« さよならは言わない | トップページ | 『犬?家の一族』 »

2007/01/09

振り向くなよ うつむくなよ ’07

昨日、第85回全国高校サッカー選手権大会が終わりました。

【決勝】盛岡商(岩手)2-1作陽(岡山)

こう言っては少々失礼で申し訳ありませんが、この対戦カードを予想できた人は、それほど多くはなかったのではないでしょうか。
さらに主審が、香港研修帰りの“彼”だったことも。。。 ((((;゜Д゜)))

私の故郷(の、隣町)から出場した神村学園は、あの大雨の準決勝で作陽に1-0で惜敗しましたが、その時思ったのが、「作陽のほうが中盤が強く、意思統一された良いサッカーをしているな」、ということでした。結果、私としても故郷の代表が負けて悔しいでしたが、作陽イレブンの巧さは素直に認めることができました。

決勝戦、その作陽は先制点を挙げました。
盛岡商ゴールに跳ね返されたボールをすかさず詰めて押し込むという、そつのない先制点奪取でした。
しかし、盛岡商の選手は、その後果敢に攻撃を開始しました。PKの好機を失敗したものの、そのPKを外した本人(林選手、2年生)が、ファーストタッチをダフりつつ、次のタッチで名誉挽回とばかりに同点弾を押し込みました。拮抗した試合展開も終盤に入り、残り5分のところで、盛岡商・成田選手は左サイドから「勝負」を挑みました。その度胸は突破→マイナスのセンタリングへとつながり、逆転弾のアシストとなりました。突破してセンタリングを打った時点で勝負ありました。そして最後の最後まで、勝利を求めてひたむきに走りボールを追いかけた気迫溢れるプレーは、見ていて爽快なものでした。

TVでは、アナウンサーがさまざま飾り言葉を並び立てていましたが、乱発された言葉の中で数少ない実態を表す言葉として、
「あきらめない」「仲間を信じる心」
という表現がありました。
作陽のほうが、確かに技術がありました。しかし巧いからと言って、上手だからと言って、勝負に勝てる保証はないわけです。昨年のJリーグがそれを如実に物語っています。
盛岡商の斎藤監督は、声帯と心臓を患い、体の続く限り生徒たちを指導したいと声帯を1枚残したといいます。体を張って命懸けで指導してくれた先生の恩に報いるために、選手たちはあらん限りの力を尽くしたと言えましょう。
話は少々逸れますが、八千代のGK植田選手も、慢性腎炎を患い、医者に選手生活を止められているにもかかわらず、サッカー人生最後のピッチに立って奮闘していました。非常に不運なことに、準決勝後半ロスタイム、彼のOGによりチームは敗退してしまいましたが、「このメンバーとサッカーがしたい」という、彼の命懸けの強い意志にチームが結束して、好成績を残しました。
同アナウンサー氏が、エンディングで、「“セクシー・フットボール”に魅了された昨年でしたが、それだけではない、他に大切なものがあることを今年の大会は教えてくれました」という主旨の言葉を残して、番組を締めくくりました。このセリフだけは、素直に感心できました(笑)。

敗れた作陽の選手たちは、長い間ピッチに泣き崩れ、あるいは呆然と立ち尽くしていました。
どこの高校か忘れましたが、
「悔しいのは、それだけいい加減ではなかったということ。一所懸命やったということ」
と、敗れた選手たちに語りかけていた監督の言葉を思い出しました。
悔しいのは、それだけ真剣に取り組んだことの証し。
力を尽くしてきた者にこそ、心の底から悔しがり、涙が涸れるまで泣く権利があるのです。その悔しさを糧に、成長する資格もあるのです。

毎年、高校サッカーは、私たちが忘れかけそうになる大切なものを教えてくれます。

末筆になりましたが、盛岡商サッカー部の皆さん、優勝おめでとうございました。

追記:
何気に、昨年のエントリを読んでみたところ・・・
昨年の鹿実VS野洲の試合での、両校の堅実な守備を讃えていました。
昨年のレッズのスタイルを占っているような感じがしました。

|

« さよならは言わない | トップページ | 『犬?家の一族』 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

当日の国立競技場は思いのほか集客してました。
僕は『暖かい』って理由だけでホーム側(盛岡側)にいましたが、
ほぼ、満員でした。周りの応援に引きづられて、盛商に肩入れして
見てましたが、素晴らしい試合の逆転勝ちにちょっと涙が出ました。
やっぱ、高校サッカーっていいな。
なま『綾香』も見れたし・・

投稿: スパイ1号 | 2007/01/09 19:54

まさかの盛商優勝でしたね。試合は観られませんでしたが、ネットの速報で逐一チェック入れてました。感動秘話が泣けました。
岩手ってあまりサッカーのイメージ無かったんですが・・・。菊池新吉・みつを・リスの三浦監督くらいか・・・?これからは新・サッカー所になっちゃったりして。ともあれ何かと暗い話題が多ようですので、めでたいことでした。

投稿: detto | 2007/01/10 01:56

@スパイさま

当日は、準決勝とはうって変わって小春日和の良い天気に恵まれて、何よりでした。
中立の立場とはいえ、場所が近いと自然に応援に引っぱられてしまいますね。高校生らしい溌剌とのびのびとした闘いの決勝戦でした。盛岡商、東北勢として見事な優勝でした、胸を張って凱旋帰国したことでしょう。

はいはい!突然ですがここで「赤ペン先生」登場(゜∀゜)
 綾香→絢香
ですね(笑)

@dettoさま

サッカーでも野球でも、学生スポーツには何かしら心を熱くしてくれる物語がありますね。3年間という限られた時間の中で、ある種の刹那的な感情が湧いてくるからだけでなく、精一杯取り組む姿に心打たれるんでしょうね。

>岩手ってあまりサッカーのイメージ無かったんですが・・・。
そうそう、この斎藤監督は、かつて大船渡高で、みつをの恩師だったそうですね。みつをも合宿所に激励電話したらしいです。
ちなみに三浦くんは、サポーロへ転勤となりました(^^;

投稿: nigoe | 2007/01/10 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/13402176

この記事へのトラックバック一覧です: 振り向くなよ うつむくなよ ’07:

» 盛岡商業、高校サッカーは盛岡商業が初優勝! [今日の気になるニュース@総合]
逆転で初優勝を決めた盛岡商業イレブン。 第85回全国高校サッカー選手権は盛岡商業が初優勝を飾ったようです。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

受信: 2007/01/09 20:28

» 神村学園 応援歌 [神村学園 サッカー 野球 頑張れ 神村学園 応援歌]
神村学園は親戚の子供がいっています。その子がこの神村学園で大きく成長しました。 ありがとう神村学園! [続きを読む]

受信: 2007/01/10 03:32

« さよならは言わない | トップページ | 『犬?家の一族』 »