« サムライの教え | トップページ | 【AWAY紀行】柳川せいろ蒸し&川下り »

2006/04/10

'06【AWAY】第7節@アビスパ福岡戦

ご無沙汰しておりました。

第1節の次は、第7節と(笑)・・・ひと月も放置していたら、ずいぶん飛んでしまい。。。年度末の繁忙期も終わり「さあ書くぞ!」と思った先週は、荒れた家を復旧するのに励むしかなく、、、で、今日となった次第です。
長い間、ご無礼いたしました m(_ _)m
だからといって、試合を見てなかった訳ではなし (@◇@;)。

第2節ズビロ戦:参戦(ホーム開幕戦初参戦)。
 キレキレのアレ!開幕戦での彼への非難はどこ行った?(笑)
 完勝・・・そして飯田マコ様に感謝(^o^)/
第3節サンフレ戦:TV観戦。
 啓太、「宇宙開発」から「土地開発」へと研究テーマ変更(笑)。
 伸二の後方支援でポンテがイキイキ。ワシントンはいい選手だなあ。。。
第4節桜大阪戦:参戦。
 前半はどうなることかと気を揉むも、伸二の美技にて流れ一転。
 今期初の完封試合。胸をなで下ろす。
第5節横浜FM戦:TV観戦。
 ガチンコ。ドゥトラ&マルケス粉砕!やればできる暢久。カッコ良すぎ。
 失点するも長谷部が間髪入れずとどめの一発!しびれた。。。
ナビ杯ガス戦:仕事で見られず。帰宅後ビデオ観戦。
 セルヒオ&酒井の豪快シュートを見て就寝。zzz...
第6節名古屋戦:参戦。
 相手の術中にまんまとはめられる。
 コンパクトな中盤陣形も攻めてこない相手は「引き分け狙い」だったか?

以上、6試合もサボった割には全部見てるし(笑)。

読者の皆様へのお詫びも兼ねて、今回は特別サービス!
通常より、はるかに長文モードです  ((((;゜Д゜))))
お時間がございましたら、以下、お付き合いくださいませませ。。。

+++++++++

がんばった自分へのご褒美を兼ねて、桜咲く福岡へ。
試合前日は、思い出深い柳川での川下りを約10年ぶりに堪能。当日午前中は太宰府(こちらは20年ぶり!)での必勝祈願。帰りの参道で、あやうく『おみやげ買い出しモード』に突入しそうになるも、ダンナの叱咤で現実に戻り、戦闘モードに切り替え博多の森へ。

060409hakata0博多駅からシャトルバスにて現地着。車窓から眺めると長蛇の列!レッズサポもアビサポも同一列に並んでいるため、ふくらんだ列は競技場敷地からはみ出していた。列を乱すわけにもいかず、最後尾に並び順番を待つ。しかし・・・いつものアウェーのような、ホームとビジターのサポを分離入場させる案内は一切ない。双方のサポーターが混じって整然と並ぶ姿を、バス停や駅以外で見たのは初めてだ(笑)。
「???」と思いつつも、ヒマなので道端にあった“のぼり旗”キャンペーン現場を撮影(^^ゞ

やがて列はスタジアムのメインゲートに着いた。驚いた。
こちらから聞かないと、係員は入場口を案内してくれないのである。レッズサポはアウェーゲートから入場ということは熟知していたのだが、そのアウェーゲートが「どこにあるか」を道案内してくれない。いやそれ以前に、延々と伸びたメイン列の途中で案内し分離入場させるべきなのである。メインゲートまで来なければ案内しない・・・否、来てもこちらから聞かないと案内しないとはこれ如何に!? 双方サポにとって入場が大幅に遅れ、迷惑な話である。係員に「どっちのサポも知らずに延々と並んでるよ!ちゃんと案内すべし!」とアドバイスして、急ぎアウェーゲートに。

060409hakata3アウェー側はこんな感じ。レッズサポ大挙。
ベンチシートのため、ほどなく席詰めがありゴール真裏へ陣取る。
席詰め後は、意外に席が空いてしまった。あれだけチケ完売だの席割りがどうだの混雑必至と某サイトで騒がれたが、遠方アウェーは、だいたいこんなものである。冷静に対処すべし。

060409hakata2
スタジアム内はご当地ならではの光景。
アビサポの中心はバックスタンド隅に。名物「九州独立」デカ旗が良好に鑑賞できた(笑)。




060409hakata4これまたご当地ならではのダンマク。名門校を擁すればこそのもので、郷土の誇りである。鹿の○山選手に是非見てもらいたい(笑)
 #しかし、その隣の看板が気になって・・・“誤植”かと目をゴシゴシ!?

