« 【天皇杯】準々決勝@川崎フロン太戦 | トップページ | 天皇杯優勝! »

2005/12/29

【天皇杯】準決勝@大宮リス戦

051229ohmiya1 元旦決勝の切符を賭けた決戦の朝。東京体育館から国立の夜明けを臨む。
朝7時過ぎだというのに、代々木門への人の列は続く。さすが百戦錬磨のレッズサポ、年の瀬の慌ただしい時期でも出足が早い。われらもシートに並び列整理点呼を無事受ける。
代々木門デッキには朝日が降り注ぎ、早朝の冷え込みを小春日和に変えてくれた、、、ありがたい。

051229youth1 10:30開場。10-11ゲート間上部スタンドに陣取る。仲間の到着を待ちながら、高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会決勝を観戦。この時点では、リスサポよりガスサポの方が多い(写真をクリックしてね/笑)。
比ぶべくもなくわがレッズサポは数千人・・・!(゜∀゜)!
ガスユースの選手紹介のたびに起きるブーイングの嵐、、、「大人げないなあ」と思いながら、気が付けば自分の親指が下向きに・・・ ((((;゜Д゜))))

試合を見て驚いた。
明らかにチームのレベルが違うのである。レッズユースは個々の選手の球際の競り合いが強い。球捌きが巧い。相手左サイドを突く攻撃を起点としているものの、全体が有機的に展開している。
051229youth2優れた個人技に加え組織的に完成されたサッカーがそこにあった。ユースとは言え、驚愕であった。
レッズユースの優勝は自明の結果であった。名取さんは、なんてこんな凄いチームをつくったのだろうかと驚嘆してしまった。
喜ぶ少年たちは、ゴール裏に挨拶にやってきた。少しはにかみながら。
練習場に自転車で通っている彼らを自宅前でよく見かける。その彼らが日本一の栄冠を掴み取ったのだ。地元住民としてこんな誇らしく嬉しいことはない!心からおめでとう。

051229ohmiya2さてさて、、、次はいよいよ「兄貴たち」の番だ。
開始から、大宮が全力で当たってくる。意外にもコンパクトなライン陣形でレッズのパスを狙ってくる。「何が何でもレッズに勝ちたい」という気迫が伝わって来る。序盤からタフな試合になる予感。ガチンコの展開で、ようやく先取点を取るもすぐに追いつかれる。
後半も守備に攻撃に手を焼くレッズ。
長谷部のラッキーな逆転弾でようやく勢いを取り戻した。しかし・・・。

大宮はそう簡単に試合を終わらせてくれなかった。
都築が前に出た虚を突かれる格好となった後半44分の失点。
恐れていたのは、まさにこのような状況だった。
昨年のナビスコ決勝、チャンピオンシップ、そして今年の最終節・・・指先に触れる寸前だった“タイトル”が、風に吹かれて忽然と消えてしまった「あの時」が甦りそうになる。
しかし。。。何故か今回ばかりは、当時のような脱力感が襲ってこなかった。
かえって、闘争心が湧いてきたのである。これはレッズとレッズサポに神様が与えた試練なのだ。「この壁を打ち破れ」と言っているのだ、と。
かつて、“ジンクス”というものに自縛されていたレッズ。だが、『鹿島の壁』を自らの力で打ち砕いたことで、03年ナビスコも04年2nd優勝を現実のものにしたのだ。
ようやく、その“壁”の前に辿り着いたのである。
「今この時、闘わずして何とする!」

俄然、ゴール裏は燃えてきた。私も燃えた。

最終節の闘いから、チームは変わったと感じていた。
勝利に対する執念とプロ魂をあの試合で見せつけてくれた。何よりチームの雰囲気がいい。まとまっている。
その勢いのまま、愛媛のガス戦、埼スタの川崎戦と勝利をもぎ取ってきた。
「絶対に勝てる!」という確信が、私の心の中にふつふつと沸き上がるのがわかった。
間もなく、長谷部とのコンビネーションにより、暢久が狙い澄ましたゴールを決めた。
圧巻だったのが長谷部の長距離ドリブルランからのゴール。
この試合のハイライトは、この延長前半の2ゴール・・・まさに「何が何でも勝つんだ!」という気迫の賜物であった。レッズはこの1ヶ月の間に進化を遂げたのだ。
幸いにも、120分という時間も、レッズに味方してくれたのかも知れない。

歓喜にあふれるゴール裏。
いよいよ夢の“元旦決勝”への切符を、自らの手で掴んだのだ。
コールリーダーが言った。「敵もよく頑張った」と。
決勝への道程は、このように決してたやすいものではないことを、我々も身に染みて感じたのである。

この十数年、握り潰してきた1月1日のチケットを使う日がついにやってきた。
対戦の相手は清水。上等だ。
さあ、胸を張って決戦に臨もう。
浦和のプライドを賭けて。



【おまけ】
暢久が途中退場したのが気になった。
「足が攣ったのでは?」と帰宅後のビデオで言っていたが・・・

051229ohmiya3


もしかして、、、
これが原因か???→






【おまけ:その2】
寒さのあまり、試合前に熱燗を飲み過ぎました(カップ酒3本)。
試合中、スタンドから落ちてしまい、周囲の皆様に多大なご迷惑をおかけしました。
大変申し訳ございませんでした m(_ _)m ←土下座

暢久のことは言えましぇん(笑)

|

« 【天皇杯】準々決勝@川崎フロン太戦 | トップページ | 天皇杯優勝! »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

大宮戦は寒かったですね。僕はホットコーヒーで体を温めました。
僕は朝は別件があってユース戦を見なかったので後悔しています。
サッカーを観るのって楽しいですね!!

投稿: なかじま | 2006/01/10 22:58

@なかじまさま
寒かったですね。
私も当日は防寒対策バッチリ、水筒にスープ持参で臨みました・・・が、ン十年ぶりに、足の中指にしもやけができてしまいました(^^ゞ
現在もしもやけ君健在です(涙)

投稿: nigoe | 2006/01/11 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139833/8031423

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯】準決勝@大宮リス戦:

« 【天皇杯】準々決勝@川崎フロン太戦 | トップページ | 天皇杯優勝! »