« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の22件の投稿

2006/06/30

「浦和レッズは皆さまのもの」

6月も、今日で終わり・・・上半期終了。

さて、2日出遅れた話題ですが、28日にレッズのクラブ臨時株主総会が開催されたことはオヒサルでも発表があった。
役員人事での社長交代。
この中で、私の目に止まったのが、犬飼前社長のコメント。

「これ以上社長を務めると知らぬうちに権力集中する等の弊害も懸念(後略)」

潔い身の引き方で、藤口新社長へ禅譲・・・ということである。

さらに目を引いた言葉は、文末のこの一文だった。

「浦和レッズはいつまでも皆さまのものです。」

現在、ジェフを取り巻く世界は、混乱を極めている。
淀川社長が、当初こんな軽率な言葉を口にしたばかりに、ジェフのクラブには抗議が殺到したという。
サポーターとしては自然の行動である。
それを受けて、翌日には意見を翻し、契約をタテに反対姿勢を見せた。
これらの顛末が、オシムに苦悩を与えることとなった。

事のはじめは、協会組長の発言によるものだが、クラブの姿勢が混乱に拍車をかけてしまった。
なぜ最初から、
「オシムは渡せない」
と言えなかったのだろう・・・何とも釈然としないジェフの対応である。
サポーターの抗議によって方針を変えることは時としてあるものの、クラブにとって一番大切な“軍師”を簡単に手放すような言葉を簡単に発することは、誠に信じがたいことである。短期的にはクラブの今季の行方を無視した発言であり、人情的には“サポーター不在”の態度が無意識に表れている。「薄情」というほかはない。

もしレッズに同じ事態が訪れたなら・・・。
私は、犬飼前社長の、
「いつまでも皆さまのもの」
という言葉を信じたい。。。否、これまでの前社長だけでなく、創設時からのクラブの姿勢からも信ずるに値する言葉である。
それは、レッズのクラブスタッフには、

「レッズを愛する心」

を感じるからである。
Jリーグに出向したミスター・佐藤仁司さんは、かつて、警察に問題を起こしたサポーターの名簿の提出を求められたとき、
「仲間の名前は売れねえ!」
と言ったというエピソードがある。
そして、藤口新社長も、かつては現場で体を張って、サポーターとの理解を深めた人物である。
新社長も、レッズを愛する心に満ちている・・・この人事を幸いとしたい。

“愛する者”は、そう簡単には手放せないものである。
手放すときは、相手の発展を願いつつも、時間をかけて留まることを切実に希い訴えるものだ。そうやってお互いに心の折り合いをつけて結論を出す・・・情のある人間の普通のプロセスであると思う。

仮に・・・オシムが去ってしまったとしたら、その後のジェフのクラブとファン・サポーターの関係に、私は不安を感じる。
サポーターの猛抗議がないと、こんな簡単なことに気が付かないのか。
契約をタテに取らないと強気に出られないのか。

クラブが心根を入れ替えない限り、同じ混乱を招くことは必定である。
もっとクラブを、“仲間”であるメンバーやサポーターを愛して欲しい。

追記:
ニュース映像にあった、成田空港でのオシムの来日シーンで。
オシムの奥様を、一瞬、サッチーと見間違えたのは、私だけでしょうか???(゜▽゜;)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006/06/29

続・祝いたい人がいる

6月8日にお祝いしたこの方に、再び慶事が訪れました。

『上川氏ら準々決勝で控え審判員』(スポーツ報知)

上川主審が第4審判、廣嶋副審が第5審判として、見事準々決勝進出を果たしました。
 (ノ^◇^)ノ バンザーイ

イタリア×ウクライナ戦の担当だそうで、控え審判とはいえ、“日本代表”として決勝トーナメントに進出してくれました。
まあ、1人に3枚の警告を出したり、1試合に黄紙16枚+赤紙4枚出した人は当然除外されると予想できましたので、選出される可能性は結構あるかな、、、と思っていました。
先発はないでしょうが、
サッカーは何が起こるかわからない競技であることは周知の事実。

虎視眈々・・・機会を待ちましょう (゜∀゜)

これで何とか、日本サッカー協会のメンツも少しは保たれたのではないでしょうか。。。
 
#んなわけないか・・・今はオツムで頭(おつむ)いっぱいの協会幹部(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/27

本日の『オシムの言葉』

「悔いも恥じもない」
と言った、前・日本代表監督

『ジーコ監督「敗因は体格。監督ありきではダメ」』(報知)

日本人の体格について、熟知したうえで監督を引き受けたわけでしょう。
「監督ありきではチームは強くならない」とは、爺様の4年間を端的に表しています。体格が劣るから、監督が何とかしなければならないでしょうに。職務放棄も甚だしい。

『ジーコ監督、若い頃から下半身鍛えろ!』(Yahoo!スポーツ)

ロナウジーニョやカカを例に、子供の頃からの食事も含めた体づくりを説いたそうで。確かにメッシもそうだったとは聞いています。仰ることはごもっともですが、その基礎を欠いた上で何とかして欲しいからと思ったのですが・・・原則論ですか、はぁ。
すべてお膳が揃わないと、「ひとりでできない」わけですね。
まあ、今後の課題としてうかがっておきますが。

で、けさ。
私のおなじみ、フジテレビ『とくダネ』で、オーストリア滞在中の“オシム・インタビュー”映像がありました。
日本代表への課題として、オシムはこう語っておりました。

「日本人の資質と速さを活かしたサッカーをする必要がある」

『無いものねだり』をする人と、『あるものを有効活用する』人の、考え方の違いがハッキリ出ています。
また、「海外組をどう取り入れていくかが課題となる」とも語り、これまた人材資源の有効活用を説いているわけです。

ちなみに、昨日は、
「“個”無くしての“組織”はあり得ない。“組織”が“個”を支配しすぎてもならない」という主旨の言葉も言っておりましたが、これは前任者の言う「監督ありきはダメ」という意味とは異なります。“個”と“組織”のバランス保持の重要性を指摘したものです。

さてさて、どうするか。
「オツム」が「ツムジ」曲げなきゃいいんですが、ねぇ。。。
            ↓
『オシム氏「断るかも」初めて胸の内語った』(ニッカン)

追記:
私は、特にオシム支持論者ではありません。
監督人事については割と静観しています。
前任者が前任者だっただけに、「それ以下」の後任人事は確率的に低いと思われ・・・(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/06/26

がんばれ!Jリーガー

本日未明、イエロー16枚、レッド4枚という壮絶な死闘となったオランダVSポルトガル。
いや、死闘というよりレフェリー演出の乱戦物語、といったところでしょうか・・・只今、BSにて放送中(@◇@;)/~

そこで。
たまには殺伐としたW杯の話題から離れて、ちょっと一息・・・(^0^)

お昼に、何気なくNHKの『スタジオパークからこんにちは』を見ていたら、、、懐かしの岩本輝雄が出演していました。
あ・・・「懐かし」は失礼ですね。まだ現役引退していないので、“フリーのサッカー選手”(本人談)でした。平たく言えば『浪人中』ですね。
 #いちおう、肩書きは“元サッカー日本代表”となってますた。。。

BSでつい最近まで放送されていた『東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅』の総集編が、今夜22:45から放送されるとのことでの番宣出演でした。
私も数回見たことがあるのですが、名古屋の近くで、グランパスのレプリカを持ってきた人が、旅の応援をしに沿道まで駆けつけて来たのが印象的でした。