さて、前置きが長くなり失礼・・・で、試合。
予想はしていたが、あまりにも予想通りの相手の戦法。
アビスパの激しいチェック。レッズのサイドに蓋をし、ボールだけでなく選手にも激しく襲いかかる。勝ち星を未だ得ていないチームであれば当然の肉弾戦&運動量で仕掛けてくる。一週間前にも似たような光景を見た。今後のレッズは、このような闘いを強いられるであろう、その典型である。
それに加えて言うならば、心身共に最大のピークで臨んだ横浜FM戦後の後遺症もあっただろう。前節の名古屋戦からの症状を引きずっているようだった。
前半はシュート数でレッズ10本、アビスパ3本と、数字上は「圧倒しているように見えた」。
しかし内容は、決まらぬシュートでリズムを崩していた。

後半形勢が変わり、アビスパのシュート数が俄然増加する。ポゼッションも相手側が優勢となり(トータルではややレッズだったが)、カウンターで逆襲するのはむしろレッズの方となった。相手は前半を耐え後半勝負に出たようだった
前半と比べ中盤での闘いが減少し、ややノーガード状態となる。当然、運動量も増える。
しかし、この策に自滅したのは相手だったかもしれない。
時間が終盤に近づくにつれ、運動量が落ちてきたように見えた。

後半35分くらいからだっただろうか。
レッズの選手が「これではいけない」と思ったのだろう、アグレッシブに活動を始めた。
ゴール裏からの「Pride of Urawa」で、サポも気合いを注入し続ける。「このままじゃ帰れない!」との決意のコール。
すると、暢久がようやく起床したようで(笑)、縦に中に切り込んでくる。
ポンテ→岡野、ワシントン→黒部の交代で、相手マークの混乱を招き前線が活性化し始める。特に岡野の相手DF間を抜くドリブルは秀逸であっただけでなく、「絶対に勝つ」との気概に溢れていた。そのプレーを魅せつけられ、さらに燃えるゴール裏。

ほどなく。
岡野の引いて上げたクロスが宙に弧を描き、次の瞬間、闘莉王のヘッド炸裂!
まさに願いを叶えてくれたロスタイムのゴール。
「ああ・・・闘莉王が自分に向かってシュートしてくれたんだ!」
と、壮大な勘違いしても許されるであろう劇的ゴール(笑)であった。
試合終了。060409hakata5
名古屋戦からの呪縛がようやく解けたかのような安堵感が満ちていた。
と、同時に、くたびれてその場にヘタレ込んでしまった(笑)
相手の戦法に手を焼き長い時間辛抱したが、遠方から駆けつけたサポと選手は共に喜びを分かち合った。

まさに「力でねじ伏せた」試合。かつて経験したことのないレッズの進化形。
「強いチームとはこういうものか」と、レッズの成長を肌で感じられ、目を細めた。
アウェー側スタンドに響く凱歌。
その時である。
スタンド後方から突然桜吹雪が舞い降りてきた。誰かが撒いているのではないかと思えるほど、あまりにも劇的なタイミングで桜吹雪が降ってきた。サポたちは一斉に歓声をあげ、歓喜は倍増・・・勝利に花を添えられた美しいシーンが演出された。

これからは、こんな試合の連続になるだろう。
爽快感が減り、我慢と辛抱を強いられる試合展開・・・しかしこれは、首位に立ち、追われるものの宿命である。
われわれサポも、この試練に耐えていくメンタリティーを持たなければならない。
局面に一喜一憂するのではなく、「勝利を積み重ねる」という目標に向かって、どのような心構えで臨んでいくか、成長する必要がある。頂点を目指すサポーターとして。。。

今回の遠征を、楽しいものとして締めくくってくれたレッズの勝利。
柳川の川下りも、太宰府探訪も、良き思い出にしてくれた闘莉王&岡野に感謝感謝・・・の旅であった(^^ゞ
 #暢久には、試合前から起きていて欲しいなぁ・・・(笑)

やはり、宿泊込みの遠征は、試合翌日のご当地観光がオススメです(爆)。

|

« サムライの教え | トップページ | 【AWAY紀行】柳川せいろ蒸し&川下り »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

おお~、生きておられましたか。あまりのご無沙汰、心配しておりました。ご健在で何よりです。にしても、ご夫婦で福岡とは羨ましい。ついでに何を食べたか、少し触れていただけると、より味わい深い旅行記になったのに(笑)、と思った次第です。

