« 06【HOME】第15節@大分鳥煮戦 | トップページ | 06【AWAY】第16節@ヴァンフォーレ甲府戦 »

2006/07/28

『甲府』と言えば・・・

ご存じの方も数多いとは思いますが・・・
ずいぶん前から、このような陣触れはあったものの、残念ながら主役は欠場(^^ゞ

明日は甲府戦。
通常のアウェー戦より、今回は妙にレッズサポのテンションが高いような感じがするのは気のせいだろうか・・・
J1初のお手合わせということで、先輩格のレッズサポとしては、新人の“甲府くん”に「あれやこれや」と気合いを見せつけてやりたいところであるが、この一戦も数あるアウェイ戦のうちのひとつ・・・現地参戦サポの皆様、平常心でよろしくお願いします。

さて、甲府と言えば、『武田節』
聞くたびに、ちょっと怖いくらいに甲州人の気質が表現されているなあ、と感じる歌詞ではある。

祖霊(それい)まします この山河
敵にふませて なるものか
人は石垣 人は城
情けは味方 仇(あだ)は敵
仇は敵

の一節に、戦場に臨む並々ならぬ決意と心得が表れている。
故郷を守らんとする不退転の決意。
そして「昨日の敵は今日の友」(仇敵であった山本勘助や真田幸隆を味方につけた話が有名)のように、人材を重んずる風土。

う~ん、、、
強引に妄想すれば、甲斐国に足を踏み入れた瞬間から、何かが飛んできそうな雰囲気が・・・  ((((;゜Д゜))) アブアブ・・・
ゴールという城を枕に討ち死に覚悟???
はたまた、戦国の世からの誼(よしみ)を通じ、越後や駿河からの加勢ありや???
 #新潟や清水からの突然の移籍があるとかないとか(笑)
 ##ちなみに第16節は「清水VS磐田」「横浜FMVS新潟」と、カード自体は直接影響ナシ

そして、甲府と言えばもうひとつ・・・『風林火山』。
孫子の兵法ほどいいもんではないにせよ(^^;、その精神はヴァンフォーレの選手達に植え付けられていることであろう。
たとえば、こんなふうに。

 『帰陣』・・・疾如風:(帰陣の際の)疾(はやき)きこと風の如く
 『攻』・・・徐如林:(攻撃は二の次)静かなること林の如く
 『白兵』・・・侵掠如火:(接触プレーで)侵略すること火の如く
 『守』・・・不動如山:(ゴール死守)動かざること山の如し

 

甲府に参戦される皆さん。
くれぐれも遠征道中お気をつけて、無事のご帰還を祈っております。
「ほうとう」も「ワイン」もいいですが、おみやげは必ず「勝ち点3」お忘れ無く。
留守組のわれらの分まで、サポートよろしくお願いいたします。
さいたまの空の下より、必勝の“念”を送り続けまする。

|

« 06【HOME】第15節@大分鳥煮戦 | トップページ | 06【AWAY】第16節@ヴァンフォーレ甲府戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/11130234

この記事へのトラックバック一覧です: 『甲府』と言えば・・・ :

« 06【HOME】第15節@大分鳥煮戦 | トップページ | 06【AWAY】第16節@ヴァンフォーレ甲府戦 »