« 夢の超特急『うらわ』 | トップページ | 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 »

2006/10/27

『浦和力』

明日は、ズビロ磐田戦です。

10勝 1分 16敗 32得点 41失点

ご存じのとおり、対戦成績は近年だいぶ改善されています。
しかし、、、です。
このたびは、エコパではなく、あの“ヤマハ”で行われます。

12試合 2勝 0分 10敗 勝率0.167

これまたご存じの方も多いかと思います。
10年以上対戦歴のあるスタジアムの中で、カシマに次ぎスタジアム別通算勝敗の勝率ワースト2のスタジアム。
あの日本平より分の悪い場所。
確かに、行けども行けども、私は1度として勝ち点を持ち帰ったことがありません。
勝ったのはたった2度。どちらもTV観戦でした。
 ①ウーベの同点弾から延長-PK戦で勝った、96年3月の試合
 ②オフト&井原の元磐田組が雪辱し、新生レッズを予感させた02年9月の試合
ここで最後に勝ってから、もう4年も経過しています。

この地で対戦するたびに、藤田、名波、中山、893福西・・・の面子にはお約束のように活躍され、お約束のように悔しい思いをさせられてきました。
そして、此度。時は流れて。
藤田、名波はすでにチームを去りました。隊長もJ1リーグ最長老となりました。
変わって、可憐や前田などの若手が台頭し、チームもだいぶ様変わりしています。
レッズもしかり。
この数年、若手の成長&積極的補強による新陳代謝が計られてきました。
時が変われば“代替わり”していくのは世の常です。

そして、あの“スタジアム”。
 『ジュビロ磐田スタジアム』→『ヤマハスタジアム』
に名前は変わりましたが、相性の悪さは全然変わってくれません。
しかし、もう変わってもいい頃でしょう。
いや、「変えましょう。」

レッズは坪井と闘莉王が欠場ですが、磐田にはあの「敵役2名」がいません。
磐田はどうやら西が復帰してくるようですが、こちらには完全復活を遂げた暢久がいます。
人間力もとい人的資源は五分と五分。
あとは・・・そう、レッズ次第でしょう。

『浦和力』。All_come
この一戦、レッズが栄冠を得る資格があるかどうかの真価が問われる、正念場となるでしょう。
レッズを取り巻くすべてのものが一丸となって、
必ずや突破いたしましょう!

栄冠を、我らの手に!

|

« 夢の超特急『うらわ』 | トップページ | 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

ググッ!タイトルを見ただけで涙が.…。
明日、坪井はOKのようですが、ロビーが.…(・・;)!
トップ下は暢久ですか?!やってもらいましょう!
変えましょう!
勝ちましょう!!!

栄冠を、我らの手に!!!!

投稿: りおれつと | 2006/10/27 21:03

鬼門があるんですねー。
今のレッズなら死角は無いんでしょうけど、気を緩めずにいきましょー!
明日は自分もサッカー、がんばるっす!!

投稿: 豆腐小僧 | 2006/10/27 23:32

コメント、大幅に遅れまして申し訳ございませんでした m(_ _)m

@りおれつとさま
願いは叶わず・・・残念でした。
しかしレッズは確実に成長を遂げています。今問題の「未履修科目」ではなく、何度も受けて落としている「単位」のようなものです。
次回こそきっと「優」をもらいましょう。

@小僧さま
>今のレッズなら死角は無いんでしょうけど

正確に言うなら「死角が減ってきた」ですね(苦笑)。
最終アウェイの名古屋も名だたる「鬼門」ですが、最近は克服できつつあります。
こうやって少しずつでも“東海アウェイ”を苦手から得手に変えて行きたいですね。
ところで、小僧さんの試合はどうでしたか?(^^ゞ

投稿: nigoe | 2006/11/02 01:11

こちらはバスケット大会に部員を裂かれ人数がそろわず(相手チームも)、ミニサッカーしかできませんでした。
この日はやってみたいフェイントがあったので試したらうまくいったのでうれしかったです。
オフェンス時に、タッチラインに向かって転がるボールを追い、背後の敵に一度下げるとみせかけてライン沿いに駆け上がり、ゴール前の見方にパス!
というやつ。ゴールには結びつきませんでしたが。
味方にも驚かれてしまいました・・・。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/11/03 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/12438152

この記事へのトラックバック一覧です: 『浦和力』:

« 夢の超特急『うらわ』 | トップページ | 06【AWAY】第29節@ズビロ磐田戦 »