« ドイツに思わぬ敵が・・・ | トップページ | サッカーにおける危機管理 »

2006/06/13

【W杯】日本1-3オーストラリア

PVなど、おでかけ観戦したサポーターには、キツイ試合結果となったことでしょう。
私ですか?
試合前は、どんな熱狂が待っているのかとの期待で、直前に夕飯をそそくさと済ませ、家中の窓を閉め(騒音対策)、焼酎片手にTV前に陣取ってました。
しかし試合後は、早々にTVを消し・・・窓の外をのぞけば消灯家庭数が激増でした。

さて、以下、思いつくままにW杯日本の初戦の戦犯探し感想を。

まずは審判
開始から、定まらぬ判定に家中で激怒。
日本にラッキーなゴール判定はあったものの(それも含めて)不可解ジャッジの連続。ボディコンタクトに寛容すぎて、怪我人が出なければいいがと心配しました。しかし、試合が進むにつれ、判定基準の曖昧さから不可解さは度を増しました。宮本&ナカザーで黄紙を出し、終盤駒野の蹴り倒されたプレーにはお咎め無し・・・ハッキリ言ってゲームを荒らしている感さえありました。

選手について。
スンスケ序盤から飛ばしすぎの感あり(予想どおり、後半ペースダウン)。全力を尽くすことは結構なのですが、力みすぎの感が。これは福西や坪井についても同様です。
ヘナギは、「シュートを打つ気があるのか?」。足のケガは治せても、この持病は治らぬままのようです。
ヨシカツはファインセーブの連発で「神」でしたが・・・前に出た瞬間「まずい!」と叫んだ直後にボールは後方ネットを揺らしてしまって・・・これまた彼の持病でしょう。
もっとも、基本的に彼の活躍シーンが多くあってはいけないんですが。

展開について。
試合全体として、中盤と前線でボールが収まらない展開でした。
中盤省略系のサッカーは日本の本意ではありません。引き気味のDFからあわてて繰り出すロングパスによる速攻が多く、なかなかドリブル&ランの戦法ができず、そのうち相手のペースに徐々に引き込まれていったというところでしょうか。
1-0で折り返した後半、全体に引いた守備を長く強いられ、ボールキープの起点とすべく伸二を投入した(であろう)わけですが、追加点狙いか、守備固めか、時間稼ぎか・・・後半34分という“遅すぎる”伸二投入のあと同点にされたことで目的が曖昧となり、ピッチ上の選手たちの意思疎通が図れていなかったようでした。
最後まで1点を守りきれなかった、あるいは追加点を取れなかったことが大きな課題として浮かび上がりました。暑さを勘定に入れてペース配分すべきという考えもありますが、「初戦であり決戦である」という陣触れもあったため、パワー全開で臨むのはごく自然のことでしょう。こんな試合では、交代の用兵が勝負を左右するわけですが、これについては、以下。
しかし・・・選手全体として、合宿からの疲労を引きずっているように見えたのは私だけでしょうか。

采配について。
すべてにおいて、爺様の判断は“後手”“安直”でした。
坪井の負傷が、この試合の「岐路」となったような気がします。
リザーブ選手のアップが不十分であること、田中誠→坪井→その次はモニワ、という単純な図式での起用をしたことが、それを端的に顕しています。わざわざ左のナカザーを右に持ってくるくらいであれば、中タコが適任だったのでは。。。
また、極端に疲労の度が濃かったスンスケ&福西について、早期にケアすべきでした。
スンスケは後半、運動量もプレーの精度も落ちていたのは、TV桟敷からも明白でした。福西についても、前に行けずに最終ラインに押し込まれてバテバテで・・・この件は珍しく越後屋さんと意見が合いました。伸二の投入後は、私は念仏のように「福西がんばれ!」と、普段絶対に口にしない願いを続けていたものです。
私が望んだ交代起用は、
 ・坪井→中タコ(左ストッパー)
 ・スンスケ→伸二(中盤~前線タメ要員)
 ・福西→稲本orガチャピン(底の押し上げと最終ライン前防御)
でした。しかも、もっと早い時間での判断を望んでいたのですが・・・。
坪井のケガがなければ、
 ヘナギ→リザーブのFWだれでも
のFW交代によるスピード&攪乱戦法もあったかと。巻、大黒、玉田はそれぞれ足が早いので、足下レベルでの揺さぶりやDFライン裏戦闘が可能です。「でかい相手には空中戦ではなく地上戦」が、背の低いチームの常套手段なので、それに早い時間から素直に乗っておけば・・・と悔やまれます。