さて、岩本テルと言えば・・・
レッズサポの皆様には、野口、ベッチーニョと並んで煮え湯を飲まされた、ベルマーレの記憶に残る選手。あの96年新潟での歴史的惨敗試合で2点も叩き込まれたことが今でも脳裏に鮮やかな、あのにっくきテルですね(笑)。
 #う゛、、、ボロぞうきんのような心を引きずって新潟から帰った記憶が甦ってしまった。。。
その彼が、ケガに苦しみ只今浪人中・・・のところに、この東海道五十三次・徒歩の旅の話が来て、正直その当時、
「サッカーを続けるか、辞めるか」
で相当悩んでいたそうですが、
「この旅をやってみてからどう思うか・・・」
ということで挑戦してみたそうです。

やはり負傷の足を治療しながらの道中だったそうですが、結果は意外なものに。
旅の出発前にあった足の痛みは半減し、縄跳びでジャンプもできるようになったとか。
旅を終えた今では、
「もう一度、サッカーを続ける自信になった。復帰のための練習を始めた。」
とのことです。
また、旅の途中で出逢った人々のおかげで、「人生の幅」ができた、と、彼は活き活きとした表情で語っていました。

良いお話です。
長い人生、どこに「きっかけ」が転がっているかわかりません。旅を通して自信を取り戻しただけでなく、人生を学ぶという貴重な体験をしたことは、彼にとっての幸いでした。
まあ、過去の恨みはイロイロありますが(笑)、素直に「がんばって」と応援したくなりましたよ。

がんばれ、テル。
可能性がある限り。
現役への情熱がある限り。

日本代表の選手にも、是非観ていただきたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/23

【W杯】日本1-4ブラジル

お疲れ様でした。


爺様は、愛弟子を最後に見切り、コンディション不良の選手を、“心中”の道連れ相手に選びました。
その選択についてどちらがどうのと言うものではなく・・・冷静さと客観性を欠いた采配を最後まで貫いてしまった、という結果でした。

相手はブラジル。
多くの時間を守勢に割かねばならないことは誰もがわかっていました。
それにしても、攻撃的な選手がいつまでも守備に張りついていては、最低命題である“2得点差(以上)”など叶えられません。「フリーキック限定要員か?」と思えるほど、プレースキックの場面以外での彼の持ち味は発揮できませんでした。さらに悪いことに運動量に乏しいうえに当たり負けが多く、、、正直、機能不全という感がぬぐえませんでした。しかしこの事態を招いたのは、彼自身というより彼を起用した側にあると思います。

さらに采配という点では、選手交代への疑問。
後半11分、みつをOUT→中タコIN。
中田英を前線に上げるため、2失点目の直後の交代でした。つまり、爺様は前半でみつをの状態を把握できていた(彼より中田英の方が攻撃の核となる)はずなのですが、「(同点直後の)後半開始」からではなく「逆転後」の交代という判断の遅さを露呈したのです。
しかしここで、“意外”と言っては失礼なのですが、中タコのパフォーマンスが良好だったのには驚かされました。前の試合から起用していれば(特に第1戦の坪井の交代時)、3つの試合は異なった戦績になったかもしれないと思うと悔やまれます。「たられば」ですが。
それはさておき、私の本音としては、みつをよりはるかに状態の悪いスンスケをどうにかして欲しかった。。。

その数分後(後半15分)、巻OUT→高原IN。
この判断には、逆に爺様の拙速さを感じてしまいました。巻はまだ動けたはずです。巻のような高い位置からのプレスが無ければ、選手は疲弊するだけでなく得点機も自ずと遠のいてしまいます。爺様は中田英を上げたことで「勝負」を賭けて高原を投入したのでしょうが、これが『不運』を伴って裏目となってしまいました。
高原には気の毒なことをしました。

数分で高原が負傷し、やむなく高原OUT→大黒IN(後半21分)。
この3枚目のカードを、後半開始から、スンスケOUT→伸二INで使えていたなら・・・と思うと、残念でなりません。
早々に3枚のカードを使い果たし、頼みの中田英は、時間と共に疲労の度を増すだけでなく、不安な守備のカバーに奔走して攻撃の集中力を奪われて、パスは繋がらずFWには球が収まらず・・・時間だけが無情に流れていきました。

ただ全体としては、強豪相手ということで積極的に走る姿勢は随所に見られました。
しかし、どちらかと言えば「走らされている」という印象を受けました。守勢に回った時の、“引きすぎる最終ライン”も一因となったと思います。相手に寄せれば抜かれるため、間合いを取ってしまう中盤でボールが取れないことも加勢してか、DF陣は“受け”に回っているようでした。この試合のゲームキャプテンを務めた中沢の声の少なさは、その消極性の表れではないでしょうか。

1点先制し、ほんの束の間「もしや」と期待を抱かせてくれました。
しかし、前半ロスタイムに同点にされたことが、今回の『日本代表』の有り様を如実に表す、象徴的なシーンだと思いました。
キープなどの手段を尽くさず、わずかな時間に1点守れない甘さ。
その後、気持ちが切れてしまったのか、下を向いてしまった甘さ。。。

後半は、走らされて消耗した肉体に焦りが拍車をかけ、プレーの精度も極端に低下。そのうえ、シュートコースを消されてフタをされてしまった相手ゴール前では、本番直前のシュート練習も役に立ちませんでした。戦術確認を捨ててまで取り組んだ特訓にもかかわらず。
かたや、ブラジル4得点のうち2得点は、素晴らしいミドルシュートであったことは奇しくも皮肉となりました。

4失点。完敗。終戦。
かくして、私たちはジーコジャパンの落日を見届けることになりました。

われらが代表の懸命の走力は徒労と化し、日本にとって“決戦”であった試合はロナウドの調整練習となっただけでなく、GK交代というブラジル陣営の余裕を見せつけられたことは、選手のみならず日本サッカー界にとって、そして私たちサポーターにとって屈辱的な結末となりました。

この悔しさを、これからの糧としなければなりません。
02年大会の躍進が日本サッカーの「甘さ」と「幻想」を生み凋落のきっかけになったとすれば、今回の屈辱を「再生」へのきっかけとすべきではないかと。
終了後のピッチに崩れ落ちた中田英の悔恨の涙は、私たちの悔しさでもあるのですから。


追記:
今日、早速このような情報が流れました。

 『柳沢が鹿島に完全移籍』(ニッカン)

 『宮本、セリエA移籍!年俸下がっても…29歳「最後のチャンス」』(サンスポ)

このタイミングでこのような発表を流すことを、どう理解していいのか。
私はわかりません。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/06/22

待望論と期待感と運頼み

いよいよ今宵、ブラジル戦となりました。
各紙、さまざまな報道がなされていますが、目にとまった記事をご紹介。。。

『ヒデが小野が稲本が…決める!』(デイリー)

原点回帰・・・“黄金の中盤”への『期待感』。
実は、私も狙っています(笑)。
先日のオーストラリア戦エントリの追記にも書きましたが、

 伸二は、対ブラジル戦要員

だと思っています。
巧さには巧さでぶつかって欲しい、そう思います。
でなければ、伸二がドイツに行った意味がありませんし。

また、この選手↓に対する『待望論』も、しかりですね。
『秘策スタメン隠し…あるぞ巻投入』(デイリー)

“スタメン隠し”を「本気度の表れ」というのはどうかと思いますが(今まで何だったんかい?)、伸二と巻の起用は待ち望まれるところです。

もう、ここまで来たら、みんなが見たい、選手がやりたいサッカーをして欲しいものです。
爺様の石頭思考回路と心中する気はさらさらございませんから。

またもうひとり、この人↓にも期待したいと思います。
ブラジル戦に複雑な感情 勝利のみ目指す三都主』(Yahoo!スポーツ).

