« 06【HOME】第27節@福岡蜂戦 | トップページ | 06【HOME】第28節@川崎フロン太戦 »

2006/10/18

俺たちと共に。。。

道端で見かけた小ネタです(北与野界隈)。

061018yono1  

 

 

 

 

 

 

 

 

♪与野変電所~ フォルツァ 変電所061018yono2

  与野変電所~ フォルツァ 変電所

  アレ 与野変電所 さいたまと共に・・・

 

お粗末様でした。。。m(_ _)m

|

« 06【HOME】第27節@福岡蜂戦 | トップページ | 06【HOME】第28節@川崎フロン太戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

ぷ、
タイトル見て、闘莉王の話か、レッズのオフィシャルのトップページの話かと思ったのに・・・(笑)

投稿: no3 | 2006/10/19 13:10

なぜ、「さいたま」がちいさいんでしょうね〜。
って、あの辺に変電所ありましたっけ〜。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/10/19 21:42

@no3さま

すんません、ちょっとした「釣男」やってしまいました(笑)
てか、今オヒサルみて初めて知りました(@▽@;)
すんごいですね~!感動です!「本気度」感じます。
ホントに偶然ですが、タイムリーなネタになってしまいました。
「なんじゃこりゃ!」って、クレーム付きそうですね(^^;

@小僧さま

>なぜ、「さいたま」がちいさいんでしょうね〜。

それはね、「俺たち」って書きたかったんですよ、ホントは(笑)
この変電所は、白木屋の近くの住宅街にあります(^^)。

投稿: nigoe | 2006/10/19 22:29

10月21日の川崎フロンターレ戦は残念ながら勝利にはなりませんでしたが、勝ち点1という最低の義務は果たしてくれました。
フロンターレの気持ちの入った走るサッカーと、大サポーターに後押しされたレッズの闘志が噛み合ったいい試合だったと思います。
個人的には、小野信二のキレ具合が戻ってきたこと(小野が走ると手が付けられん。それを普段走らんからブーイングされとんのやが)、オープニングのヴィジュアルパフォーマンスが綺麗だったこと、前の席の3世代(お爺ちゃん、お父さん、息子)のサポ一家のほほえましい姿に感動しました。(ちびっ子が小さい手でブーイングしていたのが非常に可愛かった。)

週末はレッズな日でした。
土曜は上記フロンターレ戦観戦。
日曜は熊谷で浦和レッズレディース対タサキ(田崎真珠)のプレーオフ第一戦、その後男子のサテライト戦が行われ、入場料1000円であったので、フラッと見に行きました。自宅から車で15分もかかりませんので‥。
レディースは真面目ですね。一生懸命という感じでした。浦和ボーイズが応援に来ており、なでしこリーグでは異常な程サポーターの多いレディースは幸せモノです(といっても2000人くらいですが)。
試合は北本綾子(ボーイッシュだけど愛敬のある選手ですね)が落ち着いてゴールを決め、1-0で勝利でした。
続いて行われたサテライト(男子の2軍)はコンサドーレに5-1の完敗、サポからは「出直せ!、やる気あんのか!、一生トップリーグには呼ばれんぞ!」といった厳しい叱咤が飛んでおりました。
11時から16時まで、のんびりと熊谷競技場でレッズと戯れた一日でした。
来週の日曜は東松山でレディースの試合があるらしいので、行ってみようかと思っております。

投稿: 行田住人 | 2006/10/24 18:11

@行田住人さま

仰るように、久々に緊迫した好ゲームだったと思います、ジャッジがその雰囲気を壊さなければもっと良かったのですが・・・。
最近、途中出場の伸二をみて復調具合に期待していたのですが、実は傷が癒えぬとの報(何で今頃このニュース?)は、正直残念でなりません。彼の憧れだった「暢久1号」がようやく戻ってきたというのに。早く2人の共演を見てみたいものです。

また日曜日は、ダブルヘッダー(野球か?)観戦の方が多かったようですね。レディースは希望をつなぐ勝利だったのに対し、男子の若者たちは散々で・・・かなり面子が変化していたので仕方なしとは言え、太コーチの「若手を試したかった」の弁はイマイチ説得力がありませんでしたね。サテもきっちり結果を出して欲しいものです。

投稿: nigoe | 2006/10/24 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/12333836

この記事へのトラックバック一覧です: 俺たちと共に。。。:

« 06【HOME】第27節@福岡蜂戦 | トップページ | 06【HOME】第28節@川崎フロン太戦 »