« 【AWAY紀行】京都東山散策(3)琵琶湖疎水~南禅寺~八坂祇園 | トップページ | ハイドロプレーニング現象 »

2006/10/06

【AWAY紀行】京の味&みやげ

さて、そろそろ上洛紀行のシメをいたしましょう。。。

【京の味 あれこれ】

  • 9/30昼:京都駅ザ・キューブB1F『味わい処 西利』
    “京漬物丼”と“京漬物天ぷら・うどん”を実食。
  • 9/30夜:河原町 焼肉『南大門』
    意外に京都は「焼肉の街」(在日の人が多いから?)。店舗数多し。
    祝勝会とあって、我が家史上最大の大投資!!! ((((;゜Д゜)))
    木屋町の割烹が高価で入れなかったのに、それより高く付いてしまい・・・
       _| ̄|○
  • 10/1朝:五条大橋のコンビニおにぎり(↑スゴイ落差)
    全品100円。なんと“小鯛すしおにぎり”(富山産)も100円で!ちょっとラッキー。
  • 10/1昼:『南禅寺御茶所』
    “湯豆腐定食”実食。ちょっと他店舗より安値(2700円)。
  • 10/1おやつ:京都駅近鉄名店街の麺屋
    “きつねうどん”“にしんそば”実食。
    北陸との交易がある京都。“にしん”は食文化の共通項。美味。

ということで、2点をピックアップしてご紹介。

『味わい処 西利』

京都の大手漬物店『西利』が直営する食事処。全品漬け物づくしの店。にぎり寿司も漬け物。動物性蛋白質は一切なし、と徹底したコンセプト(笑)。
しかし、、、うちのダンナは無類の漬物小僧なので、そんなことは一向に気にならず、というか「望むところ」。
ダンナが“京漬物丼(840円)”、私が“京漬物天ぷら・うどん(1050円)”を実食。
060930nishiri

 

 

 

 

“京漬物丼”(左)は、「しば漬け」や「すぐき」など数種類の刻んだ漬物を盛ってあるだけのシンプル丼。しかしこれが美味(^o^)/。お好みにより、猪口に入ったつゆ(食前酒ではありませなんだ)を加えますが、そのままで充分。また、味噌汁は粕入りで不思議な味でした。
“京漬物天ぷら・うどん”(右)は・・・区切りの「・」に意味がありました。つまり「京漬物天ぷら」と「うどん」でした。漬物の天ぷらは初体験。なす天にはしば漬けがサンドされています。かき揚げも漬物。大根付けの天ぷらがホットで・・・なんとも不思議な味。ダンナと分けて食べましたが、さすがに西京極で喉が渇きました。「うどん」のほうは、「白石温麺」といったところでしょうか。
ここまでメニューが徹底していたら、天晴れというほかございません。
ダンナは大満足でした(笑)。

■『南禅寺御茶所』

061001tofu1南禅寺三門のすぐ脇にあります。
看板に思いっきり誘われました(笑)。

 

 

061001tofu2 湯豆腐定食(2700円)を注文。坂の下の他店舗より若干安めの値段。
料理が出てくるまで、手元の箸袋に目を遣りました。
いかにも精進らしい質素なデザイン。袋の裏には『食事五観』なる教えが書いてありますが、空腹のため馬耳豆腐もとい馬耳東風(笑)。

ダンナが『漬物小僧』なら、何を隠そう、私は無類の『豆腐小僧』なのです。1丁2丁はぺろっと食べますし、 毎日湯豆腐でも幸せです。私の成分の70%はイソフラボンでできています。
 #当サイトに時々出没する『豆腐小僧』さんはこちら。元気かな?(笑)
061001tofu3

 

 

 

 

料理が出てきたところで、たくさん歩いて喉がカラカラでしたが、ここはビールではなく、冷酒をちびりちびりやるのが「おつ」というもの。
山菜の和え物、ひじき、豆腐の田楽、ごま豆腐をつまみつつ、、、薄味で美味。
メインの湯豆腐は絹豆腐。昆布ダシの効いた湯の中に浮かんでいます。付けダレもダシが効いており、そのままでも美味しいのですが、もみじおろしとネギを入れると一層美味しさが引き立ちます。ネギはやはり関西、小ネギ使用です。
舌鼓を打つたびに減っていく豆腐を、惜しみつつ平らげました。正直、この土鍋1杯分を私一人で食べても足りないくらいでした。おかわりすれば良かった(笑)。
店内には、他に“ういあー”さんが2組ほどおりました(^^)。
ごちそうさまでした、大変美味しゅうございました。

【京のみやげ あれこれ】

■『漬物小僧』向け

061001miyage1 “しば漬け”“すぐき”は帰宅後即開封のため、中身は既に消滅(爆)。
“賀茂なす味醂漬け”“ごぼう浅漬け”“聖護院かぶら千枚漬け”・・・以上、5種。

 

■『豆腐小僧』向け

061001miyage2 “生ゆば”と“湯豆腐のたれ”。
“湯豆腐のたれ”は、南禅寺近くの湯豆腐屋『順正』で購入。

 

 

■その他

食料系。 061001miyage4
左はサントリー『伊右衛門』でご存じ、京都福寿園の“お茶”。
右は“湯豆腐のたれ”同様、『順正』で購入した“ちりめんさんしょ”。

 

 

雑貨系。061001miyage3
先日のエントリのコメントで欲しくなった“匂い袋”(笑)。
あとは“お香”と“ちりめん風呂敷”。

 

そして、何よりのおみやげは・・・
やっぱりこれでしょう!

061001shinbun_2  

10/1付、京都新聞朝刊、スポーツ面 (゜∀゜)
 #クリックすると拡大します。多少は読めます。

以上、今年の京都AWAY紀行でした。
読者の皆様には、一週間お付き合いくださり、誠にありがとうございました。

<了>

|

« 【AWAY紀行】京都東山散策(3)琵琶湖疎水~南禅寺~八坂祇園 | トップページ | ハイドロプレーニング現象 »

AWAY紀行」カテゴリの記事

コメント

どもども。
正真正銘?豆腐小僧です。
いい旅でしたね〜。
湯豆腐のタレ、おいしそー。
そしてサンガさん、ごちそーさまでした(笑)

投稿: 豆腐小僧 | 2006/10/06 21:10

@『豆腐小僧』さま

おー、釣れた釣れた(゜∀゜)
「リアル豆腐小僧」のnigoeです(笑)。
小僧さんもお豆腐は好きですか?
今度京都で豆腐を「おごちそう」になってきてください>西京極。

投稿: nigoe | 2006/10/07 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/12172833

この記事へのトラックバック一覧です: 【AWAY紀行】京の味&みやげ:

« 【AWAY紀行】京都東山散策(3)琵琶湖疎水~南禅寺~八坂祇園 | トップページ | ハイドロプレーニング現象 »