« 06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦 | トップページ | 『かにゴールキーパー』 »

2006/06/06

啓太の決意

啓太の決意表明が、あった。

ウクライナの名門、ディナモキエフからの練習参加依頼があったという。
 #ディナモキエフについては、こっちはさっぱり理解できないので(爆)、こちらをどうぞ。。。

結論としては、オファーを断ったということである。
サッカー選手は、現役で活動できる期間が他のスポーツに比べて短いこともあり、練習参加とは言え、このような魅力的なオファーがあると、正直、心が揺れ動くことだろう。かのシェフチェンコを擁し欧州を席巻したチームであり、元同僚ニキフォロフにも縁のあるチームである。
若者が人生を左右する決断をするとき、“可能性”に賭ける冒険を選択するのは、ごくごく自然のことである。

しかし悩み抜いた末、彼は断ったそうだ。

まずはこのチームで優勝したい、また、選手としての夢である日本代表、そしてワールドカップ出場につなげるためにも、このチームで選手としての能力を高めることが海外で今プレイするよりも大切ではないかと判断しこのチームで選手としての能力を高めることが海外で今プレイするよりも大切ではないかと判断」したという。
私は、その決断を支持したいと思う。

彼が、レッズを愛してくれていることに敬意を表したい。
今、彼は、レッズのサッカーを楽しんでいる・・・そんなプレーが随所にうかがえるし、愛するチームの優勝に貢献したい、という気持ちも偽らざるものであろう。
確かに、四番様のフォローに苦労が絶えない日々(笑)ではあるが、この功罪(?)か、チームに欠くことのできない存在となったことはご周知のとおりであるし、彼自身も自覚している。
また、伸二がフェイエ移籍の時、彼にその後のレッズを託した話を思い出した。その伸二と共に少しでも長くプレーしたいと思うところもあったかも知れない。

宇宙開発の前に、海外開発。

海外開発の前に、地元(浦和)での地盤をしっかり固めよう。

啓太、がんばれ!
一緒に優勝しよう。
そうすれば、自ずと輝く将来はやってくる・・・練習参加ではなく『移籍』というかたちで。

明日のナビ杯準々決勝@川崎戦、必ず勝とう!!!

|

« 06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦 | トップページ | 『かにゴールキーパー』 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10417379

この記事へのトラックバック一覧です: 啓太の決意:

« 06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦 | トップページ | 『かにゴールキーパー』 »