーに分があるなあと思いつつも、これまでのレッズの対戦カードからすれば、久々にがっぷり組んだ試合として、緊迫感のある好ゲームとなっていた。
しかし、感心している場合ではなかった・・・レッズのゴール右前にスペースが出現した瞬間、「あ!」と思ったが既に遅し。その空間を見逃さず飛び込んできたカレンに、先制ゴールを奪われた。

この失点までの間、磐田に翻弄されていたと言ってもいいほど受け身になっていたレッズだったが、またも、
「一発殴られて」
から目が覚めたように、攻撃が活発になってきた。伸二&暢久がオーバーラップを積極的にかけ、右サイドからの崩しにかかった。最近の伸二とロビーの好調さは、レッズのオフェンス機能を支えている。少々無理なプレーは多いものの、運動量も活発で、ボールキープにも力強さが増してきている。何度かの試みが実を結び、同点に成功。終了前の押し気味の展開に、暢久も無回転シュートを撃つ積極性が出るようになり(笑)、何とか前半をしのいでくれた。

後半、気合いを入れ立て直して来るかと思ったら・・・
気合いを入れ直して出て来たのは磐田。。。_| ̄|○
後半開始からしばらくすると、シュートをどんどん撃ってきた。ロングボールで一気にレッズ陣内まで攻め寄ってくる。毎度そうなのだが、太田に掻き回されるうえにフィニッシュまで許してしまい、最終ラインを上げようにも背後をあっさり取られてしまうため、レッズDFは自陣内に閉じこめられてしまう。これもまた豊富な運動量に裏打ちされているのであろう、太田だけではなく、マイボール後の磐田の攻守の切り替えは速く流れるようだった。ゴールポストを直撃されるシーンが2度もあったうえに都築が後ろ様にキャッチする非常事態もあり、心臓に悪かった。しかし埼スタの敵側ゴールマウスは伸縮自在、はたまた当たり終了のパチンコ台のように口を閉ざしてくれるので、大助かりである(^^;

ことごとくチャンスを決めきれなかった磐田の不運に乗じたかのように、レッズの選手がボールを獲れるようになった。中盤の間延びが影響して、前線に攻撃の枚数が揃うまで時間がかかってしまったようだが、全体の陣形が前進するようになった。
これまで、こちらの阿部~長谷部付近のサイドを再三狙われていたが、仕返しとばかりにちょうど逆位置の、磐田左サイドをどんどんこじ開けられるようになった。ボヤ程度だったかも知れないが(笑)、一時的に着火炎上に成功。犬塚→船谷の交替タイミングも味方してくれたのか、永井のポスト→ロビーへのリターンが決まり、天に突き刺すようなシュートで逆転。

さて。
ご承知のとおり、今年のレッズは「ここから」なのである(^^;。
お役御免でロビー→細貝の交替。今節も「逃げ切り」を図らんとするオジェックの策に、誰もが「ご加護を・・・」と願っただろう。
やはり現実は甘くなかった。逃がさんと猛追する磐田攻撃陣が凄まじかったのか、終盤の悪夢がトラウマ状態になりかかっているレッズが消極的なのか、、、引いて守るレッズはクリアボールを跳ね返してもボールが獲れず、最後の5分ほどはその状態で過ごすことになった。
こうなったら、選手もサポも腹を括るしかない。ピッチ上の選手たちは耐えに耐え、ゴール裏は『Pride of URAWA』を唄い続ける。タイムアップの時間が来るのが長かった。。。

辛うじて、レッズは勝ち点3を手にすることができた。070407jubilo7
見ている側にも苦しく胃の痛い展開の試合であったが、結果勝利を得られたということがとても大きい。 いくら内容が良くても負ければそれまで。タイムアップの笛のあと、ゴールポストにタオルを叩きつけたノウカツの姿が、そのやり場のない心情を表していた。ますます無敵の要塞と化していく埼スタ。これほど心強い味方はいない。水曜日のACLでも、存分にその威力を発揮して欲しい。
蛇足ながら、写真はカタカナばかりが並ぶビジョンの得点者欄(うち1名は日本人ですが)。
さらに蛇足ながら、磐田にとって、質の良いプレー内容の試合であったのに、8番と25番のラフプレーが水を差してくれた感があったことを書き添えておきたい。

今節の勝利とともにもうひとつの慶事・・・暢久の350試合出場達成。
いろいろな出来事あったが、今日まで浦和一筋に在籍し、これといった大けがもなく(脱臼の際も、岡野並みの回復力で4日で練習復帰)、遅刻の罰ででベンチからも外された時(前期オジェック時代/笑)以外は、ほぼ出場登録メンバーに名を連ねてきた。
何だかんだで、レッズの歴史は暢久の歩みと共にある。
まさに、浦和レッズを体現する男。
こんなに頼りないのに、スゴイ奴。
おめでとう、山田暢久選手

070407jubilo8 

おまけ:
昼間、往路の遊歩道で気になっていた、数本のナゾの“柱”。
宝くじ協会が設置した、赤い色の光を放つ照明柱でした。
設置日が「平成19年3月」とありましたが・・・
先月、ありましたっけ?(笑)
今回、初めて気がつきました(^^;

|

« ういあー恐るべし | トップページ | 最近の悩み@その5 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

ただいま帰着しました。
試合は心臓に悪かったが、メイン・ロアー、アウェイ寄りゆえにキーパーかわされて無人のゴールにシュートの場面ではもう…、埼スタには神も仏もサポーターとともにいるものだと実感。

も一つ、小野チャンの惚れ惚れするようなアシスト!!これも目の前、正に至福のとき(なにせ伸二ユニのデビューだもんね、負けられねーや)。

おまけ、翌日の長瀞、秩父、桜の旅!よかったよー、ラインくだりも、SL列車も、よかったよー!!

投稿: なごやのじーじ | 2007/04/09 23:16

お疲れ様でした〜。
テレビで観戦してました。
すぐさま1点取り返した時は「やればできるじゃん〜」と大喜びでしたが、はらはらしっぱなしでした・・・。

投稿: 豆腐小僧 | 2007/04/10 00:27

新潟~シドニー~大分と、『引き分けはいらね』って声が後半途中まで渦巻いてましたね。
オジェックもロスタイムになって、やっと岡野を投入するなんて、わかってきたみたいですね。やりゃーできんじゃん!

投稿: スパイ1号 | 2007/04/10 10:34

@なごやのじーじさま
遠路、お疲れ様でした。伸二が活躍して何よりでした。最近の彼の佇まいには美しさが漂っていますね。そろそろ完全復調でしょうか。
長瀞は、桜が残っていましたか?満喫できて良かったですね。
名古屋の近くでは、金谷の大井川鐵道のSL&桜が有名ですよね。

@小僧さま
そう、やればできるんです>レッズ
それはそうと、TVで見るよりスタジアムに来てはいかが?
小僧さんも「やればできる」(笑)

@スパイさま
確かに「引き分け3連チャン」は見たくないですよね~(^^;
辛うじて勝てて良かったです。
オジェックもまだ4バックか3バックか悩んでいるような感じですね(実際よくわからん4バックだったので)。まだまだ試行錯誤中というところでしょうか・・・。

投稿: nigoe | 2007/04/10 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/14620745

この記事へのトラックバック一覧です: 07【HOME】第5節@ズビロ戦:

« ういあー恐るべし | トップページ | 最近の悩み@その5 »