« '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 | トップページ | '06【AWAY】第7節@アビスパ福岡戦 »

2006/03/05

サムライの教え

「サムライ」=マリッチの記事ではありません、念のため(笑)

開幕戦も終わった昨夜、ダンナが、「これ、読んでみい」と、一冊の本を手渡してくれた。

 石井進著『日本史の社会集団3-中世武士団』(小学館刊)

ふむふむと手にして、指された箇所を読んでみると、戦国時代の武将・朝倉氏についてのくだりであった。
朝倉氏は、一乗谷(現・福井市)という狭い谷に100年近くの栄華を築いた越前の雄である。始祖である朝倉孝景は、応仁の乱後の下克上のチャンピオンのひとりとして目され、屈強の体制は戦国の5代義景の代まで引き継がれ、かの織田信長が最も手を焼いた一族である。実は昨年の名古屋戦のついでにこの地を訪れ、非常に感銘を受けたものである(いつか必ず記事アップします)。

同著を読み進めていくと、長年「武者奉行」として仕えた朝倉宗滴の語録を収めた『朝倉宗滴話記』の一節があり、以下のような武者の心得を長短おりまぜて説いている。

  • 「武者は犬とも言え、畜生とも言え、勝つことが本(第一義)にて候」
  • 「大敵が近づいて来たとき、それを知ってさきに逃げるのは戦術のひとつであり、武者にとって“聞き逃げ”は決して苦しくない。しかし敵軍に接触したあとでの“見逃げ”はよろしくない。そのときにはもはや全員討死の覚悟で戦うだけだ。昔から耳は臆病に、目は勇敢に、というではないか」
  • 「武辺の義について、不可能ということばはいっさい言うべきではない。心中を見透かされるからだ」
  • 「敵を攻撃するまえに、敵はとても持ちこたえられまい、などど不用意に言うものではない。攻撃してみて抵抗が強ければ、味方の軍勢に心変わりが生ずるものだ」
  • 「だいじな合戦や大儀な退却のおりには、部下はいろいろと大将の心持をためそうとするものだ。こんなときにはすこしでも弱々しい風を見せてはならぬ」
              【石井進著『日本史の社会集団3-中世武士団』(小学館刊)より抜粋】

ゼロックスの結果から、我々は勘違いをしてはいなかっただろうか。
「この調子なら、ガンバにゃ勝てるさ!」との楽勝ムードがなかっただろうか。
ゼロックスの試合の後半を見て、私は正直、「ガンバがあのまま終わるわけがない」と内心恐れていたのである。

だが、昨日の観戦記のとおり、今年のレッズには期待が持てると感じた。ただ疲れていた選手がいたことは確かだが、補強の効果は表れており、冒険心にあふれた試合展開だったと思う。

闘いははじまった、もう賽は投げられたのだ。
眼前の現実から逃げたり、不用意に敵をなめてかかったり、大将の心をためしてはならないと思う。闘いに集中したい。

勝ち点を確実に積み上げ、最後に優勝することが『第一義』である。

|

« '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 | トップページ | '06【AWAY】第7節@アビスパ福岡戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/8950849

この記事へのトラックバック一覧です: サムライの教え:

« '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 | トップページ | '06【AWAY】第7節@アビスパ福岡戦 »