« '06【HOME】第8節@京セラ戦 | トップページ | 【AWAY紀行】福岡@番外編 »

2006/04/18

【AWAY紀行】太宰府政庁跡

【太宰府政庁跡(だざいふせいちょうあと) 福岡県太宰府市:西鉄大牟田線 西鉄都府楼前駅より徒歩15分】 2006年4月9日 訪 

太宰府は 西国の まほろば。

『天神さま』から足をのばして太宰府政庁跡へ。
 #タクシーでバキューン!(゜∀゜)

地元では『都府楼(とふろう)』の名で親しまれ、今でも地名が残っている。
663年、白村江の戦後、大和朝廷は国内数カ国を管轄する『太宰府』を置いた。
742年(天平14年)、各地の太宰府は廃止されたが、この地・太宰府は、わが国の西の国防拠点(唐、新羅などからの防衛)と外交の窓口として、また九州の政治の中心として、以後500年もの間機能していた、その政庁である。
「遠の朝廷(とおのみかど)」とも言われ、繁栄を築いた西の都であったそうだ。
かの菅原道真公も、
「都府楼はわずかに瓦の色を看 観音寺はただ鐘声を聴く」
と、詠んだという。
太宰府設置と同時期に、この政庁を防御するための巨大な防塁『水城(みずき)』が築かれ、防人(さきもり)を配置した(のちに8世紀に“健児の制”に変遷)。同じく北の守りとして大野城、南の備えとして基肄城(きいじょう)も築城された。
 #名も無き防人が詠んだ『万葉集』は、あまりにも有名。
「何ときれいな平城京」「坊さん泣くよ平安京」より前の時代(飛鳥時代ですね)から、国防基地として存在していたのだから、スゴイ。060409seityo1
現在の政庁跡。
桜満開の景色が、いにしえへの想いをかき立ててくれる。
入り口の案内板を眺めていたら、地元のおじさまがガイド役を買って出てきた(笑)。
 #柳川でも散歩中のおばさまがガイドしてくれたし、、、福岡の人は親切です(^^)。

さて、おじさまの話をご紹介。 060409seityo2
ここ政庁を北端として、南に朱雀大路が整備され、政庁敷地南端が五条(地名あり)、JR線のあるあたりが二十二条だったそうだ。
 写真上:政庁跡敷地入口
 写真下:同所より朱雀大路のあった南側の大通りを写す


ワシントン元寇来襲の折、水城を守った兵が、この政庁を基地として戦った(おじさま曰く、「逃げ込んできた?」)そうである。
 #まるで見ていたかのように熱弁をふるうおじさま(笑)

060409seityo3政庁跡敷地に佇む。
おじさまの話では、14世紀中ごろ足利幕府が開かれるまでこの地・太宰府は九州の政治の中心であったが、武家の台頭により公家が衰退し、それと共に政庁としての機能も衰退したという。朝廷と共に栄え衰退したのも道理かもしれない。

060409seityo4
おそらく門の跡地。
礎石が多く残されており、他に回廊などの跡地も復原され、広大な公園として整備されている。




060409seityo5
政庁跡碑周辺。正殿跡と言われている。
ここにも多くの礎石が残されていた。
礎石の巨きさが、太宰府政庁の壮観さを今に伝えている。


060409seityo6
政庁跡碑に佇むレッズサポ(^^)。

 ※お心当たりの方は、ご一報ください。
  原画ファイルお送りいたしますので。。。




1300年の歳月を越え、今に何かを語りかける広大な空間。
しかし確かに、この国の国防基地としての地勢と風格と雰囲気を、今も醸し出していた。
飛鳥の頃に生きた人々の心に思いを馳せてみる。
その時・・・場所は、全然違うのだが、またしても、さだまさしの名曲『まほろば』が、頭の中で流れた。奈良と九州は場所が全く違うが、その空間が持つ“力”は同じように感じた。

政庁跡から徒歩でJR都府楼南駅へ。
博多行きの電車に乗ると、すぐに累々と続く『水城』が車窓に映る。
博多からは、迷わず『博多の森』へ・・・我らが“戦場(いくさば)”へ。

太宰府は 西国の まほろば。

|

« '06【HOME】第8節@京セラ戦 | トップページ | 【AWAY紀行】福岡@番外編 »

AWAY紀行」カテゴリの記事

コメント

おおっ@@ 知らない間にこんなにアップされていたのですね・・・何しろ最近はネットを見るヒマもなく、わけのわからない小学校の役員をひきうけてしまったもので、WORDとばかりにらめっこしていました・・・
すいません、コメントとは関係のない話でした。
大宰府と一言に言ってもおくが深いのですねw( ̄o ̄)w
勉強になりました。
そしてまたくだらないことですが、
私も「なくよ(794)坊さん桓武の平安京」と覚えさせられました。ちなみに平城京は「南都(710)の平城京」でしたが・・・(*^.^*)