彼が帰化して以来、「この日」を迎えることは、誰よりも感慨深いものがあるでしょう。
「これをやったらブラジルに勝てるというものはない。とにかく一つ一つのプレーで負けないこと」。
日本代表としてはもちろんですが、“2つの母国”への感情を越えて、彼のすべてを賭けて相対するあらゆるものに打ち勝つことを願っています。がんばれ、アレ!

あとは、クロアチア、オーストラリアの戦績が日本にとって有利になるよう、『運頼み』です。
もちろん、それ以前に日本自身がブラジルに2点差以上で勝たねばお話になりません。
サッカーの神様と爺“神”様のどちらが霊験あらたかなのか・・・日本に味方してくれれば、どっちでもいいです。どちらも味方であれば結構なことでございます。これまた『運頼み』(笑)。

そういえば、またまた恒例・けさのフジテレビ『とくダネ』で、

 “バロンドールの呪い”
 “ブラジル1次リーグ3戦目のジンクス”

という説が、公共の電波を使用して、まことしやかにささやかれて(笑)いました。
“バロン・ドールの呪い”・・・それは、
「W杯の前年にバロンドールを受賞した選手が属する国は優勝できない」
“ブラジル1次リーグ3戦目のジンクス”・・・それは、
「勝てない」(94大会vs.スウェーデン[1-1]、98大会vs.ノルウェー[1-2])

こんな運まで味方についてくれれば、、、何とか、、、う~ん。

新たな選手起用への待望論、黄金の中盤への期待感、そして他力の運頼み・・・
なんでもかんでも総動員して、一次リーグ突破できることを、ただただ祈っています。
奇跡を信じて。

そして、私の願い。。。

続きを読む "待望論と期待感と運頼み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

ドルトムントへ『除夜の鐘』

三省堂『大辞林』第二版に、こうありました。

【煩悩】(ぼんのう)
人間の身心の苦しみを生みだす精神のはたらき。肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着など。「三毒」「九十八随眠」「百八煩悩」「八万四千煩悩」などと分類され、これらを仏道の修行によって消滅させることによって悟りを開く。

日本代表の選手たちを、“決戦の地”で心おきなく闘わせたい--------。

煩悩の塊の権化となりし爺様の心頭を滅却せんがための方策を考えてみました。
私には除霊を行う技術も能力もありませんが、上記辞書にてハタと思いついたのは・・・『除夜の鐘』。
煩悩もイロイロあるようですがよくわかりませんので(^^;、“ゆく年来る年”恒例の「百八煩悩」を除くことができればと思います。現実として我が家に鐘は無いので、私の願いを鐘の音に変え届けることで、爺様の「悟り」を導き、がけっぷちの日本代表の闘いに活路が見いだされれば、、、と切に願っております。
今宵よりこの願いを送れば、明日の深夜までには爺様の耳に届くかと。。。

では、早速。

コ~ン。。。

続きを読む "ドルトムントへ『除夜の鐘』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/20

PC壊れる・・・

標題のとおりです・・・



  _| ̄|○ しょっく・・・



昨年の11月に買ったPCが、ついに壊れてしまいますた (´д`)
購入して半年余りの惨劇に、ボーゼンとしてしまいました。
昨夜、点けっぱなしにしていて、メールでもチェックしようと思いマウスを動かすも・・・
画面真っ暗。動かない。
スタンバイ(サスペンド)状態で固まっており、全然作動しないのです。
強制終了させ、再度スイッチを入れると、、、再起動の嵐。 
Winが立ち上がり壁紙がしばらく映ったかと思ったら、また勝手に再起動。
「再起動」の無限ループ地獄に陥ったのです。
      (((;゜Д゜)) ♪来る~ きっと来る・・・
なんと、『リカバリCD』も効かないほど。
まるで、ドイツにいる日本代表監督の思考回路のように・・・

けさ、サポセンに電話し、小一時間ほど格闘するも、
「機械的な故障の可能性が高いですね。修理に出してください」
との宣告を受け、明日から1週間ほどの入院が決定。
保証期間内なので、修理代もかからず安心しました。
 #ってか、半年しか経ってないのに、壊れるのがおかしいぞ!(`~´)

幸いにも、旧PCが元気だったので、仕事も続けられそうでホッとしました。
在宅ワークの方、PCは2台あると助かりますよ。。。(^^;ゞ

この1週間は、更新は控えめになりそうです。
PCが修理から戻って来たとき『ジーコ日本』はどうなって(PC負荷減のため、以下自粛)。
なんだかんだ言って、明日も書くんだろうなぁ・・・ネタあるし(笑)

追記:
“追記”でなんですが、、、
千島、愛媛でもがんばって!
レッズから移籍した選手は、移籍先で大バケす(引き続きPC負荷減のため、以下自粛)

| | コメント (2)

2006/06/19

【W杯】日本0-0クロアチア

一夜明けて、、、皆様ごきげんいかがでしょうか。

さて、私は基本的にこう思っています。

 「調子の良い選手を使う。調子の悪い選手は無理して使わない」

私たちが普段観戦するJリーグにおいてでも、選手の好不調はわかります。
今季のJリーグでパフォーマンスの芳しくない選手が、W杯の本番で最高のプレーができるかと言えば・・・「できない」とは言い切れませんが「できる」と言うには難しいものがあります。

ガンバは好調でも失点試合が多く、またACLも抱えてのシーズンで疲労がありました。横浜FMも勝敗の浮沈があり、ジュビロに至っては監督辞任劇まであり・・・いずれのチームも守備面での不安を抱えていました。その一因として、各チームの“守備の要”というべき選手の不振があったと思います。その状態のままでW杯代表として選出された選手に対し、一抹の不安を感じていました。事実、代表選出時点では、レッズの守備力が一番だったこともありましたし。。。
攻撃の選手でも、久保の落選はこの事由によるものでした。
私が受けた印象では、宮本や中沢は、このW杯の試合中、受け身な場面が多く、焦りの色がうかがえます。特にクロアチア戦の宮本は、PKを与えたあと“ヘコんだ”ように見え、しばらくは自分を失っているようなプレーぶりで、その雰囲気が後方の選手に伝染しそうになりました。
しかし、その中で嬉しい大誤算だったのは、ヨシカツの「神セーブ」でしょう。これには脱帽という以上に、劣勢に立たされたチームに奮起を与えてくれました。その気迫に敬意を表します(“出過ぎ”がなければの条件付きですが)。

リーグ期間だけでなく代表召集されたあと、調子が上がれば喜ばしいのですが、逆に調子を落とす選手も出ることは仕方のないことです。その時には、好調な選手を起用すればいいだけの話です。
ただ、明らかに体調不良の選手を強行出場させたコーチ陣の判断はいかがなものでしょう。後半、コンディションの不良がたたり、運動量がガタ落ちのうえプレーの精度を極端に欠きました。また彼には、この試合の命題であった「ミドルシュートを打つこと」を求められない状態にありました。それは日本のTV画面にも明々白々に映し出されていました。
爺様自身が膝の負傷を抱えたまま出場したメキシコW杯で、自身のPK失敗により準々決勝を敗退した苦い経験は、どこへいったのでしょう。

