« MDP@坪井のコメント | トップページ | イリュージョンな男 »

2006/05/09

06【HOME】第12節@鹿戦

遅くなりましたが、鹿戦の観戦記を・・・
ん!? 「その前に“06【AWAY】第11節@ジェフちば戦”がないぞぉ」とのご意見もあるかとは存じます。蘇我駅に行った覚えはあるんですが、それ以外記憶はさっぱり無いってことで・・・
もういいでしょう (゜∀゜;)   完敗だし書くことナシなんだもん。

060507kasima雨の連休最終日。
悪天候にもかかわらず、多数の観客が詰めかけた埼スタ。試合前のコンコースは人であふれかえり、混雑に拍車をかけていた。
降り止まぬ雨の中、リーグ戦中断前の決戦。相手は、リーグ戦6勝2分22敗と、散々辛酸を舐めさせられた仇敵・鹿島。両軍サポーターが闘争心をいっそうたぎらせてピッチを睨む中、決戦のホイッスルは鳴った。

しかし。
開始3分、いともたやすく試合が動いた。正直、拍子抜けした(笑)。
伸二の先制ゴール。同位置にいたワシントンに気を取られた鹿島DFの虚をついての先制点。ワシントンは、こういう『おとり』としても非常に有能なCFなのだと改めて感じた。
そして2点目は、ワシントン自身が主人公となる。鹿島DFの意思疎通の悪さも手伝ったが、何よりボールに対する執着心に勝るワシントンがボールを「かっさらって」豪快に蹴り込んだ。大宮戦しかり、この重戦車FWの強奪シーン&決定力には迫力があり、実に頼もしい。
後半も、試合に入った矢先の3点目。レッズサポの目と心の保養となる(^^ゞ、伸二の技ありシュート。勝敗はほぼこれで決まり、残り44分のゲームの行方については余裕を持って観戦することができた。

しかし、だ。
かつて、鹿島相手に、こんな優越感を持ってサポートしたゲームは記憶にない。確かに03年ナビ杯決勝の際も同スコアで大勝したが、初タイトルに向けた緊張感と気合いから、終了の笛の音を聞くまでそんな余裕は感じなかったものである。
確かに、今節のレッズは個も組織も充実していたし、闘争心も勝り、圧倒していた。だが、03年の時と異なるのは、レッズはチームもサポも確実に“成長”していることだろう。「勝ち慣れてきた」こともあるが、「自信を持って試合に臨んでいる」ということもあるかも知れない。
 #自虐的に表現すれば、「負け続けた長い歴史で培われた根性」かも知れないが・・・(笑)。

さらに、この試合に限れば、鹿島側の連携の悪さが顕著だったことが、レッズの優越性を大きく助長したとも言える。
こと守備に関しては、鹿島注目のホープ・内田篤人が敵ながら気の毒であった。頼りになるはずの先輩DFである3番&4番の、怠慢と言われても仕方のないプレーの犠牲者となってしまった。2点目の際の最終防御者となり、さらには4点目のPK献上者としての責を負わされる羽目になった。4点目PKは未熟さからのものでもあるが、そこに至るまでのケアを怠った3番&4番にも責任があるだろう。

だが、「鹿島はやはり鹿島」と唸らせられる場面もあった。小笠原を軸とした攻撃は危険な匂いに満ちており、パスワークも鹿島ならではの巧さがあった。最終ラインも高く保っており、時折レッズDFを押し込むなど地力の強さを見せた。
再三レッズにもピンチは訪れたものの、事なきを得たのは、啓太の献身的な攻守にわたる働きである。中央に詰め寄る、右へ左へタッチラインに相手を追い込む・・・縦横無尽なこのボランチの存在の差が、レッズと鹿島の“差”だったと思う。また彼は、堀之内との関係も良好である。
啓太と堀之内・・・今のレッズにとって、この2人の存在がいかに大きいか・・・現場でもTVでも、観戦した者は再認識したに違いない。
 #だからこそ、ちば戦では酒井を起用して貰いたかったのだが、、、_| ̄|○

リーグ戦はこれで一時中断となるが、気持ちよく中断期間を迎えられたこと、暫定ではあるが2位に位置できたこと、ナビ杯への弾みとなり戦いに集中できる条件が整ったことは喜ばしいことである。

ちば戦の完敗が無駄にならずに本当に良かった・・・そう素直に思えた試合だった。

追記:
試合後の伸二へのインタビュー、質問内容には閉口しますた。(´д`)
インタビュアーも仕事だから、台本通りに読んだのでしょうが・・・
(TVではそうでもなかったけど)埼スタビジョンに映った伸二の表情は、正直ムッとしているように見えました(^^;

|

« MDP@坪井のコメント | トップページ | イリュージョンな男 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
連絡が遅くなりましてすみません。またまたリンクさせて頂きました。
伸二へのインタービュー同感です。センスのなさに呆れてしまいました。

投稿: チーパパ | 2006/05/10 21:42

@チーパパさま

リンク、ありがとうございました m(__)m
正直、レッズサポ的には爺様が来ていたことなんて忘れていましたよね(笑)。なにより、伸二が目の前の勝負に集中していたことが嬉しいでした。
ところで、チーパパさま、、、業務連絡です。
貴方様のサイトにコメントが書き込みできません。文章を何度書き変えても受付してもらえません。
何か設定されていますでしょうか?お手数ですがご確認をお願いします m(__)m

投稿: nigoe | 2006/05/11 00:25

nigoeさま

すみませんです。ご連絡ありがとうございました。
書き込みできると思います。すでに公開されているのに、ステータスは「下書き」になっていました。おそらくこれが原因?テストしましたので大丈夫と思います。これに懲りず見てやってください。
ありがとうございました!

投稿: チーパパ | 2006/05/11 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/9992199

この記事へのトラックバック一覧です: 06【HOME】第12節@鹿戦:

» 翻弄 [SYSOP日記]
 浦和 4-0 鹿島  リーグ中断前の試合をこういう形で締め括れたのは大きいと思 [続きを読む]

受信: 2006/05/10 23:14

« MDP@坪井のコメント | トップページ | イリュージョンな男 »