« 天皇杯ビデオ鑑賞 | トップページ | 横浜・中沢の心情や如何に »

2006/01/09

振り向くなよ うつむくなよ ’06

今年の高校サッカーが終わった。

【決勝】 鹿実1-2野洲(延長)

“パワーの鹿実”と“テクニックの野洲”という、タイプの違うチームが「がっぷり組んだ」好ゲームだった。どちらも球際が強く、壮絶なガチンコ対決であった。

鹿実は立ち上がりから怒濤の攻撃を仕掛け、野洲はパスワークで自分たちのリズムを作り上げていく。客観的に見て、中盤のボール回しの落ち着き方は、野洲の方が上手だった。多少、鹿実はそれに振り回される感はあったが、気持ちを前面に押し立てて行くサッカーには高校生らしい純粋さがあった。
私が感じた両者の共通点は、「守備が強いチーム」ということであった。
対照的な攻撃のスタイルばかりに論者の興味が注がれたが、これまでの戦績を考えると、「守備重視」という隠れた戦術があったと思う。そのカギは“中盤”だ。両者とも強かった。
Jリーグを見て育った世代から、こうしたプレッシングサッカーが隆盛してきている。卒業して、プロで最も活用できる技術である。こうした若い世代からの育成が、日本のサッカーを支えていく礎になっている。

大会は、野洲が全国制覇を成し遂げて終わった。
「個人技」「クリエイティブ」「テクニック」が実況の代名詞となっていたが、守備の良さも加味すれば、「バランスに優れた」チームであったと言えるだろう。

野洲高校サッカー部の皆さん、優勝おめでとう。

さて、今大会、印象に残ったのは準決勝の鹿実VS遠野の一戦における栫選手の涙と松沢先生のひと言だった。
累積2枚目の警告を受け、「決勝戦に出られない」と愕然とした彼は、プレー中にもかかわらず、ポロポロ泣き出したのだ。
本人も「これではいけない」と思ったのか、何回も涙を拭ったが、どうしても涙が溢れて止まらない。とうとう涙に負けて嗚咽し肩を落としてうつむいた状態で、プレーを続行していた。
よほど悔しかったのと、生来のきかん坊(少年時代はかなりワルだったそうだ)な性格が、止めどない涙を引き起こしていたのかもしれない。
試合はまだ続いている、、、
「おい!試合に集中しろ!!!」
と、TV桟敷の我が家では声が飛んだ。
「まだ決勝に行けるとは決まってないぞ!」
「監督に叱られるぞ!」
「こんな甘さでプロでやっていけるのか?」
と、さまざま檄を飛ばした。

しかし、すぐ考え直した。
彼らはまだ子供なのである。
プロを見つめる時と同じまなざしで高校生を見て良い時と悪い時がある。
そして、ふと、私は考えた。
「松沢先生はどうするのだろう・・・」

松沢先生は、5分くらい、黙って状況を見守っていた。我慢していた。
そして、栫選手の感情が一旦おさまりを見せた瞬間を狙ったように、ひとこと声をかけた。
その時、何と言ったのか不明だったが、今日それがわかった。
私なら「試合に集中しろ!」と一喝するところだが、松沢先生は、
「点を取ってこい!」
と叱咤激励したという。
今、途方に暮れる生徒に対し、感情をぶつけずに、「残された時間で自分自身が何をなすべきか」を一言で示したのだった。
確かに、FWの彼にできるたったひとつのことは、「点を取ること」だった。
見事、彼は“つぶれ役”となって、永岩の追加点を呼び込み、鹿実の決勝進出に貢献した。

何事も、自分に与えられた条件と場のもと、自分にできることを尽くすことが、人生の糧になるということを教えてくれた一場面であった。

生徒を慈しみ、大人の目で懐深く、生徒を適切に導いた松沢先生は、教育者である。
高校サッカーは、これでいいのだ。

|

« 天皇杯ビデオ鑑賞 | トップページ | 横浜・中沢の心情や如何に »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/8082693

この記事へのトラックバック一覧です: 振り向くなよ うつむくなよ ’06:

« 天皇杯ビデオ鑑賞 | トップページ | 横浜・中沢の心情や如何に »