また、私はこうも思っています。

 「試合とは、リザーブの選手も含めて全員で闘うもの」

絶対に勝たなくてはならない試合においては、冷静な判断が必要とされます。不安な状態に祈りすがるよりは、より確実なものに期待をかけたいものです。しかもベンチにはその期待に応えられる能力を備えた選手がいるのですから、その手段を使わない手はないと思うのです。
しかし、爺様は、足を痛め、利き足の爪が割れたうえに39度の発熱をし、フィジカル面に大きな不安のある選手を起用したうえに、練習では、「お前らが先発なんだ。あいつら(サブ組)は後発なんだ。お前らが何とかしなくてどうするんだ!」と、『先発組』と『後発組』という序列を形成し、23人が一丸となって闘う体制を自ら破壊しているようです。選手たちは決してそのような気持ちではないと思いますが、肝心の指揮官がハッキリと“線引き”をしてしまっているのでは、監督に関してはもうこれ以上の発展は望めないでしょう。

伸二、稲本、遠藤という「宝」ををベンチに温存している監督とは一体・・・

己の信念に固執する監督と、「全員一丸となって勝ちたい」と思う選手の間には、どこか価値観のギャップがうかがえます。中田が戦前の練習で少々爺様との意見の食い違いがあったとも聞いています。しかし、クロアチア戦、彼は多くのミドルシュートを放ち、チームメイトを信じてパスを出し(終盤は力尽きてミス連発でしたが)あらん限りの力で戦い抜きました。フィジカルに問題のない選手でも精根尽き果てた消耗戦でした。
それでも中田は、試合が終わる瞬間まで「何とかしたい」という闘志に溢れていました。
名選手というものは、技術に優れただけでなく、「強い心」が備わっているものなのだとあらためて思わされました。

先発起用したヘナギとみつを。
結果、爺様が信念にしがみつく形となってしまいました。前者については、早々に玉田にスイッチしたあたりの判断同様、今後は考え方を改めてもらうしか方法がありません。後者については予想外の誤算でした・・・後半は地蔵のように動けなくなり、爺様も祈るしかなかったのではないでしょうか。
同じ誤算と言えば途中投入した玉田でした。戦略としては理解できたのですが、いかんせん空回りで、我々含め、周囲が考えるようには機能しませんでした。また元気なはずなのに、なぜ終盤電池切れを起こしたのか・・・不思議でなりませんでした。また、タイプの似た大黒の投入にも疑問が残ります。確かに大黒も飛び出しが得意な選手ですが、アレックスの絶好のセンタリングに反応できなかったことも、誤算のひとつとなりました。かえすがえすも、ダイビングゴールの名人・巻の投入がなかったことが悔やまれます。
 #ゴールを決めたなら、“空飛ぶ日本人”の称号を与えてもいいかなと。。。個人的に(^^;

しかし、今回はネガティブな要素ばかりではなかったことが、せめてもの救いでした。
ひとつは爺様の珍しく迅速だった、後半開始からのボランチ交代の采配。
稲本と遠藤のどちらでも・・・と私は思っていましたが、爺様は稲本を選択。早速、中盤の底上げに効果を見せただけでなく、中田との守備のプレッシャー連携が良かったことに、一筋の光明を見た思いがしました。
もうひとつは、アレックスの後半からの逆襲。
それは6/3ナビ杯準々決勝で平川がマルコン相手に見せた戦法に似ています。消耗戦の状況で、彼はおそらく「後半勝負」に出たものと推察されます。対面のスルナに圧倒されっぱなしの前半を必死に凌ぎ、後半は体力自慢の特徴を活かし、積極的に勝負を仕掛けてきました。4バックのため、その分加地がDFに回されましたが、相手のストロングポイントには自分のストロングポイントを用いて挑む闘い方には賛同できます。これがW杯の醍醐味かと。。。

日本もクロアチアも同じ条件下の闘いでしたので、お互いに“決定力”に問題を抱えていることが明らかとなった試合結果となりました。
「勝てた試合」であったとも言え、相手も良く攻め込み、日本自身にもミスが多く「負けなくて良かった」とも言える試合でした。終わってしまったからには、そう考えるしかありません。
次は難敵中の難敵、ブラジル戦。
数字上の確率が「ゼロ」でない限り、私たちサポーターもあきらめません。
自分たちが日頃支える、仲間である「選手」たちが、遠きドイツで闘っているのです。
私たちも、「闘う当事者」であることを忘れてはなりません。

私のブラジル戦に臨む希望はただひとつ。
爺様が己を捨てること、それだけです。

がんばりましょう、最後まで。

追記:
試合終了直後に、喜びの表情を見せた日本女性の姿が映し出されました。
正直、神経を逆撫でされましたが・・・現場には「引き分けで助かった」との雰囲気があったのでしょうか。TV桟敷との温度差を感じました。
また、同時に、クロアチアのサポーターの落胆した表情も映し出され、かたや和やかな表情とも取れる日本のサポーターの姿があり・・・この受け止め方の違いは何なのでしょう?
この状況にも両国サポーターの温度差を感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/06/16

ニュルンベルクの地へ

ニュルンベルクと言えば・・・『ニュルンベルクのマイスタージンガー』。
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』と言えば・・・R・ワーグナー。
R・ワーグナーと言えば・・・『ニーベルングの指輪』。←ビミョーに違うんだな、これが(^^;ゞ
『ニーベルングの指輪』と言えば・・・『ヴァルキューレの騎行』。

と、言うことで、2、3日前から、『ヴァルキューレの騎行』※が頭の中をぐるぐる回っています。強引なイントロで失礼しますた(笑)。

さて、ニュルンベルクは、日本代表の第2戦、クロアチア戦があります。
その決戦が行われるフランケンシュタインスタジアムのピッチに、日本代表の選手より一足お先に立ったのが・・・

 主審 上川徹
 副審 廣嶋禎数

の、ふたりでした。

舞台は、イングランドVS.トリニダード・トバゴ戦。
前半のイングランドFKやり直しの際、ベッカムとも会話。
「あとでサインください」
なんてことは言ってないと思いますが、世界的プレーヤーがずらりと並ぶイングランド選手に対しても臆することなく、2試合目も何とか無難にこなした模様。

ほう、、、イエロー6枚ですか。。。
その割には試合も荒れなかったのではないかと。
私らは、もっと厳しいお裁きを受けてますからね、それに比べたら・・・って感じです。

選手のほうは、どうなることやらわかりませんので、せめて“チーム上川”には、日本の厳しさと力を世界に見せつけてやってほしいものです。
そして予選突破し、決勝トーナメント進出を果たされんことを期待しています。

“主役”の日本代表選手も、いよいよ現地入りの模様です。
露払いは審判団にしてもらったし・・・あとは土俵入りだけです。
“徳俵”使ってでも、なんとか「のこって」欲しいものです。

絶対勝て!!!
がんばれ ニッポン!

※事後注釈ですが。
『ヴァルキューレの騎行』とは・・・
・シニアの方:映画『地獄の黙示録』の、ヘリ空爆シーンに流れていた、あの曲です。
・お若い方:NACK5の『ファンキー・フライデー』リスナーであれば、
“ハッキリ言ってYes or No”のコーナーで流れている曲です。
カーステで聞くと「事故率№1」の歌曲だそうですので、絶対に運転中に聞かないでくださいね(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/15

ミドルシュートの科学

今回のW杯では、ミドルレンジからの豪快なシュートが多く見られます。
詳細な数字は忘れましたが、前回大会より確実にミドルシュートの確率が高くなっているとのこと。

なぜでしょう?

