« 五目豆@リベンジ | トップページ | 啓太の決意 »

2006/06/05

06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦

田中 マルクス 闘莉王
我那覇 マルクス ジュニーニョ

・・・・・・つまらないダジャレですか、、、すみません m(_ _)m
つい思いついたものでして(^^;
下は3人ですが、上は1人で3人分働きます (^o^)/

開場時。
遅れて現地に着くと、駒場の当日抽選にもかかわらず数百のクジがあったという。
かろうじてほぼ300番200番台(それでも多い)の順で入場するも、東側はすでに満杯。いつもならしばらく様子を見ると空席ができるのだが、この日は勝手が違った。
同時に西側で場所を探していたが、西側も一杯・・・すでに通路に人が立っていた。開門から十数分も経過していないのに、珍しいことである。060603kawasaki1
まあ、どこでも応援はできるからということで、西側の端に陣取る。東側からはじかれたばかりでなく、西側からもはじかれそうになる混雑ぶりに、少々戸惑ってしまった。今回はチケ販売が半ばオープンな形となったため、普段入手困難な駒場チケを手にした熱心なサポも多かったための混雑だろうと思う。それはそれでいいことである。
しかし某掲示板で「席なんかいらない」と書き込む人をよく見るが、本当だろうか・・・とちょっと首を傾げたくなった。
060603kawasaki2
初めての場所であったが、結構見やすいし、試合中のヤジもなく純粋に応援するサポが多かった。特にこの日は対戦相手も川崎ということで、彼等の応援にも少々興味のあるところであるし、逆に良い席に陣取ったと思えた。ただ、試合の経過時間がわからないところが難点ではあったが (^^;ゞ

060603kawasaki3 試合については、ひどいというのか、すごいというのか・・・両チーム併せて7回のゴールシーンを見せてもらった。
すべてのゴールについて感想を述べると冗長になりすぎるし疲れるので、印象的な場面について、以下感想を。

前半の“前半”、先制点をはさんで立ち上がりの15分近くまでは上々の出来だったと思う。相馬もよく対面の勝負を仕掛けていた。だが、その頃を境に形勢は逆転。新参とは言えやはりリーグ戦首位を走るチームである、よく走り力強くレッズ陣内に攻め込んできた。レッズは失点し同点にされたあと、闘莉王が上がりだしバランスが崩れる。結局前半で2失点。すっかり川崎側のペースに終始した前半となった感が否めない。

後半。
マルコンを掴みきれず守備も軽さが見えた暢久を下げ、平川を投入・・・これが的中。
相手DF裏を突破し3点目の同点弾をアシスト。平川自身も、マルコンのスピードをベンチですでに見切っていたようで、積極的に裏を突き、相手を制圧した賜物であった。
永井~平川のこの連携プレーは、最近の“型”となっている。まるで録画を巻き戻して見ているようだった。スピードを活かした鋭い攻撃はレッズ伝統の『お家芸』であり、我らサポにとっても爽快なものである。

さて、その同点劇の前に起こった、川崎の3点目の時・・・。
ゴールを決めたマルクス&数人は、西側レッズクルヴァの前で歓喜のパフォーマンスを行った。
尋常な感覚であれば、真っ先に自チームのサポ席に駆け寄るべきものが、である。
レッズサポとしては理解しがたい光景であったが、川崎サポはこの行為をどう受け止めたのであろう。。。
また、参考までに競技規則:『競技および競技会における懲罰基準』を読むと、

  • 1.警告:1-1の(9)・・・・・・・・・・・・・・①
  • 2.退場:2-1の(5)または(10)・・・・②
  •   同上:2-2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・③

という項目あり、特に③の事象では、「一般大衆に対する挑発行為」と判断されれば、1回目でも『退場』のうえ、「最低2試合の出場停止および罰金」である。
偶然とは言え、川崎戦の担当審判は、何故か巡り合わせが悪い。。。_| ̄|○

川崎と言えば、関塚監督が昨年残した印象深い言葉「我々を勝たせたくない『何か』」。
今回は・・・と思い当たるフシを探すと、上記の件もそうかも知れないが、3点目を獲ったあとのマルクス→佐原の交代ではなかっただろうか。
以前、(スカパーだったか)TVのインタビューで、
「自分達のスタイルを最後まで通さず、守りに入った采配が敗因になったことがある」
という主旨の内容を話していたことを思い出した。
今回の“何か”とは、自分自身であったのではなかろうか。

レッズは辛うじて4点目をもぎ取り、勝利をものにした。
力を力でねじ伏せるさまは、まるで般若心経をコーランに持ち替えたかのような精神の劇的変化(笑)を見るようであった。060603kawasaki5
その強さの象徴が、ワシントンである(参考図:ワシントン対策本部資料室より)
強烈な決定力を持つFWの存在は、何とも頼もしい。
 #ああ、今日もまたこのフラッシュが頭を駆けめぐる・・・
  (by浦トロ道場様)

チーム全体としての力強さを備えていれば、アウェーゴールなどというものは関係ない。
勝てばいいのだ。それだけだ。

等々力参戦の皆様、必ず勝たせて来てください。
よろしくお願いいたします。

060603kawasaki6追記:
元旦の朝に見たこのオジサンが、
何故駒場に・・・???
ちょうちん増えてるし。。。

(((;゜Д゜)) ワカラナイ...

|

« 五目豆@リベンジ | トップページ | 啓太の決意 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

nigoeさん、こんにちは。
先日は、ありがとうございました。またご一緒させてください。
等々力では、がんばってきます。

・・・ところで、このオジサン、どなた???

投稿: no3 | 2006/06/06 06:33

@no3さま

こちらこそ、先日は遠いところありがとうございました。
またご一緒いたしましょう。
等々力では、絶対勝たせてきてくださいね。
よろしくお願いします m(_ _)m

>ところで、このオジサン、どなた???
帰りに目撃したのですが、う~ん。。。(知恵熱)。
国立でたまに見かけるのですが、まさか駒場の正門前まで出張してくるとは思いませんでした。

投稿: nigoe | 2006/06/06 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10402014

この記事へのトラックバック一覧です: 06【ナビ準々決勝】HOME@川崎フロン太戦:

» ナビスコカップ準々決勝・1stレグ [しもべ日記]
さあ、ナビスコカップの準々決勝です。リーグ戦の現時点で1位と2位の対戦となりま [続きを読む]

受信: 2006/06/05 22:10

« 五目豆@リベンジ | トップページ | 啓太の決意 »