ところで、あの闘うトゥーリオ君が、名古屋戦後、次のようなコメントを出しておりました。

「やってて全然楽しくない。お客さんも見たくないでしょ、あんなの」

トゥーリオ君は、このようなコメントをあえて出すことにより、自身とチームを叱咤激励したのでしょう。福岡戦で、この彼の決意は見事証明されました。プロですね、彼は。

投稿: たかが浦和 | 2006/04/11 17:10

@たかが浦和さま

ご無沙汰してすみませんでしたm(_ _)m
ご当地の紀行文ですが、只今準備中です(笑)。いましばらくお待ちください(^^)。
闘莉王の名古屋戦後コメントは、そのとおりだと思います。あの試合の呪縛からようやく解き放たれた福岡戦でした。
いや~、ホントくたびれました(笑)

PS:二重投稿は整理しました。ご安心ください。

投稿: nigoe | 2006/04/11 18:55

ご無沙汰で~す。どうなさってしまったかと思っておりました。でも、しっかり試合はチェックしていたとのことで、安心しました。
福岡に行かれたんですね。呪縛から解き放たれましたか?テレビ観戦だったんですが、名古屋戦からずっと、もんもんとしておりました。闘莉王のゴールが決まった瞬間は、テレビの前で飛び跳ねちまいましたが。
これからも、「楽しくない」(by闘莉王)試合が増えるんでしょうねえ。まあ、強くなるってことは、こういうことなのかもしれませんね。

投稿: no3 | 2006/04/11 22:45

お手数をおかけします。やはり紀行文を準備していましたか。お待ちしております。

投稿: たかが浦和 | 2006/04/11 22:47

あれ?コメント消えちゃった。えっと何て書いたっけ?
とにかく、ご無沙汰です。福岡行かれたんですね。呪縛は解けましたか。テレビ観戦でしたが、名古屋戦からもんもんしてました。これからも、こういう試合が続くんでしょうか。引いた相手も飲み込んでしまうような強さが求められているんでしょうね。がんばりましょう。

投稿: no3 | 2006/04/11 23:27

ご無沙汰です!
私はただのサボりと読んでいましたが(笑)
福岡戦サポートご苦労さまでした。

これからですね。苦しいのは。
めげずに謙虚に熱くサポートしましょう!
(できるかなー??)

投稿: チーパパ | 2006/04/12 00:05

ご無沙汰です!
私はサボリと読んでいましたが(笑)

これからが本当の苦しい戦いとなりますね。
めげずに謙虚に熱くサポートしましょう!
(そんなことできるかしら?)

投稿: チーパパ | 2006/04/12 00:11

ご無沙汰です!
私は「サボリ」と読んでいました(笑)
「特別サービス」ありがとうございました。
久しぶりに楽しませていただきました。

投稿: チーパパ | 2006/04/12 21:34

@no3さま、チーパパさま
何度も投稿していただき、大変申し訳ありませんでした(土下座)。
システム障害のせいかな?と思い、いろいろ調べたところ、コメント公開設定が「非公開」となっておりました。
なぜそうなったのか「???」なのですが、夜中に酔っぱらっていじった可能性も無きにしもあらず・・・(^^;
いずれにせよ、当方の不具合でご迷惑をおかけいたしました。
折角いただいたコメントですので、削除せずにそのままとさせていただきました。
ホント、すみませんでした m(_ _)m

@たかが浦和さま
 第1弾@柳川編をアップいたしました。
 第2弾@太宰府天満宮、第3弾@太宰府政庁跡、をアップする予定ですが、はてさて今週中に書けるかしら、、、(笑)

@no3さま
 このたびは、お世話になりありがとうございました。
 名古屋戦の呪縛は、昨日の駒場で払拭されていましたね(^^)。
 「強くなる」ってことは、いろんな意味で試練がありますね。

@チーパパさま
>私はただのサボりと読んでいましたが(笑)

 そんなことはございません、そんなことはございません、そんなことはございません、忙しかったんです、忙しかったんです、忙しかったんです・・・・・・・・・と、書けば書くほど怪しくなり(笑)。
 一旦、書きそびれると、「サポ」り?もとい「さぼり」グセがでるものですね。復活のきっかけをつかむのも一苦労です。
 子どもの頃から日記が三日坊主でした、この歳になっても治りませんね(^^)

投稿: nigoe | 2006/04/13 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/9525560

この記事へのトラックバック一覧です: '06【AWAY】第7節@アビスパ福岡戦:

» 赤き弾丸 [SYSOP日記]
アビスパ福岡 0-1 浦和レッズ  岡野がまたやってくれた。  彼が、黒部とと [続きを読む]

受信: 2006/04/11 00:07

« サムライの教え | トップページ | 【AWAY紀行】柳川せいろ蒸し&川下り »