私の毎日の情報源、けさのフジテレビ『とくダネ』で、その理由についての検証がありました。
 #ワイドショーでありがなら、ちゃんとサッカーやってくれます>とくダネ

ご存じの方も多いとは思いますが、その理由は、

「ボールが落ちる」

ことであり、この現象のファクターとなっているのは、

 ① 今大会の公式ボール:限りなく球体に近い形状
 ② ボールの球質:回転がない
 ③ ボールの速度:時速90km/h程度

の3つの条件が揃うと、キーパー手前で“落ちる弾道”となるそうです。

①について。
従来の5+6角形ではなく、プロペラ型のピースを張り合わせた特徴的な球体となっています。これが限りなく球体に近い形状となり、ボール周辺の空気の流れが従来型ボールとは異なった流体力学的性質を発生させているとともに、飛距離も向上しているそうです。
また、軽量化も図られています。

②について。
「回転がない」ボールは、野球で言う『ナックルボール』のような球質となります。つまり、進行方向前面のボールの空気速度と、後方の空気速度に大きな差(空気抵抗の差)が生じ、揺れるような変化をしながら「落ちる」ボールとなります。これは従来のボールにも見られる弾道ですが、①のファクターから速度差(抵抗差)がより大きくなり「落ちやすく」なるそうです。

③について。
平均的にシュートの初速度は100km/h超なのだそうですが、飛距離が長くなれば、当然ボールは減速します。その減速値が90km/h前後になると、②の現象が発生しやすい、とのことです。
初速度にもよりますが、おおむね15~25mの距離で、この速度になるようです。

ゆえに、

ボールの飛距離と速度の関係から、ミドルレンジからのシュートが効果大

となるわけです。
今大会のミドルシュートの増加傾向は、各国のチームが公式球の力学的性能を熟知してのことであろう、と番組では推察していました。
むむむ・・・「ボールを知る」ことは、サッカー選手にとって当然といえば当然のことですが、その技術ををきっちり習得していろところは「さすが」です。
やはり“世界”は恐るべし。

ナカータをはじめとして、選手たちはミドルシュートの“特打ち”練習をしているそうです。
さてさて、間に合うかどうか、、、

 #実はみつをが得意なんですがね。。。もちろん伸二のループも絶品だし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/06/14

W杯期間限定の人々

あらら、、、
またしても、こういう人達が出没したようです。

  ・『日本協会に抗議電話120本』(ニッカン)

120本電話して、それで一次リーグが突破できれば苦労はないんですが(^^;。
協会で対応に追われた皆様、本当にご苦労様でございました m(_ _)m

このように、堂々と協会に抗議の電話をかけた皆様が、まさか、Jリーグなんて見たことないとか、W杯の時だけ『欽ちゃんの仮装大賞』よろしく“かぶりもの”やら“顔面塗装”などしてはしゃいでいる人種ではない、と願っています。

また、チーパパさんご指摘のような、
「○○に比べてJリーグなんかレベルが低くて見る気がしない・・・
などと豪語する“お茶の間サポーター”でもないことも願っています。

さらに、家庭でも、
  妻「今日の夕飯、何がいい?」
  夫「なんでもいいよ」
いざ、帰宅して、
  夫「これは今日は食べたくない」
などと、関心が無くて人に任せたくせに、いざとなるとわがままを言う人種でもないことも願っています。

え?ウチですか?(゜∀゜;)

ウチのダンナは、血眼になってレッズの試合を見てますし、「スタジアムの外では」フツーに一般人の格好ですし、レッズで頭一杯で海外リーグなんて見てないし、現場ばかりでお茶の間にいるヒマはありませんし。
ゴハンは・・・文句言わずに、いつも全部食べてくれてますよ、ええ。
ホントですってば・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/13

サッカーにおける危機管理

先刻、NHK総合で、ご丁寧にも昨夜の日本×オーストラリアのダイジェストを放送していました。
その内容は、もうどうでもいいんですが、その後、ボンからの現地リポートがありました。

そのリポートをしたのが、私が長年敬愛して止まず、『実況の神』と崇め奉る、

山本浩教祖

でございました。
 #代表の『神』は・・・(以下省略)

山本様は、昨夜の闘いについて、次のようにご教示されました。

日本の選手は、緊張からか、あるいは気合いが入りすぎたのか、オーストラリアの選手に比べ、給水が少なかったように感じます。
もしや、それが何らかの原因となって、後半の選手の疲労、坪井の足の痙攣につながったのでは・・・と私は思えるのです。

確かに、どのようなスポーツでも、いや夏の日常生活でも、高温の環境では給水が命綱となります。それを怠ることは、自らの首を真綿で絞めることにもつながりかねません。暑さに強く体力自慢の(はずの)日本の選手が、後半こうも揃って電池切れを起こすのを不思議に思っておりました。

また、山本様は、このようにも申されました。

選手の危機管理に対して、考える必要がありそうです。
ジーコ監督は合宿中盛んにシュート練習をさせていました。つまり、体調面を考えた本番までの練習の調整方法ですとか、ケガの選手を発生させないための危機管理について配慮する必要があるかと思います。

さすが、山本様・・・含蓄のあるお言葉です。
危機管理が叫ばれるようになってから久しい今日この頃、体調管理という選手やスタッフにおいて基本的な管理事項に“隙”があったということであれば、これは由々しき問題です。

協会は、心してこの警鐘に耳を傾けて欲しい、と思います。

追記:
浩様のリポートでは、
「坪井は、ただ足が攣っただけのようでした。
けさの朝食時に、メンバーから『もう攣らないでくれ』と言われていました」
とのことです。
ご安心ください (^^ゞ

追記その2:
そう言えば、昨夜は現地の浩様だけでなく、MCの堀尾アナも盛んに、
「好調の小野伸二
を連呼しておりました。
さすが・・・REDSサポNHK支部(笑)

追記その3:
「浩」様の名をあえて強調しているのは、某『人間力』氏との識別化のためです。
 #全然“某”になってない・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【W杯】日本1-3オーストラリア

PVなど、おでかけ観戦したサポーターには、キツイ試合結果となったことでしょう。
私ですか?
試合前は、どんな熱狂が待っているのかとの期待で、直前に夕飯をそそくさと済ませ、家中の窓を閉め(騒音対策)、焼酎片手にTV前に陣取ってました。
しかし試合後は、早々にTVを消し・・・窓の外をのぞけば消灯家庭数が激増でした。

さて、以下、思いつくままにW杯日本の初戦の戦犯探し感想を。

まずは審判
開始から、定まらぬ判定に家中で激怒。
日本にラッキーなゴール判定はあったものの(それも含めて)不可解ジャッジの連続。ボディコンタクトに寛容すぎて、怪我人が出なければいいがと心配しました。しかし、試合が進むにつれ、判定基準の曖昧さから不可解さは度を増しました。宮本&ナカザーで黄紙を出し、終盤駒野の蹴り倒されたプレーにはお咎め無し・・・ハッキリ言ってゲームを荒らしている感さえありました。

選手について。
スンスケ序盤から飛ばしすぎの感あり(予想どおり、後半ペースダウン)。全力を尽くすことは結構なのですが、力みすぎの感が。これは福西や坪井についても同様です。
ヘナギは、「シュートを打つ気があるのか?」。足のケガは治せても、この持病は治らぬままのようです。
ヨシカツはファインセーブの連発で「神」でしたが・・・前に出た瞬間「まずい!」と叫んだ直後にボールは後方ネットを揺らしてしまって・・・これまた彼の持病でしょう。
もっとも、基本的に彼の活躍シーンが多くあってはいけないんですが。

