« '06 選手名鑑 | トップページ | '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 »

2006/02/24

シーズン直前の研修会

う、、、今日はこんな時間になってもうた。。。

さて、今日(と言っても昨日。あと2時間くらいで朝刊が届く)の埼玉新聞の『埼玉新聞スポーツ』コーナーに、このような記事かあったので、ご紹介したい。

さいたま市北部少年サッカー
岡田“元”国際主審が講演

記事の内容は、以下のとおり。

さいたま市北部少年サッカー指導者協議会の審判研修会が18日、与野八王子グラウンドなどで約180人が参加して行われ、講師としてJリーグの岡田正義氏を招いた。
元国際主審の岡田氏は、1998年W杯フランス大会の(以下経歴略)。Jリーグでは223試合で主審として笛を吹いている。

-中略-

実技では、さいたま市北部トレーニングセンター(トレセン)の紅白試合で岡田氏による模範審判が行われ、参加した審判員も判定に加わった。
試合後、岡田氏が実際に判定した参加者のホイッスルの持ち方やボールと副審の視野のバランス、副審の旗の使い方などを総評し、
「笛を吹く回数は少ないほど良い」
とアドバイスした。

-中略-

研修会に参加した審判員のHさんは、
反則は探すものではないという言葉が印象に残った。岡田さんの話はとても励みになり、これからも子どもたちのために全体のレベルアップを図っていきたい」
と感想を述べた。
-後略-

以上、埼玉新聞2月23日付記事でした。
広く皆様からのご感想をお待ち申し上げております。

|

« '06 選手名鑑 | トップページ | '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

拝啓 岡田正義様

先日はさいたま市までお越しいただきまして、
誠にありがとうございました。
「笛を吹く回数は少ない方が良い」
ホント、そうだと思います。

忘れもしません、昨年の第8節のズビロ戦。
試合終了直前の見事なジャッジには圧巻でございました。

これからもどうぞ、お体、お体だけはお気をつけになり、お過ごしくださいませ。

投稿: コール隊長 | 2006/02/26 16:19

拝啓 岡田正義様 2

「反則は探すものではない」

なるほど・・・。さすがです。
忘れもしません。2004駒場ジェフ戦終了間際の正義のジャッジ。凄みがありました。

「反則は創造するもの」なのですね。

ありがたいお言葉ありがとうございました。

投稿: チーパパ | 2006/02/26 21:39

拝啓 岡田正義様3

「笛を吹く回数は少ない方が良い」
「反則は探すものではない」

まさに正論でございます。
この岡田様のお話は、研修会参加者のみならず我らサポーターの励みとなり、J全体のレベルアップを図っていきたい、と願っております。

セルヒオ君を、たった2回の笛で退場させたあの技は鮮やかでございました。
きっと語り継がれることでしょう。

投稿: nigoe | 2006/02/26 23:07

拝啓 岡田正義さま4

「反省は探すものではない。。。」
いや、博学な方の発言には実に重みがある。薄学な私にはよく意味が分かりません。

このことは自分の過ちを認めない、と言う言葉の裏返しでしょうか?つまり、自分の行為に対して責任を負わなくてもいい、と言う意味になる気がしますが・・・。私の理解が間違っているだけでしょうか?

彼には「じゃあ、反省とはどういうものなのか?」を尋ねたいです。

あなたは素晴らしい指導の素質を備えております。もうそろろろ高進の指導に専念なされてはいかがでしょうか?

投稿: detto | 2006/02/27 15:19

↑ 高進じゃなくって後進です。。。すまそん。

投稿: detto | 2006/02/27 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/8809530

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン直前の研修会:

« '06 選手名鑑 | トップページ | '06【AWAY】第1節@ガンバ大阪戦 »