« 『甲府』と言えば・・・ | トップページ | 親善試合と業務提携 »

2006/07/31

06【AWAY】第16節@ヴァンフォーレ甲府戦

甲府に参戦された皆様、本当にお疲れ様でした m(_ _)m

昨年流に言えば“HOT4”のラストの一戦となった甲府戦。
W杯再開後の初戦@新潟戦での出来の悪さが心配されたものの、川崎戦の闘争心あふれた試合、大分戦の厳しいながらも勝ちを拾った試合、、、と何とか結果を残してきたレッズ。
前半戦の中間試験としても、ドイツ合宿の成果を評価するにもちょうど良い試合ではあったけれど。。。

以下、TVですが観戦記。

予想どおり、甲府は立ち上がりからアグレッシブに挑んできた。
格上の相手に、失うものはない度胸と溌剌さが、画面を通して伝わってきた。そうやって、甲府も自らの力がどこまで通用するのか試している。ごく自然の展開である。
しかし、私が思っていたよりは、序盤から激しさは見られなかったと思う。
きっと暑さのせいもあったであろう、両者とも多少はセーブしてファイトしているように見えた。
対するレッズも、そんな相手を「受けて立つ」つもりだったのか・・・それほどボールに詰め寄ったり速攻を急かす様子はうかがえなかったと思う。

他の方々の意見を拝見すれば、「レッズの闘争心の不足」を挙げている意見が多かった。
しかし我が家のTV桟敷では、特に前半に関しては、それほど消極的とは感じ取れなかった。
どちらかと言えば、甲府にボールを持たせ走らせ消耗させる意図が感じられた。後半に勝負を賭ける作戦。良く言えば「大人のサッカー」(尊大に言えば「省エネ格上余裕サッカー」)をしているレッズ、と見えた。「ゲームはコントロールできている」と言った、ハーフタイムのギド監督のコメントからも、その意図を窺い知ることができた。
また、かねて懸念の達也1トップ布陣に関し、後方のサポートをケアしようと伸二がポジショニングに気遣っていたのも感じられた。平川もアレックス以上にサイドから起点を作ろうと多くチャレンジしていたと思う。

だが、、、だ。
いくら余裕があるからとか作戦があるからとか言っても、もどかしいプレーぶりが目についたのは正直なところ。
パスミスだけでなく、相手ボールになってからの初動の遅さには、私も短気になった。
特に前線への配球にチャレンジしたものの失敗して奪われたボールに対する、高い位置からの守備の無さには大いに不満であった。
そう、“トップ下”の2人。
伸二にしても、達也のサポートへの配慮は見られても、相手ボールになると簡単に見過ごしてしまう。また、○ョージから緊急夏期休暇を厳命され、元気なはずの暢久・・・「どういうこったぁ?」とTV前にて文句タレタレ。。。

闘莉王は、最初からどこか疲れているように私には見えたが、そこは“闘志の塊”の男、ピッチの上にいる以上は全力を注ぎ、集中力を途切らせることなく頑張っていた。啓太も同様に、無防備な自分の前スペースで起こったピンチを防ぐために奔走していた。
今のレッズは、啓太から後方の選手たちに支えられていると言っても過言ではないだろう。

ごく一部の「レッズの闘争心の不足」は、後半になり修正されることになった。
 後半11分:伸二→永井
 後半31分:平川→黒部
 後半40分:暢久→ウッチー

だが。
結論としては、この交代は「遅きに失した」ようである。
前半の対処が、逆に甲府に自信と意欲を与えてしまったようだ。ますます溌剌と有機的に動き出す甲府のフィールドプレーヤーたち。
ギドももっと早く気づくべきだったのではないだろうか。特にウッチーの投入は早急に手を打つべきだった。この日パスミスは多かったものの守備も攻撃も絡める長谷部を、中盤の起点として安定させる時間を増やしたなら、展開は違ったものになったかもしれない。

データは語る。
前半のシュート数は、甲府5本レッズ6本であったものが、後半は一方的に甲府に撃たれまくり。甲府6本に対しレッズはアレックスのゴール1本のみ・・・前半5本あったCKも後半1本のみ。
高い位置からの守備の欠如と、この数字は果たして無縁のものだろうか。。。

とにかく、今回も「勝ち点1」を拾った試合となった。
この“HOT4”で一貫された『達也1トップ』の意図は何だろう。
ワシントン復帰を見込んだ予行演習フォーメーションなのか?・・・いまだによくわからない。
しかし今は、『予行演習』をする時期ではない、『実践中』なのだ。

しばしの中断、役者も揃うことだろう。
バイエルン戦は全くの別物であり、修正点を窺い知ることはできないが、その後の時間は充分にある。
1トップ2シャドウを採用し続けるならその特徴を良く活かして欲しいし、中盤全体の連動性もしっかり修正して欲しい。

この“HOT4”でわかったこと。
それは、

「中盤が盤石ならレッズは強い」

ということかもしれない。

|

« 『甲府』と言えば・・・ | トップページ | 親善試合と業務提携 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/11167726

この記事へのトラックバック一覧です: 06【AWAY】第16節@ヴァンフォーレ甲府戦:

« 『甲府』と言えば・・・ | トップページ | 親善試合と業務提携 »