展開について。
試合全体として、中盤と前線でボールが収まらない展開でした。
中盤省略系のサッカーは日本の本意ではありません。引き気味のDFからあわてて繰り出すロングパスによる速攻が多く、なかなかドリブル&ランの戦法ができず、そのうち相手のペースに徐々に引き込まれていったというところでしょうか。
1-0で折り返した後半、全体に引いた守備を長く強いられ、ボールキープの起点とすべく伸二を投入した(であろう)わけですが、追加点狙いか、守備固めか、時間稼ぎか・・・後半34分という“遅すぎる”伸二投入のあと同点にされたことで目的が曖昧となり、ピッチ上の選手たちの意思疎通が図れていなかったようでした。
最後まで1点を守りきれなかった、あるいは追加点を取れなかったことが大きな課題として浮かび上がりました。暑さを勘定に入れてペース配分すべきという考えもありますが、「初戦であり決戦である」という陣触れもあったため、パワー全開で臨むのはごく自然のことでしょう。こんな試合では、交代の用兵が勝負を左右するわけですが、これについては、以下。
しかし・・・選手全体として、合宿からの疲労を引きずっているように見えたのは私だけでしょうか。

采配について。
すべてにおいて、爺様の判断は“後手”“安直”でした。
坪井の負傷が、この試合の「岐路」となったような気がします。
リザーブ選手のアップが不十分であること、田中誠→坪井→その次はモニワ、という単純な図式での起用をしたことが、それを端的に顕しています。わざわざ左のナカザーを右に持ってくるくらいであれば、中タコが適任だったのでは。。。
また、極端に疲労の度が濃かったスンスケ&福西について、早期にケアすべきでした。
スンスケは後半、運動量もプレーの精度も落ちていたのは、TV桟敷からも明白でした。福西についても、前に行けずに最終ラインに押し込まれてバテバテで・・・この件は珍しく越後屋さんと意見が合いました。伸二の投入後は、私は念仏のように「福西がんばれ!」と、普段絶対に口にしない願いを続けていたものです。
私が望んだ交代起用は、
 ・坪井→中タコ(左ストッパー)
 ・スンスケ→伸二(中盤~前線タメ要員)
 ・福西→稲本orガチャピン(底の押し上げと最終ライン前防御)
でした。しかも、もっと早い時間での判断を望んでいたのですが・・・。
坪井のケガがなければ、
 ヘナギ→リザーブのFWだれでも
のFW交代によるスピード&攪乱戦法もあったかと。巻、大黒、玉田はそれぞれ足が早いので、足下レベルでの揺さぶりやDFライン裏戦闘が可能です。「でかい相手には空中戦ではなく地上戦」が、背の低いチームの常套手段なので、それに早い時間から素直に乗っておけば・・・と悔やまれます。

つまり、爺様が常々口にする「うまく回っているときは、やり方を変えない」は、結局「うまくいっていない時もやり方を変えない」ということだったわけです。選手を信じるのも良いですが、状況判断を放棄し、柔軟性を欠いた石頭では困ります。
これは親善試合ではなく『本番』なのですから、爺様の浪花節にはつきあえないのです。

逆にこれだけ怒りと不満のはけ口の試合になってくれて、すっきりしました(笑)。
文句を言わせてもらえて、かえって次なる戦いへの展望を抱かせてもらいました。
以前、“DF総取り替え”を敢行した英断をまだ持ち合わせていれば、、、“MF総取り替え”というのも一考でしょう。
伸二、稲本、小笠原、遠藤、中田浩、加地・・・成長した「恐るべき子どもたち」の活躍に期待です。
彼らゴールデンエイジの意思疎通力は、日本のサッカー史上、比類なきものがあります。
芯のブレない、強固な中盤構成なくして、現・日本の戦略は機能しないと思います。
「日本らしい闘い方」を、残り2試合で披露してもらいたいものです。

ダラダラ不満の多さにつられて、ダラダラ書いてしまいました。
え?いつもそうですか? すみません(笑)
長文お付き合いくださって、ありがとうございました m(_ _)m

追記:
ひそかなつぶやき。
「伸二は、対ブラジル戦要員ですよ、きっと。。。」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/09

ドイツに思わぬ敵が・・・

4年に一度の「昼夜逆転時差ボケの祭典」が、いよいよ今宵より開幕ですね。
最初から飛ばさず、ペース配分を考えて、この1ヶ月を過ごしましょう(^^)。

さて。
けさのフジテレビ『とくダネ!』で、現地特派員の万年絶好調@大村正樹リポーターが、こんな情報を提供していました。

「日本代表の選手が,“花粉症”で苦しんでいます。
特に小野選手と福西選手が・・・」

え゛! (゜∀゜;)
一瞬、「なんで?」と思ったものの、話を聞いて「そうかぁ・・・」と理解。
ドイツでは今、ポプラやシラカバの花粉が飛散する時期だそうです。
気候的に札幌に近いとのことで、確かに5~6月の札幌ではシラカバ花粉が飛んでいます。幸い私は花粉症ではないのですが、札幌に住んでいた頃、この時期になると花粉症で大変な思いをしている人が周囲にたくさんいました。
ポプラの花粉というより種子なのですが、タンポポの種のような綿毛が街一面に降り注ぎます。それと同じ光景が、ドイツの中継画面にも映し出されていました。
 #ちょっと調べたら、’05コンフェデ・ドイツ大会でも、同様の状態があったようです。

これは困りました。。。思わぬ敵がドイツに潜んでいるとは。特に日本人は罹患者が多いですから、選手だけでなくサポーターにとっても難敵になります。

ところで、素朴な疑問。オーストラリアやクロアチアやブラジルの選手に、花粉症の選手はいるんでしょうかね?ブラジルにも花粉症ってあるんでしょうか。。。
呂南宇治ー如に、シラカバの花束もとい木束(なんじゃそりゃ?)をプレゼントすれば、あわよくば・・・(以下自粛)。

がんばれ、日本代表!
試合の前に花粉に負けるな ヽ(`へ´)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビックリしたなぁ・・・(^^;

今日の新聞記事は、よく読まないと誤解を招きます。

 『広島新監督にペトロビッチ氏 』(ニッカン)

別人。レッズサポ的には、まぎらわしい。

広島関連で調べていたら、これも!(゜∀゜)!と思いました↓

 『広島駅南口開発の新社長に小野氏』(中国新聞)

これまた別人。Jの監督の新しい再就職先かと勘違い・・・(笑)

こちらは別人ではないですが。
この一日で、『人間力』監督が辞任したり、前なでしこ監督が湘南監督を辞任したりと・・・監督人事が慌ただしいですね。
最北端の監督は大丈夫のもよう。

W杯直前は、いろいろありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

06【ナビ準々決勝】AWAY@川崎フロン太戦

等々力参戦の皆様、本当にお疲れ様でした。

------------------

「焦り。」

この日のレッズを象徴する、最大の敗因だったと思う。
先制された焦り、そして時間と共に現実味を帯びてきた「アウェーゴール・ルール」への焦り・・・レッズの自滅と川崎の猛撃がダブルパンチとなった。

残念ながらTV観戦だった。
終始、不安が取り除かれることのない、心臓に悪いTV観戦だった。

立ち上がりから相手の気迫に押され、ペースを握られた。
PKで振り出しに戻したものの、そこから後半開始後のチャンスをことごとく逃す間に失点したことで、選手の表情に「焦り」の色がありありと見えた。そのうえ完全に相手の雰囲気に呑まれていた。すべてにおいて川崎がレッズを凌駕していた。
TV解説の風間八宏氏の言葉そのものの展開となった。「時間を追うごとに1点の重みが増す」こと、「目的が明確な戦術を持つチームは強い」こと・・・冷静に展開を眺めれば氏の言うとおりなのである。

