« 福は内、鬼もウチ | トップページ | 『手前麦味噌』づくりに挑戦! »

2007/01/29

日本一おもしろい浦和レッズ

070128festa4 今年も、『REDS FESTA』が開催されました。
昨年の惨状を考えると、行くかやめるか逡巡しましたが、家からアリーナまでは歩いて行ける距離だし、何と言っても、今年注目の目玉イベント、

 『日本一おもしろい紅白戦』

を見てみたいとの欲求には勝てず(笑)。
難しいことは考えずに、すたこら出かけて行きました。

070128festa5 今年は、昨年ほどの異様な客層は見かけられず、今のところ配布物をオークションに出品している様子も無さそうです。また開催側も考えたらしく、配布物はチラシ中心で、「当たり券」が入った袋をもらった客だけに記念グッズを配っていました。こまめに作業したのかゴミの量も少なく、ゴミ漁りする輩も見かけませんでした。やはり、やたらとモノをタダで配ると人間ろくでもなくなる、ということでしょうか(^^;。
多少の「馴染まない」観客はいましたが、そこに目をつぶれば、精神衛生上は昨年より良好なフェスタを楽しむことができました。

今回のフェスタに参加して、ふと気がつくと、

 『日本一、○○な・・・』

というフレーズが、私の頭の中をずーっと回っていたようで(笑)。
そこで、思いつきではありますが、私が今年のレッズフェスタで感じた『日本一○○な・・・』を、ご紹介いたしましょう。070128festa1 

■日本一、来場者が多い『ファン感』

 朝10時前に現地に着いたのですが、待機列が長くて、入場までに30分かかりました。アリーナの新幹線線路側伝いに列を周回させ、在来線が見えてきたところで折り返して逆戻り。試合じゃないんだから、こんなに気合い入れんでも・・・(。。;)
 また、入場者数もこのとおり。070128festa9
 昨年より若干少なめでしたが、それでも4万人越え。
 阿部が「試合の時もそうですが、なんでこんなに人が多いんだろう・・・」と驚いておりました。「阿部って、いったいどこから来たんだろう・・・」と驚かされました(゜∀゜)。

 

■日本一、を誇示する『ワッペン』070128festa2

 さすがに“ヤタガラス”2枚は貼ってない(笑)。
 昨年の「E」が「☆」になっています。
 ちなみに、胸エンブレムの「☆」は、“04年2nd優勝”“06年リーグ優勝”の2つ星、との解説が、朝井様からありました。
 カップ戦は勘定に入れない、「浦和の誇り」でしょう。

070128festa3

■日本一、強そうな『弁当』

 誰が企画&命名したんだろ?(笑)
 中身も値段も、中年ご婦人の胃袋とサイフには強烈すぎたので、購入は控えさせていただきました。ご了承ください。

 

070128festa6

■日本一、引っ越し代がかかった“新加入選手”

 トークの“ボケ役者”ぶりが、なかなか。
 岡野組の餌食になるのは、時間の問題かと・・・

■日本一、想像力を要する“絵画展”

 トークショーで披露された、恒例「今年のオフは、どう過ごしましたか?」をお題に、答えを画で表現するコーナー。後日テレ玉でもフェスタの模様は放送されると思いますが、「編集でカットされる作品が多発しそうな予感」がしましたので(笑)、当サイトでは全作品をご紹介いたします(多少の画像不具合は、ご容赦くださいませ)。
右サイドバーのメニュー『【'07 REDS FESTA】 浦和レッズ絵画展』にて、お楽しみください。

070128festa8 ■日本一、“反則な男”

 「紅白戦」の酒井マイナスイオン組GKを務めた闘莉王。
 GKにもかかわらず、ガンガン前線に上がり無人のゴールとすることしばし。さらには、小野組・阿部がPK蹴る場面で、ゴールマウスを強引に移動する暴挙!(写真)。阿部のPKの見せ場で自分を“主役”に変えるパワープレーは健在。

070128festa10 ■日本一、不思議な“家族”

 いつの間にやら、あのニート夫妻に双子が生まれたという設定に(笑)。
 しかし、周囲では、某ゲームメーカーのマスコットに似ているあまり両親に似ていないというウワサもチラホラ。。。

■日本一、の、“正直者”070128festa11

  なぜか、「今年の主将」として紹介はなく、「選手代表」として挨拶した暢久。
  #ホリノウチの時は「選手会長」と紹介があったのに、なんでだろ・・・
 その暢久の、トークショーでのひとコマ。
 「この選手の、これが欲しい!」
というお題に対する暢久の回答は、まさに含蓄のあるものでした。
主将として3年間培った貫禄の賜物でしょうか。。。

 回答は、こちら↓

070128festa7

 

 

 

 

 

 

 

 

  щ(゜Д゜щ) カモォォォン

見事な“オチ”でした・・・ん? “オチ”てない???(笑)。

|

« 福は内、鬼もウチ | トップページ | 『手前麦味噌』づくりに挑戦! »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

帝国といったら、やっぱり、
http://www13.atwiki.jp/washington_21/
の影響ではないでしょうか?

