« 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 | トップページ | 06年度の健康診断 »

2006/11/06

06【天皇杯】4回戦@静岡FC戦

061104sizuoka1 いよいよJ1チームの登場となった第86回天皇杯。
今年はなかなか“ジャイアント・キリング”が発生しない中、当事者ではあるが、このカードはまさに「それ」。相手は静岡県代表。現実化しないよう気を引き締めていかないと。

カテゴリが3階級異なるとは言え、サッカーに油断は禁物。相手は功名心に燃えている。さらに相手の総監督は、あの「カズ兄」 061104sizuoka2三浦泰年氏。選手の中にも元フリエにいた高田(プレーイングマネージャー)など元Jリーガーが何人か所属。そのせいか、今年のプログラムの選手名鑑で、静岡FCのページを見開いた隣の富山県代表・YKK APと見比べると茶髪率がちょっと高いような・・・(笑)。

怪我人続出のレッズのスタメンは、平川に代061104sizuoka3えて右に岡野を配し、GKに久々の都築を起用したほかはリーグ戦と同様の顔ぶれ。「手を抜かない」ギドの強気な気持ちを具現化していた。
しかし駒場のスタンドには、小春日和も手伝ってか、天皇杯特有の「まったり」感が漂っていた。毎度毎度、この雰囲気につまづいて緒戦に苦労しているのだが・・・(^^;

が。今年は違った。
061104sizuoka4 開始早々の静岡の2番(小林大悟似)が岡野に“メンチ切り”したことで、一気にスタジアムの緊張感が高まった。
「う ち の 岡 野 に 何 す ん ね ん」 (`д´メ)凸
と言うのをこらえ戦局を見守るも、相手の品のないプレーはこれに止まらず。レッズの選手がボールを持つと、必ず2人以上で詰めかけ、なりふり構わぬ肉弾戦を仕掛ける。いや、肉弾戦というよりは「暴力」の一歩手前の危険なプレーが続出(闘莉王は「平手打ち」被弾?)。
たとえば、前回覇者に胸を借りるつもりで「ぶつかり稽古」を挑んでいるのならわかるが、胸を借りたのなら胸を合わせてくるべきところを“ドロップキック”を浴びせるような、容赦のない振る舞いなのである。さすがにスタンドの空気も沸騰した。メイン側でのラフプレー発生時には、メイン席からも大音量のブーイングが浴びせられた(さすが駒場のメイン席サポとうなずく/笑)。
試合を見守りながら、レッズの選手の安全を祈らずにはいられなかった。

しかしそこは前回覇者の貫禄。
レッズの選手たちは、そんな相手に合わせることなく、相手の有り余るエネルギーを逆手にとって(?)、素早くパスをつないだり、サイドチェンジを多用して走らせた。
特に久々に先発した岡野は、『右サイド突破祭り』(笑)。
いつもわれわれが思い描く『岡野の軌跡(突破→抉り→マイナスのセンタリング)』どおりの動きを何度も見せてくれた。岡野には、駒場の右サイドがよく似合う。。。

と、思いきや。
後半途中から、負傷のため自らタッチラインの外に出た。
すでに交代枠を使い果たしたあとの負傷で場内が騒然となる。正直、この事態の前に行われた交代の効果が良い方に表れていたならば、それほど敏感に反応しなかったと思うのだが、交代枠を使い果たしてから妙に歯車が噛み合わなくなったように中盤が間延びしはじめた最中の出来事に、皆が不安を感じ取ったのだろう。
少しでも背中を押したいと、岡野コールを連呼するゴール裏とバックスタンド。
岡野は、立ち上がった。そしてピッチに戻った。
しかし、うまく動けない。それでも徐々に状態を戻そうとボールを追いかけていた。