川崎は、素直に強かったと思う。
土曜日の試合内容が、川崎の選手の闘争心に火をつけたようだ。
TV画面を通して見ていた自分にも、その迫力を充分感じることができた。
縦への意識が強く、選手間の意志も統一され、良く集中し、圧倒的な勢いで試合を運んでいた。

目に見えない敗因が「焦り」なら、目に見えた敗因は、レッズが守勢の際、「相手選手をつかみきれなかった」ことであろう。
ジュニーニョには好き放題に突破され、マルコンには多くのチャンスを与えていた。中村憲剛に至っては、土曜日の試合と同様、危険なパスを繰り出されていた。運動量の差もさることながら、プレーの“判断の差”も見て取れた。

そして“戦術の差”。
相馬の未熟さ、切迫した場面でのセルヒオの投入、攻撃の突破口となっていたはずの平川の交代・・・ベンチの「焦り」も画面から伝わって来るようだった。
屈辱的な敗戦であった。
その“屈辱”の根源は、レッズの自身の中にあった「消極性」「思い知らされた実力」からくるものだったのではないだろうか。

「三冠を逃した」と、嘆くサポは多い。
確かに“三冠”は夢であり、今年のレッズの目標であった。
幸運にも勝ち続けている現実と、報道あるいは各サイトの意見から「三冠達成は当然」との幻想を抱くようになった。三冠などと軽々に口にしたが、そう簡単に三冠は達成できるものではない。勝負事とはそんなに甘くないものだ。甘かったのは我々の期待だったのではなかろうか。

冷静に振り返ると、ここ最近の試合では、鹿島にしろ横浜にしろ「調子を崩した」相手であり、決して「強豪」相手ではなかったと思う。
これまでに、“手強い相手との対戦”だったと言えるのは、開幕のG大阪、9節の千葉・・・くらいなものである。
今季、レッズが総力戦の迫力と気概で戦ったゲームは5節横浜戦であり、現時点でのベストゲームだと私は思っている。それから15試合あったが、その3月末の試合が「ベスト」なのだ。
勝利に酔いしれるのは良いが、試合の展開や内容を無視することはできないことを、今回の敗退は教えてくれている。前回の準々決勝1Legが、それを如実に物語っていた。

これからは試合内容から目を背けず、レッズの『現実の力』を認識し、地に足つけたサポートを心がけていく必要がある。
まずは、「戦力だけでは勝てない」ということ。
浮かれず冷静に現実を見つめよう、、、自戒を込めて。

幸い中断期間となる。
再開後の数試合が、今シーズンのレッズの浮沈を占うものになるだろう。
ギドも選手たちも、今一度自分たちの実力を認識し、修正とさらなる戦術徹底を図って欲しい。

追記:
試合中は、「神様 “何か”様 西村様」と願ってましたが。。。
かえすがえすも、川崎戦の審判には恵まれませんなぁ _| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝いたい人がいる

メンテナンス長杉>ココログ ヽ(`へ´)ノ

さて、明日、いよいよワールドカップ開幕です。

その前の今日。
廣嶋禎数副審とともにに「日本代表」としてワールドカップに参戦する、この人をお祝いしたいと思います。

主審 上川徹 1963年6月8日生 鹿児島県出身

トオルちゃん

上川主審、誕生日おめでとうございます!

日本の審判代表として、廣嶋副審と力を合わせ、素晴らしいジャッジを存分に発揮されることを心より祈っております。

奇遇にも、ウチのダンナも今日誕生日です(笑)
 #1年後輩、北海道出身ですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

『かにゴールキーパー』

ウワサのDVD、入荷しますた。。。060607kani1

『かにゴールキーパー』

『少林サッカー』『いかレスラー』など、この手の映画がウチのダンナは大好きで(笑)、先週月曜日、“あまぞん”にて注文。土曜日の小瀬チケット争奪戦(惨敗)直前に到着するも、その後時間が無く、昨夜ようやく鑑賞会を開催いたしました(^o^)/

で、内容ですが。
あまり書くと、これからご購入の皆様の楽しみを奪いかねませんので、主観ですが簡単060607kani2なストーリー展開だけご紹介すると、

 序盤:『ゴジラ』調・・・主人公“かに”の生誕のところだけ(笑)
 中盤:『いかレスラー』調・・・コミカル&ほのぼの&浪花節
 終盤:『少林サッカー』調・・・敵役チームのノリが(゜∀゜;)

といったところでしょうか・・・(^^;ゞ
 さすが名人・河崎実監督、ツボの効いたところの「おいしいトコ取り」してます。

観賞後の簡単な私の感想ですが、

  • 藤岡弘、竹中直人、清水ミチコ・・・配役が濃ゆい(笑)
    昔、青春ドラマに良く出ていた清水昭博が懐かしい。。。
  • 『いかレスラー』より話は単純明快
  • チェアマン(竹中)の経歴がちらっと紹介されますが、「ケンゾーか?」とツッコミたくなる(笑)
  • セレッソ大阪の森島が特別出演。今にも吹き出しそうな表情が・・・
  • “かに”が入団するチームのユニは「赤」で、親近感アリ(^^)。
  • “フーゾク”が、物語の一部の舞台となっています。
    お子様に説明が難しい親御さん(笑)は、「R指定」(埼スタバックロアーではない)をオススメします。年齢設定は、家庭の事情に合わせてください。

といったところです。
しかし、「かに版フォレスト・ガンプ」という売り文句は、ちょっと無理が、、、(^^; と思いました。

ワールドカップの“真剣勝負”の合間に、気軽に笑える作品として、いかがでしょうか。

 ☆『かにゴールキーパー』公式サイト
 ☆ご購入は、こちら

引き続き、当家では『コアラ課長』『ヅラ刑事』も購入を予定しております。
ダンナが買う気満々なもんで・・・(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/06

啓太の決意

啓太の決意表明が、あった。

ウクライナの名門、ディナモキエフからの練習参加依頼があったという。
 #ディナモキエフについては、こっちはさっぱり理解できないので(爆)、こちらをどうぞ。。。

結論としては、オファーを断ったということである。
サッカー選手は、現役で活動できる期間が他のスポーツに比べて短いこともあり、練習参加とは言え、このような魅力的なオファーがあると、正直、心が揺れ動くことだろう。かのシェフチェンコを擁し欧州を席巻したチームであり、元同僚ニキフォロフにも縁のあるチームである。
若者が人生を左右する決断をするとき、“可能性”に賭ける冒険を選択するのは、ごくごく自然のことである。

しかし悩み抜いた末、彼は断ったそうだ。

まずはこのチームで優勝したい、また、選手としての夢である日本代表、そしてワールドカップ出場につなげるためにも、このチームで選手としての能力を高めることが海外で今プレイするよりも大切ではないかと判断しこのチームで選手としての能力を高めることが海外で今プレイするよりも大切ではないかと判断」したという。
私は、その決断を支持したいと思う。

彼が、レッズを愛してくれていることに敬意を表したい。
今、彼は、レッズのサッカーを楽しんでいる・・・そんなプレーが随所にうかがえるし、愛するチームの優勝に貢献したい、という気持ちも偽らざるものであろう。
確かに、四番様のフォローに苦労が絶えない日々(笑)ではあるが、この功罪(?)か、チームに欠くことのできない存在となったことはご周知のとおりであるし、彼自身も自覚している。
また、伸二がフェイエ移籍の時、彼にその後のレッズを託した話を思い出した。その伸二と共に少しでも長くプレーしたいと思うところもあったかも知れない。

