« 恐るべき「お礼参り」 | トップページ | 06【天皇杯】準決勝@鹿戦 »

2006/12/28

闘いのモチベーション

明日、第86回天皇杯準決勝が行われます。

 ガンバ大阪 vs コンサドーレ札幌(13:00 エコパ)
 浦和レッズ  vs 鹿島アントラーズ(15:00 国立)

再三書いてきましたが、契約更改の時期と重なるこの大会では、チームを離れる監督や選手との惜別が、闘いのモチベーションとなりやすいものです。
明日の出場チームも、それぞれの事情を抱えています(主なものチョイス)。

  • G大阪オサレ様(ザルツブルグ移籍)、フェルナンジ-ニョ(清水移籍)
  • :柳下監督(退任)
  • 鹿島:アウトゥオリ監督(退任)、缶蹴り王子(引退)、名良橋(未定)、ブラジル人2人
  • 浦和:ギド監督(ご勇退)、アレ(ザルツブルグ移籍→既に不在)、黒部(レンタル満了)

第78回大会の横浜Fの解散決定を契機とした優勝への道程は、鮮烈な記憶として、多くの人々の心に残っています。また昨年の浦和が、「マリッチとの惜別」を高いモチベーションに昇華して、見事優勝を飾りました。
その歴史から、「惜別」の持つエネルギーには、計り知れないパワーがあることがわかります。

また「リベンジ」も、闘ううえでの大きなエネルギーになることも見逃せません。
(昨年の浦和と同様に)G大阪は優勝を逃した雪辱を、札幌はJ1チームに一泡吹かせようと、鹿島はすでに製作された『10冠グッズ』をお蔵入りさせたくないと・・・

さて、われらが浦和レッズについてはどうでしょう?
そうです・・・他のチームとは異なる「強力なモチベーション」を持っています。
『連覇』という大きな目標です。
さらには『リーグ王者』という誇りです。
そして、再来年の『連続アジア進出』の野望も達成しなければなりません。

今こそ真価が問われる “Pride of URAWA”。  

野戦病院と化し、メンバー離脱が続出する中でこそ、王者としての「真の力」が試されていると思います。
幸い、堀之内とネネも戻れそうだという明るい材料も、浦和のモチベーションに弾みがつきます。
苦しい時こそ、結束を。Photo
結束のために、われらが後押しを。

ギドのこれまでの恩に報いるために。
1日1分1秒でも長く、ギドと共にサッカーを楽しむために。

“Pride of URAWA”矜持を持って。 

元日まで 全戦全勝! 目指せ2連覇!

追記:
なでしこでも『ご決断』をなさった方がいらっしゃいました。
長い間お疲れ様でした m(_ _)m

|

« 恐るべき「お礼参り」 | トップページ | 06【天皇杯】準決勝@鹿戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

矜持(キョウジ)、恥ずかしながら読み方も意味も知りませんでした。。。勉強させていただきました。
私はなんとか明日の午後のテレビ観戦時間は確保できそうです。どうか国立で調子に乗っている鹿さん達を成敗してやって下さい。

投稿: detto | 2006/12/28 16:26

明日の鹿島に勝てないと、せっかく進めてきた時計の針が逆戻りしてしまいます。
絶対に勝つ!絶対に勝つ!
ホント負けらんないって。

PS.なでしこの引退を決めた『K上』さんですが、レッズレディースとの   試合で、『ちょっとカワイイからって調子に乗ってんじゃないぞ』と
   ヤジにならないヤジを大声で言って、本人に笑われた事がありまし    た。とほほ・・・

投稿: スパイ1号 | 2006/12/28 18:42

@dettoさま

お!元気ですか?(゜∀゜)

>矜持(キョウジ)、恥ずかしながら読み方も意味も知りませんでした

神の「教示」により、準決勝の鹿は「凶事」「興じ」る。
「キョウジ」の三段活用(笑)

@スパイさま
うちのお嬢様たちに集中してくださいね。

>本人に笑われた事がありました。

その笑顔に誘惑されてい・ま・せ・ん・か?(゜∀゜)
鹿戦に集中ですぞ(^o^)/

投稿: nigoe | 2006/12/29 00:25

先日コメントさせていただいた者です。
やっと職場から帰還。
元日に国立に連れて行っていただきありがとうございます!
取り急ぎお礼まで。

投稿: マスターキートン | 2006/12/30 00:13

@マスターキートンさま

遅くまでお仕事されていたのですね、、、
大変お疲れ様でございました m(_ _)m
一時は「どきっ」としましたが、結構今の布陣でも、全員の「何とかしよう」という気持ちが伝わってきて、負ける気がしません。そこが今のレッズの強さなのではないでしょうか。
さあ、あと数時間したら「夜明け」が来ます。
『浦和元年』のはじまりです!

投稿: nigoe | 2006/12/31 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/13234810

この記事へのトラックバック一覧です: 闘いのモチベーション:

« 恐るべき「お礼参り」 | トップページ | 06【天皇杯】準決勝@鹿戦 »