« 待望論と期待感と運頼み | トップページ | がんばれ!Jリーガー »

2006/06/23

【W杯】日本1-4ブラジル

お疲れ様でした。


爺様は、愛弟子を最後に見切り、コンディション不良の選手を、“心中”の道連れ相手に選びました。
その選択についてどちらがどうのと言うものではなく・・・冷静さと客観性を欠いた采配を最後まで貫いてしまった、という結果でした。

相手はブラジル。
多くの時間を守勢に割かねばならないことは誰もがわかっていました。
それにしても、攻撃的な選手がいつまでも守備に張りついていては、最低命題である“2得点差(以上)”など叶えられません。「フリーキック限定要員か?」と思えるほど、プレースキックの場面以外での彼の持ち味は発揮できませんでした。さらに悪いことに運動量に乏しいうえに当たり負けが多く、、、正直、機能不全という感がぬぐえませんでした。しかしこの事態を招いたのは、彼自身というより彼を起用した側にあると思います。

さらに采配という点では、選手交代への疑問。
後半11分、みつをOUT→中タコIN。
中田英を前線に上げるため、2失点目の直後の交代でした。つまり、爺様は前半でみつをの状態を把握できていた(彼より中田英の方が攻撃の核となる)はずなのですが、「(同点直後の)後半開始」からではなく「逆転後」の交代という判断の遅さを露呈したのです。
しかしここで、“意外”と言っては失礼なのですが、中タコのパフォーマンスが良好だったのには驚かされました。前の試合から起用していれば(特に第1戦の坪井の交代時)、3つの試合は異なった戦績になったかもしれないと思うと悔やまれます。「たられば」ですが。
それはさておき、私の本音としては、みつをよりはるかに状態の悪いスンスケをどうにかして欲しかった。。。

その数分後(後半15分)、巻OUT→高原IN。
この判断には、逆に爺様の拙速さを感じてしまいました。巻はまだ動けたはずです。巻のような高い位置からのプレスが無ければ、選手は疲弊するだけでなく得点機も自ずと遠のいてしまいます。爺様は中田英を上げたことで「勝負」を賭けて高原を投入したのでしょうが、これが『不運』を伴って裏目となってしまいました。
高原には気の毒なことをしました。

数分で高原が負傷し、やむなく高原OUT→大黒IN(後半21分)。
この3枚目のカードを、後半開始から、スンスケOUT→伸二INで使えていたなら・・・と思うと、残念でなりません。
早々に3枚のカードを使い果たし、頼みの中田英は、時間と共に疲労の度を増すだけでなく、不安な守備のカバーに奔走して攻撃の集中力を奪われて、パスは繋がらずFWには球が収まらず・・・時間だけが無情に流れていきました。

ただ全体としては、強豪相手ということで積極的に走る姿勢は随所に見られました。
しかし、どちらかと言えば「走らされている」という印象を受けました。守勢に回った時の、“引きすぎる最終ライン”も一因となったと思います。相手に寄せれば抜かれるため、間合いを取ってしまう中盤でボールが取れないことも加勢してか、DF陣は“受け”に回っているようでした。この試合のゲームキャプテンを務めた中沢の声の少なさは、その消極性の表れではないでしょうか。

1点先制し、ほんの束の間「もしや」と期待を抱かせてくれました。
しかし、前半ロスタイムに同点にされたことが、今回の『日本代表』の有り様を如実に表す、象徴的なシーンだと思いました。
キープなどの手段を尽くさず、わずかな時間に1点守れない甘さ。
その後、気持ちが切れてしまったのか、下を向いてしまった甘さ。。。

後半は、走らされて消耗した肉体に焦りが拍車をかけ、プレーの精度も極端に低下。そのうえ、シュートコースを消されてフタをされてしまった相手ゴール前では、本番直前のシュート練習も役に立ちませんでした。戦術確認を捨ててまで取り組んだ特訓にもかかわらず。
かたや、ブラジル4得点のうち2得点は、素晴らしいミドルシュートであったことは奇しくも皮肉となりました。

4失点。完敗。終戦。
かくして、私たちはジーコジャパンの落日を見届けることになりました。

われらが代表の懸命の走力は徒労と化し、日本にとって“決戦”であった試合はロナウドの調整練習となっただけでなく、GK交代というブラジル陣営の余裕を見せつけられたことは、選手のみならず日本サッカー界にとって、そして私たちサポーターにとって屈辱的な結末となりました。

この悔しさを、これからの糧としなければなりません。
02年大会の躍進が日本サッカーの「甘さ」と「幻想」を生み凋落のきっかけになったとすれば、今回の屈辱を「再生」へのきっかけとすべきではないかと。
終了後のピッチに崩れ落ちた中田英の悔恨の涙は、私たちの悔しさでもあるのですから。


追記:
今日、早速このような情報が流れました。

 『柳沢が鹿島に完全移籍』(ニッカン)

 『宮本、セリエA移籍!年俸下がっても…29歳「最後のチャンス」』(サンスポ)

このタイミングでこのような発表を流すことを、どう理解していいのか。
私はわかりません。

|

« 待望論と期待感と運頼み | トップページ | がんばれ!Jリーガー »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

グゥの音も出ない・・・。でした。
次の代表監督はだれかな。。。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/06/23 23:50

お疲れ様でした。
これぐらいスッキリ負けたことは良かったのではないでしょうか?少なくとも惜敗でうやむやにされるよりは。今日は朝からメディアでのとり扱い方を興味を持ってみていましたが、「よくやった」という声はほとんどありませんでしたしね。

