« 明日の敵地情報@鹿国 | トップページ | 鹿島戦ゴール裏での2、3のギモン »

2006/08/21

06【AWAY】第18節@鹿戦

ドライブがあまり好きでないダンナ(父が国鉄マンだったので鉄道派。ヲタではない。)を説得し、車で敵地に乗り込むことに(^_^)。
車移動のついでに、ダンナが学生時代に修論の研究フィールドとしていた石岡市某所へ寄り、『鹿嶋様(かしまさま)』を紹介される。060819tamatukuri2
 #写真はリンクに・・・ちょっと話題には似合わないので(笑)。こんな感じで鎮座まします。
その後『道の駅たまつくり』に寄り駐車場に入るやいなや、十数人の“ういあー”な同志たちが一斉に我が家の車に熱い視線を浴びせかけた。
マイカーは・・・ご覧のとおり、である(笑)。

13時過ぎ現地到着。暑い。 ((((;゜Д゜)))060819kashima1
しかし、お約束どおり大量のレッズサポが列を成していた。昨年よりは列の縄張りが長く、多少は現地スタッフも学習したかと感心していた。

が。開門すると様相一変、、、と言うよりも「例年どおり」の接客態度の悪さ。
なかなか列が動かない。どうしたものかと動きを待っていたら、原因判明。060819kashima2
ゲートに列を直接流入させないようにしていたのだった。
 ①まずは縦(進行方向)に列を“M字”に折りたたみ
 ②最前列をさらに“Σ字”に横方向に折りたたみ
 ③ゲート直前では“迷路柵”を設置(写真右)
と、3重のバリケード が・・・ ヽ(`Д´)ノ ゴルァ!
 遠方から来た「お客様」を迎える態度としては最低レベルの扱い。「アトラクションとして」だったら一興だったが(笑)。
 確かに、このような警戒心を与えた(昨年のゲート突破等)こちら側にも原因の一端はあるが、それにしても、人々が楽しむ興行のあり方としては極めて無礼な態度である。
さらに、「501ml以上の容量のペットボトルの持ち込み禁止」を盛んに叫んでいたが、この「501ml以上」の細かい表現にも、警備側の神経質さが伝わってきて、不快であった。
ちなみに、私は家で作った「ドクダミ茶」を凍らせたペットボトル(ION WATERのボトル入りなので、手作り感は見てわかる)を持参したのだが、「凍っている」という理由から、所持していたダンナから没収したそうな。わざわざ家で作ってきた飲物を投げる愚か者はいないのに・・・との判断はできないようだった(-.-;#)。
毎年毎年、豊富な話題を提供してくれる当地スタジアム運営である(^^;060819kashima3

さて、今回は特別に埼玉県代表コバトン様をご招待(^o^)/。
U-13の試合を観戦したり、名物を食したりと、コバトン様と共に過ごす。

そして夜の帳が降りた頃、選手練習~スタメン紹介。060819kashima5
対面のゴール裏に目をやると、恒例カシマ名物@挑発演芸会が始まる。
今年は“デカ旗”のみでなく、大量の“のぼり旗”(これをレンタル配布したのか?)“バルサン焚き”“紙吹雪”を披露。思いつくだけの小道具を駆使し、 唄い、しばし自己陶酔のご様子(笑)。毎度期待を裏切らない不思議さと気味悪さに満ちた「?」な演出である。060819kashima7

さて、肝心の試合であるが、一言で表現すれば、
 レッズの「自作自演」
と言えそうだ。
また、これにサブタイトルを付けるとすれば、
 昨年の再放送
とでも加筆できそうである。
まさか、
「今 年 も ジ ョ ー ジ が 審 判 だ と は 夢 に も 思 わ な か っ た」 
し、2点先行された後、試合終盤で同点弾を叩き込み引き分けに持ち込むところまで同じシナリオになるとは・・・エライ丁寧な再現演出である。

達也とワシントン。060819kashima8
期待の新生2トップは、序盤は確かに可能性を感じさせる動きを見せてくれた。前線からのプレッシングも効いていた。しかし、鹿島の最終ラインは堅く、レッズ攻撃陣の思い通りにはさせじと奮闘。時間の経過と共に相手の術中に嵌っていくレッズ。焦りが疲労を生んだのか、プレーの精度も時と共に落ちてゆき、膠着した状態が続いた。
相手アレックス・ミネイロが拙攻に終始している間に、レッズは先制点が欲しかった。
代表組を全員先発させた選手構成では、疲労蓄積からのペースダウンに見舞われることは、戦前からの自明の理。先制点が選手に与える活気は効果抜群である。だからこそ先制点が欲しかったのだが・・・。
その拙攻していたミネイロに前半40分に完全に競り負け、先制点を許し前半終了。

後半。
予想どおりと言うには口惜しいが、選手の疲労度がありありと見えた。
正直、長谷部は後半開始から替えて欲しかった。
その判断の遅さが影響したのだろうか・・・暢久の途中投入→闘莉王攻撃の稼働遅れ→暢久の凡パスミス→「QBK」ヘナギの開幕戦3得点以来、公式戦実に14試合ぶり(=16時間51分ぶり)のゴールを許すこととなった。

