« 大原橋架替はじまる | トップページ | 『ジンクス』 »

2006/02/08

突然のニュース

午前中、何気なく各スポーツ紙のサイトを眺めていたら、不意打ちを食らったような衝撃を受けた。

ジャンルカ富樫氏がアフリカで急死(ニッカン)
ジャンルカさんが急死(報知)

10年ほど前は、“ジャンルカ・トト・富樫”の名で、地上波のサッカー番組によく出演していた(12chでよく見た)。
その当時、結構「高い物言いをする」感じで、好印象はなかった。特に記憶に残っているのは、アトランタ・オリンピックの初戦・ブラジル戦の前に言い放ったひと言だった。
正確ではないが、このような主旨だった。

「(ブラジルはもとより)予選リーグで1勝もできなかったら、この監督を選んだ協会に責任を取ってもらわなければ・・・」

これを聞いて、私は完全に反発してしまった。
結果、彼の予想に反し、日本はブラジルから大金星をあげた。
その後、富樫氏は、(因果のほどは不明だが)地上波TVに出る頻度が少なくなり、しばらくご無沙汰だったのだが、スカパー!の解説等で再び声を聞くようになり、雑誌等にもコラム&編集で活躍するようになった。

私は昔の印象が強かったので、これまでも彼の意見はあまり快く聞き入れていなかった。
しかし。
突然の訃報に接し、哀悼の念を持たずにはいられなかった。
アフリカでの客死だった。

反発心をモチベーションにしていた対象が突然無くなってしまうと、寂しさを感じてしまうのか。。。身勝手な自分の心を思い知った。
確かに、「イヤなヤツ」「嫌いなチーム」という“ヒール役”がいれば、敵愾心を燃やして熱くファイトできるだけでなく、自分の力をより発揮させることもできる。
それも「相手あってのこと」なのだ。
今にして思えば、彼の言動から、自分の考えや意識を深めるきっかけを与えてもらっていたのかも知れない。

そう、何事も「相手あってのこと」なのだ。
54歳の若さで、異国の地から旅立ってしまった。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 大原橋架替はじまる | トップページ | 『ジンクス』 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

そう、何事も「相手あってのこと」なのです。相手の存在を否定しかねない「一元主義」や「絶対多数主義」や「原理主義」は、その本人のためにもならない、そう思うのです。人間は、決して「全能の神」にはなれませんから。
これって、日常の心得としても大事にしたい「品性」であり「規範」のはずなんですが……。
ううん、ちょと説教臭い、かな?!

投稿: たかが浦和 | 2006/02/08 22:26

@たかが浦和さま

仰るとおりです。
どこかの大国の言う「○○原理主義」ほど危ういものはありません。
己の存続のために相手の存在を消す思考は、もはや“戦争”です。“戦争”が愚行であることがわかっていれば、話し合いか、あるいは相手を理解するか、あるいは思考の外に置くことで何とかするのが「理性」だと思います。
私は、ジャンルカ氏は好きではありませんでしたが、本当に「その相手あってこそ、生きていてこそ」の敵役でした。
亡くなってから客観的に考えられるなんて・・・ホント身勝手ですね。
「無くしてみてわかるもの」とはこういうことなのでしょうか。親も含めて。。。

投稿: nigoe | 2006/02/08 23:57

nigoeさま

こころに滲み入るお話しです。

小生も50の坂を越えてから、親父の墓参りをそれとなく、独りでするようになりました。

それまでは、お盆とかお彼岸とかに家族で赴く程度だったのですが……。近年は、ある日突然思い立って出かけることの方が多くなりました。

若い頃の好き勝手への「謝罪」を込めた墓参りでもあります。

投稿: たかが浦和 | 2006/02/09 15:18

@たかが浦和さま

私も18年前で父を亡くし、そして昨年母が脳梗塞で倒れました。母は障害は残るものの、お陰様で日常生活は送れています。
親が一大事となって、はじめてその尊さやかけがえのなさがわかりました。
若いウチは、本当にわからないものですね・・・「子」とは因果な役回り?でしょうか。

>若い頃の好き勝手への「謝罪」を込めた墓参りでもあります。

「詫び」というよりは、気づかぬうちに「対話」をされているのではないでしょうか(^^)。
私もだんだんそういう年齢になってきました。
帰省の際は必ず墓参りに行きます。父の命日には自宅近所の寺に必ずお参りに行きます。
そんなきっかけが「対話」になっているのだと思いましょうよ。

投稿: nigoe | 2006/02/09 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/8564546

この記事へのトラックバック一覧です: 突然のニュース:

« 大原橋架替はじまる | トップページ | 『ジンクス』 »