« 06【AWAY】第18節@鹿戦 | トップページ | 06【HOME】第19節@アヒル新潟戦 »

2006/08/22

鹿島戦ゴール裏での2、3のギモン

このたびのカシマスタジアムのゴール裏で、いくつか私が不思議に思ったことがあった。
私が気が付いた範囲で、「カシマではこんなことがあった」程度の話題提供をさせていただきたいと思う。
ちなみに、私が陣取ったのは、1階ゴール裏中段ピッチ向かってやや右で、割に中心部に近いところ(前エントリ写真参照)。

以下、簡単に。。。

  1. コールが合わない、先走る、ずれる
    アウェイのゴール裏で今回のようにコールがずれたことは珍しかった。埼スタでも、中心部からほぼ同様の距離に陣取っているが、今回のような「先走り」コールはあまり起こらない(207ゲート付近だと時々そうなるが)。
  2. ゴール裏には“?”なサポ
    私の半分の歳(゜∀゜;)くらいの若者の、「声が小さい」「腕が伸びてない」「試合中の雑談と文句多し」・・・といった態度が目立った。特に私の隣のにーちゃんは、私の席エリアを越えて開脚し、堂々と直立していたものの、コールをするのはすべて最初の15秒くらいであとは無言かボリューム低下。。。
     #人間は動的(特に垂直方向)な状態だと、開脚幅が狭まるもんだと思いますが・・・
  3. ハーフタイムの「We are Diamonds」
    これは、理由不明。後半に向けての「結束」を高める目的だったのかも知れないが、通常は「勝利後の凱歌」。
     #どなたかご存じの方、補足お願いします。。。

カシマスタジアムのアウェイゴール裏といえば、その“殺伐感”が代名詞のような場所。
04年、05年と連続して緊張感に満ちたゴール裏の空気を感じていただけに、今年のゴール裏の雰囲気には、少々不思議なものを感じてしまった。

これは、なぜだろう?

この疑問の要因につながるものかはわからないが、私なりに、こんなことを思い当たった。

  • アウェイゴール裏の“埼スタ”化(「雰囲気だけでも味わいたい」と気軽に来る人の増加)
  • 「埼スタでなかなか行けない中心部に行ってみたい」と思う人の増加
  • 上記現象による、中心部周辺での「声のばらつき」「応援空洞エリアの発生」「声量の低下」など
  • 帰りの交通事情が気になり、後半途中から集中して応援できない(実際、終了直後にダッシュで退席する人多数。特にメイン&バックで顕著)

誤解のないように断っておくが、私はそんな人々に「来ないで欲しい」と言いたいのではない。
「自分の応援スタンスに適った場所を選んでください」
と言いたいだけである。
私も90分間ぶっ通しで跳ねられないから、少し離れたところに陣取るようにしている。ただし、声の伝播を途切れさせないよう、コールだけは90分間通している。

コールがずれたりまとまらないのは、おそらく中心部からの応援(特に声)の伝播スピードと威力が途中で減衰する(ところがある)からでは?、、、と、現場で感じた。

また帰りの交通事情が気になるのは理解できる。しかしそれは電車やバスで帰る人。車で来た人が、予定があるのならともかく帰りの時間を焦ってしまうのが不思議である。時間を気にせず確実に帰れるように車で来たはずではないのだろうか。某サイトで「ダッシュで退席して○時間で帰宅成功」との書き込みを目にしたが、その人は最後まで試合に集中していたのかどうか考えさせられた。
どう帰ろうと全く個人の自由であるが、ゴール裏の最大の目的は、最後まで自分なりに全力でサポートすること。
一歩でも早く、一歩でも多く、相手より先に動けるよう、疲れた選手たちの背中を押してはげますこと。
そして最後に、勝っても負けても終了後の選手を迎えてやること、だと思う。

それがゴール裏だと考えているのだが・・・。

以上、今回のカシマスタジアム@ゴール裏での雑感でした。
さあ、これからもアウェイは続く。。。

|

« 06【AWAY】第18節@鹿戦 | トップページ | 06【HOME】第19節@アヒル新潟戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています&残暑お見舞い申し上げます。

nigoeさまの杞憂、というか危機感(この言い方が大袈裟でしたら、ご容赦願います)に、痛く共鳴いたします。

今のレッズは「超バブル(?)時代」にあるように思います。
もちろん選手、スタッフ、周りのもろもろの方々は慎重に受け止めていらっしゃると思いますし、またそうでなければならないと思いますが…。

私は、ず~~~~っとREDSを応援してきて試合のたびに一度も「今日は楽勝」と思った事はありません。
毎試合、毎試合、いつもいつも、心臓がはちきれそうにドキドキしますし、「どうかお願い」勝ってれ!!」と思い、祈りながら見ています。
サポーターの姿。(もしかしたらそれがチームの姿なのかもしれませんが…)
nigoeさまの感じた「疑問」。
それこそが、これからのREDSを左右する『重大な』事柄に繋がっているのでは無いかと思います。
もう、「世界で一番悲しいゴール」を演じた頃には戻りたくない!!戻るわけない!!戻れない!

投稿: りおれつと | 2006/08/22 22:13

補足です。

いつも、現場に行けない私が偉そうなことを言って
すみません。

投稿: りおれつと | 2006/08/23 07:10

試合終了後、鹿島国から土浦の山○家まで3時間もかかりましたよ(;´Д`)

毎年のことながらあの交通渋滞、なんとかしてほすぃー

投稿: おやびん隊長w | 2006/08/23 13:19

@りおれつとさま
私の書き方が大袈裟だったのか、、、すみません(^^;
情けないようですが、私はそれほど杞憂も危機感も持っておりませんのでご安心ください・・・って、その方が心配?(笑)。
ゴール裏事情の変化は、レッズサポの増加にもありますが、時代の流れによるものであったり、世代の変化であったりもします。
何でもそうですが、ひとつのことに長く関わっていると、否が応でも「変遷」は感じるものです。自然なことですし、これが別に嘆かわしいものでもない、と思っています。
レッズサポの精神の継承が、今後は大切になるんでしょうね。
(その精神とは何だ?とツッコまれそうですが/笑)

補足ですが、
「自分の応援スタンスに適った場所を選んで欲しい」
という思いとともに、
「ゴール裏にいる以上は、しっかり応援して欲しい」
ということを加筆させていただきます。
そういう意味を込めて、私は隣のにーちゃんを意識しながら大音量で(笑)コールしてました。2点目が入ったときはハイタッチする仲になりましたし。

「世界で一番悲しいゴール」を演じた頃に戻るほどまで事態は深刻ではないし、考えを飛躍させる必要もないと思います。
あの地の果ての国に、帰路の交通事情のリスクを負ってまで駆けつける情熱を持った屈強の猛者たちが数多いですから(^^)。

@おやびん隊長wさま
お?またまた改名ですかい?(笑)。
例のラーメン屋まで3時間は、かかりましたね~。確かに途中も渋滞してましたね。何でもない普通の信号渋滞には笑えました。
当方、途中ナビにウソを言われ迷ったものの、2時間くらいで土浦北ICに到着、そこからは1時間弱で着きました。
鹿国~土浦30数㎞=2時間、土浦~自宅100㎞=1時間・・・
なんか理不尽だなぁ ヽ(`Д´)ノ ゴルゴル

投稿: nigoe | 2006/08/23 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/11556215

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島戦ゴール裏での2、3のギモン:

« 06【AWAY】第18節@鹿戦 | トップページ | 06【HOME】第19節@アヒル新潟戦 »