« 祝いたい人がいる | トップページ | ビックリしたなぁ・・・(^^; »

2006/06/08

06【ナビ準々決勝】AWAY@川崎フロン太戦

等々力参戦の皆様、本当にお疲れ様でした。

------------------

「焦り。」

この日のレッズを象徴する、最大の敗因だったと思う。
先制された焦り、そして時間と共に現実味を帯びてきた「アウェーゴール・ルール」への焦り・・・レッズの自滅と川崎の猛撃がダブルパンチとなった。

残念ながらTV観戦だった。
終始、不安が取り除かれることのない、心臓に悪いTV観戦だった。

立ち上がりから相手の気迫に押され、ペースを握られた。
PKで振り出しに戻したものの、そこから後半開始後のチャンスをことごとく逃す間に失点したことで、選手の表情に「焦り」の色がありありと見えた。そのうえ完全に相手の雰囲気に呑まれていた。すべてにおいて川崎がレッズを凌駕していた。
TV解説の風間八宏氏の言葉そのものの展開となった。「時間を追うごとに1点の重みが増す」こと、「目的が明確な戦術を持つチームは強い」こと・・・冷静に展開を眺めれば氏の言うとおりなのである。

川崎は、素直に強かったと思う。
土曜日の試合内容が、川崎の選手の闘争心に火をつけたようだ。
TV画面を通して見ていた自分にも、その迫力を充分感じることができた。
縦への意識が強く、選手間の意志も統一され、良く集中し、圧倒的な勢いで試合を運んでいた。

目に見えない敗因が「焦り」なら、目に見えた敗因は、レッズが守勢の際、「相手選手をつかみきれなかった」ことであろう。
ジュニーニョには好き放題に突破され、マルコンには多くのチャンスを与えていた。中村憲剛に至っては、土曜日の試合と同様、危険なパスを繰り出されていた。運動量の差もさることながら、プレーの“判断の差”も見て取れた。

そして“戦術の差”。
相馬の未熟さ、切迫した場面でのセルヒオの投入、攻撃の突破口となっていたはずの平川の交代・・・ベンチの「焦り」も画面から伝わって来るようだった。
屈辱的な敗戦であった。
その“屈辱”の根源は、レッズの自身の中にあった「消極性」「思い知らされた実力」からくるものだったのではないだろうか。

「三冠を逃した」と、嘆くサポは多い。
確かに“三冠”は夢であり、今年のレッズの目標であった。
幸運にも勝ち続けている現実と、報道あるいは各サイトの意見から「三冠達成は当然」との幻想を抱くようになった。三冠などと軽々に口にしたが、そう簡単に三冠は達成できるものではない。勝負事とはそんなに甘くないものだ。甘かったのは我々の期待だったのではなかろうか。

冷静に振り返ると、ここ最近の試合では、鹿島にしろ横浜にしろ「調子を崩した」相手であり、決して「強豪」相手ではなかったと思う。
これまでに、“手強い相手との対戦”だったと言えるのは、開幕のG大阪、9節の千葉・・・くらいなものである。
今季、レッズが総力戦の迫力と気概で戦ったゲームは5節横浜戦であり、現時点でのベストゲームだと私は思っている。それから15試合あったが、その3月末の試合が「ベスト」なのだ。
勝利に酔いしれるのは良いが、試合の展開や内容を無視することはできないことを、今回の敗退は教えてくれている。前回の準々決勝1Legが、それを如実に物語っていた。

これからは試合内容から目を背けず、レッズの『現実の力』を認識し、地に足つけたサポートを心がけていく必要がある。
まずは、「戦力だけでは勝てない」ということ。
浮かれず冷静に現実を見つめよう、、、自戒を込めて。

幸い中断期間となる。
再開後の数試合が、今シーズンのレッズの浮沈を占うものになるだろう。
ギドも選手たちも、今一度自分たちの実力を認識し、修正とさらなる戦術徹底を図って欲しい。

追記:
試合中は、「神様 “何か”様 西村様」と願ってましたが。。。
かえすがえすも、川崎戦の審判には恵まれませんなぁ _| ̄|○

|

« 祝いたい人がいる | トップページ | ビックリしたなぁ・・・(^^; »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

川崎の狙いは明確でしたね。
自らのストロングポイントを生かす戦い方を徹底していました。ジニーニョとマルコンを抑えれば全く怖くないチームだと思うんですが、それが出来ませんでした。
レッズは、2チームできる選手相がありますが、2チーム目とも優勝を狙えるってわけでもなさそうです。本当の強豪になるには、まだまだ成長が必要です。
これからの成長が楽しみです。
・・・と、無理やり前向きに考えてみる・・・

投稿: no3 | 2006/06/09 12:26

@no3さま

現地参戦、お疲れ様でした m(_ _)m

>自らのストロングポイントを生かす戦い方を徹底していました。

現場でご覧になった印象でもそうだったのですね。

>レッズは、2チームできる選手相がありますが、
>2チーム目とも優勝を狙えるってわけでもなさそうです。

おっしゃるとおりだと思います。
「最強のリザーブ軍団」などとはやされたために、みんな幻想を抱いてしまった感がありますね。選手層が厚いことと、「リザーブ組でも優勝できる」ことは違いますよね。

でも、“伸びしろ”はたくさんあります、合宿での成長に期待しましょう。

投稿: nigoe | 2006/06/09 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/10445079

この記事へのトラックバック一覧です: 06【ナビ準々決勝】AWAY@川崎フロン太戦:

« 祝いたい人がいる | トップページ | ビックリしたなぁ・・・(^^; »