« 沈黙の24時間@『ココログ』メンテナンス | トップページ | 俺たちのコバトン »

2007/01/17

人間到る処青山あり

ココログのメンテ、終わりますた。。。どうやら無事に(^^;

で。

kojyaさんのサイトにうかがったところ、心温まるいいお話がエントリされておりましたので、失礼ながら私も引用させていただきました。

 「岡山一成です。」(川崎Fオヒサル)

彼の誠実さが、ひしひしと伝わるメッセージでした。(つ;д`)
ぜひ読んでみてください。

【人間到る処青山あり】
→[(じんかんいたるところせいざんあり)
  幕末の僧、月性(げつしよう)の「清狂遺稿」による〕
  人はどこで死んでも青山(=墳墓の地)とする所はある。故郷を出て大いに活躍すべきである、との意。
 
#@nifty辞書(元引きは三省堂『大辞林』)

「フロンターレのサポーターとの思い出と重なっても
レイソルのサポーターとの関係を築いていこうと決めた。」

自分が人に心を開いてこそ、相手の心も開かれます。
今、一緒に苦労をしている人のことを大切に思い、共に共感するからこそ、信頼と愛情が育まれていくというものです。
昨年、一緒に闘った仲間=柏サポーターと心をひとつに生きていくことが、岡山選手の成長ともなり、幸せにつながると思います。
大好きだったけど、「さよなら」しなければならない場面は、長い人生の中では何度かありますよ。
これを読んだ川崎のサポーターは、寂しいけど、きっとわかってくれるでしょう。
このたびのメッセージ発表は、川崎のクラブとしての懐の深さを感じさせてくれた、久々にいいお話でした。

開幕までに、柏に家建てたら?岡山君。
 #今からだと間に合わんか・・・ノブリン何とかして(笑)

|

« 沈黙の24時間@『ココログ』メンテナンス | トップページ | 俺たちのコバトン »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/13541830

この記事へのトラックバック一覧です: 人間到る処青山あり:

» 岡山一成、旅の終わり【川崎F】 [ガンバレ少年・少女サッカー!富士見丘少年蹴球団・富士見丘アンジェリーナ]
去る1月6日(土)昨シーズンJ1リーグを2位と躍進した川崎フロンターレから1人の選手が移籍退団した。 187cmの長身DF岡山一成(28)である。 川崎フロンターレに2002年から所属して5年ではあるが、ここ2シーズンは出場機会を求めJ2クラブ(05福岡-06柏... [続きを読む]

受信: 2007/01/19 10:05

« 沈黙の24時間@『ココログ』メンテナンス | トップページ | 俺たちのコバトン »