« ミドルシュートの科学 | トップページ | 【W杯】日本0-0クロアチア »

2006/06/16

ニュルンベルクの地へ

ニュルンベルクと言えば・・・『ニュルンベルクのマイスタージンガー』。
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』と言えば・・・R・ワーグナー。
R・ワーグナーと言えば・・・『ニーベルングの指輪』。←ビミョーに違うんだな、これが(^^;ゞ
『ニーベルングの指輪』と言えば・・・『ヴァルキューレの騎行』。

と、言うことで、2、3日前から、『ヴァルキューレの騎行』※が頭の中をぐるぐる回っています。強引なイントロで失礼しますた(笑)。

さて、ニュルンベルクは、日本代表の第2戦、クロアチア戦があります。
その決戦が行われるフランケンシュタインスタジアムのピッチに、日本代表の選手より一足お先に立ったのが・・・

 主審 上川徹
 副審 廣嶋禎数

の、ふたりでした。

舞台は、イングランドVS.トリニダード・トバゴ戦。
前半のイングランドFKやり直しの際、ベッカムとも会話。
「あとでサインください」
なんてことは言ってないと思いますが、世界的プレーヤーがずらりと並ぶイングランド選手に対しても臆することなく、2試合目も何とか無難にこなした模様。

ほう、、、イエロー6枚ですか。。。
その割には試合も荒れなかったのではないかと。
私らは、もっと厳しいお裁きを受けてますからね、それに比べたら・・・って感じです。

選手のほうは、どうなることやらわかりませんので、せめて“チーム上川”には、日本の厳しさと力を世界に見せつけてやってほしいものです。
そして予選突破し、決勝トーナメント進出を果たされんことを期待しています。

“主役”の日本代表選手も、いよいよ現地入りの模様です。
露払いは審判団にしてもらったし・・・あとは土俵入りだけです。
“徳俵”使ってでも、なんとか「のこって」欲しいものです。

絶対勝て!!!
がんばれ ニッポン!

※事後注釈ですが。
『ヴァルキューレの騎行』とは・・・
・シニアの方:映画『地獄の黙示録』の、ヘリ空爆シーンに流れていた、あの曲です。
・お若い方:NACK5の『ファンキー・フライデー』リスナーであれば、
“ハッキリ言ってYes or No”のコーナーで流れている曲です。
カーステで聞くと「事故率№1」の歌曲だそうですので、絶対に運転中に聞かないでくださいね(^^;

|

« ミドルシュートの科学 | トップページ | 【W杯】日本0-0クロアチア »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

ワールドカップのピッチの上で日本人を見るとどきどきします。
いよいよ明日ですね。
たのしみー。

投稿: 豆腐小僧 | 2006/06/17 11:51

クロアチア戦、終わりましたね。

 _| ̄|○

※上記エントリをご参照ください。

トオルチャン、廣嶋さんもサウジアラビア―ウクライナ戦で控えの第4、第5審判を担当することが決まったようです。こちらも首の皮一枚・・・残念。

投稿: nigoe | 2006/06/19 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10550816

この記事へのトラックバック一覧です: ニュルンベルクの地へ:

« ミドルシュートの科学 | トップページ | 【W杯】日本0-0クロアチア »