つまり、爺様が常々口にする「うまく回っているときは、やり方を変えない」は、結局「うまくいっていない時もやり方を変えない」ということだったわけです。選手を信じるのも良いですが、状況判断を放棄し、柔軟性を欠いた石頭では困ります。
これは親善試合ではなく『本番』なのですから、爺様の浪花節にはつきあえないのです。

逆にこれだけ怒りと不満のはけ口の試合になってくれて、すっきりしました(笑)。
文句を言わせてもらえて、かえって次なる戦いへの展望を抱かせてもらいました。
以前、“DF総取り替え”を敢行した英断をまだ持ち合わせていれば、、、“MF総取り替え”というのも一考でしょう。
伸二、稲本、小笠原、遠藤、中田浩、加地・・・成長した「恐るべき子どもたち」の活躍に期待です。
彼らゴールデンエイジの意思疎通力は、日本のサッカー史上、比類なきものがあります。
芯のブレない、強固な中盤構成なくして、現・日本の戦略は機能しないと思います。
「日本らしい闘い方」を、残り2試合で披露してもらいたいものです。

ダラダラ不満の多さにつられて、ダラダラ書いてしまいました。
え?いつもそうですか? すみません(笑)
長文お付き合いくださって、ありがとうございました m(_ _)m

追記:
ひそかなつぶやき。
「伸二は、対ブラジル戦要員ですよ、きっと。。。」

|

« ドイツに思わぬ敵が・・・ | トップページ | サッカーにおける危機管理 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

nigoeさま
僕は今回のW杯初戦はヒディングに負けたと思っています。ヒディングは侮るべからずだと思います。思い出してください。2002年に韓国をベスト4に導いた手腕を。そして今回も勝ち星の無かったオーストラリアに逆転勝利をもたらした采配。
今、オランダ人の友人30人にヒディングについてアンケートしています。(メールです)。モータースポーツの好きな友人達ですがみんなサッカーも大好きです。
そして彼らの一致した意見があります。
「ヒディングは才能を育ててチームを作る能力に長けた監督である」
日本はヒディングから学ぶものがあるのではないかと思います。いかがでしょうか?僕のサッカーの知識はまだまだ未熟ですがオランダの友人が書いてきてくれた返事には納得させられました。希望の方には英語の原文のテキストを送りますので僕のブログにコメントしてください。

投稿: なかじま | 2006/06/16 04:36

@なかじまさま

「監督の差」は試合前からすでに声高に叫ばれていて、いざフタを開けたら「やっぱりか・・・」という感想が多いですね。
ヒディングに関しては、98年自国、02年韓国とベスト4に進出し、そして今回の初戦勝利・・・と「勝つためのサッカー」を熟知しています。
ただ、これら3国とPSVもそうですが、いずれも、
“フィジカルの強さ”
を活かした戦術ですので、フィジカルの強くない日本人に彼の教育法がハマるかどうかは未知数だと思います。
また、ずっと気になっていたのが、その強さゆえなのか、はたまた選手個々の未熟さからか、相手チームの選手を「壊す」傾向にあります。02年のジダンへの怪我、そして今回、自国・オランダ選手への負傷(いづれも直前の親善試合)・・・この疑念を払拭できずにいます。そして先日、中村スンスケが壊されました。
私が説明するよりも、こちらに書いてありましたので、ご参考までに
        ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF

まあ、今大会終了後は、おそらくロシア監督(ここも体がデカイ)に就任するでしょうから、日本代表には縁がなさそうです。

投稿: nigoe | 2006/06/16 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10507391

この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】日本1-3オーストラリア:

» ワールドカップ [一期一会]
4年に一度の世界大会。国と国との戦い。日本を代表する23人の戦士達がドイツへと [続きを読む]

受信: 2006/06/13 17:27

« ドイツに思わぬ敵が・・・ | トップページ | サッカーにおける危機管理 »