しかし、そこで終わらせなかったところに、ここ2,3年のレッズの成長を見た思いがした。
あきらめずにサイド攻撃と突破を仕掛けて揺さぶる。意外と早い時間にこの努力が結実し、3人の攻撃陣による完璧な1点目をゲット。
また同時に、鹿島の腰の引けた闘いぶりも見ることとなる。伸二の1点目直前のオーバーヘッドシュートがゴールネット上に乗ってしまったのだが、その処理を怠ったソガハタが遅延黄紙。しかしこれに懲りず、レッズが1点返した後も、鹿島の選手の間には同様の共通意識があり、転んでも起きない、担架を呼ぶ・・・目に余る行為にさすがのジョージもファビオ・サントスをシミュレーションの刑に処した(笑)。
対極的な両チームの戦術は、それぞれピッチ上の選手に伝染し、結果はこの闘いに対する心構えが反映したものとなった。
爺様ではない『サッカーの神様』は、努力をしたレッズの選手&サポにご褒美を与え、怠けとズルに走った鹿島の“選手”に罰をお与えになったのた。
闘争心を放棄した鹿島DFははじき飛ばされ、ワシントン砲は炸裂したのであった。

結果として、勝ち点1を拾ったのか、勝ち点2を失ったのか。。。私にはわからない。
ただ、スタメンを知って、試合前から選手は早々に疲労するだろうことは、私にだって容易に想像できたことである。
私にとっても、今年一番と言っていいほどの滝の汗を流した90分間だった。
ゴール裏でコールし続けただけでもそれほどの消耗を伴う気候条件に、途中交代の達也と長谷部以外の代表組は90分間耐えたのである。闘莉王と啓太にいたっては、見ていて非常に痛々しかった。いくら相手が鹿島だからとは言え、絶対に落としてはならない試合だからとは言え・・・。
前の席で、選手に「動けよ!オイ!」と終始怒鳴っていたサポ集団がいたが、それは酷と言うものであり、あまりにも想像力と現実味に欠如した物言いである。
選手は皆人間なのである。体が疲弊していては、動作が鈍くなるだけでなくプレーの精度も落ち、反比例して誤判断が増えるだけでなく試合後のダメージも蓄積するものだ。
フレッシュな選手を積極的に起用していたなら、こんな自作自演な苦労をしなくても良かったのかも知れないのではないだろうか。
監督には、是非とも選手起用の再考を願いたい。
これだけ「戦力豊富」と世間で羨望されているのだから・・・
ベンチは食料庫ではない。この暑さの中で、貴重な材料を大事に保管しすぎて腐らせては勿体ないというものである。

かたや鹿島。
いつの間に、こんな情けない試合運びをするようになったのだろう・・・これではファン・サポーターの心もスタジアムから離れてしまう。
それとともに、他のチームにも越えられてしまうというものだ。

レッズは“鹿島”という壁を越えつつあるのかも知れない。
しかし、“カシマスタジアム”の壁を超えなければ、真の意味で「栄冠」は訪れないと思う。
今年もまた、『宿題』を残してしまった。。。
これから1年かけて、この『宿題』に取り組んでいかなくてはならない。

|

« 明日の敵地情報@鹿国 | トップページ | 鹿島戦ゴール裏での2、3のギモン »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

うーむ、さすが。
テレビからは伝わってこない試合前の様子やこまかな選手の様子が伝わってきます。
これからもよろしくです!

投稿: 豆腐小僧 | 2006/08/21 22:58

@小僧さま
毎度ご愛読、ありがとうございます(笑)。
仰るとおり、現場で選手と同じ空気を吸っているのであれば、選手の状態もある程度察することができなければ・・・と思いますよ。
最近「結果至上主義」を唱える人が多いですが、選手は営業マンじゃないんです。状況や経過を見ず、結果結論だけで評価するのは、選手に対する愛情が無さ過ぎますよね。今日の「短絡的な結果主義」は社会に弊害をもたらしています。「法律に触れてなければいい」などという・・・自己規範のない思考回路。
私の持論は「感情移入無くしてスポーツの感動は無い」です。
選手も、現場&TV前のサポも、感情を共有することで感動するものだ、と思っています。
あー、久々に「青い」こと書いたなぁ(笑)。

投稿: nigoe | 2006/08/22 00:30

鹿島戦、お疲れ様でした。ホント、暑かったですねぇ。
あの暑さの中、スタジアム外の屋台の名物「もつ煮込み」は全店、完売でした。鹿島のテキ屋は浦和に足むけて寝らんないですね。
さて、憤慨しておられた鹿島の入場ゲートですが、あれは既に入場している人が火災発生時に速やかに非難(退場)できないので消防法の違反だと思うんですが・・・まあ、スタンドで発炎筒やスモークを焚いても何のお咎めもないエリアなんで消防法なんざあって無きがごときものなんでしょうね。
それにしてもアゥエーでの遭遇はどこまで続くんでしょう?
当然、セレッソ戦も大分にも行きますよね?
では、「現地」で。

投稿: スパイ1号 | 2006/08/22 11:56

@スパイ1号さま
スタジアム外の屋台村で「カレーラーメン」を食べました。
あの辺りは、店が密集しているせいか、他の建物の蔭より暑かったですね。ダンナが溶けちゃいました(笑)。
しかし、そういう私は元気なので、中でアツアツの「つみれ汁」を頂戴しました。帰りは運転したし元気元気(^o^)/

>消防法の違反
私もそう思います。
しかし・・・味方サポをバルサンで駆除する不思議な人たちです。だけど、あの演芸会も無きゃないで寂しく思うんでしょうね(爆)。

投稿: nigoe | 2006/08/22 19:36

前のコメントに誤りがありました。
セレッソ戦は現地でお会いするんじゃなくて、いつもの地下鉄長居駅近くの「たこやき屋」でお会いしましょう。

投稿: スパイ1号 | 2006/08/22 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/11543627

この記事へのトラックバック一覧です: 06【AWAY】第18節@鹿戦:

« 明日の敵地情報@鹿国 | トップページ | 鹿島戦ゴール裏での2、3のギモン »