終盤、岡野が前がかりになった背後の大きなスペースに、相手クリアボールが転がった。一発カウンターの気配が一瞬よぎった時・・・そこに暢久が“鬼の形相”で駆け込み、マイボールにして事無きを得た。
試合全体を通しても、お互いのパス出しなど、相手の「欲しいところ」を熟知した気持ちの通ったプレーを随所に見せてくれていた岡野と暢久。
負傷した岡野をかばった、暢久の鬼のカバーリングを見たとき、『漢』同士の熱い友情を感じずにはいられなかった。
同時に、勝負に徹する主将としての責任感も漲っていた。
目頭が熱くなった。

終盤にワシントンがダメ押し点を決め、安堵して終了。061104sizuoka5
毎年苦戦する天皇杯緒戦だが、今年は手加減ナシの貫禄勝ちと言ってもいいだろう。
いくつかのミスや修正点、不安な箇所、決定力の向上などあるにはあるが、先週の敗戦イメージを払拭させる意味では、意義ある勝利だったと思う。2ゴールを挙げた達也には、この良いイメージを持ったまま残りのリーグ戦に臨んで欲しい。

かたや残念なことに、堀之内が負傷してしまった。
岡野の負傷も気になるところだが、肉離れではないようでこちらは少々安心した。
これからは、“負傷”という見えない敵との闘いに注意を払っていかなくてはならない。ガンバはじめ他のチームも同じ事情を抱えている。リーグ戦終盤ともなれば、また何年も同じ時期を迎えていれば、こういう事態は「折り込み済み」のはず。
最後は、「総力」がものを言う。
テクニックの優劣でもタレントの数の多さでもない。相手を呑み込み、運も味方に付けるほどの“気迫”と“団結力”の差が勝負を決するものだ。
それは、もう皆さまもご存じのはず。All_come

残り5試合、一丸となって闘おう。
がんばろう、最後まで。

追記:
試合中、奇妙な光景が目に飛び込んできました。
否が応でも、その光景は視界に入ってしまいました。。。
(ちょっと恐いので折りたたみました。見たい方だけ、どぞ...)

061104sizuoka6_1ドーハ時代の代表ユニを着た人物が、後半途中にやってきて、突然うしろの壁にペタペタ と・・・選手たちのキャッチコピーを書いた紙を貼りだしたのです。
レッズの選手名だけでなく、静岡FCの選手名も貼っていました。

※写真をクリックすると拡大します

 

061104sizuoka7_1 

こ れ は 、 何 ?
 
((((;゜Д゜)))

『ジャーマン・コネクション ポンテ』って・・・
松原良香って・・・アトランタ組の・・・
なんで?

|

« 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 | トップページ | 06年度の健康診断 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

ちょっと浮気して優勝のかかったレデースの試合を見に西が丘に行ってました。
『優勝がかかった・・・』って言っても16点差を付けて勝たないと優勝に手が届かない状況だったんで、もともと厳しい戦いだったんですけど、相手が大嫌いな緑系の日テレだったんで一泡吹かせようって思いでした。
しかし、ちょっと今の戦力だと日テレとは差がある感じだした。残念です。
ただ、レデースはとてもひたむきに一生懸命プレーするんで好感がもてます。
負けてサポーターに挨拶に来た時にうつむいている選手に『頑張ったんだから、顔あげろ』と言う声が飛びました。
泣きながら顔をあげた選手に思わずキュンとしてしまいました。
『顔をあげろ』といったサポは黒いサングラスの人でしたが・・・
レデースも選手権が」あるんで元旦にアベック優勝と行きたいですね。

投稿: スパイ1号 | 2006/11/06 18:23

@スパイ1号さま

西が丘からの中継メール、ありがとうございました。
さすがに得失点差『16』は、きつかった。。。_| ̄|○
それまでの積み重ねが「結果」となるわけですから、トップチームもこれを教訓にしてがんばって欲しいものです。
元旦にアベック優勝、目指しましょう!その前にトップはリーグ優勝だ!
「黒いサングラスの人」にも、よろしくお伝え下さい(笑)

投稿: nigoe | 2006/11/07 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/12578671

この記事へのトラックバック一覧です: 06【天皇杯】4回戦@静岡FC戦:

« 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 | トップページ | 06年度の健康診断 »