投稿: かんじん | 2006/04/19 21:28

はじめまして。
自分は大宰府に住んでましたよ♪
といっても、観光名所にはまったくといっていいほど足を運びませんでしたが。
実は、26日の福岡戦に観戦に行くのですが、なんせ初めてのレッズ生観戦(しかも、いきなりのサポーター席)なもので、アドバイスをして頂きたく思い書き込ませていただきました。
例えば、「どれくらい前(試合開始より○時間前)に着いておいた方がいい」や、「(ユニフォームを持たないので)なじめる格好」、「注意事項」…etc
超初心者三人組みでの観戦すので、赤ちゃんに教えるかのごとくよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: tatuyaです | 2006/04/23 00:58

本日、掛川より帰還いたしました(´д`)

@かんじんさま

コメント、ありがとうございました。
>私も「なくよ(794)坊さん桓武の平安京」と覚えさせられました。
>ちなみに平城京は「南都(710)の平城京」でしたが

こういう語呂合わせって、ローカル色がいろいろありますよね。
例えば化学元素の20番までの覚え方って、普通だったら、「水兵リーベ 僕の舟・・・」ですが、関西の人から聞いたものは「エッチなネーちゃん・・・(以下略)」なんですって(爆)。

@tatuyaさま

はじめまして。コメントありがとうございました。
観戦のイロハなどについては、右リストバナーにある“めおとサポ”さんのサイト「キックオフガイド」で詳しい解説があります。ホームゲームでのものですが、わかりやすいです。
例えば、服装は実は何でも良いんです、スーツでも(笑)。
どこかにレッズサポとしてのアイテムをまとっていれば大丈夫です。当日、どこのアウェーでも、アウェーチームのショップがありますので、お小遣いに余裕があれば、タオルマフラーかバンダナでも買って身にまとえば、それでOKです。平日の駒場なんてそんなもんですから(^^ゞ

次に場所ですが、「サポーター席」というのは、「アウェイ自由席=ゴール裏」でしょうか?
「立って跳ねて応援する」のでしたら、応援の中心はメインスタンド寄りに集結しますので、そのあたりにどうぞ(^^)。
「立つのはいいけど跳ねるのは・・・」ということでいたら、ゴールの真裏あたりで。
「座って観たい」ということでしたら、バックスタンド寄りにお座りください。

また現地到着時間ですが、平日はそれほど気にする必要はないと思います、、、皆さん仕事などで結構ギリ到着しますので。
ただ休暇で時間があるようでしたら、アウェイ会場でしたら開場に間に合えば良いのではないでしょうか?
少しでも早い時間に行けたなら、それだけ試合前の気持ちの高揚感が味わえます。この気持ちは「長く待つこと」で味わえるものですから。

以上簡単ですが、ご参考までに。。。
私は当日行けませんが、是非勝たせてきてくださいね(^^)。

投稿: nigoe | 2006/04/23 23:14

ありがとうございます!
サポーター席=アウェイ自由席=ゴール裏です。わかりにくかったですね(汗
書き込んだ後に「キックオフガイド」を見つけて拝見させていただきました。
アウェイショップもあるんですね♪安心しました。
ユニフォームは高くて買えないので、赤か黒のTシャツを着て、タオルを買って応援してきます!
立って跳ねて応援したいのですが、連れ2人が女性なのでゴール裏辺りでの応援になりそうです。
それに、応援もTVでしか見たことがないので、よくわからないですし…
当日は休みを取って観戦に行くので、開場に間に合うように行こうと思います。
微力ですが、少しでも勝利に貢献できるように応援してきます!!!
アドバイスありがとうございましたm(_ _)m

投稿: tatuyaです | 2006/04/24 00:16

@tatuyaさま

>応援もTVでしか見たことがないので、よくわからないですし…

まずは手拍子、そして声・・・近所のサポの“モノマネ”で、すぐ覚えますよ。毎年、チャントの新曲が出ますが、10年以上サポやっててもこれが基本です(笑)。
当日は、現地に行けない私たちの分まで、サポートよろしくお願いいたしますm(__)m

投稿: nigoe | 2006/04/24 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/9653343

この記事へのトラックバック一覧です: 【AWAY紀行】太宰府政庁跡:

« '06【HOME】第8節@京セラ戦 | トップページ | 【AWAY紀行】福岡@番外編 »