日本代表は終わってしまいましたが、W杯はこれからが本番です。さらに我らのチームも始動します。今日からは純粋にサッカーを楽しめそうです。

投稿: detto | 2006/06/24 00:02

おはようございます!!
オランダ政府観光局の公式ブログにもサッカーの記事が豊富です。
http://nbtc.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_0d58.html
今回のワールドカップサッカーの32チーム中に4チームの監督がオランダ人だったことに関する記述です。
僕はオランダ人は自分達の母国語であるオランダ語を大事にはしますが時と場合に応じて英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語を流暢に使い分けるセンスのよさに憧れています。
そして何よりも驚くのはそういった外国語は学校で教えるのではなくて日常生活の中で自然と身につけていくのがほとんどだということだそうです。驚愕!!
日本にきた外国人監督(トルシエさん、ジーコさん)は最後まで母国語での指導に固執して通訳がいつもそばにいました。
オランダ人監督のヒディングには通訳は付いていません。ヒディングが英語で指示を出しているのだと思います。郷に入っては郷に従えではありませんが、自分が教える国のメンタリティを理解するということがその国の言葉を理解することではないのかと思います。
今回の上記のリンクはオランダ政府の公式コメントであるのにビックリします。
日本も2010年にはベスト16まで最低でも進んでほしいです。頑張れニッポン!!
話題の趣旨がそれてしまってすんません!!

投稿: なかじま | 2006/06/24 10:38

おじゃまします。

セルティックのFK要員は、コンディション的にも、
戦術的にもダメでしたね。
俊輔は周りの早いサポートがあってこその選手。孤立して
しまっては何もできん。

一人でガボガボ抜いて行く選手ではない。

スンスケには、中田のサポートが必要だったように思えて
なりません。

ところが、DF側は、中田との距離が離れるのを嫌がっていました。結果爺様は、試合前中田の上がりを自粛するような指示を出したように聞いています。
これでは俊輔を経由した攻撃のサポートができません。
中田は相当もどかしかったと思います。

そして後半早々に逆転され、爺様は
点をとりにいく為にようやく中田英を上げました。
そこでナカタコをボランチに起用。珍しく適切。
だけど小笠原と交代ですか。およよ。
爺様、ここで一発懸けにでましたね・・・。

私なら、巻下げてナカタコかな〜。

で、中盤増やしてボランチの少し前、つまりスンスケのすぐ
後ろで中田をプレーさせた方が良かったと思います。
4ー5ー1ですね。

中田英とスンスケとの横の関係は、「ありえない」ですね。
Y字な奴らです。こんな感じ(▽)の連携はないですね。

点をとるのにFW下げてどうする?という話もありますが
そもそも、点をとるのためにどうするか?という話が
一番大事かと。
ご指摘のとおり、バックラインが異様に低かったです。
私は、中盤5人にするから、バックラインをあと10m上げろと
指示してほしかったです。
これもある種、点をとりに行く、というメッセージと思います。
単純に中田を上げるだけでは、守備の放棄と言う自殺行為のように思えてなりません。DFは相当混乱したと思います。

なりふり構わず打ち合いを望んだものの、結果的には
公開処刑。見た人すべてに、日本無様、という印象を
与えてしまったのではないかと思います。

波瀾万丈な人生、のような試合でしたね。

プレッシングからの速攻、日本らしさの片鱗も
見せられなかったのはちと残念。

投稿: hanaharahidenori | 2006/06/24 10:54

@小僧さま

>次の代表監督はだれかな。。。

協会組長の発言が故意かどうかが議論されていますね、実は学生時代演劇部だったとか・・・
“オツム”が“ツムジ”曲げなきゃいいんですが(笑)

@dettoさま

仰るように惜敗で終わるより、このくらいコテンパンに壊されたほうが、地均しされて立て直ししやすいでしょうね。
「雨降って ジーコ固まる」
なんちゃって(笑)。

>今日からは純粋にサッカーを楽しめそうです。

そう思った矢先、オランダ×ポルトガルの乱戦・・・(゜∀゜;)
前回の韓国戦同様、史上に残る怖ろしい試合となりましたね。
Jリーグでは勘弁して欲しいものです。

@なかじまさま

十数年、日本と関わる爺様ですが、仰るとおり、ほとんど日本語でのコミュニケーションを図りませんでした。うちのゲルト・コーチとの違いはそこにありますね(天皇杯3回制覇してますし)。
また、オランダのサッカー育成関連で言えば、以下のコラムは参考になります。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/coaching/column/200606/at00009596.html

サッカーの前に、人間教育が大事、ってことですね。
日本の“FK要員”に読んでいただきたいものです。

@hanaharaさま

その“FK要員”ですが(笑)・・・あの98年の決勝戦で、
「何故、体調不良のロナウドを出場させたのか?」
という、あの時の論調と同様のウワサが流れていますね、、、まあ、噂はウワサですが、私も一瞬そう思いました(^^ゞ
また某サイトでは「ナカータは、10番を下げて伸二を入れるよう、マスコミにメール送って外部からの盛り上げを図った」とのウワサもあるようで・・・。
私も、練習中にナカータが前線に上がることで爺様ともめていた話は知っていたので、あの試合後の涙は、「爺様にキレたんだなぁ」と素直に感じました。

ご指摘のとおり、7番と10番、さらに10番と18番の共存は「ありえない」ものでした。

投稿: nigoe | 2006/06/26 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10647977

この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】日本1-4ブラジル:

» 日本の誇りは保てたか [Supporter's Life]
1-4でW杯終了。「ブラジル戦と言えばアトランタ。勝つとしたら1-0しかないな・ [続きを読む]

受信: 2006/06/23 23:18

« 待望論と期待感と運頼み | トップページ | がんばれ!Jリーガー »