投稿: no3 | 2007/01/29 22:57

毎年、行きたいと思うのですが、アシ代は本戦に取っておく、ということで、
参戦果たせず今日に至ってます…。といって本戦の回数が増えたとも思えず、
要は「満員の際は…」という一文に恐れおののいて、ということでしょうか。

あーあ、来年こそ(嘆息)

投稿: なごやのじーじ | 2007/01/29 23:36

>今年は、昨年ほどの異様な客層は見かけられず、今のところ配布物をオークションに出品している様子も無さそうです。
初めまして。こんばんは。
去年は入口での例の惨状を目の当たりにしてしまい、しかも後ろの席に座った「母+男の子」の3組の子供達がそれぞれ、無料配布された何かのカードを20枚位も持っているのも見てしまい、暗澹たる気持ちになったので今年は行くのをやめたのですが、今年は落ち着いていたとの事。
記事を読んでホッとしました。レポートありがとうございました。

投稿: 小麦 | 2007/01/30 02:17

@no3さま
ドッグ整備完了した「ワ級」でしたが、搭乗機トラブルで逆送致された模様ですね。とほほ・・・
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200701/st2007013005.html

@なごやのじーじさま
そうですよ、「試合」こそが本番ですから。
私も遠方サポ経験がありますが、遠方だとどんな小さな情報でも貴重ですよね。たとえばフェスタで誰が面白かったとか、etc...。選手を生で見られるだけでも嬉しいものです。
私もさいたま市民になって、レッズが身近な存在となり少々慣れが出てきたのでしょうが、街中で選手に会うことよりも、やはり勝利に勝る感動はありません。
身近にある者の「ぜいたく」なのかも知れませんが・・・せめてこのエントリが、遠方の方に少しでも様子をお伝えすることができれば幸いに存じます。

@小麦さま
はじめまして(^o^)/ ようこそいらっしゃいました。
ご指摘のとおり、昨年のフェスタの醜態は、人としてホントに嫌になる光景でした。私は幸い、未開封の箱からの配布物略奪や、露骨なゴミ漁り(少しは見ましたが)に遭遇しなかったものの、子供連れの家族の行儀の悪さに辟易したものでした。明らかに、あまりスタジアムに来ない客層でした。日本代表の某選手(しかも他チーム)のレプリカ来てくる勘違いもいましたし。
しかし、昨年ネット上で相当非難していましたし、運営側も考えたようで、見苦しい光景は激減していました。立席客がいるのに、フェスタを見ない子供を席ではしゃがせて遊ばせる無神経な親御さんもいましたが、ここが「無料」イベントの泣き所ですね。席取りは「早い者勝ち」ですから。
でも、昨年に比べれば、客層は格段に良かったですよ。来年も期待したいですね。

投稿: nigoe | 2007/01/30 14:31

nigoeさま

そうなのです(* ̄^ ̄*)(*_ _*)ウンウン。
そこにいることの幸せ、というものが確かにありますよね。
意外に気がつかないものなのですが、nigoeさまは…。これからもよろしくお願いします。

昔、駒場グランドに徒歩数分の50坪の土地が売り出され、広いから一緒に買わないかと持ちかけられました(×100マンダッタナ)。買っていたらどんな人生になっていたことか…余談。

投稿: なごやのじーじ | 2007/01/30 15:31

丁寧な説明、ありがとうございます!
楽しそうなフェスタの様子がうかがえます。
テレたま、チェックしなきゃですね。
まだ放送、終わってませんよね・・・。

投稿: 豆腐小僧 | 2007/01/30 21:12

あ、土曜日でしたね。録画録画!

投稿: 豆腐小僧 | 2007/01/30 21:17

@なごやのじーじさま

>買っていたらどんな人生になっていたことか…
その頃は、駒場メインだったんでしょうか。
今となっては思い留まって正解だったのではないでしょうか(^^;
浦和美園駅の巨大マンションは竣工目前の模様ですが(笑)

@小僧さま
そうそう、2/3(土)です。今調べたら、、、たった30分ですか_| ̄|○
そのあと、毎年恒例の「PLAYBACK」やるみたいですけど、どの試合を放送するんでしょ?情報詳しい方、レスくだされば幸いです。

投稿: nigoe | 2007/01/31 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/13706618

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一おもしろい浦和レッズ:

« 福は内、鬼もウチ | トップページ | 『手前麦味噌』づくりに挑戦! »