宇宙開発の前に、海外開発。

海外開発の前に、地元(浦和)での地盤をしっかり固めよう。

啓太、がんばれ!
一緒に優勝しよう。
そうすれば、自ずと輝く将来はやってくる・・・練習参加ではなく『移籍』というかたちで。

明日のナビ杯準々決勝@川崎戦、必ず勝とう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦

田中 マルクス 闘莉王
我那覇 マルクス ジュニーニョ

・・・・・・つまらないダジャレですか、、、すみません m(_ _)m
つい思いついたものでして(^^;
下は3人ですが、上は1人で3人分働きます (^o^)/

開場時。
遅れて現地に着くと、駒場の当日抽選にもかかわらず数百のクジがあったという。
かろうじてほぼ300番200番台(それでも多い)の順で入場するも、東側はすでに満杯。いつもならしばらく様子を見ると空席ができるのだが、この日は勝手が違った。
同時に西側で場所を探していたが、西側も一杯・・・すでに通路に人が立っていた。開門から十数分も経過していないのに、珍しいことである。060603kawasaki1
まあ、どこでも応援はできるからということで、西側の端に陣取る。東側からはじかれたばかりでなく、西側からもはじかれそうになる混雑ぶりに、少々戸惑ってしまった。今回はチケ販売が半ばオープンな形となったため、普段入手困難な駒場チケを手にした熱心なサポも多かったための混雑だろうと思う。それはそれでいいことである。
しかし某掲示板で「席なんかいらない」と書き込む人をよく見るが、本当だろうか・・・とちょっと首を傾げたくなった。
060603kawasaki2
初めての場所であったが、結構見やすいし、試合中のヤジもなく純粋に応援するサポが多かった。特にこの日は対戦相手も川崎ということで、彼等の応援にも少々興味のあるところであるし、逆に良い席に陣取ったと思えた。ただ、試合の経過時間がわからないところが難点ではあったが (^^;ゞ

060603kawasaki3 試合については、ひどいというのか、すごいというのか・・・両チーム併せて7回のゴールシーンを見せてもらった。
すべてのゴールについて感想を述べると冗長になりすぎるし疲れるので、印象的な場面について、以下感想を。

前半の“前半”、先制点をはさんで立ち上がりの15分近くまでは上々の出来だったと思う。相馬もよく対面の勝負を仕掛けていた。だが、その頃を境に形勢は逆転。新参とは言えやはりリーグ戦首位を走るチームである、よく走り力強くレッズ陣内に攻め込んできた。レッズは失点し同点にされたあと、闘莉王が上がりだしバランスが崩れる。結局前半で2失点。すっかり川崎側のペースに終始した前半となった感が否めない。

後半。
マルコンを掴みきれず守備も軽さが見えた暢久を下げ、平川を投入・・・これが的中。
相手DF裏を突破し3点目の同点弾をアシスト。平川自身も、マルコンのスピードをベンチですでに見切っていたようで、積極的に裏を突き、相手を制圧した賜物であった。
永井~平川のこの連携プレーは、最近の“型”となっている。まるで録画を巻き戻して見ているようだった。スピードを活かした鋭い攻撃はレッズ伝統の『お家芸』であり、我らサポにとっても爽快なものである。

さて、その同点劇の前に起こった、川崎の3点目の時・・・。
ゴールを決めたマルクス&数人は、西側レッズクルヴァの前で歓喜のパフォーマンスを行った。
尋常な感覚であれば、真っ先に自チームのサポ席に駆け寄るべきものが、である。
レッズサポとしては理解しがたい光景であったが、川崎サポはこの行為をどう受け止めたのであろう。。。
また、参考までに競技規則:『競技および競技会における懲罰基準』を読むと、

  • 1.警告:1-1の(9)・・・・・・・・・・・・・・①
  • 2.退場:2-1の(5)または(10)・・・・②
  •   同上:2-2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・③

という項目あり、特に③の事象では、「一般大衆に対する挑発行為」と判断されれば、1回目でも『退場』のうえ、「最低2試合の出場停止および罰金」である。
偶然とは言え、川崎戦の担当審判は、何故か巡り合わせが悪い。。。_| ̄|○

川崎と言えば、関塚監督が昨年残した印象深い言葉「我々を勝たせたくない『何か』」。
今回は・・・と思い当たるフシを探すと、上記の件もそうかも知れないが、3点目を獲ったあとのマルクス→佐原の交代ではなかっただろうか。
以前、(スカパーだったか)TVのインタビューで、
「自分達のスタイルを最後まで通さず、守りに入った采配が敗因になったことがある」
という主旨の内容を話していたことを思い出した。
今回の“何か”とは、自分自身であったのではなかろうか。

レッズは辛うじて4点目をもぎ取り、勝利をものにした。
力を力でねじ伏せるさまは、まるで般若心経をコーランに持ち替えたかのような精神の劇的変化(笑)を見るようであった。060603kawasaki5
その強さの象徴が、ワシントンである(参考図:ワシントン対策本部資料室より)
強烈な決定力を持つFWの存在は、何とも頼もしい。
 #ああ、今日もまたこのフラッシュが頭を駆けめぐる・・・
  (by浦トロ道場様)

チーム全体としての力強さを備えていれば、アウェーゴールなどというものは関係ない。
勝てばいいのだ。それだけだ。

等々力参戦の皆様、必ず勝たせて来てください。
よろしくお願いいたします。

060603kawasaki6追記:
元旦の朝に見たこのオジサンが、
何故駒場に・・・???
ちょうちん増えてるし。。。

(((;゜Д゜)) ワカラナイ...

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/01

五目豆@リベンジ

久々に、食ネタを・・・(^^;ゞ

以前、ご紹介した五目豆
ずぼらして作ったことがアダになり、前回は失敗に終わってしまいました。
そのショックからか、前回作ったのって・・・昨年の9月!
本人にあまり自覚はなかったものの、よほど堪えていたらしい。。。

昨日の昼間、急に思い立って、前回の「リベンジ」を突如決行 ヽ(`へ´)ノ

  1. ポットの残り湯を使い、豆を圧力鍋で数時間浸す。
  2. 圧力鍋を火にかけること7分、蒸気を抜く。
  3. 昆布の角切り、にんじん、コンニャクを投入。さらに数分加圧。
  4. 10分間蒸らした後、蒸気を抜く。
  5. 調味料(黒砂糖、醤油、みりん、塩少々)を入れ、好みの濃さまで煮詰める
  6. 盛りつけるまで鍋のまま冷やす(ふたを必ずすること)。

   ※2~4の段階では、必ず“落としぶた”をしてください
     (豆皮が飛び散り、蒸気穴をふさぐため)

さて今回のお味は・・・ (((;゜Д゜))) ド、ドーシヨ
    ↓
    ↓
    ↓
上出来でした (^o^)/

豆の皮もはがれずシワもなく、ふっくらと炊けていました。
味の方も、ほどよく煮含まれておりました。
確かに、材料をしっかり柔らかくしてから調味料を入れているので、味が早く染みました。

カレーでも肉じゃがでも、『煮物』というものは、火を止めてから温度が下がることで、じっくり味が浸透していくものですね。
煮物料理は奥深いです。

今回は、成功! ということで、ご報告いたします。 (ノ^◇^)ノ

 #あ、ゴボウ入れるの忘れた。。。 _| ̄|○

060601mame

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »