« ニュルンベルクの地へ | トップページ | PC壊れる・・・ »

2006/06/19

【W杯】日本0-0クロアチア

一夜明けて、、、皆様ごきげんいかがでしょうか。

さて、私は基本的にこう思っています。

 「調子の良い選手を使う。調子の悪い選手は無理して使わない」

私たちが普段観戦するJリーグにおいてでも、選手の好不調はわかります。
今季のJリーグでパフォーマンスの芳しくない選手が、W杯の本番で最高のプレーができるかと言えば・・・「できない」とは言い切れませんが「できる」と言うには難しいものがあります。

ガンバは好調でも失点試合が多く、またACLも抱えてのシーズンで疲労がありました。横浜FMも勝敗の浮沈があり、ジュビロに至っては監督辞任劇まであり・・・いずれのチームも守備面での不安を抱えていました。その一因として、各チームの“守備の要”というべき選手の不振があったと思います。その状態のままでW杯代表として選出された選手に対し、一抹の不安を感じていました。事実、代表選出時点では、レッズの守備力が一番だったこともありましたし。。。
攻撃の選手でも、久保の落選はこの事由によるものでした。
私が受けた印象では、宮本や中沢は、このW杯の試合中、受け身な場面が多く、焦りの色がうかがえます。特にクロアチア戦の宮本は、PKを与えたあと“ヘコんだ”ように見え、しばらくは自分を失っているようなプレーぶりで、その雰囲気が後方の選手に伝染しそうになりました。
しかし、その中で嬉しい大誤算だったのは、ヨシカツの「神セーブ」でしょう。これには脱帽という以上に、劣勢に立たされたチームに奮起を与えてくれました。その気迫に敬意を表します(“出過ぎ”がなければの条件付きですが)。

リーグ期間だけでなく代表召集されたあと、調子が上がれば喜ばしいのですが、逆に調子を落とす選手も出ることは仕方のないことです。その時には、好調な選手を起用すればいいだけの話です。
ただ、明らかに体調不良の選手を強行出場させたコーチ陣の判断はいかがなものでしょう。後半、コンディションの不良がたたり、運動量がガタ落ちのうえプレーの精度を極端に欠きました。また彼には、この試合の命題であった「ミドルシュートを打つこと」を求められない状態にありました。それは日本のTV画面にも明々白々に映し出されていました。
爺様自身が膝の負傷を抱えたまま出場したメキシコW杯で、自身のPK失敗により準々決勝を敗退した苦い経験は、どこへいったのでしょう。

また、私はこうも思っています。

 「試合とは、リザーブの選手も含めて全員で闘うもの」

絶対に勝たなくてはならない試合においては、冷静な判断が必要とされます。不安な状態に祈りすがるよりは、より確実なものに期待をかけたいものです。しかもベンチにはその期待に応えられる能力を備えた選手がいるのですから、その手段を使わない手はないと思うのです。
しかし、爺様は、足を痛め、利き足の爪が割れたうえに39度の発熱をし、フィジカル面に大きな不安のある選手を起用したうえに、練習では、「お前らが先発なんだ。あいつら(サブ組)は後発なんだ。お前らが何とかしなくてどうするんだ!」と、『先発組』と『後発組』という序列を形成し、23人が一丸となって闘う体制を自ら破壊しているようです。選手たちは決してそのような気持ちではないと思いますが、肝心の指揮官がハッキリと“線引き”をしてしまっているのでは、監督に関してはもうこれ以上の発展は望めないでしょう。

伸二、稲本、遠藤という「宝」ををベンチに温存している監督とは一体・・・

己の信念に固執する監督と、「全員一丸となって勝ちたい」と思う選手の間には、どこか価値観のギャップがうかがえます。中田が戦前の練習で少々爺様との意見の食い違いがあったとも聞いています。しかし、クロアチア戦、彼は多くのミドルシュートを放ち、チームメイトを信じてパスを出し(終盤は力尽きてミス連発でしたが)あらん限りの力で戦い抜きました。フィジカルに問題のない選手でも精根尽き果てた消耗戦でした。
それでも中田は、試合が終わる瞬間まで「何とかしたい」という闘志に溢れていました。
名選手というものは、技術に優れただけでなく、「強い心」が備わっているものなのだとあらためて思わされました。

先発起用したヘナギとみつを。
結果、爺様が信念にしがみつく形となってしまいました。前者については、早々に玉田にスイッチしたあたりの判断同様、今後は考え方を改めてもらうしか方法がありません。後者については予想外の誤算でした・・・後半は地蔵のように動けなくなり、爺様も祈るしかなかったのではないでしょうか。
同じ誤算と言えば途中投入した玉田でした。戦略としては理解できたのですが、いかんせん空回りで、我々含め、周囲が考えるようには機能しませんでした。また元気なはずなのに、なぜ終盤電池切れを起こしたのか・・・不思議でなりませんでした。また、タイプの似た大黒の投入にも疑問が残ります。確かに大黒も飛び出しが得意な選手ですが、アレックスの絶好のセンタリングに反応できなかったことも、誤算のひとつとなりました。かえすがえすも、ダイビングゴールの名人・巻の投入がなかったことが悔やまれます。
 #ゴールを決めたなら、“空飛ぶ日本人”の称号を与えてもいいかなと。。。個人的に(^^;

しかし、今回はネガティブな要素ばかりではなかったことが、せめてもの救いでした。
ひとつは爺様の珍しく迅速だった、後半開始からのボランチ交代の采配。
稲本と遠藤のどちらでも・・・と私は思っていましたが、爺様は稲本を選択。早速、中盤の底上げに効果を見せただけでなく、中田との守備のプレッシャー連携が良かったことに、一筋の光明を見た思いがしました。
もうひとつは、アレックスの後半からの逆襲。
それは6/3ナビ杯準々決勝で平川がマルコン相手に見せた戦法に似ています。消耗戦の状況で、彼はおそらく「後半勝負」に出たものと推察されます。対面のスルナに圧倒されっぱなしの前半を必死に凌ぎ、後半は体力自慢の特徴を活かし、積極的に勝負を仕掛けてきました。4バックのため、その分加地がDFに回されましたが、相手のストロングポイントには自分のストロングポイントを用いて挑む闘い方には賛同できます。これがW杯の醍醐味かと。。。

日本もクロアチアも同じ条件下の闘いでしたので、お互いに“決定力”に問題を抱えていることが明らかとなった試合結果となりました。
「勝てた試合」であったとも言え、相手も良く攻め込み、日本自身にもミスが多く「負けなくて良かった」とも言える試合でした。終わってしまったからには、そう考えるしかありません。
次は難敵中の難敵、ブラジル戦。
数字上の確率が「ゼロ」でない限り、私たちサポーターもあきらめません。
自分たちが日頃支える、仲間である「選手」たちが、遠きドイツで闘っているのです。
私たちも、「闘う当事者」であることを忘れてはなりません。

私のブラジル戦に臨む希望はただひとつ。
爺様が己を捨てること、それだけです。

がんばりましょう、最後まで。

追記:
試合終了直後に、喜びの表情を見せた日本女性の姿が映し出されました。
正直、神経を逆撫でされましたが・・・現場には「引き分けで助かった」との雰囲気があったのでしょうか。TV桟敷との温度差を感じました。
また、同時に、クロアチアのサポーターの落胆した表情も映し出され、かたや和やかな表情とも取れる日本のサポーターの姿があり・・・この受け止め方の違いは何なのでしょう?
この状況にも両国サポーターの温度差を感じました。

|

« ニュルンベルクの地へ | トップページ | PC壊れる・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

nigoeさん、こんにちは。
昨日書いた僕のblogは、少々頭に血が上ってました。
ヒデも俊輔もへばっていましたが、アレは最後までアレらしくプレーしてましたね。それだけに、最後のアレのクロスに飛び込む奴がいなかったのが残念です。

試合終了後に、喜んでたあの人は、いったい何なんでしょうねえ。テレビに映った他の人のなかでも笑顔がありましたよね。現地には、サポーターがいなかったんですかね?彼らは現地に行ける特権があるのだから、必死にサポートする義務があると思っちゃうのは、ゴール裏に染まってるからなんでしょうか?

投稿: no3 | 2006/06/19 18:38

全般にわたり、胃が痛くなりそうな試合でした。
それがいけなかったのか、観ながら飲んだ酒がいけなかったのか、治まりかけてた発疹が再発。
暑いし不快な一日でしたー。
23日は、24日に住民参加活動を企画・運営をするため生で観るのは控える予定。活動が雨で中止になればなぁ。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/06/19 21:13

日にちを間違えました。
23日にイベントなので、23日の早朝は無理かなぁ・・・でした。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/06/21 00:50

@no3さま

いつもありがとうございます。
当時、私も相当頭にきておりました。

>テレビに映った他の人のなかでも笑顔がありましたよね。

ドイツやイングランドのサポーターにも笑顔がありますが、「サッカーを楽しんで」の笑顔に見え、違和感はあまり感じませんが、しかし日本人の笑顔には、どこか違うものを感じます。単に「イベントを楽しんでいる」ようなそんな印象でしょうか。
渋谷で警官に体当たりした若者を見て、そう感じます。

@小僧さま

23日の場所はどこですか?
埼玉周辺は、23日の降水確率60%と出とります。
期待大かと・・・(笑)

投稿: nigoe | 2006/06/21 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10592491

この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】日本0-0クロアチア:

» 日本vsクロアチア [しもべ日記]
とりあえず、チャンネルは、NHKハイビジョン。角澤実況とか松木解説とか香取応援団 [続きを読む]

受信: 2006/06/19 18:41

« ニュルンベルクの地へ | トップページ | PC壊れる・・・ »