« 06【HOME】第26節@ジェフちば戦 | トップページ | 第2回『皮算用』 »

2006/10/11

06【天皇杯】3回戦終了

10/8(日)、天皇杯3回戦が全国一斉に行われました。
NHK-BSでも放送されていたので、ご覧になった方もいらっしゃると思います(試合結果についてはこちら)。

当サイトで応援している学生さんチームですが、試合結果をピックアップすると。。。

 ・Honda FC 1-0 高知大学
 ・愛媛FC 2-0 びわこ成蹊スポーツ大学
 ・サガン鳥栖 4-3 立命館大学
 ・湘南ベルマーレ 4-1 関西大学
 ・徳島ヴォルティス 4-1 宮崎経済大学
 ・柏レイソル 3-0 法政大学

6チームが進出しましたが、残念なことにすべて敗退し、4回戦進出は果たせませんでした(つ;д`)。 若人たちよ、お疲れ様でした。

こうなると、次の興味は、都道府県代表の社会人チームによる「下克上」です。
身近な存在である社会人チームがプロチームに打ち勝つ下克上試合は、見ていて楽しく爽快なものです。しかし“ひいきのプロチーム”への「下克上」はまっぴら御免ですが(笑)。
3回戦からは、いよいよJ2チーム、JFLシードなどのプロチームが出場しました。
早速、“プロVSアマ”の対戦がいくつか組まれました。2回戦のエントリでお話しした、“ドッジボール男”が所属するバンディオンセ神戸は横浜FCを迎えての一戦となりました。この試合を含め、“プロVSアマ”の対戦の結果は・・・。

 ・コンサドーレ札幌 3-1 新日鐵大分(大分県代表)
 ・モンテディオ山形 6-2 三菱水島FC(岡山県代表)
 ・ザスパ草津 3-0 FC岐阜(岐阜県代表)
 ・横浜FC 0-1 バンディオンセ神戸(兵庫県代表)
 ・東京ヴェルディ1969 0-1 栃木SC(栃木県代表)
 ・ベガルタ仙台 1-0 ロッソ熊本(熊本県代表)
 ・水戸ホーリーホック 0-1 静岡FC(静岡県代表)
 ・ヴィッセル神戸 2-4 YKK AP(富山県代表)

なんと4件の「下克上」が発生いたしました。
しかも現在J2首位の横浜FCと、同3位のヴィッセル神戸が早々に敗退してしまいました。
J1昇格のかかる横浜FCは、三浦、小村、山口らを欠き、城やアレモンもベンチ外という、手抜きも甚だしいメンバー構成。これでは、元Jリーガーが所属するバンディオンセ神戸の選手の闘争心が燃えたぎるのも必定。J1昇格の目的のためには二兎を獲ずして一兎を選ぶ道もあれば、戦意の無い目前の敵の鼻の穴を空かさんと奮闘する道もあり、、、勝負の世界は、その背景にさまざまな思いが交錯しています。しかし結果は結果。勝利者にはその栄誉を惜しみなく讃えましょう。しかし、4点も取られたヴィッセル神戸は一体何をしていたのでしょうか・・・。

天皇杯は、日本で最も古く権威のある、全日本選手権大会です。『元旦国立』がこの国のサッカー選手の最高の栄誉として、今もその伝統は守られています。
プロの大会の日程との兼ね合いやチーム事情もあるのでしょうが、この大会に真剣に純粋に臨むアマチュアチームに対し、プロのチームの生半可かつ大会の権威を失墜させるような姿勢が許されていいものでしょうか。まあ、そのようなチームには、「敗戦」という屈辱が待っているのでしょうが。

『草津快勝も岐阜の健闘たたえる/天皇杯』(ニッカン)

この記事の最後の2行に心惹かれました。

2年前の天皇杯。JFLながらJ1勢連破でベスト8に進出したのが草津だった。「岐阜はみんなが必死だった。我々が思い出さなければいけないものを教えてくれた」

日本サッカーの、そしてサッカー競技者の“原点”が、この大会にはあるのです。

本日、4回戦以降の対戦カードが発表になりました(詳細はこちら)

昨年度の覇者、われらが浦和レッズは、

 ・マッチ№49(11/4)駒場 13:00 : VS 静岡FC(静岡県代表)

と決まりました。
おー、静岡の代表ですか、、、上等ですね。
 また、5回戦以降については、“マッチ№49”を追って調べると、

 ・5回戦(12/9) 埼スタ 13:00 :アビスパ福岡 VS 京都サンガの勝者
 ・準々決勝(12/23) 埼スタ 13:00 :『大宮 VS YKK AP』VS『磐田 VS 柏』の勝者
 ・準決勝(12/29) 会場・時間とも未定
 ・決勝(1/1) 国立 14:00 

と、なるようです。

では、今年も・・・そろそろ言ってもいいですか?

 「元旦まで 全戦全勝!」

まずはリーグ戦は10/15(日)VS福岡、天皇杯は11/4(土)4回戦突破(VS静岡FC)、がんばりましょう。

追記:
BSで『ベガルタ仙台 VS ロッソ熊本』の試合を見ましたが、ロッソの選手が溌剌とプレーしていたのが、とても清々しく爽快でした。残念ながら惜敗したものの、敗戦チームの選手へのインタビューがあるのは天皇杯ならではの計らいですね。
最後まで気持ちよく観戦できました。

|

« 06【HOME】第26節@ジェフちば戦 | トップページ | 第2回『皮算用』 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

仕事の合間(さぼり)に読んでます。

のんびり草サッカーを見に行きたくなりましたー。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/10/12 17:56

元旦”も”勝利でお願いします。

投稿: no3 | 2006/10/12 19:41

@小僧さま
>仕事の合間(さぼり)に読んでます。
じゃ、ちょっとうちに来て夕飯作ってくれんね?(笑)

>のんびり草サッカーを見に行きたくなりましたー。
草サッカーは「する」方が楽しそうですね。天皇杯目指してみてはいかが?(゜▽゜)

@no3さま
大丈夫です。“元旦まで全戦全勝”とは、「2007年1月1日23時59分」までですから(笑)。
来年も、いい初夢を見ましょうね(^^)

投稿: nigoe | 2006/10/13 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/12239898

この記事へのトラックバック一覧です: 06【天皇杯】3回戦終了:

» レッズ、天皇杯の組み合わせ決まる [相馬マルクス達也のブログ]
第86回天皇杯の、4回戦以降の組み合わせが決まりました。4回戦から登場する、浦和 [続きを読む]

受信: 2006/10/14 07:11

« 06【HOME】第26節@ジェフちば戦 | トップページ | 第2回『皮算用』 »